マツダ CX-5の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

マツダ CX-5の新型情報・試乗記・画像

CX-5の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

CX-5のモデル一覧

CX-5のレビュー・評価

(586件)

CX-5 2017年モデルの満足度

4.57

(カテゴリ平均:4.32)

    CX-5 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • CX-5 2017年モデル 25S PROACTIVE 「えっ、もう改良なの?」2016年12月に発表(発売は2017年2月)された2代目CX-5の“年次改良”がわずか1年で行われました。

      誤解の無いように言っておきますと、現在のマツダ車は「マイナーチェンジ」という概念ではなく、前述したように“年次改良”という形でリリースしています。

      これは「常に最良の商品や機能をベストなタイミングで市場に送り出す」という考え方で他のモデルも同様の考えです。

      一方でその変更のレベルが大きい場合、それまで乗っていたユーザーにはそれなりにショックも大きいでしょうし、中古車の価格にも若干影響が出てきます。

      余談ですが、それでも新世代になってからの
      続きを読む マツダ車の下取り価格は安定しており、結果としてスムーズに新しいモデルへの買い換えも行える傾向があります。

      話を元に戻すと今回の年次改良を行ったCX-5の最大のポイントは2.5Lのガソリンエンジンに「気筒休止システム」を搭載したことです。この仕組み自体はそれほど新しいものではありません。過去ではホンダ・インスパイアやVWポロなどにも採用されています。

      マツダはこれまでもドライバビリティを損ねずエンジンの燃焼効率にこだわってきました。流行のダウンサイジングターボよりもある程度大きめの排気量のNAエンジンのほうが実用燃費が高まるという理論も何回か公開されています。

      今回、2Lも含めたガソリンエンジンには「エッジカットピストン」と「低抵抗ピストン」などの新技術も採用されていますが、これに気筒休止システムをプラスすることで、郊外路や高速道路などでの巡航走行時に4気筒のうち2気筒を休止することで実用燃費を高めようという狙いがあります。

      今回の試乗は横浜を中心に市街地と高速道を併用、さらにマツダ側が特別に車両側から信号を抽出し、無線LANと組み合わせ、専用のスマホアプリを使い、4気筒と2気筒の状況をリアルタイムに表示するという仕掛けを用意してくれました。

      これが何を意味するのか、答えは簡単です。スマホのディスプレイ上では頻繁に4⇔2気筒が切り替わっていますが、実際運転しているとその切り替えは感じ取ることはできません。中には「わかる」と言う人もいるようですが、これがわかるのであれば相当凄い“人体センサー”を持っているとしか思えません。つまりそれほどマツダはこのシステムのスムーズな動作に自信を持っているのでしょう。

      逆の見方をするとちょっとしたアクセル操作で2気筒から4気筒に切り替わってしまいます。つまり自分のアクセルコントロールにムラがあるということなのかもしれません。

      とはいえ、そんなことを気にすることなくシステムはスムーズに作動します。CX-5が発売当初のJC08モードは14.6km/L(ガソリンのAWD車)でしたが、改良後は14.2km/Lに数字自体は落ちています。併用で新しい燃費表記であるWLTCモードで13.0km/Lとなっていますが、実際の走行では(1名乗車、エアコン25℃固定)14.3km/L(燃費モニター)という結果にも十分納得できます。要は数字が下がっても実用燃費自体は上がっている(マツダのエンジニアによれば約5%向上)。さらに言えば、細部の改良でアクセルを少し開いた瞬間のピックアップの向上など感覚とは言え、運転のし易さもプラスされている印象を受けました。

      今回の試乗車は「25S プロアクティブ(AWD)」でしたが、価格は291万6000円と改良前から据え置きです。

      気筒休止システムはもちろんですが、今回マツダコネクトにはジャイロセンサーをプラスすることでSDカーナビの自車位置精度が大きく向上しています。ちょっと意地悪をしてGPS電波が届きづらい立体駐車場をグルグル回ってみても前モデルより自車位置が破綻することは少なくなっています。

      また細かなことではありますが、パワーウインドウが全席分オート化(改良前は運転席のみ)されるなどトータルでのコスパは向上しています。

      ディーゼルとの比較自体はやはり価格差がまず出てきますが(同じプロアクティブ比較で31万3200円高)年間それほど距離を乗らない。街乗りや郊外路での使用が比較的多い人ならばガソリン車の選択は十分ありだと思います。

      オススメは試乗車より上位の「25S Lパッケージ」のFF車(298万6200円)です。試乗車の25Sプロアクティブと25SにはAWDの設定しかありません。ゆえに「特にAWDは不要」というのであればAWDの価格上昇分が無く、「パワーリフトゲート」「フロントフォグランプ」「運転席、助手席パワーシート」「本革シート(ヒーター付き)」など上級装備満載するこのグレードが良いと思います。
      参考になった 38人
      2018年5月30日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 5
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 4
    • 【エクステリア】
      フロント、テールなど小さくまとめて際立つものがないのが残念かな、夜に見かけても質素に映る

      【インテリア】
      コネクトのセレクトダイヤルの位置が悪い、肘を後ろにするのが辛いって印象

      【エンジン性能】
      ディーゼル程トルクは感じなかったが、軽快な印象も受けなかった、トルクの分だけノイズが出る(当たり前)想像してた音色と違って重たい印象

      【走行性能】
      パーワーボタンは勘違いさせてくれますね。

      【乗り心地】
      ロール、ピッチングは抑えていますが、高架の継ぎ目の音が大きい
      【燃費】
      改良してますが期待していません
      【価格】
      比べると、他車より高いか
      続きを読む
      【総評】
      特にシートアジャスター音、他モーター音も安っぽいので驚きました
    • 実際に納車になりましたので、再レビュー致します。


      【エクステリア】  
      マツダの流動デザインについては周知の通り。
      実際に納車になり改めてオーナーとして見ると買って良かったなと思います。
      色は不人気色のエターナルブルーにしましたが、被る機会も少ないでしょうし、思ったよりも確りとしたメタリック塗装かつ鮮やかなブルーだったので、私自身は非常に気に入ってます。


      【インテリア】
      良い点
      ナッパレザーの質感も非常に高く、それぞれのインテリア各所のスキの無さは流石と感じます。
      唯一樹脂部分が目立つコマンダーとドリンクホルダーについてサードパーティ製の加飾を加え、自身で満足
      続きを読む できる内装になったと思います。
      360°カメラも解像度は低いですが、実用域には達しているので思ったよりも問題になりませんでした。


      悪い点
      見切りの面は良い方ではありませんが、問題になるような印象は想定したよりも、無かったです。
      但し車を乗り慣れていない人は気を使うだろうなと思います。
      また収納が少なく、ラゲッジフックが下に付いているので使いづらいです。
      デフォルトだと下にしか付かないのできつめのカーブ等でものが動いて気になります。
      対策として後席の裏に引っ掛ける場所があったのでそちらにS字フックを掛けて簡易洗車道具等を袋に入れて掛けています。


      【エンジン性能】
      初めてのディーゼルですが、静粛性と圧倒的なトルクを兼ね備えており、乗車していると暖気後はディーゼルを感じることがありません。
      加速に関してもガソリンエンジンよりの味付けにより乗りやすく、セミオートにして引っ張りと楽しそうだなという印象です。
      まだ慣らし運転のつもりなので、一定程度走ったら試してみたいと思います。


      【走行性能・乗り心地】
      直進安定性とカーブでのライントレース性が高く、走行時の力強いエンジンと相まって運転が愉しいです。
      スペックとして腰高ではありますが、道路の凹凸を必要以上に感じることも無いです。
      スバルに比べてブレーキの味付けがソフトなので同じ感覚で踏むと思ったよりも進んでしまいます。
      恐らく慣れの問題なので、慣れれば違和感もなくなるかと考えています。


      【燃費】
      軽油かつ実燃費でも13〜14K/Lとのことでしたが、数百キロ走って14K/Lを超えているのでやはり良いです。


      【先進装備】
      基本的に考えられるものは全部付いています。
      特筆すべき点を挙げると、モービルアイ社のカメラとミリ波レーダーを使った追従機能と、HUDに表示されるBSMやナビの情報が疲労や視線移動を少なくしてドライバーに余裕を与えてくれます。
      またベンチレーションの機能があり、夏にはより快適なドライブを提供してくれるでしょう。


      【価格】
      他社の同セグメントと比べると、頭を一つ高いレベルで纏められているが、値段は変わらないと凄いことをしているなという設定です。
      マツダの良いものを良い値段でという心意気を感じる一台だと思います。


      【総評】
      スバルXVからの乗換でしたが非常に満足できる内容だったと感じています。
      前車は3年乗らずに買い換えましたが、今回は最低でも5年は乗りたいと思います。
      買う理由が値段の人には見向きもされないでしょうが、内容を良く吟味しそれぞれのコストを理解した上であれば、この価格帯(乗り出しが300万以上〜450万未満)のベストチョイスになるかと感じました。
    • トヨタヴィッツからの乗り換えです。

      【エクステリア】 ボディー色はスノーフレークホワイトパールマイカにしました。白いせいか近づくとかなり大きく迫力があります。追記:外観は意外と前後に長いです。Exclusive mode用のホイールが高級感を出しています。道路を走っていると結構な頻度で歩行者がこっちをじーっとみてきます。見惚れているのか?

      【インテリア】 ディープレッドのナッパレザー、各所の皮や本杢パネル、黒でまとめられた室内でとても落ち着ける空間となっているとともに、ところどころシルバーのアルミ?素材が使われていて落ち着いた高級感の演出に効いています。室内は革の匂いが充満していて
      続きを読む 最高です。欲を言えば肘掛は前後や高さの調整ができたらいいなと思います。ニーパッドは思っていたよりも効果がなさそうです。BOSEサウンドシステムがついていますがこちらも最高です。

      【エンジン性能】 ガソリンエンジンに近い大人しいディーゼルの加速感と減速感で水野和敏さんとかスポーツ走行をする人なんかに言わせたらディーゼルらしさがないのかもしれませんが、自分としては十分なトルクがありつつ同乗者を不快にさせない運転ができる点で最高だと感じます。BMWのX1やX3も候補に考えて試乗に行ったり知り合いに運転させてもらったりしましたが、BMWのディーゼルはカックンブレーキと一緒で軽く踏んだだけで鬼のような加速をするのでアクセルワークに神経を常に使いそうな印象がありました。マツダはそういったところがありません。

      【走行性能】 直進もカーブも安定感があります。カーブでは減速が足りないとロールはしますが不安感はないレベルです。その際横Gはかなりかかってきます。やさしい運転をすれば何も問題はないです。ハンドリングは大型車と思えないくらい軽やかで、以前乗っていたトヨタヴィッツ(2014年式)の方が重たかったです。ハンドルの直進時の座りも特に問題はないですが、タイヤがハンドルを少し回しただけで反応するので、よそ見をすると体の重心の傾きで腕が左右どちらかにわずかに傾く影響か、センターラインや路肩に寄ってしまっていてひやっとすることがあります。追記:レーンキープ機能がoffになっていったみたいでonにすると白線に寄って行っても戻そうとしてくれたりより過ぎている場合はバイブレーションで教えてくれます。
      ブレーキはある程度踏み込まないと効かないためもう少しBMWのブレーキに近いものでも良かったかもしれません。

      【乗り心地】 道によってはロードノイズがすごく、ある程度の足の硬さもあるので路面が悪いとそのまま路面の凹凸を感じて体のゆすられ感もありますがコンパクトカーよりはだいぶ不快さはないです。速度が速い方がいなし方がうまい気がします。高速道路での走行をまだしていませんが高速道路の方が安定しそうな気がします。路面が良い道路では心地よいエンジン音が聞こえるだけで室内はとても静かです。

      【燃費】 200kmくらい走ってみて平均14km/Lの表示となっています。今後高速道路の走行などするとさらに伸びそうです。

      【価格】 購入を決めてから、オプションからだいぶ値引きができることをネット情報で発見したので値引きに不満がありますが、車の性能や装備を考えると妥当だと思います。

      【総評】 総じて現在のところはとても満足しています。また、時間が経過したら再評価のレビューもしてみたいと思います。

    CX-5のクチコミ

    (51962件 / 3660スレッド)

    クチコミ募集中

    CX-5のクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    CX-5 2017年モデル

    CX-5 2017年モデル

    CX-5 2017年モデルのクチコミを書く
    CX-5 2012年モデル

    CX-5 2012年モデル

    CX-5 2012年モデルのクチコミを書く
    CX-5

    CX-5

    CX-5のクチコミを書く

    閉じる

    CX-5のクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    CX-5 2017年モデル

    CX-5 2017年モデル

    CX-5 2017年モデルのクチコミを書く
    CX-5 2012年モデル

    CX-5 2012年モデル

    CX-5 2012年モデルのクチコミを書く
    CX-5

    CX-5

    CX-5のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ370
      • 返信数101
      • 2018年12月14日 更新
      新型デリカには8ATが採用されるようですが、CX-5は未だですかね。
      もう6ATのグレードではないと思うんですけど。
      • ナイスクチコミ23
      • 返信数6
      • 2018年12月14日 更新
      初めて投稿いたします。
      cx-5のL-package今月納車しました。
      1ヶ月点検の時にディーラーには伝えようとは思うのですが、ディーラーで聞く前に皆様の意見・情報もお聞きしたいなと思い質問させていただきます。

      結論から申しますと、ブラインドスポットモニタリングが斜め後方に車がない状態でも一度点灯すると点灯したままの状態が頻繁に続きます。(時間が経つと消えます)
      続きを読む通は斜め後方の車両が通過したらすぐに消えるものなんでしょうか?
      友人のレクサスはすぐに消えてました。

      元々cx-5はこれくらいの精度なのか、不具合なのか分からないため皆様も同様のことが起きてたら是非教えていただきたいですm(_ _)m

      • ナイスクチコミ272
      • 返信数32
      • 2018年12月13日 更新
      題名通り大事に乗っていたcx-5ですが、画像の通り擦ってしまいました。
      今まで擦った事やぶつけた事もなかったのでショックすぎます。
      このように擦った場合は塗装してもらえば元の状態に戻す事はできるんでしょうか?
      これから何社かに見積もりとりますが、もし相場などあれば教えて頂けると助かります。

    CX-5の中古車

    CX-5の中古車相場表を見る

    CX-5とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止