BMW 3シリーズ セダンの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

BMW 3シリーズ セダンの新型情報・試乗記・画像

3シリーズ セダンの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

3シリーズ セダンのモデル一覧

3シリーズ セダンのレビュー・評価

(87件)

3シリーズ セダン 2012年モデルの満足度

4.38

(カテゴリ平均:4.32)

    3シリーズ セダン 2012年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 3シリーズ セダン 2012年モデル 320i ドイツ車を選ぶ際に3種類の車種を選択する方が多い。それは、このBMW3シリーズ、メルセデスベンツCクラス、アウディA4であります。いづれも、「Dセグメント」クラスに該当し、どの車種を選択しても、満足度は高いのですが、伝統を頑なに踏襲してといえば、やはりBMWということになります。

      今回は、メーカーの広報車両を借り、最もベースモデルである320iセダンに試乗してみました。

      エクステリアは全長×全幅×全高:4625×1800×1440mmと先代モデルと比較しても肥大化しておらずこのクラスとしてはちょうどいいサイズです。ただ、車高は抑えられ、ライバルと比べても低く、ワイドな印象を見るもの
      続きを読む に与え、最もスポーティといえます。

      フロントマスクでは、キドニーグリルと一体化したヘッドライトユニットは、ヒカリモノ満載です。巷ではイカリングと呼ばれるコロナリングは、国産車に比べ色温度が高い(より白い)ホワイトLEDを採用。ユニット上部にもライン状のアクセントが輝きます。しかし、コストダウンか、先代モデルはターンシグナルもLEDを採用しておりましたが、新型では、電球式に。今後のマイナーチェンジに期待です。

      2L 直列4気筒DOHC直噴ツインスクロールターボエンジンを搭載する320iセダン。吸排気可変バルブタイミングのダブルVANOSやバルブトロニック、ブレーキエネルギー回生システムやエンジンスタートストップシステムなどエンジン屋BMWの技術満載です。
      スタートボタンを押しエンジンを始動しますと、4気筒エンジンですが、その音色は、まるで6気筒エンジンのような上質なものです。

      街の中を走る限り、これ以上のパワーは必要ないと思うほどパワフルです。27.5kgmという大トルクをアイドリング+の回転域から発生するため、シグナルスタートでも、上質感を保ちながら、ググッとシートに身体を押さえ込まれ、涼しい顔をして、周囲の流れを置き去りにしています。タコメーターの指針を眺めても8速オートマチックはシフトチェンジが気が付かない程スムーズで、絶妙なシフトで、2000回転ほどしか回りません。

      高速道路に乗り、パドルシフトを積極的に使い高回転まで回すと「コーン」というライバルでは聞けないスポーティなサウンドと共に7000回転あたりまで一気に吹け上がります。もちろんパワーに不満など微塵も感じることはなく、上級グレードである328iと大きな変化を感じません。まあ、さらに速度を上げれば245psを発生する328iと差が出るとは思いますが、それは、時速120キロ以上での話し。国内の高速道路では、十分過ぎる動力性能といえます。

      前後重量配分50:50という伝統ももちろん踏襲されています。その感覚は市街地の交差点を曲がった瞬間にもわかるもので、スイッと向きをかえます。

      今回の試乗では、ワインディングを走る事はありませんでしたが、東名高速道路の400Rが連続する区間をハイスピードで駆け抜けると、使い古された表現ですが、まさに、オンザレール感覚で、思い描いたラインで駆け抜けていきます。思わずニンマリしてしまいました。ドライバーは4枚のドアのセダンにも関わらずこのフィーリングを味わうと、「やはりBMWにしかできないクルマ造り」を実感できます。

      試乗のため、さまざまな走行パターンを行いましたが、燃費は常に11キロ台を記録。高速道路をハイウェイバスの後ろに付いて流すと18キロ台を記録することもありました。

      3シリーズはスバリ、パワフルで省燃費性に優れた320iがお勧めです。




      参考になった 4人
      2013年9月30日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 4
    • F30モデル末期の320i xDrive Mスポーツを購入しました。

      実は、2013年頃にも購入を検討し、何度か試乗などもしていましたが、フワフワとしたフロントの足回り、パワーが無い、大幅値引きがあっても高い価格など、買い換えには至りませんでした。

      F30がモデルチェンジと言う事で、次のG型はベンツと同じ様に「ベビー5シリーズ」になると予想し、現行の5シリーズは好みでないので後悔しないだろう!ということで購入しました。

      登録未使用車を試乗もせずに購入しましたが、サスセッテイングが完璧なバランスで、車全体が一つの塊でコーナーを駆け抜けます!

      【エクステリア】
      今売ってい
      続きを読む るセダンでこれほど美しい車は無いです。フロントは好みが別れると思いますが、リヤ斜め後ろからみると、ほんと完璧だと思います。

      【インテリア】
      600万円の車としては...という部分があります。リヤの空調がただのダイヤル式だったり、フロント周りも1世代から2世代前の雰囲気があります。(G型で改善される様ですが)Mスポーツステアリング、アルカンターラシート、ATのシフトノブは600万円の車の質感です。インテリアにこだわる人は、レクサスやベンツ、アウディーが良いと思います。

      【エンジン性能】
      184馬力なので、「速くは無いが遅くも無い」という程度です。ただ、レスポンスは良いので、イライラすることは少ないです。回転も滑らかで、さすがBMWです!

      【走行性能】
      速いだけが走行性能じゃないという事を教えてもらいました。250馬力の車に乗っていましたが、それを使い切る事はほとんど無く、3シリーズに乗り換えてから大人の運転になりました。絶妙な足の動きと車の動きを感じながら運転する時間は、さながら一流寿司店で回転寿司との違いを感じる様な時間です。

      【雪道での走行性能】
      雪道でのxDriveの走行性能について書かれている方が少ない様なので、少し書かせてれもらいます。BMWはあくまでFRが基本で滑ったらxDriveになるので、リヤのムズムズ感は残ります。かなり賢いシステムなので、気がつかないくらいのレベルです。テールスライドやパワーオーバーステアなどFRベースなんだという動きをします。
      スバルやアウディーのフルタイム4WDに比べると走破性という面では劣る感じがしますが、BMWは大雪でスタックしないで脱出する能力ではなく、雪道でも「駆け抜ける喜び」を目指している感じのシステムです。

      【乗り心地】
      とても良いです。現行Cクラスにも何度も乗ってますが、Cクラスよりも角がとれた動きをします。前後バランスが後期型になって改善されたため、不安な動きをしません。Cクラスとクラウンの間の硬さで、「きみ、天才だね!」と呟いてしまった程、絶妙な硬さです。峠やサーキットで走る人は、別の車を選んだ方が良いです。

      【燃費】
      雪が降るまでは、通勤と週末のゴルフで平均10キロ後半でしたが、冬はアイドリング・ストップが機能せず8キロを切ってます。まだ、1年経って無いですが、1年平均で10キロ前後かと思います。

      【価格】
      プライスリストの値段は高過ぎだという皆さんと同じ感想です。

      【総評】
      BMWは運転を楽しくする様々な工夫がされています。車に求めるものは人それぞれですが、かっこいいスタイルと運転の楽しさを求める自分には最適な車で、買って良かったです。
    • 【エクステリア】
      個人的にですが、BMWのデザインは歴代好きなデザインが多いです。
      3シリーズについては、Mスポーツならカッコいいかなと思います。

      【インテリア】
      特段高級感はありませんが、レザーシートに液晶メーターパネルと少し贅沢仕様になっています。
      液晶メーターパネルのおかげで古臭さはあまり感じません。
      サイドブレーキがレバーなのと、ステアリングの位置調整が電動でないところが減点です。

      【エンジン性能】
      まだしっかり踏んでいませんが、トルクがあり走りやすいエンジンだと思います。
      ディーゼル特有の音は走り出しの瞬間だけ車内まで入ってきます。
      巡航中は全く気になりま
      続きを読む せん。

      【走行性能】
      違和感を感じるようなところはありません。
      ステアリングに素直に反応してくれる感じです。
      また、アクセルとブレーキの配置が自分には良い感じで、運転しやすいです。
      シートはサイドサポートまで調整できるので、運転しやすいポジションを追求できます。

      【乗り心地】
      19インチを履いてるせいか少し固い乗り心地かと思います。
      スポーティな車が好きな人にはちょうど良いかも。

      【燃費】
      まだ一般道で軽く乗っただけですが、予想より悪い感じです。
      通勤で使っていますが、朝のノロノロ運転で12キロくらい、高速で20キロくらいです。

      【価格】
      定価だと乗り出し690万になります。
      液晶メーター、LEDライト等の今風の装備をしていますが、正直、モデル末期の時代遅れの車としては高すぎる価格設定です。
      オプション値引き込みで230万程度の値引きと、メルセデスの下取りをプラス20万を付けていただけたため納得して購入することができました。

      【総評】
      下取りに出したC180ローレウスエディションとの比較になりますが、乗り換えて良かったと感じています。
       
      C180はコストカットが随所に見える・・・ところまでは許容できていました。
      しかし、コスト削減の結果ではないと思われる、ATやACCの制御が全くダメダメ。
      具体的にはATはスポーツモード減速時の変速ショックがひどく(停車直前に1速に入り押し出されるような感じになる)、ACCはコンピューター的な走りで、全く滑らかさがありませんでした。
      前が空いた瞬間、モードに関係なく全力加速です。
      また、シートやペダルポジションも自分には合わなく、ストレスの溜まる車でした。
      フットレストが付いていないのが一番のショックだったかもしれません。
       
      対して320dは、ステアリングアシストやブレーキホールド機能も付いていませんし、サイドブレーキも手動、屋根の上のチョンマゲアンテナ等、装備的にはかなり劣っています。
      カタログで見る限りは320dの惨敗です。
      私自身もそれでC180を購入しました。(少しだけ試乗はしましたが。)
       
      320dがC180に勝っているのはカタログに現れないところ。
      実際に走ってみると320dの圧勝でした。
       
      運転しやすいシート、ペダルのポジション、なめらかなAT、ACCの制御。
      メルセデスに感じていた上記のストレスが綺麗さっぱりなくなりました。
       
      Cクラスと3シリーズで迷ってらっしゃる方、実際に運転するのが一番ですが、試乗だけでは分かりにくいところもあるかと思います。
      両方乗ってみて感じたのは
      ・長距離を楽に運転したい・・・Cクラス
      ・運転を楽しみたい・・・3シリーズ
      という感じです。
       
      320d、モデル末期でしたが乗り換えて良かったです。
      が、BMWの価格設定には疑問符ですね。
      どのモデルも100万引きが前提の設定なのでは?と思います。
    • パリモーターショーで2019年の3シリーズが発表されたので、現行モデルは今が狙い目!と思って320dMスポーツを試乗してきました。
      少し不快な思いをされる方がいるかもしれませんが、今購入を検討される方の参考になればと思い投稿します。

      総評としては、少し残念というのが正直な感想です。
      といっても、車は素晴らしいんです!
      どこで踏んでも、カーン!カーン!とくるディーゼル特有のトルクレスポンス。
      前後でバランスされたボディだから出来るロールの無いフラットなライド。フルブレーキのバタつきの無さ。
      このサイズのボディの対して広くとられたキャビン。
      スポーティなエクステリア。

      なる
      続きを読む ほど、これはパッケージングとして完璧だなーと思わせてくれる車なんです。

      ただ!、、、価格が、、、(・。・;
      高い安い!金持ち貧乏!という話ではなく、「割高感」を感じてしまうんです(つд;*)

      今日の320dMスポーツは、オプションコミコミで670万から値引きが120万の総額550万です。
      今私が乗っているフォレスターは、コミコミで約340万でした。

      足回りの完成度と運転の楽しさでは、なるほど確かにBMWの方が断然上です!
      しかし、これで200万円分の差のバリューがありますか?と問われると、、、う〜んという感じでした(´・ω・`)
      いや、きっとシートの素材とかカーボン使ってるからとかディーゼルだからとか、貧乏人は黙っとけコノヤロウとか、私がハゲてるからとか理由はいっぱいあると思うんですが(*´・ω・`)

      現行モデルへのチェンジは7年前からですが、次のモデルは新型プラットフォームの採用やデジタル化が一層進んでいるようなので、買うなら次のモデルを確認してからがいいかなーと思う試乗でしたm(。≧Д≦。)m

      次のモデルほしいけど最新モデルは高ぃっすねぇ、、、(´・ω・`)チーン

    3シリーズ セダンのクチコミ

    (6566件 / 761スレッド)

    クチコミ募集中

    3シリーズ セダンのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    3シリーズ セダン 2012年モデル

    3シリーズ セダン 2012年モデル

    3シリーズ セダン 2012年モデルのクチコミを書く
    3シリーズ セダン 2005年モデル

    3シリーズ セダン 2005年モデル

    3シリーズ セダン 2005年モデルのクチコミを書く
    3シリーズ セダン 1998年モデル

    3シリーズ セダン 1998年モデル

    3シリーズ セダン 1998年モデルのクチコミを書く
    3シリーズ セダン

    3シリーズ セダン

    3シリーズ セダンのクチコミを書く

    閉じる

    3シリーズ セダンのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    3シリーズ セダン 2012年モデル

    3シリーズ セダン 2012年モデル

    3シリーズ セダン 2012年モデルのクチコミを書く
    3シリーズ セダン 2005年モデル

    3シリーズ セダン 2005年モデル

    3シリーズ セダン 2005年モデルのクチコミを書く
    3シリーズ セダン 1998年モデル

    3シリーズ セダン 1998年モデル

    3シリーズ セダン 1998年モデルのクチコミを書く
    3シリーズ セダン

    3シリーズ セダン

    3シリーズ セダンのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ117
      • 返信数27
      • 2018年12月31日 更新
      ご存知の通り、BMWではランフラット装備を契機にジャッキを装備しておりません。

      BMWの大部分であるFR車では後輪タイヤハウスの隙間が狭く、タイヤ裏側のチェーンフックを止めるための手を入れる余地が殆どありません。

      FF車の様にハンドルが左右に切れればラクですが、FRでは絶対に無理ではないにせよ、ジャッキで車両を持ち上げタイヤハウスの隙間を拡げた方が早く装着出来ると思
      続きを読むいます。

      残念なことにBMWの樹脂製ジャッキサポートは汎用ジャッキに合わず、BMWの純正ジャッキがあれば手っ取り早いのですが現在、純正ジャッキは廃盤でディーラーで貸してもくれません。

      汎用のパンタジャッキに別途購入した社外パッドを当てる方法もありますが何とも釈然とせず、法律が施行されたらユーザーはどう対処するのか気になるところです。
      • ナイスクチコミ5
      • 返信数6
      • 2018年12月31日 更新
      ただいま320i f30 ベースグレードを中古にて購入検討中です。
      本日試乗してハンドルの軽さにスポーティさがないなと感じました。(タイヤは16インチを装着)
      調べるとMスポーツモデルはもっと重いようなのですが、ベースグレードを購入後Mスポーツのような重さにすることは可能でしょうか?

      タイヤのサイズをあげたりする程度で解消できるなら購入したいと思います。
      • ナイスクチコミ4
      • 返信数12
      • 2018年12月30日 更新
      パリでニュー3シリーズが発表されて、噂では1月には日本導入の概略が公表されるそうですが。
      今まで、BMWJapanは熱血なBMW3シリーズのファンを大事にしてくれて、マニュアルミッションを残しておいてくれました。
      それに応えて3代に渡り、318から320iまでマニュアルミッション車を購入し、BMWの素晴らしさを今も楽しませて、もらっています。
      是非、G20でも、マニュアル
      続きを読むミッションを味わいたいのですが、どうなんでしょうか?
      よろしくお願いします。

    3シリーズ セダンの中古車

    3シリーズ セダンの中古車相場表を見る

    3シリーズ セダンとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止