PMA-2000RE スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長

PMA-2000RE

最新型の大電流増幅素子「UHC-MOS」を採用し回路構成を一新

最安価格(税込):¥129,700 (前週比:+3,200円↑)

  • メーカー希望小売価格(税別):¥180,000
  • 発売日:2012年10月中旬

店頭参考価格帯:¥129,800 〜 ¥132,300 (全国786店舗)最寄りのショップ一覧

定格出力:80W/8Ω/160W/4Ω 対応インピーダンス:8Ω/4Ω 再生周波数帯域:5Hz〜100kHz アナログ入力:6系統 PMA-2000REのスペック・仕様

最高水準の還元率 REX CARD(レックスカード)
PMA-2000REをお気に入り製品に登録<196
PMA-2000REのピックアップリストを作成

ご利用の前にお読みください

PMA-2000RE のスペック・仕様・特長



基本仕様
本体色シルバー系 定格出力80W/8Ω
160W/4Ω
再生周波数帯域5Hz〜100kHz 対応インピーダンス8Ω/4Ω
消費電力360 W   
入力端子
アナログ入力6 系統 デジタル入力 
Phono   
出力端子
アナログ出力  デジタル出力 
プリアウト ヘッドホン出力
その他
トーンコントロール  Wi-Fi 
AirPlay  DLNA 
i.LINK端子  USB端子 
サイズ・重量
幅x高さx奥行434x181.5x434.2 mm 重量24.4 kg
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

PMA-2000RE
DENON

PMA-2000RE

最安価格(税込):¥129,700発売日:2012年10月中旬 価格.comの安さの理由は?

PMA-2000REをお気に入り製品に追加する <196

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース デノン、回路構成を一新したプリメインアンプ「PMA-2000RE」
2012年9月20日 10:51掲載
PMA-2000RE

ディーアンドエムホールディングスは、プリメインアンプの新モデル「PMA-2000RE」を発表。10月中旬に発売する。

プリメインアンプ「PMA-2000SE」(2009年7月発売)の後継機。1993年に発表された高級機「S1」以来継承してきた「UHC-MOS シングルプッシュプル回路」を見直し、「ADVANCED UHC-MOS シングルプッシュプル回路」として一新した。新たな回路には、許容電流が従来の120Aから210Aに増した最新型の大電流増幅素子「UHC-MOS」を採用。UHC-MOSとヒートシンクの間に熱伝導効率の高い銅板を追加して放熱性を高めることで、増幅素子の動作を安定させ、より余裕のある音楽再生が可能になったという。

シングルプッシュプル回路の刷新にともない、パワーアンプ段や電源周りなどの回路構成も改良した。パワーアンプの入力段には、ペア特性のそろった「Dual FET」を新たに採用。温度変化による音質への影響を抑え、動作の安定化を図った。また、差動増幅回路の初段に新たに「カスコードブートストラップ」を採用することで、高速・高帯域な信号の再生時にも、周波数位相ずれの少ない増幅を実現。電源部には、前機種の1.5倍の能力を持つ「ショットキーバリアダイオード」を搭載し、スイッチングノイズを抑えるとともに、許容電流の増したUHC-MOSの表現力を生かせるようにした。

パワーアンプブロックは、前機種と同様に電源トランスを挟んで左右対称に配置。信号レベルの異なる回路の分離を徹底し、厚さ1.6mmの鋼板を使用した6ブロック・セパレーテッド構造とすることで、音場感にすぐれた再生を実現している。また、2つのトランスを並列接続することでインピーダンスを下げ、トランスの塔載方向をそれぞれ逆向きに配置することにより、お互いの磁気の影響を防ぎ、ノイズ源である磁束の漏えいも低減した。

制振対策として、筺体に厚さ1.6mmの鋼板を用いて剛性を強化。筺体内部については、振動の発生減となるパワートランスを複数の制振材を使用してフローティングマウント化することで、ほかの振動源との干渉を防いだ。底面に振動を吸収するGSフェルトを貼り付け、本体底部のインシュレーターには高剛性で内部損失が大きい素材を使用するなどして、内部・外部からの振動による影響を徹底して抑えている。

そのほか、前機種に引き続き、リモコン操作もできるボリュームつまみをクラス最大となる27型としたほか、AVサラウンドシステムなどとの接続が可能なパワーアンプダイレクト機能も搭載している。

主な仕様は、80W+80W(8Ω)、160W+160W(4Ω)、S/N比がライン:108dB、周波数特性が5Hz〜100kHz。インターフェイスは、アナログ音声入力×6、PHONO入力×1、RECアウト×2、パワーアンプダイレクト×1、プリアウト×1、ヘッドホン出力×1、コントロール端子(IN/OUT)×1、ACアウトレット×3(SWITCHED×2、UNSWICHED×1)を装備。本体サイズは、434(幅)× 181.5(高さ)× 432.2(奥行)mmで、重量は24.4kg。

価格は18,9000円(税込)。

ページの先頭へ