ボイストレック VN-7200 スペック・仕様・特長

ボイストレック VN-7200

ノイズキャンセル機能を搭載したICレコーダー

ボイストレック VN-7200 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2011年 6月24日

内蔵メモリー容量:2GB 最大録音時間:1151時間 ボイストレック VN-7200のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

この製品に関連する製品

製品をまとめて比較する

ボイストレック VN-541PC

ボイストレック VN-541PC

満足度:
3.66

¥3,728

PrevNext

ご利用の前にお読みください

  • ボイストレック VN-7200の価格比較
  • ボイストレック VN-7200の店頭購入
  • ボイストレック VN-7200のスペック・仕様
  • ボイストレック VN-7200のレビュー
  • ボイストレック VN-7200のクチコミ
  • ボイストレック VN-7200の画像・動画
  • ボイストレック VN-7200のピックアップリスト
  • ボイストレック VN-7200のオークション

ボイストレック VN-7200オリンパス

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2011年 6月24日

  • ボイストレック VN-7200の価格比較
  • ボイストレック VN-7200の店頭購入
  • ボイストレック VN-7200のスペック・仕様
  • ボイストレック VN-7200のレビュー
  • ボイストレック VN-7200のクチコミ
  • ボイストレック VN-7200の画像・動画
  • ボイストレック VN-7200のピックアップリスト
  • ボイストレック VN-7200のオークション

ボイストレック VN-7200 のスペック・仕様・特長



用途
ビジネス  学習 
趣味    
仕様
対応メモリー内蔵メモリー 内蔵メモリー容量2GB
最大録音時間1151 時間 USB充電  
電池持続時間(録音)68 時間 電池持続時間(再生)57 時間
電源単4形電池2本(LR03) AC電源接続 
スティック・ペン型  入力端子 
出力端子    
機能
PC接続  ハイレゾ対応 
ダイレクト接続  PCM対応  
MP3再生   WMA再生  
ローカットフィルタ   ピンポイント録音
Bluetooth対応  スマートフォン対応 
ラジオ  録音レベル自動調整 
録音ファイルフォーマット  サンプリング周波数 
量子化ビット数    
サイズ・重量
幅x高さx奥行37x104x19.1 mm 質量66 g
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

ボイストレック VN-7200
オリンパス

ボイストレック VN-7200

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2011年 6月24日

ボイストレック VN-7200をお気に入り製品に追加する <143

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース オリンパス、ノイズキャンセル搭載ICレコーダー
2011年5月25日 17:28掲載
[Voice-Trek VN-7200] [Voice-Trek VN-7200]

オリンパスイメージングは、ICレコーダーのエントリーモデル「Voice-Trek VN」シリーズの新製品「Voice-Trek VN-7200」を発表。6月下旬より発売する。

雑音をカットして再生する「ノイズキャンセル」機能を「Voice-Trek VN」シリーズとして初めて搭載。エアコンやプロジェクターなどの、ノイズが多い場所で録音された音声も、聞き取りやすく再生することができる。

録音モードは、コーデックのSubBand方式と、CELP方式の2種類を採用。録音モードは用途に合わせて選べる3種類を搭載している。またマイク感度は、周囲の音も拾って臨場感ある会議録音を可能とした高感度モードと、周りの音を拾わずに口述録音に適した通常感度モードの2つから選択可能だ。

デザイン面では、親指位置を配慮した大きなボタンや、音を聞きやすい前面スピーカーなどを搭載。さらに、背面部にくぼみをつけることで持ちやすくされているほか、使用頻度の高い操作ボタンをレコーダー前面に大きく配置するなどして、高い操作性を実現している。

機能面では、録音中や再生中にマークをつけると、その位置から再生することができる「インデックス機能」、重要な部分を繰り返し再生する「部分リピート再生」、再生中のファイルを設定した間隔だけスキップ(送る)または逆スキップ(戻る)して再生することができる「スキップ再生」などを搭載。また、アラーム機能と組み合わせて、あらかじめ設定したファイルを再生する「アラーム再生」なども備えている。

このほか、2GBの内蔵メモリーを搭載し、記録時間は、LPモードで約1115時間を実現。電源は、単4形電池2本(LR03)を使用する。本体サイズは、37(幅)×104(高さ)×19.1(奥行)mm(突起部含まず)で、重量66g(電池含む)。

価格はオープン。

ページの先頭へ