マツダ キャロルの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

マツダ キャロルの新型情報・試乗記・画像

キャロルの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

キャロルのモデル一覧

キャロルのレビュー・評価

(5件)

キャロル 2015年モデルの満足度

4.75

(カテゴリ平均:4.32)

    キャロル 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 中古で8,000km走行のGL CVT 2WDを購入しました。
      二ヶ月使用してのレビューです。

      【エクステリア】

      当初、あまりカッコよくないと思っていましたが、見慣れてくるとその個性的な顔つきやスタイルが逆に可愛くて良かったと思うようになりました。

      【インテリア】

      内装はとてもシンプルで好感がもてますね。
      オーディオはCDプレーヤーは付いているもののMP3には対応していなくて失敗したかなと思いましたが、AUXが付いていましたので、プラグコードを数百円で購入し、スマホから流すことにしました。
      Bluetoothが付いていればとも思いましたが、有線でやるのもシンプルに
      続きを読む できて、かつ安価ですのでOKですね。実際に不便は全く感じません。

      一方で気に入らない点は2点あります。
      大きな荷物を積みたいときに後ろのシートを倒すのですが、@荷台がフラットにならない。 A背面がペラペラの記事なので重い荷物を載せると破けそうである。の二点です。
      @のほうは我慢できますが、Aはオプションでもいいので対応してもらえると良いと思います。


      【エンジン性能】

      なかなかパワフルですね。
      このクルマの前はワゴンRに乗っていたのですが、キャロルのほうがトルクが太く、走っていて楽です。


      【走行性能】

      出来の良いエンジンと車重の軽さで、軽快に走ります。
      市街地での走行だけでなく、大きな国道でも普通に流れに乗れます。


      【乗り心地】

      これは、普通ですね。
      長距離を走っていてもストレスが少なく、かつ疲れないので、個人的には満足です、
      そもそもこのクルマに上質な感じを求めてはいないです。


      【燃費】

      燃費、良いですね。
      市街地走行でエアコンを付けてだと 23km/L、エアコン無しで 25km/Lです。
      先日、郊外中心に250km走った際は、28km/Lでした。(エアコンはONで)
      特にエコランは意識していないのですが、燃費はいいですね。
      ワゴンRが、15km/Lだったことを考えるとスゴイ燃費です。
      小さな燃料タンク(27L)でも、次の給油まで軽く600kmは走りますね。


      【価格】

      安いと思います。
      その為に無駄なものを削ぎ落としたシンプルさに好感を持てます。

      【総評】

      なかなか良いクルマだと思います。
      仕事や通勤用としては十分です、
      最初は経1BOXのワゴンも検討しましたが、自分の使用目的を考えていったらキャロルで十分という結論は正解でした。
    • キャロルGX(2BOXスポーティー)
      2BOX,車高1.5m,FF-2WD 658CC CVT,アイドリングストップ,
      エネチャージ,誤発進抑制,キーレス、オーデイオレス,太いタイヤ、
      4W-ABS,燃費37km/L,車重650kg,でキャロル最上機種。
      15年前の1BOXのバモスと比較します。

      殆どの人がオプションでドアバイザーを付けているが、
      雨の時に少し空気を入れる時に便利でも
      見た目や視界や燃費や騒音に悪いとの意見があったし、
      オートエアコンがあるので確かに不要だった。
      今まで必要なものと思い込んでいたが反省している。

      内装はシンプルで好感出来る。
      ドアー
      続きを読む バイザーを付けなかったので前方視界が良い。
      後方視界は後席左右窓と後ろ窓が小さ目の2BOX車。
      私はバック駐車時に振り返って後ろを見る癖があるので見にくい。
      ドアーミラーとバックカメラで駐車できるようにしたい。
      ワイドルームミラーをつけても後方死角が違うのは1BOXのバモスと違って
      2BOXなので仕方ないのだろう。

      2BOX車でノーズが長いので、シート高さを高めに調整しても
      ノーズ先端が分からない対策に、コーナーポールを左右につけて改善した。
      チルトハンドルで適切なハンドル位置にできる。
      ドアーミラーが運転席から調節出来る。
      前後4ドアー窓の開け締めが運転席で出来る。
      サンバイザーには助手席だけでなく運転席にも鏡が付いている。
      灰皿が無いがアクセサリーソケットはある。
      運転席だけにシートヒーターもある。
      運転席の小物入れはバモスよりも小さくて不便で負けていると思う。

      走りはまるで普通車と同じような走行感覚であって、エンジンはパワフルで
      アクセルが軽いし、無段変速CVTなのか、ゆっくり加速するのに感じ。
      アクセル踏み込みに一瞬加速が遅れる感覚が馴染めないが実速は早い。
      エコ走行の設計のためと思うが、バモス3速オートマと比較すると
      俊敏加速感が小さいのは燃費向上設計かな?

      うっかり強く踏むとすぐ60km/H以上になり、
      高速道路100km/Hでも安定している。
      走りが趣味の人には良い車と思う。
      高速とエコ重視設計だろうか?
      スズキアルトのOEM車でも同じ性能だろうか?

      車体重量が650kg軽量で燃費37km/Lと軽自動車中最高性能の車なので大満足。
      GXだけタイヤが太くスポーテイー、硬めで普通自動車並みのごつごつ感があるが
      エンジンノイズはゴーというが気にならない静けさで
      タイヤなど走行ノイズの方が大きいけどが少なめでスポーティ走行感があり、
      しっかり路面を踏んでいる安心感がある。

      まだ900kmしか走っていないがメーター読みも満タン法も平均燃費は21km/L位。
      高速道路、ちょい乗り含み条件総計であって、今後も平均20km/L以上は期待できそうだ。
      バモスの平均13km/Lより車重が少ないので燃費が良いのは当然だろうし、
      アイドリングストップなども効いているみたいだ。
      バモスでは神明高速、名阪国道上り坂でアクセル一杯でもしんどいが
      キャロルではすいすい上ってストレスを感じなくて車重の軽さの有難さを感じる。
      スポーツモードにすると加速が良くなりエンジンブレーキも効くが普段は必要ない。

      オプションで付けたのは純正の絨毯フロアーマットだけで
      この分で約1万円値引きしてもらった。
      オプション値引きに1万円の項目がないので0万円にしたので注意下さい。
      オプションでドアバイザーなどもつけたりするとかなり値引き金額が上がるはず。

      車両本体約112万円から5万円値引きしてもらったが、
      アルトでは2万円位しか値引き出来なかったので相当譲歩してもらった結果と
      喜んでいますが、
      (諸経費約7万円+車体107万円+オプション1万円で総計115万円)
      車両本体の値引きは5万円位と記事が多かったので無理な要求をして
      販売店に迷惑かけたと後悔している。

      スズキよりもマツダの方が値引きは少し有利みたいだが、
      車両本体は一般的に値引きはあまりしないように感じた。
      フロアーマット、ドアーバイザー、カーナビ、バックカメラなど
      オプションが多くて値引き額が大きいように勘違いする人が多いのでは?
      昔は諸経費分を値引きしてもらえば満額回答だと聞いたことがある。
      元々車体価格自体が安いので良い車と思う。

      2DINカーナビとバックカメラとフロント先端左と右で3個のカメラをつけて
      購入機器代が6万円ほどを自分で取り付けた。
      FM/AMラジオ、CD/DVD、SDカード、ワンセグTVが見れる。

      結論を言うと小さな普通自動車感覚であって好評です。
      車高が1.5mと低いので風にも強いし、小さくて良い。
      軽自動車中トップクラスの性能なのに安価で安全システム完備の良い車と思います。
      プリウス並みに燃費が良くて人気が無いのは不思議に思います。


    • 26,000km走ったので、宿命のライバルミライースとの比較を交えて書き直します。
      (ミライースは購入前に試乗したG"SA" 2WDの印象を中心に)

      【エクステリア】
      洗練されているのが好みならミライース、個性が強いのが好みならキャロルがおすすめです。
      ミライースのテールランプはLEDになっていて、ハイマウントストップランプはリアゲート部分にあります。
      キャロルはリアサイドウィンドウの後端を跳ね上げ、リアウィンドウの傾斜が強いのが特徴です。

      【インテリア】
      前方視界はキャロルの方が良いです。ミライースの下位グレードはインパネの色が明るいのでフロントガラスへの映り込みが強い
      続きを読む です。
      仮眠するにはキャロルの一体型ヘッドレストの方が良いですが、ヘッドレストに取り付けるアクセサリーを付けるなら普通のシートのミライースです。
      車速感応ワイパーや防眩ミラーはミライースだけです。ミライースは全グレードで後席ヘッドレストを取り付けられます。

      【動力性能】
      ミライースの登坂力に不満はありませんが、山道を駆け上がるなら2kW(5%)出力が大きく80kg(11%)軽いキャロルの方が有利だと思います。高速道路の合流では全開加速性能が重要です。
      変速範囲(最大/最小変速比)もミライースの5.3に対しキャロルは7.2で低負荷時の燃費には有利です。
      エンジンにお金がかかっていそうなのはミライースで、イオン電流で燃焼状態を測るなどハイテクを搭載しています。圧縮比12.2でレギュラーガソリン仕様なので、最高出力を少し犠牲にして部分負荷燃費を追求しているようです。

      【走行性能】
      タイヤはミライース155/65R14 76S、キャロル145/80R13 75Sで、運動性能ならミライース、燃費とタイヤ代ならキャロルが有利です。14インチタイヤの車から13インチタイヤの車に乗り換えると、急旋回でスリップ角が大きくなりタイヤがよじれるのが分かるので意外に大きな差です。
      最小回転半径はミライース4.4m、キャロル4.2mでキャロルがやや有利です。
      両車ともスタビライザーは付いていないのでロールの固有振動数は低く、ワインディングを駆け抜けるには滑らかなハンドル操作や荷重移動が必要です。試乗車はダンパーが固いので気づきにくいですが、走行距離が増えてから実感すると思います。

      Sレンジへの変速はミライースがシフトレバーを操作するのに対し、キャロルはボタンです。頻繁にD<->Sを行き来する場合は、誤ってNに入れることがないキャロルの方が操作しやすく感じました。

      【乗り心地】
      両車とも高圧タイヤ(ミライース260kPa、キャロル280kPa)なので、多少ごつごつします。ロードノイズもそれなりです。サスペンションはFF小型車標準のストラット+トーションビームです。

      【燃費】
      ミライースの実燃費は分かりませんが、キャロルは「省エネテクニック」を使えば遠出すると30km/Lを越えることができます。アクセルを完全に離さずに少しだけ踏むことで「回生も力行もしない」状態を維持し(下り勾配は加速するに任せる)、赤信号の手前でアクセルを離して回生制動を行い、15km/hを切って回生が効かなくなったらブレーキを踏んでアイドルストップ制御させると燃費が良くなります。巡航速度は60km/h辺りが低燃費になるので、高速道路より都市高速や深夜の国道バイパスが低燃費をマークできます。
      犠牲になるものを少なく低燃費を追求したミライースに対し、燃費のためなら少々のことは犠牲にしたキャロルと言ったところです。

      【価格】
      ミライースとキャロルはほぼ同じ価格です。GS未満のグレードでは電動格納ドアミラーとリアワイパー、後席ヘッドレストがなくなります。
      下取りはスズキよりマツダの方が良かったのでキャロルにしました。

      【総評】
      サイバーナビ2015のHUDユニットを取り付けられることが決定打となり、キャロルにしました。
      カーナビに案内させながら、好きな音楽を聴いて、疲れたら仮眠してあちこち遠出するのが楽しく、走行距離は10ヶ月で26,000kmを越えました。
      燃費が非常に良いため、かえって高速道路料金が負担に感じられ、深夜の国道を走ることが多くなりました。
      現行車の中では最高の経済性です。末永く付き合っていきます。

    キャロルのクチコミ

    (267件 / 36スレッド)

    クチコミ募集中

    キャロルのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    キャロル 2015年モデル

    キャロル 2015年モデル

    キャロル 2015年モデルのクチコミを書く
    キャロル 2009年モデル

    キャロル 2009年モデル

    キャロル 2009年モデルのクチコミを書く
    キャロル 2004年モデル

    キャロル 2004年モデル

    キャロル 2004年モデルのクチコミを書く
    キャロル 1998年モデル

    キャロル 1998年モデル

    キャロル 1998年モデルのクチコミを書く
    キャロル

    キャロル

    キャロルのクチコミを書く

    閉じる

    キャロルのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    キャロル 2015年モデル

    キャロル 2015年モデル

    キャロル 2015年モデルのクチコミを書く
    キャロル 2009年モデル

    キャロル 2009年モデル

    キャロル 2009年モデルのクチコミを書く
    キャロル 2004年モデル

    キャロル 2004年モデル

    キャロル 2004年モデルのクチコミを書く
    キャロル 1998年モデル

    キャロル 1998年モデル

    キャロル 1998年モデルのクチコミを書く
    キャロル

    キャロル

    キャロルのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ1
      • 返信数0
      • 2018年11月10日 更新
      本土最西端・最南端・最東端・最北端に到達した私のキャロルも90,000kmで車検を受けました。

      代車もキャロル(ODO 6,000kmちょっと)だったので、ディーラーと自宅との間の往復程度で走ってみたところ、「市街地では、走りに差は感じられない。」という結論に至りました。交通の流れに乗るという観点ではハイオクガソリン・CVTF・タイヤ・エンジンオイルの違いは感じられず、瞬
      続きを読む間燃費計の数値が良いのと、自分の車の方がエンジン回転数が低めに感じました。どうやら、油脂類や部品で稼いだマージンはコンピュータ制御で全て燃費に振り向けているようです。(NUTEC UW-01,02+Super Yellowでもそう感じました。)
      反対に、はっきり分かる差を感じたのは窓の断熱フィルムとLEDヘッドランプでした。オーディオを使っていればデッドニングも分かると思います。

      任意保険も更新し、今回も車両保険をつけておきました。3年後には外すつもりです。
      • ナイスクチコミ83
      • 返信数36
      • 2018年10月3日 更新
      神戸市西区のハーフウェイでエンジンオイルとCVTFを交換しました。
      http://www.halfway.co.jp/

      エンジンオイル:NUTEC UW-02 0.5L + Super Yellow 0.15L + NUTEC UW-01(残り)
      CVTF:NUTEC NC-65 + Super Red 0.15L

      ファーストインプレッションとしては、Super
      続きを読む Redの効果か、CVTのシフトアップや惰行・回生動作が滑らかになり(交換前のCVTFもNC-65で圧送式全量交換してから10,000km)。一般的には歓迎すべきなのですが、エコランは難しくなりそうです。エンジンの方は、力行燃費の向上を狙ってオイル粘度を上げた(Castrol Edge 0-W-20 -> 0W-20相当と0W-25相当の間)せいで低負荷巡航の燃費は下がったように思います。加速フィールは良いのですが、瞬間燃費計の数字はついてこない感じです。
      Super Yellowは15分のアイドリングか10km程度の走行で定着すると説明書に書いてありましたが、念のために山陽自動車道を100km/hで少し走りました。
      分かってはいましたが添加剤を足すとかなり金額が上がるので、添加剤のリピートはしんどいと思います。
      • ナイスクチコミ25
      • 返信数17
      • 2018年9月8日 更新
      未明から朝にかけて走ってみたところ、平均燃費計で34.9km/lが出ました。エアコンOFFならモード燃費に届くかもしれません。

      ルート:永井谷I.C〜新神戸トンネル〜神戸線〜環状線〜湾岸線・港湾道路〜摩耶I.C〜神戸山手線〜前開P.A 123km
      エアコン:ON
      タイヤ:エナセーブEC300(新車装着タイヤ)
      オイル:Mobil 1 0W-20
      ガソリン:Syne
      続きを読むrgy F-1
      CVTとエアコンに添加剤、灯火のLED化

    キャロルの中古車

    キャロルの中古車相場表を見る

    キャロルとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止