トヨタ ヴィッツの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ ヴィッツの新型情報・試乗記・画像

ヴィッツの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

ヴィッツのモデル一覧

ヴィッツのレビュー・評価

(104件)

ヴィッツ 2010年モデルの満足度

3.65

(カテゴリ平均:4.32)

    ヴィッツ 2010年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • ヴィッツ 2010年モデル ヴィッツはトヨタの世界戦略車だ。初代モデルのように必ずしもトヨタのベーシックラインを受け持つクルマではなくなったが、世界に通用するコンパクトカーを目指して作られたのは間違いない。にもかかわらず、2011年12月にデビューした3代目モデルは、これはなんだと言いたくなるようなデキである。丸で安く作ることだけを目的にしたかのようなクルマ作りである。

      初代ヴィッツはコンパクトカーとして特徴的ある外観デザインを作っていたが、女性だけでなく男性にも売りたいという今回のモデルはあまりにも没個性的。日本でも世界でも多くのコンパクトカーの中に埋没してしまいそうなくらいに存在感が希薄だ。

      インテリアは
      続きを読む 安っぽさが目立つ。グレードによる仕様の違いもあるが、コストダウンを図ったことが随所に見受けられるほか、センターメーターを廃止して正面に配置したことなども没個性化を象徴している。

      ボディを大きくすることで室内空間、特にラゲッジスペースを広げたが、これももうひと工夫欲しいところ。後席の居住空間は拡大していないだけでなく、後席のシートスライドが廃止されている。

      そんなヴィッツの中でも最初に乗った1.3Lエンジンを搭載したUは比較的好印象だった。充実装備を備えた上級グレードで、コンパクトカーとしては静粛性も高く、乗り心地と操縦安定性のバランスも良く、ちょっとほめすぎにいえば、格上のクルマに乗っているような感じもあった。

      ところが1.0Lエンジンの搭載に乗るとやはり騒音や振動が大きいし、1.3Lエンジンでもアイドリングストップ機構を装着したFに乗ると、騒音などが大きめになる上に、内装の仕様が安普請になるのでがっかりさせられる。女性ユーザー向けのグレードとされるジュエルには専用の仕様が用意されるが、共用の部分はどちらかといえばUよりもFに近い安っぽさだ。RSの足回りはしっかりしていてそれなりにスポーティな印象。ただ乗り心地が硬すぎて日常ユースでの快適性に欠ける印象だ。

      いずれにしてもヴィッツはグレード間で装備や仕様の違いが多いので、購入時に自分が買おうとしているグレードの仕様がどうなっているか、しっかり確認したい。特に2代目ヴィッツから乗り換えるなら、前述のシートスライドやカップホルダーなど、廃止された仕様が多い点に注意する必要がある。

      Fに設定されるアイドリングストップ機構そのものは、停止しやすくて素早い再始動が可能。従来のヴィッツに搭載されていたアイドリングストップ機構に比べるとずっと良くなっていた。なのに、嫌々用意するかのような1グレードだけの設定でしかないのはあまりに残念。ほかのメーカーに比べて対応が遅れていると言わざるを得ない。

      最も文句を言いたいのは、広く社会全体に対して約束したはずの、SRSサイド&カーテンエアバッグの標準装備を一方的に止めてオプション設定にしてしまったこと。かつてに比べたらオプション価格は安くなったが、公然たる約束破りは承服しがたい。

      横滑り防止装置のVSCはヒルホルダーの必要に迫られるアイドリングストップ機構装着車だけに標準で、RSにオプションという設定。ほかのグレードには設定すらされておらず、安全装備を積極的に採用しようという姿勢がない。そもそもVSCはトヨタが日本で最初に採用した装備ではないか。

      2012年7月に義務化される後席中央の3点式シートベルトや、ヘッドレストレイントが装備されないことに至っては、唖然とするしかない。施行までに1年半しかない時点で売り出すクルマの仕様なのか。トヨタには堂々と王道を行くようなクルマ作りに徹して欲しい。
      参考になった 72人
      2011年4月17日 投稿
      満足度 2
      エクステリア 2
      インテリア 2
      エンジン 3
      走行性能 3
      乗り心地 2
      燃費 3
      価格 2
    • 【エクステリア】
      とても気に入っています
      【インテリア】
      コストダウンの影響が見られます
      【エンジン性能】
      良くもなく悪くもない
      【走行性能】
      先代のCVTとは別物で、加速性能が非常に悪い
      試乗せずに購入を後悔してます
      【乗り心地】
      運転してる分には不満は無いですが、嫁は腰が痛くなると言ってました
      【燃費】
      15キロから16キロ代でしたが徐々に低下
      10万キロ位からは1〜2くらい悪くなってきました
      【価格】
      質感から見ると高く感じます
      【総評】
      購入後二年くらいでステアリングから異音がして無料修理してもらいました
      オイル交換は5万キロまでは5千キロごとに交換
      続きを読む それ以降は1万キロごとに交換してました。8万キロ超えた位からオイル上がりに気付きましたが、5千キロでオイルを足して1万キロでオイル交換でした
      CVTオイル交換はしませんでした
      昨年の大雪で、ショックからきしみ音、ドア周りからもきしみ音、停車中でもブレーキを踏むと異音、アンダーカバー破損で交換
      フロントブレーキパッドは7万キロで交換
      リアブレーキパッドは10万キロ超えたときに交換してみたいとディラーに相談したら10万キロでは交換する人はいないと言われました、プラグも20万キロまで交換不要と言われました
      オイル交換以外はノーメンテナンスで車検はオレンジ色のカーショップで取るだけ車検を2回受けました
      2回分の車検代が12万円弱でディラーで受けるより半額位だと思います
      最終的に13万キロ以上を走行しましたが、ステアリングの異音以外は故障もなく足としてはとても優秀な車だと思いました
      世の中エコカーが主流になり加速性能だけがとても不満でした。最近、いろんなコンパクトカーを試乗して燃費と加速性能を重視し、バランスが私の感性に合ってるとと思った車に乗り換えました
    • 初めて購入した車であり、主に通勤で使用しての感想(セーフティセンスC装着車)

      【エクステリア】
      比較的好みの外装。2017年1月にマイナーチェンジした現行型よりデザインがマイルドでよい

      【インテリア】
      装飾性は皆無。ほぼプラスチックむき出しだが、シンプルかつ機能的で使用上の不満はない

      【エンジン性能】
      車体が比較的軽いため1,300ccで十分よく走る
      冷房を付けた状態で複数人乗車すると発進時多少唸るが、それ以外では静粛性もよい

      【走行性能】
      極低速時のフィーリングにかなり不満がある。ガクガクする時があり、渋滞時などストレスを感じる
      それ以外には特に印象に残る
      続きを読む 点なし。80点主義といった感じ

      【乗り心地】
      特に不満なし。他社の同クラスカーと比べると若干良いような気がする

      【燃費】
      渋滞時の一般道で12km/L程度
      空いている一般道で18km/L程度
      高速道路巡航時には22km/L程度
      エアコンON時にはここから2〜3km/L落ちる

      ガソリン車としては十分な燃費性能だと思う

      【価格】
      新車価格で買うのには多少のためらいを感じると思う

      【その他】
      セーフティセンスC装着車に備わっているオートハイビーム機能が何気に便利
      自動ブレーキ機能についてはそのような場面に遭遇していないため分からない

      【総評】
      全体として大きな不満はない。移動する手段として必要十分なものを備えている
      ただし趣味性を求める人にはマッチしないと思う
    • 3日間、レンタカーで200km程度走行しての感想。
      ・乗車人数: 大人3名(男1、女2)
      ・主なコース: 田舎・山間部の国道・県道 (坂道、カーブ多し)

      【エクステリア】
      好みの問題なので、個人的感想として: トヨタのデザインでは比較的マシなほう。デミオやノートと何とか張り合える。プリウスのようにアクがなく、誰からも気にされず自然と風景に溶け込める。

      【インテリア】
      極めてチープ。全てがプラスチック感満載。とにかくコスト削減が目に付く。しかし、そのチープさは、気遣わずにラフに乗っても構わないよ、と言ってくれてるようで何故だかホッとする。手ブレーキ周りやドア、ダッシュボードに
      続きを読む は、やたら仕切りの入った収納があるが、それぞれが小さくて何を入れていいのかわからない。ラゲッジは、小さめのスーツケースなら2つ3つはラクに入る。

      【エンジン性能】
      1,300ccでスペック的に非力かと思いきや、意外とよく走る。坂道でスピードが落ちて来るなんてことは、3名乗車でも皆無。ゆっくりスタートして、穏やかに走る人には全く問題なし。

      【走行性能】
      山道の下り坂カーブでも、適度なスピードで進入すれば、ふらつきなど全くなし。ブレーキも普通に利くし、感触も普通。

      【乗り心地】
      一番驚いたのがここ。エンジンがガーガー鳴るかと思いきや、意外や意外、静か。ロードノイズも目立たず、段差の乗り越え方もジェントル。

      【燃費】
      満タン法で14.5km/l。エアコンは常時オン(風量は1〜2)。渋滞路はなかったものの、雨のカーブとアップダウンの多い山道が多かったので、やや悪かったのかも。ちなみにこのレンタカーとしての最高値は18km/l強(履歴に残っていた)。

      【価格】
      駐車支援システム(ソナー、バックモニター)、LDA、アイドリングストップが付いて車両価格150万円。感覚的には120万円くらいが妥当ではと感じるが、これらの安全装備が付いているから仕方がないのか…。

      【総評】
      車をツールとして使う人、内装や外装の高級感や、エンジン・走行性能にプラスアルファを求めない人にとってはいい車ではないか。レンタカーが多いのは、それだけラフに使うのにちょうど良いってことかも知れない。

    ヴィッツのクチコミ

    (5092件 / 693スレッド)

    クチコミ募集中

    ヴィッツのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    ヴィッツ 2010年モデル

    ヴィッツ 2010年モデル

    ヴィッツ 2010年モデルのクチコミを書く
    ヴィッツ 2005年モデル

    ヴィッツ 2005年モデル

    ヴィッツ 2005年モデルのクチコミを書く
    ヴィッツ 1999年モデル

    ヴィッツ 1999年モデル

    ヴィッツ 1999年モデルのクチコミを書く
    ヴィッツ

    ヴィッツ

    ヴィッツのクチコミを書く

    閉じる

    ヴィッツのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    ヴィッツ 2010年モデル

    ヴィッツ 2010年モデル

    ヴィッツ 2010年モデルのクチコミを書く
    ヴィッツ 2005年モデル

    ヴィッツ 2005年モデル

    ヴィッツ 2005年モデルのクチコミを書く
    ヴィッツ 1999年モデル

    ヴィッツ 1999年モデル

    ヴィッツ 1999年モデルのクチコミを書く
    ヴィッツ

    ヴィッツ

    ヴィッツのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ19
      • 返信数10
      • 2018年7月24日 更新
      現行モデルは2010年モデルで、すでに8年目に入ってますが、フルモデルチェンジの情報はないのでしょうか?
      宜しくお願いします。
      • ナイスクチコミ2
      • 返信数2
      • 2018年7月1日 更新
      5月31日発表のセーフティーセンス2の1.3を6月2日に契約しましたがその近辺で納期確定した方お見えでしょうか??
      • ナイスクチコミ21
      • 返信数12
      • 2018年5月21日 更新
      たまたまHPで見たのですが150台限定のVitzの件です。

      2018年4月から受付で抽選のようですが、装備等を見ると純粋の競技ベース車両というよりは普段使いの装備で作るようです。 国内の競技では公認も取れないので好き者が買う車でしょうか? 

      実はAbarth 695 Bisport Full Specを購入しようかと思っていたのですがLHだし、ACレス、窓はポリカー
      続きを読むボネートの固定のためナンバーなしの積車移動みたいな車なのでためらっています。 

      皆さん申し込まれますか?


    ヴィッツの中古車

    ヴィッツの中古車相場表を見る

    ヴィッツとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止