トヨタ ランドクルーザー プラドの買取価格・相場

  • ランドクルーザー プラドをお気に入り製品に登録 <476

ランドクルーザー プラド

ランドクルーザー プラドのピックアップリストを作成
ランドクルーザー プラド 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

ランドクルーザー プラドの新車

ランドクルーザー プラドの中古車

中古車査定PR

※ランキング順位とレビュー点数は最新モデルの情報です

  • 自動車保険
  • 車買取・中古車査定
  • 車検 費用比較・見積もり
  • 自動車ローン

ランドクルーザー プラドのリスト対象製品を選択してください。(全2件)

ランドクルーザー プラド 2009年モデル

ランドクルーザー プラド 2009年モデル

ランドクルーザー プラド 2009年モデルのリストを作成する
ランドクルーザー プラド 2002年モデル

ランドクルーザー プラド 2002年モデル

ランドクルーザー プラド 2002年モデルのリストを作成する

閉じる

ご利用の前にお読みください

ランドクルーザー プラドの買取価格・相場

ランドクルーザー プラドのグレード別買取価格ランキング

グレード
初度登録年・型式
カーオクサポート
買取参考価格

カーオクサポートとは株式会社FTソリューションズが提供するオークション出品代行サービスです。買取見積もり比較を利用されると、カーオクサポートも買取予想金額を回答します。
カーオクサポートへのお申し込みは任意です。カーオクサポートはヤフオク!・業者間オークションに出品代行を行い、万一落札されなかった場合でもカーオクサポートが買取ります。

業者間オークション
予想買取価格

業者間オークションとは中古車の販売・買取などの専門業者のみが利用できる自動車オークションです。カーオクサポートへ申し込まれた場合、ヤフオク!で落札されなかった場合に業者間オークションに出品されます。

ヤフオク!
予想買取価格

ヤフオク!とはヤフーが運営する個人間オークションサイトです。カーオクサポートへ申し込まれた場合、オークション出品代行としてまずヤフオク!に出品します。落札者とのやり取りも全てカーオクサポートが代行します。

買取見積もり比較サービス
申し込み画面に移動します
第1位 TX Lパッケージ・G−フロンティア
平成29年 TRJ150W (4WD)
496〜511万円 506〜531万円 530〜546万円 見積もり比較スタート
第2位 TX Lパッケージ・G−フロンティア
平成28年 GDJ150W (4WD)
468〜483万円 478〜503万円 502〜518万円 見積もり比較スタート
第3位 TX Lパッケージ
平成29年 TRJ150W (4WD)
468〜483万円 478〜503万円 502〜518万円 見積もり比較スタート
4位 TZ−G
平成28年 GDJ151W (4WD)
422〜437万円 432〜457万円 456〜472万円 見積もり比較スタート
5位 TZ−G
平成27年 GDJ151W (4WD)
401〜416万円 411〜436万円 435〜451万円 見積もり比較スタート
6位 TX Lパッケージ・G−フロンティア
平成28年 TRJ150W (4WD)
372〜387万円 382〜407万円 406〜422万円 見積もり比較スタート
7位 TZ−G
平成26年 GRJ151W (4WD)
352〜367万円 362〜387万円 386〜402万円 見積もり比較スタート
8位 TX
平成29年 TRJ150W (4WD)
351〜366万円 361〜386万円 385〜401万円 見積もり比較スタート
9位 TX Lパッケージ
平成27年 GDJ150W (4WD)
350〜365万円 360〜385万円 384〜400万円 見積もり比較スタート
10位 TX Lパッケージ
平成28年 GDJ150W (4WD)
347〜362万円 357〜382万円 381〜397万円 見積もり比較スタート

※買取参考価格提供:カーオクサポート(運営:株式会社FTソリューションズ)

ランドクルーザー プラドの買取価格を調べるby カーオクサポート

初度登録年

型式

※買取参考価格提供:カーオクサポート(運営:株式会社FTソリューションズ)
※取引台数が少ない場合、オンラインでの予想買取価格算出ができないため「-万円」と表示されます。

詳しい状態を入力して愛車の買取額を問い合わせてみましょう

愛車の買取見積もり比較 スタート

車買取 見積もり比較サービスの注意点をご確認のうえご利用ください

お申し込み済の方はこちら

車買取 見積もり比較を使う理由

  • 愛車の概算見積もり額が分かる

    専用マイページで買取店ごとの概算見積もりを確認できるから、実車査定をしなくても相場が分かります。

  • 買取店のサービスを簡単に比較できる

    PRポイントやサービス内容を一覧で表示。お好みの買取店を選んで見積もりを見ることができます。

  • 見積もりを比べて買取店を選べる

    PRと概算見積もりの結果を見比べた後だから、気に入ったお店とだけ実車査定を進めていくことができます。

サービスご利用の流れ

愛車の情報を入力

愛車の情報・お客様の情報を入力して申し込みます。申し込まれた方専用の買取マイページをご用意します。

概算のお見積もりが届く

買取マイページに買取額の概算見積もりが届きます。概算見積もりは買取店を選んで確認できます。確認した買取店にのみ、お預かりした個人情報を開示します。

実車査定の依頼が届く

概算見積もりを確認したお店から、電話等で実車査定の依頼が届きます。必要であれば実車査定を行います。

お店を選んで売却

買取価格やサービスを比べ、気に入ったお店へ売却します。

さっそく始める

よくある質問

Q
「車買取 見積もり比較」とはどんなサービスですか?
A
車の情報等を入力して申し込みをすると、専用ページで買取店からの概算見積もりを見ることができるサービスです。
一般的な相場情報ではわからないあなたの車の概算買取価格が一度にわかります。より高く売れそうなお店と交渉しやすいのはもちろん、下取りでの交渉にも役立ちます。
概算見積もりを見た後は、買取店からの案内を比べて実車査定をするかどうか検討できます。
Q
ほかの一括査定との違いは何ですか?
A
一般的な一括査定サービスでは、申込み後、買取店を紹介して個別に商談となります。いきなり商談になるため、相場に比べ高い・安いがわかりません。
価格.com 車買取見積比較では、一度専用ページで概算見積もりを見ることができます。そのため、相場の見当をつけ、個別の商談に備えることができるのが特徴です。
Q
利用するにはどうすればよいですか?また、無料でしょうか?
A
ページ内にある申し込みボタンから、車情報・連絡先情報を入力して申し込んでください。利用には価格.comIDが必要ですので、お持ちでない場合は途中で登録をしていただきます。ご利用は無料です。
Q
何台まで申し込めますか?
A
一度にお申し込みいただけるのは5台までとなります。
Q
申し込んだら必ず車を売らないといけないのでしょうか?
A
いいえ、申し込んだ後に車を売却するかどうかは任意です。概算見積もりの内容と、それぞれの買取店との商談の中でご判断ください。
Q
申し込みは何日間有効ですか?
A
申し込みから90日間有効です。90日を過ぎると、見積もり情報・車両情報は見ることができなくなります。
Q
対応地域はどこですか?
A
離島などの一部地域以外は対応しております。
Q
概算見積もりはすぐ来ますか?
A
速い場合は、申し込み後の30分から1時間ほどで概算見積もりの回答を行います。
対応する買取店が休業日の場合や、年末年始・連休時は数日以上かかる場合もありますので、ご了承ください。
Q
どのような買取店が参加しているのですか?
A
一般的な車の買取店のほか、輸入車・高級車の専門店、またオークション出品代行サービスの事業者も参加しています。対応地域と店舗は順次拡大中です。

さっそく愛車の買取額を問い合わせてみましょう

愛車の買取見積もり比較 スタート

車買取 見積もり比較サービスの注意点をご確認のうえご利用ください

ランドクルーザープラドの買取市場での動向について

ランドクルーザープラドは、ランドクルーザー70系のワゴン仕様として1990年に登場した。ベースの70系は悪路の走破力に重点を置いたオフロードSUV。バリエーションはバン仕様のみだったが、ワゴン仕様のプラドを投入することで、一般ユーザーのニーズに応えた。それでも内装は70系と同様にシンプルなデザインだったが、1996年に投入された2代目では、乗用車感覚を一気に強めている。乗り心地も大幅に向上し、この2代目から人気が盛り上がった。2002年には3代目、2009年には現行型の4代目になり、走行安定性と乗り心地のバランスをさらに向上させている。ランドクルーザーの車名は1954年に与えられ、クラウンよりもわずかに時期が早い。乗用車ではクラウンが最も長い伝統を持つが、一般ユーザー向けに開発された日本車という意味では、ランドクルーザーが最古のブランドと考えて良いだろう。なのでオフロードSUVの定番となり、人気は根強い。最近のSUVは、いずれも乗用車のプラットフォームを使うシティ派になったから、ランドクルーザープラドは、副変速機付きの4WDを備えたオフロードSUVという意味でも貴重な存在だ。根強いファンが多く、高価格車とあって中古車の人気も高い。特にV型6気筒エンジン搭載車は、重量級のボディに見合う高い動力性能を発揮できるため、中古車の価格も高値安定型になっている。外観のデザインは、1996年に登場した2代目以降、あまり大きな変化はない。そのために、2002年に登場した3代目の先代型でも、有利な条件で売却できる。

このページの先頭へ