Vigore KX-3PII [ペア] スペック・仕様・特長

Vigore KX-3PII [ペア] 製品画像

画像提供:Joshin

画像一覧を見る

最安価格(税込):¥275,300 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格(税別):¥360,000
  • 発売日:2011年 7月下旬

販売本数:2本1組 タイプ:ステレオ 形状:ブックシェルフ型 Vigore KX-3PII [ペア]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

購入の際は販売本数をご確認ください

ご利用の前にお読みください

  • Vigore KX-3PII [ペア]の価格比較
  • Vigore KX-3PII [ペア]の店頭購入
  • Vigore KX-3PII [ペア]のスペック・仕様
  • Vigore KX-3PII [ペア]のレビュー
  • Vigore KX-3PII [ペア]のクチコミ
  • Vigore KX-3PII [ペア]の画像・動画
  • Vigore KX-3PII [ペア]のピックアップリスト
  • Vigore KX-3PII [ペア]のオークション

Vigore KX-3PII [ペア]KRIPTON

最安価格(税込):¥275,300 (前週比:±0 ) 発売日:2011年 7月下旬

  • Vigore KX-3PII [ペア]の価格比較
  • Vigore KX-3PII [ペア]の店頭購入
  • Vigore KX-3PII [ペア]のスペック・仕様
  • Vigore KX-3PII [ペア]のレビュー
  • Vigore KX-3PII [ペア]のクチコミ
  • Vigore KX-3PII [ペア]の画像・動画
  • Vigore KX-3PII [ペア]のピックアップリスト
  • Vigore KX-3PII [ペア]のオークション

Vigore KX-3PII [ペア] のスペック・仕様・特長



基本仕様
タイプ ステレオ 形状ブックシェルフ型
販売本数2本1組 WAY  
搭載ユニット数   出力音圧レベル  
インピーダンス   許容入力  
再生周波数帯域  ハイレゾ 
カラー    
サイズ・重量
幅x高さx奥行  重量 
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

Vigore KX-3PII [ペア]
KRIPTON

Vigore KX-3PII [ペア]

最安価格(税込):¥275,300発売日:2011年 7月下旬 価格.comの安さの理由は?

Vigore KX-3PII [ペア]をお気に入り製品に追加する <40

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース クリプトン、2wayブックシェルフスピーカー「KX-3PII」
2011年6月9日 21:20掲載
[KX-3PII]

クリプトンは、ブックシェルフ型スピーカーの新モデルとして、2way2スピーカー「KX-3PII」を発表。7月下旬より発売する。

2009年に発表した「KX-3P」の後継機種となる製品。キャビネットサイズを拡大させたり、音質強化の為に各ユニットを新たに採用するなどして音質の向上を図っている。またボディには、希少金属であるオール アルニコ・マグネットを採用。上級機から踏襲した技術を施した高音質設計となっている。

スピーカーには、磁気抵抗を極小にしたアルニコマグネットの壷型内磁方式を採用した25mmピュアシルクソフトドーム・ツィーターを採用。この空隙磁束分布と振動系の改善により、高域再生が35000Hzまで得られ、リニアリティや歪も改善されているという。ウーハーは、躍動する伸びやかな低域再生のため、ブチルゴム・サラウンドエッジに変更、低域共振周波数(fo)を35Hzとした170mmクルトミューラーコーン・ウーハーを採用している。

また、「KX-3P」に採用されていたエンクロージャーを踏襲。オール天然材つき板、高級ピアノ塗装で6面を仕上げている。さらに、内容積を約20%拡大しており、低音を強化している。

このほか、抵抗値の低い1.2mm径の空芯コイル、ケース入りのピッチ材で振動を抑えた低損失メタライズドフィルムコンデンサーなどのネットワーク素子を採用。デバイディングネットワークに、インアクースティック製OFC線や金メッキ端子などの部品を使用し、素子間の結線はハンダフリーのかしめ方式としている。これにより、スピーカーユニットの音を極限まで引き出することができるという。

主な仕様は、定格入力が50W、最大入力が150W、出力音圧レベルが87dB/W・m、インピーダンスが6Ω、クロスオーバー周波数が3500Hz、再生帯域が40Hz〜35,000Hz、本体サイズが224(幅)×380(高さ)×319(奥行)mmで、重量10.8s。

価格は378,000円。

ページの先頭へ