BMW M6 クーペの価格・新型情報・グレード諸元

<
>
BMW M6 クーペ 2012年モデル 新車画像
  • M6 クーペ 2012年モデル
  • エクステリア サキール・オレンジ1 - M6 クーペ 2012年モデル
  • エクステリア サキール・オレンジ2 - M6 クーペ 2012年モデル
  • エクステリア サキール・オレンジ3 - M6 クーペ 2012年モデル
  • エクステリア サキール・オレンジ4 - M6 クーペ 2012年モデル
  • エクステリア サキール・オレンジ5 - M6 クーペ 2012年モデル
  • エクステリア サキール・オレンジ6 - M6 クーペ 2012年モデル
  • エクステリア サキール・オレンジ7 - M6 クーペ 2012年モデル
  • ホイール - M6 クーペ 2012年モデル
  • エクステリア1 - M6 クーペ 2012年モデル
  • エクステリア2 - M6 クーペ 2012年モデル
  • エクステリア3 - M6 クーペ 2012年モデル
このページの先頭へ

BMW M6 クーペの新型情報・試乗記・画像

M6 クーペの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

M6 クーペのモデル一覧

M6 クーペのレビュー・評価

(2件)

M6 クーペ 2012年モデルの満足度

4.00

(カテゴリ平均:4.32)

ユーザーレビュー募集中

  • BMWのクーペモデルの頂点に立つのが6シリーズクーペ。それをさらにBMW M社のチューンによってポテンシャルを高めたのがM6クーペだ。プレミアムラグジュアリークーペとしての内外装や装備にと、本格的なスポーツカーに匹敵するハイパフォーマンスを兼ね備えたモデルだ。M6クーペにはBMWが袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催されたメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。

    内外装のデザインはラグジュアリーな6シリーズクーペをベースにしながらも、M6クーペならではの専用の仕様が随所に施され、6シリーズクーペとの違いも明確だ。フロントにはブレーキ冷却用の大型エアインテークが口を開
    続きを読む け、リヤにはデュアルツイン・エキゾーストやディフューザーが備えられている。

    インテリアもカーボンパネルを配するなど、Mモデルらしいスポーティなコクピット空間である。乗車定員は4名で後席にも人が乗れることになっているが、後席はエマージェンシー用と考えるべき。まあM6クーペの後席に人を乗せようとすることはまずないと思うが。

    搭載エンジンはV型8気筒4.4リッターのツインターボ仕様で、412kW(560ps)/680N・mというレーシングカーを思わせるような圧倒的な動力性能を発生する。エンジンを始動させるとブォンと空吹かしが入り、さあ走ろうという気分を盛り上げる。

    組み合わされるトランスミッションはM DCTと呼ぶデュアルクラッチで、ダイレクト感のあるシフトフィールを感じさせる。短いシフト時間によって切れ目のないスムーズなシフトチェンジが可能だ。M DCTには渋滞時のスムーズな走りを実現する機能も加わった。

    BMWでは0-100km/h加速をわずか4.1秒でこなすとしている。この加速性能も凄い。今回はサーキットでの試乗だったので、思い切りアクセルを踏み込むこともできたが、一般道ではとてもこの性能は試せない。

    412kWを発生する回転数は6000回転と高めで、レッドゾーンが始まる7200回転あたりまで一気に吹き上がっていく。しかもエンジンを回したときのパワーフィールも相当なもので、気持ち良い走りが楽しめる。

    同時に680N・mのトルクはわずか1500回転から5750回転までの幅広い領域で発生し、低回転を使って走る市街地走行を想定した走りでも余裕のトルク感が得られる。

    エンジンパワーを左右のホイール間で自在に配分するアクティブMディファレンシャルが採用され、コーナーでの走りも安定したものとされている。

    2015年6月の改良で1700万円台に達した価格は決して安くないが、この動力性能を発生するエンジンを持つことと、ラグジュアリークーペとしての仕様を考えると、むしろバーゲンプライスとさえいえる。

    参考になった 4人
    2015年9月21日 投稿
    満足度 3
    エクステリア 4
    インテリア 4
    エンジン 5
    走行性能 5
    乗り心地 3
    燃費 2
    価格 2
  • 【エクステリア】
    旧型のリアの雰囲気は、
    BMWの中でも独特で、けっこう好き。

    普遍性は無いし、
    時代に依存する部分も無いとは言えないが、
    見てすぐに「M6だ」と分かるのは、
    個人的にはポイント高い。

    【インテリア】
    現時点では高級車としては普通だが、
    それでも充分質感高いです。

    ウッドパネルは時代の薫りが揺蕩う。

    【エンジン性能】
    5.0L V10 507bhp 
    このスペックを聞くだけで
    テンション上がりまくる。

    アンチECOの神。

    【走行性能】
    全てをパワーでねじ伏せる
    爆発的な加速力。

    0-100km/h は 4.6秒。
    続きを読む

    しかし速さよりも関心したのは、
    コーナリングの滑らかさ。

    低速域でも
    ちょっと感動的なほど、
    スーッと気持ちよく曲がります。

    【乗り心地】
    安定感バツグンで、
    足回りは硬すぎず、ショックの殺し方も良い。

    剛性も高く、シートも優秀なので、
    グランドツアラーとしても
    素晴らしい走りを見せます。

    【燃費】
    5リッターV10ですよ。
    ガソリン燃やしてナンボです。

    【価格】
    中古車なので、ここは評価せず。

    元々車体価格1,600万円ですが、
    2009年式で600万程度でした。

    ちょっと買おうかなと考えてしまった。

    【総評】
    M6クーペは、2009年式でも
    そりゃあ良いクルマです。

    個人的には状態の良い中古車は、
    全然アリだと思っていますので、
    良いM6の出物があれば、真剣に検討したい。

    何よりV10の欧州車なんて、
    そうそう乗れるものではない。

    ぜひ試してみてほしい1台です。
    満足度 4
    エクステリア 4
    インテリア 4
    エンジン 5
    走行性能 5
    乗り心地 4
    燃費 2
    価格 無評価

M6 クーペの中古車

M6 クーペの中古車相場表を見る

M6 クーペとよく比較される車種

  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止