スズキ スイフトの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

スズキ スイフトの新型情報・試乗記・画像

スイフトの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

スイフトのモデル一覧

スイフトのレビュー・評価

(238件)

スイフト 2017年モデルの満足度

4.20

(カテゴリ平均:4.32)

    スイフト 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • スイフト 2017年モデル スイフトは2000年に軽自動車のプラットホームをベースに作られた初代モデルが存在するが、実質的には2004年に発売された2代目モデルから始まったと考えても良い。世界市場に通用するクルマ作りを目指し、プラットホームから新開発したのが2代目スイフトだったからだ。

      2016年12月に発表、2017年1月から発売されたのは実質的に3代目となる4代目で、改めてプラットホームを新設するなど、気合の入ったクルマ作りがなされている。

      スイフトには、スズキが幕張ニューオータニをベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードはガソリン車のRStとハイブリッ
      続きを読む ド車のRSの2モデルだった。

      外観デザインは、スズキに言わせればスイフトのDNAを継承した存在感のあるデザインといことになるが、際立って特徴的かといえば必ずしもそのような印象ではない。むしろ世界にさまざまな個性を備えたコンパクトカーがある中で、競合車の中に埋もれてしまわないかと思われるようなところがある。

      内装はコンパクトカーとして水準に達する質感を備えていて、メーターパネル中央の液晶画面にはいろいろな表示が選べるほか、さまざまな走行情報を同時に表示することできる。相当に使い勝手の良いクルマでもある。シートはしっかりした座り心地でホールド性を高める改良も加えられている。

      インテリア回りについて注文を付けるとしたら後席の居住性で、競合車のひとつであるフィットが広い後席を持つのに比べるとかなり狭い印象になる。ただ、前席重視の空間設計はスイフトの個性ともいうべきもので、最初から後席に人を乗せることを重視していない。後席に乗せたいならソリオなどを選んで欲しいというとこだろう。

      RStに搭載されるエンジンは直列3気筒1.0LのDOHC直噴ターボ仕様だ。先に発売されたバレーノに搭載されるのと同じK10C型だが、バレーノでは無鉛プレミアムガソリン仕様になっていたのが、スイフトでは無鉛レギュラーガソリン仕様とされている。バレーノのときにはさんざん文句を言ったが、国内で売ろうと思ったら今どきプレミアムガソリン仕様はあり得ないだろう。

      ただし、バレーノが82kW/160N・mの動力性能を発生するのに対し、レギュラーガソリン仕様になったスイフトの動力性能は75kW/150N・mとやや劣る数字になっている。これは止むを得ないところである。

      エンジンは最近の直噴ターボ仕様らしく、低回転域からターボが効きだす設定。その分高回転域での伸びには物足りなさがあるかも知れないが、そんな走りが必要なシーンはごく限られたシチュエーションだけだ。低回転域から常用回転域あたりのトルク感はとても気持ちが良いもので、1tを切るスイフトのボディをけっこう元気良く走らせることができる。6速ATも上々の変速フィールだ。

      1.0Lターボはハイブリッドに比べると燃費が悪いのが難点だ。またFF車だけラサラインナップされていない。燃費はハイブリッドがマイルドハイブリッドとはいえ27.4km/Lを達成しているのに対し、RStは20.0km/Lにとどまるからだ。それなりに元気の良い走りが可能とはいえ、この燃費の差は大きい。エコカー減税のレベルに届いていないのは辛い。

      そう遠くない将来に、さらにスポーツ度を高めたスイフトスポーツが登場してくるはずだ。そのことを考えると、スポーツモデルが欲しいならスイスポを選べば良いので、今の時点でRStを選ぶ理由はそう多くないように思う。まあスイスポはRStよりもずっと高くなるだろうから、RStがちょうど良いと考えるユーザーがいるかも知れないが。

      もうひとつの試乗車であるハイブリッドのRSは、なかなか具合の良いクルマだった。RStがけっこううるさいクルマであるのに比べ、ハイブリッドは静かでスムーズな走りが可能。走りの質感という観点から考えるとRStよりハイブリッドのほうが断然優位に立つ。

      ハイブリッドの搭載エンジンは直列4気筒1.2LのK12C型。デュアルジェットにより67kW/118N・mの動力性能を発生する。これにモーター機能付き発電機のISGとリチウムイオン電池を組み合わせて搭載する。マイルドハイブリッドなのでモーターによるアシストはほんのわずかでしかないが、発進加速のときなどにアシストが加わるので、並の1.2Lエンジンを超えた走行フィールが得られる。しかも静かで滑らかである。

      トランスミッションは無段変速のCVTだが、パドルシフトを備えていて、マニュアル車感覚の走りを楽しむこともできる。

      新型スイフトが全体に軽快な走行感覚が得られるのは、ひとつは新プラットホームにより120kgに達する大幅な軽量化が図られたことが理由だろう。新型スイフトは全車が1tを切る車両重量となっている。もうひとつはRS系についていえば、ヨーロッパで磨き込まれた足回りを採用していることだ。日本よりも速度域の高いヨーロッパでの走りを基準にすることで、乗り心地をスポイルすることなく優れた操縦安定性を発揮するクルマに仕上げられている。これはターボとハイブリッドに共通する特徴だ。

      安全装備の充実化も大きなポイントだ。単眼カメラ+赤外線レーザーのデュアルセンサーブレーキサポートという新しい自動ブレーキを採用している。軽自動車などに採用するデュアルカメラブレーキサポートとどちらが良いかは微妙なところだが、人間も見分けて満足できる性能を備えていると考えていい。

      スイフトには欧州での販売も考えてか、アダプティブクルーズコントロール用のミリ波レーダーも備えている。本当なら、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた方式にしたほうが良かったのにと思うが、どうやら自動ブレーキとクルーズコントロールの要素技術は、それぞれが別に開発されていたため、このような設定になったようだ。

      参考になった 35人
      2017年4月29日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 3
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 4
    • 部署が移動になり、この車は営業所の別の方に使っていただくことになりました。
      その方は喫煙されている方で、営業所にある別の2台(バレーノ)は禁煙車の為、タバコを吸える車として残して貰いました。

      前回の書き込みで、グレードを「SG」としていたのですが、改めて車検証を見たら、平成15年1月登録 「LA-HT51S」だったので、グレードは「SE-Z」でした。

      15年も乗っていたのですが、駆動系は快調です。他の2台は昨年までエリオだったのですが、2台とも駆動系のトラブルが多かったようです。
      四駆でしたが、雪の日には乗らなかったので四駆の恩恵にはあずかれませんでした。

      営業所の周囲に
      続きを読む は同車種がまだまだ多く走っています。
    • 【エクステリア】
      フロントオーバーハングが少し長いと思います。後部席ドアハンドルの位置が高いです。
      【インテリア】
      少しチープです。エアコンの回す動作が操作しやすい
      【エンジン性能】
      3気筒なので振動が多少あります。ターボラグは少ないです。
      【走行性能】
      6ATなのでメリハリがあります。ストレスは感じないです。
      【乗り心地】
      RSなので固めです。
      【燃費】
      試乗なのでわかりません。
      【価格】
      このクラスでは高め、少し頑張ればスポーツが買える。
      【総評】
      スズキの試乗で偶然このグレードに試乗。
      6ATなのでメリハリがありますし、1.0リットルターボエンジンのおかげ
      続きを読む かトルクもあります。しかし、ブレーキがかなり強めで欧州車風な味付、4輪ディスクブレーキの影響があるせいかカックンブレーキ気味。アイドリングストップはなんと非装備。
      RSと名乗るだけあってサスペンション、シートは固め。
      ただ、この値段で5ナンバー・レギュラーガソリン以外で考えると、エコカー減税がないうえにスイスポ同等の値段の為、燃料と税金の問題さえ無視できれば1.4リッターターボで燃料が無鉛プレミアムになるがスポーツを買ってしまうと思う。
      ※同じ価格帯で約40馬力はだいぶ大きい。
      車内はチープ気味だが220まで刻んであるがメーターは見やすい。
    • 【エクステリア】
      好きなデザインです。

      【インテリア】
      天井が高くて良いです。ただ、ちょっと寂しい感じもします。

      【エンジン性能】
      900kgあまりと軽い車体なので、1200の
      エンジンは十分です。

      【走行性能】
      直進路で走行はとても安定しています。
      マニュアルで引っ張って加速するのは楽しいです。4000回転くらいなら、エンジンがうるさいということもありません。

      【乗り心地】
      道路工事の跡の凸凹などにさしかかっても、
      あまり不快な感じがしません。優秀です。
      エアコンの吹き出し音が、騒々しく、価格の安い車だなと感じさせます。
      ロードノイズ も特に
      続きを読む うるさいとは思いませんでしたが、荒れた路面がなかっただけかもしれません。

      【衝突安全性、安全装備】
      車体がかるいですが、そのトレードオフとして衝突安全性は、どうでしょうか?
      衝突軽減ブレーキシステムなどのオプション価格は安価なのですが、性能はどうなのでしょうか?
      このあたりは、試してみることができないのです。別途調べないとわかりません。

      【総評】
      このサイズの車を望んでいるならとても、良い車だと思いました。試乗車は一番下のグレードでしたが、上級のグレードになれば内装もよくなるのかもしれません。

      試乗車は、マニュアル車でした。クラッチが、うまく踏めるか(足が短いので底まで踏み込めるか)心配でしたが、どうにかなりました。私は力がなくて、クラッチをつなぐ時の調整がちょっと大変でしたが、運転していれば、すぐに力がついてきて、大丈夫になる範囲だと思います。

      減速時にシフトダウンするときの回転合わせは、atなら左足でブレーキを右足でアクセルを踏めばよかったのですが、mtでは、ヒールアンドトゥになるので、練習してできるようになるのか、(特に交差点で右左折するときなど)ちょっと心配でした。トルクコンバーター式のat車が私にはよいのかもしれません。


    スイフトのクチコミ

    (7477件 / 893スレッド)

    クチコミ募集中

    スイフトのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    スイフト 2017年モデル

    スイフト 2017年モデル

    スイフト 2017年モデルのクチコミを書く
    スイフト 2010年モデル

    スイフト 2010年モデル

    スイフト 2010年モデルのクチコミを書く
    スイフト 2004年モデル

    スイフト 2004年モデル

    スイフト 2004年モデルのクチコミを書く
    スイフト 2000年モデル

    スイフト 2000年モデル

    スイフト 2000年モデルのクチコミを書く
    スイフト

    スイフト

    スイフトのクチコミを書く

    閉じる

    スイフトのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    スイフト 2017年モデル

    スイフト 2017年モデル

    スイフト 2017年モデルのクチコミを書く
    スイフト 2010年モデル

    スイフト 2010年モデル

    スイフト 2010年モデルのクチコミを書く
    スイフト 2004年モデル

    スイフト 2004年モデル

    スイフト 2004年モデルのクチコミを書く
    スイフト 2000年モデル

    スイフト 2000年モデル

    スイフト 2000年モデルのクチコミを書く
    スイフト

    スイフト

    スイフトのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ77
      • 返信数13
      • 2018年9月14日 更新
      購入後1年程経ちましたが、
      最近になって運転席ドアの内貼りから雨漏りしていることがわかりました。
      雨の日や洗車後は画像のようになります。

      Dラーに相談したところ、
      内貼りの隙間にボンドで隙間を埋めて
      車内への水の浸入を止める。という対応策を話されました。

      この対策はどう思いますか?
      拭くと土っぽいので塞いだところでインパネ内は今後泥だらけに・・・?
      そも
      続きを読むそも水を根本的に入らないようにするのは不可能?
      とかいろいろ考えてしまいます。

      また、同じような症状の方がいらしたら情報共有したいです。
      よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ25
      • 返信数10
      • 2018年8月22日 更新
      スイフトXGリミテッドに乗っています。
      気温が高い時に車体の温度が上がった状態でエンジンをかけると、
      エンジンが始動するまでのキュルキュルという音が普段の倍以上時間がかかります。
      朝や車を走らせた後に再度始動したりするときはすぐにかかります。
      ディーラーに見てもらいましたが、特に問題はないそうで様子を見てくれと言われました。
      車体の温度が高いとエンジンの始動に時間がか
      続きを読むかるのは普通起こることなのでしょうか?
      またエンジンの始動に時間がかかることは何か問題があったりしますか?
      よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ11
      • 返信数9
      • 2018年8月10日 更新
      徐行時に軽くブレーキペダルを踏むだけでカックンブレーキになってしまいます。ディーラーでみて貰ったところ、症状は確認できるものの異常ではなく調整しようがないとの回答でした。皆さんのお車はこのようなことはありませんか?

    スイフトの中古車

    スイフトの中古車相場表を見る

    スイフトとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止