日産 エクストレイルの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

日産 エクストレイルの新型情報・試乗記・画像

エクストレイルの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

エクストレイルのモデル一覧

エクストレイルのレビュー・評価

(258件)

エクストレイル 2013年モデルの満足度

4.28

(カテゴリ平均:4.32)

    エクストレイル 2013年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • エクストレイル 2013年モデル 20X 4WD (7人乗り) 2017年6月にマイナーチェンジを行った日産エクストレイルの20X(7人乗り、4WD車)に試乗しました。

      初代からグローバルでの販売を積極的に行い、国内では“タフ・ギア”のキャッチコピーも含め、このセグメントとしてはマーケットリーダーとなったSUVです。

      3代目となる現行型は2013年12月の発売ですが、今回のマイナーチェンジの最大の特徴は2016年にフルモデルチェンジしたセレナに初搭載された「プロパイロット」を搭載したことです。

      プロパイロットは日産の言葉を借りると「高速道路同一車線自動運転技術」になりますが、現在の自動運転の枠組みでいうと「レベル2」に該当します。

      続きを読む ひと言で自動運転技術、それもレベル2の中でもそれなりの能力差があるわけですが、プロパイロットはその中でもそれほど高いレベルではありません。

      ただ、だからダメというわけではなく、セレナの場合などはミニバンという商品にマッチする技術として個人的には高く評価しています。

      特にミニバンやSUVなどレジャーやアクティビティなどの利用シーンではドライバーは色々な意味で運転時のストレスを溜めやすくなります(特に帰り道など疲れている時)。

      その点でも渋滞時や高速道路の巡航時にアクセル、ブレーキ、そしてステアリングを制御してくれるこのシステムは価値のあるものです。

      ガソリン車は全グレード、2L直4DOHCエンジンにエクストロニックCVTを組み合わせ搭載します。正直パワフルというにはほど遠いですが、市街地から高速まで必要十分に使えるレベルにまとめています。

      一方でこれは良い!と感じたのが全体の静粛性。装着するダンロップ・グラントレックST30というタイヤのおかげも大きいと思いますが、細部からの音の侵入もよく抑えてある点、高速走行時でもロードノイズも少なく、逆に風切り音のほうが気になるほどです。

      足回りに関してもコーナリング性能云々という種のクルマではありませんが、ロール自体は大きいものの、接地感は上々です。また全体的にストローク量も大きく取ってあるので高速走行時での乗り心地も良く、この部分はグローバルで展開している車種であることを感じさせてくれます。

      居住性に関しては3列目シートはあくまでも“非常用”ではありますが、いざという時、近距離であれば7人まで乗車できる点は魅力です。同じ20Xで比較した場合、3列シート車は2列シート車より7万2360円高くなりますが、ガソリン車を購入するのであれば3列シートを購入したほうが将来の売却時にも有利だと思います。

      気になる「プロパイロット」に関しては高速道路や自動車専用道の限定利用になりますが、それでも首都高速のような連続したカーブなどが多い道路は得意ではありません。この手のシステムはコーナーのR(アール:曲率半径)や実際の速度によってそもそもシステム自体がそれに追いつかないことが多いのが現実です。

      あくまでも片側一車線でカーブ自体もゆるやかな高速道での使用という点でも限定されますが、それでも東名高速や中央高速など速度制限内で交通の流れを妨げずに走る際には非常に快適です。今に始まったことではありませんが「自動運転」という言葉が一人歩きしてしまっている中、私たちのような伝える側はもちろん、購入する側もしっかりシステム自体を理解して、過度の期待はしないことが重要だと感じました。

      プロパイロットはガソリン車、ハイブリッド車ともに20Xのみにメーカーオプション設定されます。つまりオススメはおのずと20X系または関連会社であるオーテックジャパンが販売している「モード・プレミア」か「エクストリーマーX」になります(ベース車が20X系なので)。

      オーテックがリリースする特別仕様車は「モード・プレミア」が上質に都市型なセンスを、「エクストリーマーX」が上質さによりアウトドア&アクティブさを表現しています。つまり2つの特別仕様車に強い個性を持たせることで標準モデルとは異なる世界観を表現しています。たしかに価格は高くなりますが、その分リセールバリューも期待できますし、かなり魅力的な選択肢なのでこちらも候補としてオススメします。
      参考になった 41人
      2017年9月30日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 4
      インテリア 3
      エンジン 3
      走行性能 3
      乗り心地 4
      燃費 2
      価格 3
    • 17年超の期間を経ての使用感ですので、長文です・・・。(^^ゞ

      【エクステリア】
      気に入っています。
      四駆のSUVが欲しいなと検討に入ったところで、この車に出会い、指名買いしました。以後、エクストレイルの新型や他の車も含めて、この車以上に欲しいと思える車が無くて、乗り換えに至らずです。

      【インテリア】
      シンプルで飾り気もないです。道具感を前面に押し出した車ですので、こんなものかなと思います。私の場合は、車に高級感やステイタス感は求めていませんので、特に不満はありません。

      【エンジン性能】
      最初の段階で購入候補だったXグレードでは登坂時の加速に不足を感じましたので、やむ
      続きを読む なくGTグレードを選択しました。150psでは不足を感じるけれども、280psは過剰だとは思いつつ、その中間の選択肢があればいいのにと思いながらの選択でした。
      結果としては、280psなんて使うことはありませんが、パワーとトルクの余裕から、「回さなくても走れる」という使い方になっています。下道では、2500〜3000回転くらいまでしか使うことはありませんので、ブン回さなくてもよいため、セカセカした気分にならずにゆったりとした気分で走ることができます。
      気になる点は、メーター読みで1600回転あたりで、VVLの機構が切り替わるのか、ターボの過給が始まるのか、一気に2000回転くらいに跳ね上がります。それが巡航時の60キロくらいの速度で起こりますので、下道を走行する時にはちょっとしたアクセル操作で1600回転から2000回転を行ったり来たりの繰り返しが起こることがあって違和感があります。

      【走行性能】
      四駆のSUVが欲しいと思ったのは、山菜取りや渓流釣りで未舗装の林道を走る機会があるためでした。未舗装の林道程度なら、慎重に走ればセダン等のFFでも問題は無いくらいのものですが、万一のための保険という意味で四駆のSUVを選びました。おかげで、雨の後のぬかるんだ林道の登坂路も苦も無く走行できますし、最低地上高の余裕もありますので、底を擦る心配もなく走行できます。
      あと、これは期待していなかったことなのですが、大雨で水深数センチの浅い川みたいな大きな水溜りができている道で、FFだと滑って不安定になることもありましたが、4WDスイッチはオートのままでも電子制御の四駆が効いているのか、安定して走行できます。

      【乗り心地】
      Xグレードよりも硬い設定で、荒れた路面ではゴツゴツ感がありますし、ロードノイズが大きくて静粛性もよくありません。もちろん、いいに越したことはありませんが、私の場合は車に高級感は求めていませんので許容範囲内です。

      【燃費】
      当時のカタログでは、10・15モード燃費で9.5キロ/L でした。
      私の通算燃費(総走行距離÷総給油量)は約9.2キロ/Lです。最高は約13キロ/L、最低は約5キロ/Lです。最高値は、ほとんどを下道の長距離走行の時。最低値は、ほとんどを片道約3キロの通勤にしか使わなかった時です。カタログ値の5%未満の範囲ですから、十分に健闘していると思います。エンジン性能のところで書いたように、「回さなくても走れる」という使い方をしているためだと思います。

      【価格】
      Xグレードから60万円以上高くなって、車両本体だけで280万円超、オプションと諸経費込みで350万円くらいだったと記憶しています。当時のこのクラスの国産車としては高かったように思うのですが、18年が経過した今では、現行のエクストレイルの標準的なグレードで同程度かもっと高かったりしますし、他社のライバル車ではもっと高い価格が当たり前になっていますね。主に、安全装備の充実のための上昇なのだろうと思いますが、年月の経過を感じます。
    • 昨日、友人が所有する現行型のエクストレイルの後部座席に、初めて乗せてもらいました。
      走り始めて、すぐに感じたのは、「ロードノイズがとてもうるさい!マジでうるさい!」でした。
      前部座席に座ってる2人の会話が掻き消されて、後部座席までは声が届かず、聞き取れず、会話にならない。話をする為に、後部座席の自分が、ずっと前のめりで腰が痛いです。
      特にトランクルームからの地響きのようなノイズにイライラしました。
      自分は、スペーシアと、ルーテシアの2台所有してますが、純正タイヤ装着車両で比べたら、この2台は遥かに静かです。
      車両価格はこの2台より高いと思うのですが、遮音材が明らかに手抜きって感じで残
      続きを読む 念な車だと思いました。絶対に買わないって思いました。
    • 今まで日産車を数多く乗ってきましたが皆さんレビューどおり道具としてみるなら最高です。このクラスで値段も安いし値引きも他車より多くしてくれます。ただ車好きや前にスポーツカーなど乗ってきた人は全然愛着がわきません。エンジンも普通だし内装も普通です。最悪なのが乗り心地ですね、昔ノーマルショックでダウンサスに変えた時のような乗り心地です。歩道や高速のつなぎ目などモロに伝わります。答えは下廻り観ると分かりますよ。他車よりもサスメンバーが細く、リヤなんてサスメンかえしてショックアブソーバーが繋がっていますよ。ボディ剛性もマツダやスバル車よりありません。だから安いのです。見えない所はかなりコストダウンしてま 続きを読む す。燃費はこのクラスではいい方ですけどね。 あと砂利道や悪路はさすがです。この車はアウトドアする人なら満足度が高いが、町乗りばかりやアスファルトの道しか走らない人はやめた方がいいでしょう。

      あぁデカイジムニーと言った方が分かりやすいかなコレは!
      シートの出来は素晴らしいが、サイドが乗る時当たりすぐシワがつきました。
      死角も多いので初心者は感覚慣れるの大変かも。特に黒はボンネット左前がテカって良く見え無いし後ろはカメラないと危なくて!
      後エアコンの暖房はなかなか車内暖かくならない気がします特にオートにすると寒い…クーラーは涼しいが…

      2年目の点検してきました。この車乗ってる人は分かると思いますけどシャシ制御が入ってカーブや坂道でエンジンブレーキが効くようになってます。しかもリヤブレーキも自動にかかるのでブレーキパッドがリヤの方が早く減ります。2年目で半分の5mmでした。フロントはまだ8mmぐらいあったのに…まぁドイツ車よりは持ちます

      最近2万キロ走行してやっと足回りが馴染んできた気がします。ただ足回りが弱ってきたのか、自分の体が慣れたのかわからないですけど以前より凸凹した道でも乗り心地が良くなってきた気がします。タイヤの減りもまだ半分減ったぐらいで思ったより持ちます。(山峠ばかり走るので)故障もないが内装ドアパネルからギシギシ音が出始めました。まぁ日産車やスバル車は未だに距離乗ってくるとパネルの音しますね。メーカーは絶対改善しませんね。なぜトヨタ車は音しないんですかねー?その辺が中古でもトヨタ車高い理由なのかなぁ

    エクストレイルのクチコミ

    (18947件 / 2382スレッド)

    クチコミ募集中

    エクストレイルのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    エクストレイル 2013年モデル

    エクストレイル 2013年モデル

    エクストレイル 2013年モデルのクチコミを書く
    エクストレイル 2007年モデル

    エクストレイル 2007年モデル

    エクストレイル 2007年モデルのクチコミを書く
    エクストレイル 2000年モデル

    エクストレイル 2000年モデル

    エクストレイル 2000年モデルのクチコミを書く
    エクストレイル

    エクストレイル

    エクストレイルのクチコミを書く

    閉じる

    エクストレイルのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    エクストレイル 2013年モデル

    エクストレイル 2013年モデル

    エクストレイル 2013年モデルのクチコミを書く
    エクストレイル 2007年モデル

    エクストレイル 2007年モデル

    エクストレイル 2007年モデルのクチコミを書く
    エクストレイル 2000年モデル

    エクストレイル 2000年モデル

    エクストレイル 2000年モデルのクチコミを書く
    エクストレイル

    エクストレイル

    エクストレイルのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ19
      • 返信数26
      • 2018年12月17日 更新
      H30のエクストリーマー、ガソリンに乗ってます。最近寒くなってきましたがヒーターの効き具合が弱い気がするのですが?28℃設定でオートで使用しても暫くは暖かい風がでるのですが、途中からは冷たい程ではありませんが冷えた普通の風がでます。温度を上げると、同じように暖かい風になりやがて冷えた風となります。室内は明らかにそこまで暖かいとは思えず、足先も冷えますし、膝も冷えるレベルです。暖続きを読むかい風が出ている時は足元からのモードになり風が冷えると、足元と上半身のモードになります。前車はほぼ年中25℃設定くらいで大丈夫だったのですが。皆さんのエクストレイルもこんな感じでしょうか?ヒーター(エアコン)は冬どんな設定で使用されてますか?長文ですみませんが教えて頂けませんか?
      • ナイスクチコミ6
      • 返信数4
      • 2018年12月16日 更新
      納車時からアイドリングストップしづらいので、度々ディラーに確認していたのですが、色々条件あるからと逃げられ、3年過ぎてからは全くしなくなり、昨年丸4年で、パナソニックのカオスに交換。
      ディーラーでメモリリセットするも、半日くらい走ってらようやくアイドリングストップが始まり、一旦始まるとどんな条件でも正常に作動。
      エアコンつけようが、つけまいがあまり関係無し。

      ディーラ
      続きを読むーに2回入院後も、一回目がかかるまでは、すぐだったり、一時間でもしなかったりと不安定。
      結局ディーラーからはわかりません、バッテリー社外品だしで終了。

      アイドリングストップが必要なのは渋滞時くらいだし、技術無しのニッサンと諦めました。要はCPUがクソなのでしょうね。

      ちなみに、台車のノートは、2車種とも5分以内でアイドルストップしてましたね。
      • ナイスクチコミ1
      • 返信数4
      • 2018年12月13日 更新
      キャッシュバックの14万がまだきていません
      どれくらいでくるものでしょうか
      あまりネットにも出ていないので

    エクストレイルの中古車

    エクストレイルの中古車相場表を見る

    エクストレイルとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止