G700SE スペック・仕様・特長

ホーム > カメラ > デジタルカメラ > リコー(RICOH) > G700SE > スペック・仕様・特長

G700SE

G700SEのピックアップリストを作成

GPSやレーザーバーコードに対応した防水性能/防塵性能/光学5倍ズーム/「CALSモード」などを備えた業務向けデジタルカメラ(1210万画素)

  • G700SEをお気に入り製品に登録

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格(税別):¥120,000
  • 発売日:2010年11月12日

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

画素数:1240万画素(総画素)/1210万画素(有効画素) 光学ズーム:5倍 撮影枚数:360枚 備考:防水:JIS/IEC防水保護等級8級/水深約5m水中撮影/防塵:JIS/IEC防塵保護等級6級/無線LAN G700SEのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

G700SE のスペック・仕様・特長



撮像素子
画素数1240万画素(総画素)
1210万画素(有効画素)
ローパスフィルターレス  
形式 1/2.3型CCD   
レンズ
焦点距離 28mm〜140mm F値 F3.5〜F5.5
光学ズーム 5 倍   
基本仕様
デジタルズーム4 倍 シャッタースピード8〜1/1500 秒
撮影感度通常:ISO64〜3200 最短撮影距離30cm(標準)
1cm(マクロ)
記録メディアSDカード
SDHCカード
記録フォーマットJPEG
内蔵メモリ103MB 起動時間 
液晶モニター3インチ
92万ドット
ファインダー無し
電池タイプ専用電池 専用電池型番DB-65
撮影枚数 *1360 枚 インターフェースUSB2.0、AV出力、BluetoothVer.2.1+EDR、IEEE802.11b/g
動画
動画撮影サイズ1280x720 記録方式AVI(MotionJPEG)
最長撮影時間メモリ容量に依存 フレームレート 
その他機能
手ブレ補正機構   4K対応 
3D撮影  Wi-Fi  
Wi-Fi Direct対応  顔認識 *2 
セルフタイマー10/2秒 連写撮影
バルブ撮影  スイバル*3 
バリアングル液晶 *4  自分撮り機能 
GPS機能  AF自動追尾機能 
タッチパネル  防水性能 
PictBridge対応 クレードル付属 
備考防水:JIS/IEC防水保護等級8級/水深約5m水中撮影/防塵:JIS/IEC防塵保護等級6級/無線LAN   
サイズ・重量
幅x高さx奥行き118.8x71x41 mm 重量286 g
カラー
カラーブラック   
 
 
 
 
 
 
※デジタルカメラ項目解説

*1撮影枚数
CIPA規格(カメラ映像機器工業会が定める電池寿命測定方法)に基づいた枚数です。

*2顔認識
撮影画面内の人物の顔を検知してピントや露出を合わせる機能です。

*3スイバル
レンズ部分が回転可能なカメラです。

*4バリアングル液晶
液晶モニタが可動できるカメラです。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

G700SE
リコー

G700SE

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2010年11月12日

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

新製品ニュース リコー、業務用デジカメ2機種の新ファームウェア
2011年6月16日 18:09掲載
[G700] [G700SE]

リコーは、2010年に発売された業務用デジタルカメラ「G700」および「G700SE」向け機能拡張ファームウェアを、6月17日より提供開始すると発表した。

新たな拡張機能として、カメラメモの内容に設定した関連画像が拡大表示できる機能が追加される。拡大領域を移動させることも可能となり、関連画像の細かな部分も大きく拡大して確認することができるようになる。

さらに、メモ情報がカメラに入っていても、カメラ操作でオン/オフを設定することができる機能や、CALS画質・サイズの設定項目に、12M 4:3F、12M 4:3N、10M 3:2Fを追加。また、バーコード読み取り対応コードに、2次元バーコード「Aztec」が追加される。

「G700SE」のみ拡張される機能としては、コンパス情報を取得する機器をGPSオプションの「GPSユニットGP-1」、または方位情報が取得可能なBluetooth GPSユニットを接続している場合に、方位の基準を設定することができる「コンパス偏角補正」機能を追加。さらに、「GPSユニットGP-1」やBluetooth GPSユニットを接続している場合に、方位の基準を設定することができる「コンパス偏角補正」も追加される。

また、動画の撮影中、画像モニターにGPS情報が表示される機能を追加するほか、拡張設定メニューの「コンパス表示」の設定項目として、「度数」が追加となる。

「G700」は、2008年5月に発売した「G600」の後継機となる製品。高さ2.0mからの耐衝撃性能を実現するほか、水深5mで2時間以内の水中撮影が可能なJIS/IEC防水保護等級8級の防水性能を備えている。

「G700SE」は、「G700」の機能拡張モデルで、カメラ本体にBluetooth Ver.2.1+EDR機能を内蔵しているのが特徴。Bluetooth対応機器とのデータ通信が可能で、対応のGPS機器からの位置情報データの受信や、対応したPCやスマートフォンへの画像転送などが行える。

このほか、3年間無償保証/事故でも安心保証/代替機サービスなどが付いた「G700安心保証モデル」も、機能拡張ファームウェアの対象となっている。

■関連リンク

【新製品ニュース】リコー、耐衝撃性・耐水性が向上した「G700」

【新製品ニュース】リコー、無線機能やGPS対応の業務用デジカメ

ページの先頭へ