HX-A500 スペック・仕様・特長

HX-A500 製品画像

拡大

HX-A500-H [グレー] HX-A500-D [オレンジ]

最安価格(税込):¥22,172 [オレンジ] (前週比:-494円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2014年 6月12日

店頭参考価格帯:¥22,669 〜 ¥39,800 (全国1577店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:アクションカメラ 撮像素子:MOS 1/2.3型 動画有効画素数:903万画素 HX-A500のスペック・仕様

工事不要!簡単手続きで乗り換えるだけ!

¥7,172 (送料無料)※オレンジの場合

同時加入割引詳細
電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
HX-A500をお気に入り製品に登録<707
HX-A500のピックアップリストを作成

この製品を見た人はこんな製品を見ています

製品をまとめて比較する

HX-A1H

HX-A1H

満足度:
3.59

¥16,480

HX-A100

HX-A100

満足度:
3.88

¥18,000

HDR-AS50

HDR-AS50

満足度:
4.19

¥22,210

RICOH WG-M1

RICOH WG-M1

満足度:
4.19

¥15,299

RICOH WG-M2

RICOH WG-M2

満足度:
2.82

¥25,725

HDR-AS300

HDR-AS300

満足度:
3.54

¥35,480

OLYMPUS STYLUS TG-Tracker

OLYMPUS STYLUS TG-Tracker

満足度:
4.33

¥34,400

FDR-X3000

FDR-X3000

満足度:
4.45

¥42,133

FDR-X3000R

FDR-X3000R

満足度:
4.21

¥54,800

HERO Session CHDHS-102-JP2

HERO Session CHDHS-102-JP2

満足度:
4.35

¥24,819

HERO5 BLACK CHDHX-501-JP

HERO5 BLACK CHDHX-501-JP

満足度:
4.00

¥45,684

KURO-TORCH/F15

KURO-TORCH/F15

満足度:
5.00

¥13,900

HERO5 Session CHDHS-501-JP

HERO5 Session CHDHS-501-JP

満足度:
4.41

¥33,669

HC-VX980M

HC-VX980M

満足度:
4.08

¥56,500

FDR-X1000V

FDR-X1000V

満足度:
4.00

¥32,800

KeyMission 360

KeyMission 360

満足度:
2.33

¥59,035

HDR-AS300R

HDR-AS300R

満足度:
4.00

¥45,000

HDR-AZ1

HDR-AZ1

満足度:
4.75

¥21,300

MAL-FW

MAL-FW

満足度:

¥12,690

PrevNext

ご利用の前にお読みください

HX-A500 のスペック・仕様・特長



基本仕様
タイプ アクションカメラ 撮影スタイル 
撮像素子MOS 1/2.3型 総画素数1276万画素
動画有効画素数903万画素 静止画有効画素数834万画素
ハイビジョン対応   光学ズーム  
デジタルズーム   記録メディアmicroSDカード
microSDHCカード
液晶モニター1.5 インチ 手ブレ補正機構 電子式
焦点距離  F値F2.8
詳細仕様
タッチパネル   3D撮影  
ファインダー  夜間撮影機能  
最低被写体照度 1 ルクス 静止画解像度 
メモリー静止画記録形式JPEG メモリー動画解像度3840×2160
4K  インターフェースUSB2.0
防水性能3m 付属バッテリー 
撮影時間    
サイズ・重量
幅x高さx奥行き  本体重量 
カラー
カラーグレー
オレンジ
  
 
 
 
 
 
 
※ビデオカメラ項目解説

*1撮影時間
付属バッテリーを使用した時間です。

*2メモリー動画解像度
フラッシュメモリに保存できる最大の解像度です。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長情報

公式動画



見たままの美しさを残せる、世界初(※1)4K30Pウェアラブルカメラ

ウェアラブルカメラとしては世界初(※1)となる、4K30pに対応。フルハイビジョンの約4倍となる高画素化により、従来とは別次元のリアル感あふれるスリリングな映像表現を可能にしました。デジタルビデオカメラ高画質モデルW850Mと同じセンサーとエンジンを搭載し、4KはもちろんフルHDでも高精細映像を実現しています。

見たままの美しさを残せる、世界初(※1)4K30Pウェアラブルカメラ

※1 民生用アクションカメラとして。2014年5月13日広報発表時点。

手元で操作可能な、カラー液晶モニターを本体部に搭載
手元で操作可能な、カラー液晶モニターを本体部に搭載

カメラ部と本体部をセパレートした、二体型スタイル。本体部に1.5型約11万ドットの液晶モニターを新採用し、手元で撮影時の画角確認などができます。また、液晶モニターの下には、ジョイスティックを搭載。上下左右でメニュー選択&中央ボタンで決定でき、画質設定・Wi-Fi®設定などの操作が液晶モニターを見ながら直感的に行えます。

アクティブシーンで活躍する、強力な傾き補正(※)
アクティブシーンで活躍する、強力な傾き補正(※)

映像の水平方向の傾きを自動で補正する、傾き補正(強/標準/切)を搭載。ウェアラブルカメラの使用用途のほぼすべてのシーンに対応できるよう、デジタルビデオカメラ高画質モデルW850Mの約2倍(設定が強の場合)の補正範囲を実現しています。目線撮りでも固定撮りでも、カメラ部の動きを感知して傾きを補正。さまざまなアクティブシーンに最適化した強力な補正能力により、高画質で見やすい映像を残すことが可能です。

※3840×2160/30p、1920×1080/60p、1280×720/60p撮影時や「スローモーションモード」 「ワイドモード」「カラーナイトビュー」使用時は使用できません。さらに「傾き補正」 が標準のときは「ブレ補正」は使用できません。

目線撮りで威力を発揮する、進化したブレ補正(※)
目線撮りで威力を発揮する、進化したブレ補正(※)

ウェアラブルカメラならではの用途にさらに合うよう、従来機A100と比較して補正エリアが約2倍に進化。カメラ部の動きが激しい目線撮りなどでも、自動でブレを軽減して記録します。より激しいブレにも対応した強力な補正機能を搭載し、大画面テレビで観るときでもブレの少ない高品質な映像を楽しめます。

※3840×2160/30p、1920×1080/60p、1280×720/60p撮影時や「スローモーションモード」 「ワイドモード」「カラーナイトビュー」使用時は使用できません。さらに「傾き補正」 が標準のときは「ブレ補正」は使用できません。

2つのモードで自動ハイライト編集ができる、ムービースライドショー

撮影した映像の特徴や撮影時の操作情報から、重要度の高いシーンや代表的なシーンを自動でピックアップして、ショートムービーに編集してくれる「ムービースライドショー」機能を搭載。ダイナミックモードとナチュラルモードの2つの編集モードがあり、撮影した映像内容やお好みに合わせて選ぶことができます。ダイナミックモードは、サイクリングやスキーなどのアクティブな映像に最適で、スピード感&迫力あるシーンをまとめたショートムービーが楽しめます。また、ナチュラルモードは、トレッキングや旅行などのイベント的なシーンに最適で、ドラマチックなショートムービーに編集してくれます。さらに、動画データの容量が小さくなるので、YouTube・Facebook・flickerなどへのムービーシェアも手軽に素早く行うことが可能です。

2つのモードで自動ハイライト編集ができる、ムービースライドショー
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

HX-A500
パナソニック

HX-A500

最安価格(税込):¥22,172発売日:2014年 6月12日 価格.comの安さの理由は?

HX-A500をお気に入り製品に追加する <707

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース パナソニック、4K30p撮影対応のウェアラブルカメラ「HX-A500」
2014年5月13日 18:11掲載
HX-A500(オレンジ) HX-A500(グレー)

パナソニックは、4K30p撮影対応のウェアラブルカメラ「HX-A500」を発表。6月12日より発売する。

カメラ部と本体部が分かれたニ体型スタイルのウェアラブルカメラ。センサー、エンジン、レンズを強化し、民生用のアクションカメラとしては世界で初めて4K30pの撮影を実現したのが特徴(同社調べ)。臨場感のある高精細な動画が撮影できるという。

画質面では、撮像素子に1/2.3型の「新・大型セル&裏面照射型高感度MOSセンサー」を採用。有効画素数は約903万画素。画像処理エンジンには高速処理が可能な「クリスタルエンジンPRO+」を搭載し、4K30pの動画撮影を可能にした。F2.8の明るいレンズを内蔵し、最短撮像距離が約50cm。動画記録は、3840×2160/30pの最大72Mbps(VBR)に対応。圧縮方式はMPEG-4 AVC/H.264で、MP4ファイルで保存する。ブレ補正として、電子式ブレ補正を採用。「傾き補正」「ブレ補正」を搭載し、乱れの少ないきれいな映像が撮影可能だ。傾き補正は強/標準/切の3段階から選べる。撮影スタンバイ状態で傾きを補正した映像をスマートフォンに表示する「傾き補正チェック」も備える。

機能面では、本体部に1.5型の液晶ディスプレイを搭載し、画角や撮影設定の確認などを本体部だけで行える。1秒60コマのスローモーション動画をフルハイビジョンで撮影することも可能。撮影後には「ムービースライドショー」として保存できる。「ダイナミックモード」と「ナチュラルモード」の2つのモードがあり、「ダイナミックモード」は撮影時に重力センサーが激しい動きを検知したシーンを抜き出すモードでスポーツなどの映像に適しているという。「ナチュラルモード」は動きの少ないシーンを抜き出すモードで、旅行などの映像に適している。

このほか、ボディはJIS防水保護等級IP58の規格に対応。水深3mで30分まで撮影できる。記録メディアは、microSDHCカードに対応。IEEE802.11b/g/n準拠のWi-Fiを内蔵し、スマートフォンでの記録映像の再生やリモート操作、SNSへのアップロードが可能。「Ustream」でのライブ配信もサポートする。NFCを搭載し、対応スマートフォンとワンタッチで接続設定できる。

本体サイズは、カメラ部が26.5(幅)×26.5(高さ)×68.5(奥行)mm、本体部が59.5(幅)×94(高さ)×26.7(奥行)mm。重量は、カメラ部が約31g、本体部が約128g。使用時重量は約185g(microSDカード含む)。付属品として、アームバンドケース、ヘッドマウント(L、R)、ゴムバンド、USB接続ケーブルなどを同梱。ボディカラーは、オレンジとグレーの2色を用意する。

価格はオープン。

別売りで、頭にかぶるように装着できる「ヘッドマウント」(市場想定価格3,500円)や、帽子のつばなどにカメラを装着できる「クリップマウント」(同2,000円)などを用意する。

ページの先頭へ