BRAVIA KDL-32EX30R [32インチ] スペック・仕様・特長

BRAVIA KDL-32EX30R [32インチ]

BRAVIA KDL-32EX30R [32インチ]のピックアップリストを作成

2番組同時の11倍フルHD録画/500GB HDDを備えたBlu-rayレコーダー搭載ハイビジョン液晶TV(32V型)

  • BRAVIA KDL-32EX30R [32インチ]をお気に入り製品に登録<219

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2010年11月25日

画面サイズ:32インチ 画素数:1366x768 録画機能:内蔵ブルーレイ/内蔵HDD(500GB) BRAVIA KDL-32EX30R [32インチ]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

BRAVIA KDL-32EX30R [32インチ] のスペック・仕様・特長



表示性能
画面サイズ 32 インチ 画素数 1366x768
倍速液晶   IPS方式 
LEDバックライト  4K  
フルハイビジョン   3Dテレビ 
コントラスト   拡張コントラスト 
輝度  応答速度  
画面分割  1インチあたりの価格-
チューナー
デジタルチューナー内訳 地/BS/110 デジタルチューナー x2
チューナーセパレート    
録画・再生機能
録画機能内蔵ブルーレイ
内蔵HDD(500GB)
再生機能ブルーレイ
DVD
接続端子
HDMI端子3端子 USB端子1(側面)
PC入力端子D-sub15pin i.Link端子  
D端子入力 D5 コンポーネント入力 
ネットワーク
LAN端子 DLNA
DTCP-IP   Wi-Fi Direct対応 
無線LAN    
基本仕様
カードスロット  壁掛け対応 別売
消費電力146 W 待機時消費電力0.5 W
サイズ・重量
幅×高さ×奥行 800x534x250 mm 重量 15.4 kg
省エネ性能
省エネ評価★★★ 省エネ基準達成率101%(2012年度)
年間消費電力量104 kWh 年間電気代*22808 円
 
 
 
 
 
 
※液晶テレビ項目解説

*1 倍速液晶
1秒間に60枚で表示している映像を倍の120枚で表示し、動きの速いシーンやテロップなどもより滑らかに表示できる。
中には1秒間に240枚表示しているタイプもある。

*2 年間電気代
年間消費電力から電気代を換算したものです。
電力料金は電力会社や各ご家庭の使用電力量によって異なりますが、目安として1kWhあたり27円(税込)として算出しています。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

BRAVIA KDL-32EX30R [32インチ]
SONY

BRAVIA KDL-32EX30R [32インチ]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2010年11月25日

BRAVIA KDL-32EX30R [32インチ]をお気に入り製品に追加する <219

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、3D対応BD&HDD搭載の「BRAVIA HX80R」など
2010年8月26日 17:24掲載
[KDL-55HX80R] [KDL-46HX80R] [KDL-32EX30R]

ソニーは、液晶TV「BRAVIA(ブラビア)」の新モデルとして、3D映像に対応した「HX80R」シリーズ(55V/46V/40V型)と、「EX30R」シリーズ(32V/26V型)の2シリーズ計5機種を発表。11月30日より順次発売する。

いずれも、スロットインタイプのBlu-ray Discドライブを搭載。BDを多層化し、記憶容量を128GBまで拡大した新規格の「BDXL」にも対応する。また、新世代AVCエンコーダーを搭載し、フルハイビジョン画質のまま、2番組同時に11倍長く記録できる「11倍フルハイビジョン録画」を実現。500GB HDDを搭載し、最長約469時間の録画が可能だ。さらに、2番組同時に長時間モードで録画をしていても、BD-ROMソフトやBlu-ray 3Dの再生、録画した番組の「追いかけ再生」「早見再生」、HDDからBDメディアへ高速ダビングできるなど、高いマルチタスク性能を実現している。

TVの映像処理技術「ブラビアエンジン3」と、Blu-ray Discレコーダーで搭載の高画質回路「CREAS 3」を組み合わせることで、なめらかな色階調表現と、細部まで表示した精細感のある映像表現を実現。また、フルハイビジョン画質を保ちながら、より長時間の録画を可能にする独自の「インテリジェントエンコーダー」が「インテリジェントエンコーダー2」に進化。「新ダイナミックVBR」や「ジャンル別エンコーディング」などの精度を向上させたほか、顔検出技術を応用し、人間の目に注目されやすい部分にデータを多く割り当てる「ビジュアルアテンション」技術を新規に採用した。

「HX80R」シリーズは、オプションの「3Dシンクロトランスミッター」と「3Dメガネ」を用意することで、3D映像を表示可能。Blu-ray 3Dの再生にも対応している。また、LEDバックライトや4倍速駆動の「モーションフロープロ240Hz」を搭載し、LEDバックライトを制御することで、右目用・左目用の映像が画面上で混在するクロストークを抑え、3D映像をくっきりと表現する。

「EX30R」シリーズは、ハイビジョン(1366×768ドット)パネルを採用。32V型と26V型ながらも、500GB HDDを搭載している。なお、3D映像表示には非対応となる。

市場想定価格は、55V型「KDL-55HX80R」が44万円前後、46V型「KDL-46HX80R」が36万円前後、40V型「KDL-40HX80R」が30万円前後、32V型「KDL-32EX30R」が15万円前後、26V型「KDL-26EX30R」が14万5,000円前後。

ページの先頭へ