ジャック・ラッセル・テリア のペット情報

このページの使い方
> > > > > ジャック・ラッセル・テリア

小型犬

ジャック・ラッセル・テリア

ジャック・ラッセル・テリアの特徴
原産国 イギリス
グループ 第3グループ(テリア)
体高 オス 25cm〜30cm、メス 25cm〜30cm
体重 オス 5kg〜6kg、メス 5kg〜6kg
被毛(色) 短毛(ホワイト/ホワイト&タン/ホワイト&ブラック/ホワイト&ブラック&タン)
ルーツ フォックステリアを基礎犬にした犬種。現在も猟犬として仕事をしている
性格 わんぱくでエネルギッシュな性格

ジャック・ラッセル・テリアのクチコミ

最終更新:2015年10月 6日

ジャックラッセルテリアについて (返信:2)
幼児との触れ合い方について (返信:8)
大型犬と一緒にいられますか? (返信:2)

「ジャック・ラッセル・テリア」図鑑



ジャック・ラッセル・テリアについて

ジャック・ラッセル・テリアの紹介
ジャック・ラッセル・テリアの画像 パーソン・ラッセル・テリアと近縁の犬種で、よりサイズが小さく四肢の短いものが、ジャック・ラッセル・テリアとなります。
毛質はスムースとブロークン、ラフの3タイプがあり、スムースはやや硬めの被毛がかなり抜け落ちますが、ブロークンやラフの抜け毛はやや少量となっています。

この犬種の特徴としては、運動量と賢さが挙げられます。
トレーニングなどの理解が非常に早いため、しっかりと教えてやれば物わかりのよいパートナーとなることでしょう。
ジャック・ラッセル・テリアの歴史
ジャック・ラッセル・テリアは、ジョン・ラッセル牧師の尽力により1800年代にイギリスで作出された犬種で
その名称は、牧師の名に由来しています(ジョン=ジャックの別称です)。

熱狂的な狩りの愛好家だった牧師は、キツネ狩りの際に馬と一緒に走ることができて、キツネの巣穴に潜り込んで追い立てることも可能な優秀な猟犬を作出すべく、フォックス・テリアの血統を改良に着手しました。その結果生み出されたのが、パーソン・ラッセル・テリアとジャック・ラッセル・テリアというわけです。

しかし驚くことに、原産国イギリスではジャック・ラッセル・テリアが正式に犬種認定されていないのです。
パーソン・ラッセル・テリアのみが認定されており、その流れはアメリカでも同様で、ジャック・ラッセル・テリアとして認定された犬種が、後年その名称をパーソン・ラッセル・テリアに変更される事態も起こっています。

これらは原産国イギリスで繰り広げられている2犬種の「違い」の議論に起因するといわれています。
その「違い」とは個体の大きさを意味しており、一般的に多くの犬種はペット化すると、小型化していく傾向にあります。
ジャック・ラッセル・テリアもパーソン・ラッセル・テリアが小型化してできた犬種であります。そんな中、人気犬種となって小型化したジャック・ラッセル・テリアが増え続けることに歯止めをかけ、 キツネ狩り全盛時代に作出された猟犬であるパーソン・ラッセル・テリアを保存する動きから、公認されていないのです。

ここ日本ではそれぞれが犬種認定されており、サイズによって区分されています。
体高が高く、よりスクエアな体格に近いものがパーソン・ラッセル・テリアとして、また体高が低く、わずかに体長が長いものが、ジャック・ラッセル・テリアとされています。
ジャック・ラッセル・テリアの性格
猟犬として作出された経緯から、機敏で活発な犬種です。
好奇心が強く、きっかけを見つけては何かを探索したり、追いかけたりと活動的に動き回ります。
わんぱくで遊ぶことが大好きな犬種のため、飼育には覚悟が必要ですが、 優れた知性を持っているため、しつけさえしっかり行えば、よきパートナーになれます。
ジャック・ラッセル・テリアの飼い方
小型犬ながら、大型犬なみに運動量が多い犬種でもあります。
なかには運動をさせないとトラブルを起こす犬もいるので、毎日の散歩と運動は欠かさず行うようにしましょう。

飼育は屋外で行うことも可能ですが、できれば屋内にも行き来できるようにしてあげるとよいでしょう。
走り回れる庭や遊ぶスペースがあまりない建物では飼いにくい犬種といえます。

また、非常に好奇心が強いため、しつけのトレーニングも重要になってきます。
動物や人など動くものに反応し、かみつくクセをもった犬もいますので、幼犬からしっかりしつけを行いましょう。
愛玩犬の感覚で甘やかして育てると、成犬になって抑えの利かない、手の付けられない面が出てくることもあります。

しかし、人間の行動や言動をすべて理解できていると思えるほど非常に賢い犬種でもあるので、主従関係がしっかりできていれば、とてもよきパートナーになることも可能です。

価格.comのレビュアーからも、『賢い』『しつけができれば飼い主に従順』『一度飼うと一生離れられない犬種』などの声があり、
飼育のハードルは少々高めですが、飼えば虜になってしまう犬種のようです。
ジャック・ラッセル・テリアを飼う前にチェックしておきたい商品一覧

ジャック・ラッセル・テリアのピックアップレビュー

さん

人なつっこさ5
落ち着き2
しつけやすさ5
お手入れ4
鳴き声4
飼いやすさ5
   

ジャックラッセルテリア ラフコート 男の子 ラッキー

   

ジャックラッセルテリアは、運動量も多いし50代の私には無理かなと思いましたが、飼ってみると、性格が明るくて、やんちゃな所はありますが、人懐っこくて、叱られても叱られてもいじける事もなく、毎日を楽しませてくれます。
まだ、飼い始めて2カ月なのですが、散歩も上手になり、散歩中に出会った他のワンコとも仲良くしています。
一年前に亡くしたミニチュアシュナウザーにも似たところがあり、とても飼いやすい犬種です。
毎日の散歩は欠かせないですね!!

飼育年数
1年未満
飼育環境
一戸建て
同居人数
3人

nojiのじさん

人なつっこさ5
落ち着き2
しつけやすさ2
お手入れ4
鳴き声1
飼いやすさ3

【人なつっこさ】
とても人なつっこく、愛嬌をふりまくりです。
扱いの荒い子供にも臆することなく遊びに誘いますが、
逆にハイテンション過ぎて小学生以下の子供には危険かもしれません。
体は小さいですが、お年寄りには危険です。


【落ち着き】
外では全くありません。
ドッグカフェには向きませんが、ドッグランでは本領発揮です。
家の中では比較的おとなしいですが、気になるものがあったり、
体力が有り余ってる時は落ち着きません。
寝てる時でも夢の中で走ってるので、見てて飽きません。
観察してるだけで笑えます。


【しつけやすさ】
頭は良いので、気分が乗ってるとすんなり覚えてくれますが、
頑固なところもあるので、分かっていて言う事を聞かない事も。
また、しつけの最中でも鳥やボールなど、気になるものがあると集中しません。
躾よりも芸を楽しんで覚えるタイプ。


【お手入れ】
我が家のジャックはスムースなので、カットなどの特別なお手入れは要りませんが、
ブロークンやラフなどに比べて抜け毛が大量です。
ハリのある直毛なので、服に刺さります。
また、他の犬種と比べて体臭がきつい様に思います。


【鳴き声】
ジャックはすごく鳴く子と全く鳴かない子と分かれます。
我が家のは鳴く方。
ちょっとでも気になることがあると吠えます。
遊びの最中でも『ウゥ〜ヴァ〜ゥ〜アァア〜』と変な声を出します。


【総評】
常に何かを見つけて大騒ぎしていないと気が済まない犬種。
それを抑制してしまうと、ストレスが溜まりますし、
折角の面白い性格が台無しになってしまいます。
心が広い、楽天的な飼い主向け。
ドッグスポーツを楽しみたい人にも良いです。
素人には向かないですが、根性と知識があれば飼えなくはないです。
家の中で走り回って、障子をぶち破り、花瓶を倒し、クッションの綿を引っ張り出しても、
『あはは〜アホやなぁ〜』と笑ってられるだけの余裕のある人にとっては、
これほど面白く、興味深い犬種は無いでしょう。
一度飼うと一生離れられない犬種です。

飼いやすいとは口が裂けても言えませんが、
これほど魅力的な犬種は他に無いと思います。

人なつっこさ5
落ち着き2
しつけやすさ4
お手入れ5
鳴き声5
飼いやすさ4

外飼いは経験有りだったのですが初の室内犬にジャックラッセルテリアを迎えてしまいました。
色々調べてすごく大変だということは納得していましたがどうしても小型犬・家族の好みがこの犬種に向かっていた為決断しました。
3ヶ月の子犬を買いました。

ブリーダーさんから譲り受け最初の3日は夜泣きで夜も眠れませんでしたが私の隣で寝るようになってからは一切なしです。
トイレに行きたいときは起こされます。
うちに来て半月ですがトイレもすぐに覚え、お座りは7割、今は待てを教えてます。
すぐに遊びたがってなかなか落ち着かないのが欠点です。

覚悟していたほど大変ではないです。
子犬なのでまだ激しい運動はさせていません。
散歩も1日合計2時間ほどです。
これから徐々に増やす予定です。

ブロークンのせいか全然抜け毛で悩まされていません。
本には抜け毛が多いとなってますが。
少し乾燥肌かな?

とてもフレンドリーな犬で人も他の動物も大好きです。
警戒心がまだないようです。

無駄吠えもないです。
ピンポン・電話の着信音にも反応はしますが吼えません。

興奮はしやすいかも。
ウチの場合はウンチの前に異様に興奮します。
なぜでしょう?

頭が良いのは納得です。
サークルの鍵もすぐに外せるようになりました。

甘えん坊でいつも家族に擦り寄って遊びをせがんできます。
これから大変なこともあるかもしれませんがこの犬にして良かったと家族みんなで話しています。

ジャック・ラッセル・テリアのピックアップクチコミ


スレ主 oahuhuさん

ペットショップで一目惚れをしてしまい、2ヶ月の男の子を家族に迎え入れました。
以前から、犬を飼うならジャックラッセルテリアと決めていたので、躾の大変さは覚悟の上です。
ウチに来て4日目なんですが、大分慣れて来て、ジャレて来るようになったのですが、やはり噛むようになってきました。
大人や小学生の子供達は、その都度口を押さえてイケナイ!!と注意をしているのですが、一番下の4才の子は、注意が出来ません。
4才の子は痛い思いをしながらも、弟が出来た事を喜び、犬に向かって自分の事をお兄ちゃんと呼んで話しかけています。
しかし、これ以上痛い思いをさせるわけにはいかないのですが、4才の子とジャックラッセルテリアとの関係は、どのように作りあげていけばいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

2015/02/04 12:14 [18437977] スマートフォンサイトからの書き込み


BRDさん

oahuhuさん  こんにちは。 遊んでいるとき「見守って」下さい。
犬の四肢は身体を支えるため、口は人の手の働きを兼ねてます。
本気で噛むと、肉を裂き骨をかみ砕きます。
じゃれているとき、どちらか? 見分けて。
お子さんが いけないこと したら注意。
犬が噛むことは少ないけれど、お子さんが「痛い!」と感じたとき ワンチャンが学習すると思います。
人より寿命の短い犬。学習も人より早いと期待しましょう。

人も犬もそれぞれの「個性」を持ってます。
 皆、同じではありません。

2015/02/04 12:44 [18438056]


スレ主 oahuhuさん

BRDさん、アドバイスありがとうございます。
現在、犬を叱ると子供が可哀想だと犬をかばいます。
甘いと怒られそうですが、まだ子犬なのでしばらく様子を見て行きたいと思います。

2015/02/05 23:43 [18443334] スマートフォンサイトからの書き込み


BRDさん

oahuhuさん  こんばんは。 成り行きで 兄弟か親友になっているのでしょう。
広場があれば 他の犬といっしょに遊べるといいですね。

2015/02/06 02:02 [18443610]


最近は、家庭犬の躾講座があります。ちょっと費用と時間は、かかりますが、従来の警察犬学校のように、6ヶ月も預けて(高価で)訓練するのと違って、訓練をするドッグランを持っていて、10回以下の個別・グループレッスンが受けられます。一時間単価は高いですが、テリアのように運動量が必要とする十分躾を必要とする犬種には、細かい基礎の躾が必要だろうと思います。開始時期は、トレナーと相談でしょう。4,5万円かかるかと思います。

子供と言えども、人間サイドで、最初は、子犬と同じように、ご主人の子供としてみて守る姿勢を取るでしょうが、すぐに、子犬に対して、躾をして家の中で、優位になる必要があります。かみ癖も、子犬が訓練を受ける成長を遂げたら、対処が必要です。家族の一員になるためにも、家庭犬の訓練は、必要です。一度受けて、後は、家で繰り返すだけです。必要なら、追加のレッスンを受ければ良いです。

テリアだから、運動性能を考えて、アジリティー競技をやるなり運動量を増やして、犬も飼い主もたのしめられるでしょう。

2015/02/08 01:46 [18451159]




こんにちは。子供がどうしてもジャックラッセルを購入したいと言っており検討しています。
気になることは、毛の抜けやすさとどう猛さです。
1.毛は換毛期がなく、年中抜けると聞きます。しかもとても多くて大変だと知り合いに柴犬を
  飼っている人がいます。シバはそれほどでもないと感じております(室内)。比べるとどうでしょうか?
  家の室内の毛の多さをとても心配しております。

2.ちいさい子がいます。11歳と5歳です。5歳の子は怖がりです。オーストリアタイプが
 おとなしいと聞きます。上の子はどうしても飼いたく、運動させて、面倒見ると言っております。
 オーストリアタイプを選んで購入は出来るのでしょうか?
 しつけ教室は通うつもりですが、5歳のこはなめられなく(下に見られない)、うまく
 やっていけるでしょうか?

2013/03/27 07:47 [15943532]


かうかうさん、こんにちは。

もう一つのスレでイタグレを検討されてらっしゃるようですが、二者択一なのでしょうか、それとも同時にでしょうか。
また犬の飼育経験がおありかどうかも重要になる犬種です。
と申しますのも、ジャックラッセルテリアはテリアの中でも、かなり活発で元気が良く躾が少々難しい部類にはいります。
躾を間違えると獰猛になる個体もありますので、初心者または経験が浅くお子様のいらっしゃる家庭ではお勧め出来ないかなと個人的には思えます。

毛の抜けやすさに関してはスムースでしたら週に1〜2程度のブラッシング、ブロークンタイプでしたら気がついたときにむしってやる必要がありますし、少々手入れにも手が掛かります。

もし犬飼育の経験が浅いようでしたら、ジャックラッセルやイタグレよりも、丈夫で躾けやすいパピヨンやトイプードル、ミニチュア・シュナウザー、シーズーや少々大きい方が良ければボーダーコリーやコイケルホンディエなどが飼育しやすいですし、小さいお子さんとも共生しやすいのではないかと思われます。

2013/03/30 15:37 [15957047]


ご返事有り難うございます。ジャックラッセルは子供が大好きで、飼いたいと言ってるのです。気性は知っていたので、買う場合はしつけ教室行こうと思っていました。
ただ、抜け毛だけは覚悟が必要なのかと思いました。確かにアドバイスの犬種は非常に良いのですが、カット代が掛かることが心配です。
で、手間の掛からないイタグレが長い間飼うことを考えると良いと考えました。
家内がずーっと家にいるのでこれ以上負担を
掛けたくないところです。お金もですが・・・?確かにイタグレは神経質なところが気になります。
カット不要で子供と楽しく出来る犬で探しているのです。

2013/03/30 19:54 [15957902] スマートフォンサイトからの書き込み


Dragosteaさん

 トリミング代を出す方が抜け毛対策にかかる手間より100万倍楽だという事に3000点ですかね。
 長毛の子も大変ですが、短毛の子はピンセットで布から毛を抜く必要がありますよ。
 ころころではとれませんから。
 奥様の季節ごとの大手間を考えてあげてから犬種を選んで下さいね、少しでも負担をかけたくないのであれば。

 とは言っても、好きな犬種を買って、しつけ教室に通って飼い主も一緒になってしつけを覚えればいいのではないでしょうか?
 勿論ご存知だとは思いますが、しつけ教室の後半は、飼い主がしつけられます。

 正直文面を伺う限り心配ですが、命あるものを迎える訳ですので、ご自身の子供さんと同じくらいの愛情を注いであげて下さい。

2013/04/02 04:40 [15967477]




スレ主 sasa1476さん

ジャックラッセルテリアの♀を飼う事になりました。
まだ生後間もないので、子犬が三ヶ月になる頃、我が家にやってくる予定です。

今まで、室外犬を飼育しておりましたが、ジャックラッセルテリアも室外可能と
書いてあったので、どのような飼育方法がいいのかお聞きしたいと思います。

昼間は庭で放し飼いをして、夜になってから家の中のサークルに入れようか、庭にしっかり
大きめの犬小屋をつくり、寒さ、暑さ対策をしようか・・

また、家の中ではどのように飼育されているのかを、ジャックを飼育している方に
お聞きしたいと思っております。

室内、室外で飼育されている皆様、アドバイスや、飼育状況、お勧めのおもちゃやお手入れ道具、サークルの大きさなど、詳しく教えて頂けたらと思います。

宜しくお願いします。

2009/09/16 11:09 [10161663]


FJ2501さん

sasa1476さん、

>ジャックラッセルテリアの♀を飼う事になりました。

まずは、大変だと思いますが、がんばってください、と申し上げておきます。
僕は今まで、警察犬犬種を中心に大型犬〜中型犬を7匹を訓練しながら飼ってきて、CDやPDの資格を取らせたり、繁殖したりもしましたが、7匹目のジャックラッセルテリアは、今まで飼った犬の中で一番手間が掛かり、しつけや訓練が大変な犬だと感じました。正直、毎日血が出るほど飼い主家族を咬む様な犬は初めての経験でした。今は雌雄2匹のジャックラッセルテリアを毎日訓練しながら飼っています。

>まだ生後間もないので、子犬が三ヶ月になる頃、我が家にやってくる予定です。

ブリーダーさんから引き取られるのでしょうか?
でしたら、ワクチン接種が済み、すぐにお散歩に出せるようになるまで親元で兄弟と一緒に過ごさせた方が良いです。

そうすれば、初期の社会化を親兄弟と取っ組み合いしながら暮らす内に済ます事ができ、その後の飼養はずっと楽になります。

もしペットショップで単独飼育されているなら、出来るだけ早く引き取り、ワクチン接種前でも受け入れてくれる犬の幼稚園の様な施設に通って、毎日の様に他の犬と遊ばせ、社会化を始める事をお勧めします。気性の激しい子の場合、単独飼育を続けると、攻撃抑制が身につかないまま飼い始める事になります。当然すぐ咬傷事故を起こす犬種ですので、十分注意が必要です。

>今まで、室外犬を飼育しておりましたが、ジャックラッセルテリアも室外可能と
>書いてあったので、どのような飼育方法がいいのかお聞きしたいと思います。

あなたの家が大きな農場で、犬を放し飼いにして、侵入者に咬み着いても差し支えない環境なら外飼いでも問題ありません。

しかし回りに家がある環境にお住まいで、犬の吠え声や他人・他の犬に対する自分の犬の攻撃が問題視される様な場所なら、絶対室内飼いをお勧めします。

>昼間は庭で放し飼いをして、夜になってから家の中のサークルに入れようか、庭にしっかり
>大きめの犬小屋をつくり、寒さ、暑さ対策をしようか・・

そういう飼い方は絶対にやめた方が良い犬です。
この犬種は、害獣狩りに使われたセルフハンティングのテリアの中から、肉食動物のキツネを狩るために、わざわざ育種された犬です。飼い主家族と常に一緒に過ごさせ、犬と人間に十分な社会化を行い、服従訓練を飼い主自身がちゃんといれて、やっと普通の犬並になる様な子が多い犬種です。

庭に放置するような飼い方だと、庭中穴だらけにされ、敷地に入ってくるあらゆる小動物を狩ります。猫を殺し、ネズミや小鳥を襲い、人が通りかかれば大声で吠え、シーズンには脱走してよそで子供を作ってしまう様なハイパーな犬がジャックラッセルテリアと言う犬種です。安易な外飼いは、手に負えない犬を作り出す可能性が高いので、絶対にお勧めしません。

>また、家の中ではどのように飼育されているのかを、ジャックを飼育している方に
>お聞きしたいと思っております。

生後4ヶ月または、トイレを覚えるまでは、畳一畳くらいのサークルを用意し、トイレと寝床を区切っておきます。
家人が見ていられる間は常に人間と一緒に過ごせる様にして飼う事をお勧めします。
子犬が疲れて自分から休むくらいの運動量を、毎日数時間かけて確保し、疲れて休む時だけサークルに戻して寝かせます。

サークルやケージに閉じこめて飼うとか、罰として閉じこめるなどはしないほうが良いです。

トイレを覚えたら、基本的にいつでも飼い主家族と一緒に過ごし、群れの一員として振る舞う機会を常に与えます。寝床は差し支えなければ人間と一緒に寝かし、訓練を通じて、犬を飼い主家族の最下位の子供の位置に落ち着かせる様に努力します。

訓練は犬と飼い主が対立しないように注意し、陽性トレーニング主体で、幼い内からアイコンタクトとスワレを教え、散歩に出したらすぐヒール訓練と呼び脅しが完璧になるまで教えます。また生後3ヶ月台の内に、近隣に住む全ての犬と直接ふれあうような機会を設け、1歳になるまでにドッグランなどで、毎日の様にたくさんの犬と取っ組み合いや追いかけっこをさせ、全ての犬も人も仲間と言う事を学習させます。それを怠ると、他の人や犬にいきなり咬み着き、咬傷事故の加害者になりやすい犬です。

この犬種は日本でも海外でも咬傷事故の上位にいるだけでなく、日本の血統登録犬のなかでは、生後6ヶ月までに捨てられてしまう事が最も多い犬種でもあります。僕はその対策もあって、niftyのドッグアクチュアリーで、この犬のしつけと訓練の記事を書いています。実際に飼い始める前に、是非一度ブログをごらんいただき、覚悟を決めて飼う事をお勧めいたします。

2009/09/16 13:38 [10162228]


sasa1476さん
こんにちは

過去レスの

・遊びについて

・咬み癖が・・・

 を覗いてみてください。

・室内犬は室内で育てるのが基本だと私は考えています。

・暑さ寒さなどを考えると室内の環境が良いから

・外敵から犬を守る

どんな犬種でも、躾など育てるのは大変だけど

ジャツク・ラッセル・テリアは躾けるのが大変らしので

>子犬が三ヶ月になる頃、我が家にやってくる予定です。
・今現在仔犬が居ないのなら他の犬を考えてみては、どうですか?
・または、外で飼いたいのなら外で飼える犬とか・・・
・室内で飼いたいのであれば室内犬
・飼うのを諦めるなど

今一度検討してみてはどうでしょう。^^;



2009/09/16 13:39 [10162240]