マツダ アテンザワゴンの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

マツダ アテンザワゴンの新型情報・試乗記・画像

アテンザワゴンの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

アテンザワゴンのモデル一覧

アテンザワゴンのレビュー・評価

(100件)

アテンザワゴン 2012年モデルの満足度

4.63

(カテゴリ平均:4.32)

    アテンザワゴン 2012年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • アテンザワゴン 2012年モデル マツダのフラッグシップモデルとして登場したアテンザには、セダンのほかにステーションワゴンも設定されている。ワゴンはアメリカや中国ではほとんど売れず、最近は日本でも人気薄だ。でもヨーロッパでの販売比率の高いマツダとしては、欧州向けを中心にワゴンを設定する必要があったようだ。

      ボディは大きい。セダンがさらに大きく作られているので、ワゴンの大きさが目立たない感じになっているが、1840mmの全幅はセダンと同じで十分に大きい。

      トヨタのクラウンが1800mmで踏みとどまっていることからみても、日本では全幅の上限がここにあると考えてもいい。一部の立体式駐車場などのインフラが1800mmで作ら
      続きを読む れているし、取り回しを考えても全幅は適度なサイズにとどめたい。

      大柄なボディを持つことで、外観デザインが伸び伸びしたものになったほか、室内には十分な居住空間とラゲッジスペースが確保されている。セダンよりもホイールベースが短いといっても2750mmは十分な長さであり、ワゴンの後席にもゆったりした空間がある。

      バックドアには、開けるとトノカバーが一緒に上がる仕組みが採用されていて、ワゴンとしての使い勝手はまずまず。欲を言えば、リヤのガラスハッチだけが開く方式も欲しいが、そうなるとトノカバー連動式にはできなくなる。このあたりの取捨選択は難しい。

      搭載エンジンはガソリンが2.0Lと2.5Lの2機種で、ディーゼルが2.2Lの1機種。SKYACTIV技術を取り入れたエンジンで、直噴仕様やi-stopの採用で動力性能を確保しながら優れた燃費も実現している。もちろんATも電子制御6速のSKYACTIVのATだ。

      2.0Lエンジンは114kW/198N・mの動力性能を発生するが、ワゴンボディは1450kgの重量があるので、特に軽快な感じではない。普通に良く走るといった程度のイメージだ。長期的に見たら、価格面からもこれが売れ筋グレードになるのではないか。

      新搭載の2.5Lエンジンは138kW/250N・mの動力性能を発揮する。同じSKYACTIV技術を採用したエンジンだが、排気量が大きくなった分だけ動力性能は向上している。大きめボディのアテンザワゴンを走らせるには、これが最適といった感じのエンジンだ。

      2.2Lのクリーンディーゼルは、2012年にSUVのCX-5から搭載が始まったもの。発売前には上級セダンにディーゼルという設定がどう受け入れられるかと思っていたが、実際に発売されるとアテンザでも初期受注の76%がディーゼル車で占められたという。

      距離を走るユーザーが多いワゴンでは、ディーゼル車がマッチするユーザーが多いはずで、セダンよりもディーゼル比率が高くなるはずだ。少なくともマツダ車では、ディーゼルが完全に市民権を得たといえる。

      動力性能はパワーが129kW/420N・mの実力。特にトルクが凄い。ガソリン車ならV型8気筒エンジンの発生する性能だから、アテンザワゴンの走りが力強いものにならないはずがない。

      ただ、振動や騒音になると、無条件でディーゼル車をほめるわけにはいかない。アイドリング回転数は800回転ほどだが、ガソリン車とは明確に異なるエンジン音が聞こえる発進して低速でゆっくり走っている領域までは、ガソリン車とは違うレベルのエンジン騒音が聞こえてくる。当然ながら振動もそれなりに感じられる。

      高速クルージングに入ると、時速80kmでの回転数は1500回転を切ったあたり。時速100kmでも1800回転弱くらいで、この速度域ではロードノイズや風切り音なども重なるのでディーゼルのエンジン音は気にならなくなる。

      高速道路での追い越し加速などでアクセルを踏み込むと、ガソリン車並みにスムーズとまでは言えないまでも、ディーゼルとは思えないスムーズさでエンジンが吹き上がり、それに伴ってトルクが盛り上がる。

      最大トルクはわずか2000回転で発生する数字だから、ちょっとアクセルを踏めばすぐに最大トルクといった感じである。この力強さを考えると、ディーゼルを選ぶ意味は十分にある。

      ガソリン、ディーゼルとも、アイドリングストップ機構のi-stopは良く止まるようになった。これは減速時にエネルギーを電気に変えて貯め込むi-ELOOPを採用したことなどが貢献している。大きな容量の電気を一気に出し入れでき、それがモニターに表示される。

      タイヤはグレードやオプションなどによって17インチと19インチのチョイスが可能。上級グレードには19インチタイヤが付くが、これだとさすが乗り心地が硬い。湘南国際村の道路にはマンホールの出っ張りが多く、これが相当に気になった。少なくとも上級セダンとは思えない乗り心地だ。マイナスオプションで17インチを選んだほうが良いと思う。

      新型アテンザでは自動ブレーキのスマート・シティ・ブレーキ・サポートなど、最新の安全装備をセットにしたセーフティ・パッケージが上級グレードに標準で、ほかのグレードには15万円ほどのオプションで用意されている。

      オプション装着する場合にはディスチャージ・パッケージとセットでないと買えないので実質20万円以上の予算が必要になるが、アテンザを買うならぜひとも装着しておきたい。

      新型アテンザではセダンとワゴンが対応するグレード同士で同じ価格。普通ならワゴンが高くなるのだが、今回のアテンザではセダンに大きなボディが与えられたので、同価格になったようだ。

      またディーゼルとガソリンの価格差は40万円で、補助金を含めると実質的には約半分の差になる。燃料代など買った後の維持費の安さも含めて考えると、経済性の差は相当に小さい。

      距離を走る人ならディーゼルが経済的に有利で、総合的な快適性などを考えたら、ガソリン車が有利だと思う。迷っている人は実際に乗り比べた上で、クルマの使い方を考えて判断すると良い。

      参考になった 25人
      2013年3月23日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 3
      インテリア 3
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 2
      燃費 4
      価格 2
    • 四半世紀レガシィT/Wに乗っていて、現車 BP5が11年経過し、買換えの為 色々と物色中での試乗。体の隅までスバル/ターボ車の特性に染まっている者の感想です。

      【エクステリア】
      多少やり過ぎなハデさを感じるものの「カッコイイ」。ただ、窓の開口面積が小さく営業マンが力説するほど視界良好とは言いずらい。ちょっと閉塞感を感じる。

      【インテリア】
      Lパッケージと言う事で素晴らしいの一言。シートの厚み、柔らかさなども申し分なし。シートヒータ、ベンチレーションなど欲しいアイテム満載。
      車格ほど後席は広くない。

      【エンジン性能】
      マツダのディーゼルの諸問題を懸念し、又、単距離移動が
      続きを読む 多いので NA2.5 を試乗したが、街中の試乗においては まぁ普通のエンジン。悪い印象も無ければ良い印象もない。

      【走行性能】
      やはりFFなので若干のトルクステアが出る。問題なのはエンジンのトルク特性とミッション制御が自分の感覚と合わない事。
      現車はスリップ量の多いトルコンにターボなので、良い意味でダルな部分があってギクシャクしないのだが、アテンザは意図しないシフトチェンジが起こり、ATなのにギクシャクするのが気になる。
      他社のATでは感じなかったのでマツダの特性なのか気になる点。
      車格から想像するより小回りが利く。 5.5m は立派。

      【乗り心地】
      19インチなので心配していたが全く問題ない。サスはほど良い硬さでゴツゴツ感もなく小さな段差など大径タイヤで踏みつぶして行く感じ。
      現車のビル足も別の意味で気持ちよい特性だけれど、クルーザーの様な乗り心地は年老いた体には優しい。 ただ、やはり見た目には良いけど19インチはやり過ぎに感じる。インチダウンすれば更に乗り心地は良くなると思う。

      【燃費】
      試乗なので不明。まぁ現車より悪いハズもないので没問題かな。

      【価格】
      安くはないけど、標準で装備されている内容から見ると安価な部類に入ると思うが、同額でMBやBMWの新古車が買える。まぁ自分の欲する性能、機能がマッチすればお買い得と思う。

      【総評】
      自分のライフスタイルからワゴン、ミッションは CVTのフィーリングが嫌い、DCTのトラブルへの恐怖などから AT、出来れば AWD となると今販売されている車では殆ど選択肢が無いので消去法ではあるけどアテンザは有力候補の一台。
      ただ、全体的に長距離クルーザー的なアテンザの個性が自分に合うのか不明な事、高速ではストレスが溜まるであろうエンジン出力など 一定の踏ん切りがないと購入には至らないと思う。
    • 【エクステリア】
      日本車としては、抜群に綺麗で、格好いいです。

      【インテリア】
      価格から妥当なところですが、プラスチックが目立ち、その素材の質感はよくありません、そこは、一般的な日本車レベルです。
      ダッシュボードが、弾力性ソフトタッチなところはいいです。ただ、ボードだけで、中段以下は、チープです。
      ヘッドアップディスプレイは、ダッシュボード試乗のプラスチックに映すタイプで、その質感には、引いてしまいました。ヘッドアッププラスチックという感じで、掃除などの時に、注意をしないと割りそうです。

      【エンジン性能】
      評判のディーゼルで期待していたのですが、これが、一番ガッカリしまし
      続きを読む た。
      車重は、このサイズではかなり軽いです。トルクは、42kgを超え、データ上はかなり期待できるレベルです。
      試乗は市街地、山道ですが、全くトルク感がありません。特に山道では、アクセルをベタ踏みすることが頻繁。それでも、思うようにスピードは出ません。
      市街地でも、モリモリ盛り上がるトルクを感じませんでした。やはり、アクセルをベタ踏みしてしまえるレベルです。輸入車、特にドイツ車と違うところは、サスペンションが、そのパワーを受けきれていない、シャシー性能がまだまだということかもしれません。
      正直、カタログデータの取得方法が、輸入車と違うように思いました。
      音は、ディーゼル音がうるさいです。言われている程、満足できるレベルではありません。

      【走行性能】
      足回りは、トヨタ車のようなフワフワではなく、良い感じでした。この足回りからも、カタログデータのトルクが信じられませんでした。大トルクをしっかり受け止められる足回りのはずですが、そうではないようです。
      ステアリングは軽いです。

      【乗り心地】
      しっかりした硬めで良い感じです。硬めですが、雑な不快感はなく、グローバルに通用すると思います。

      【総評】
      欧州車との比較では、正直、ガッカリしました。アウディA4クワトロなんかでは、試乗コース以上の山道でも、アクセルをベタ踏みすることは、一切なく、常時、1〜2割くらいの踏み込みでした。
      日本車でも、インプレッサWRXに乗った時は、実際1割くらいしかアクセルふんだいませんが、一瞬、踏み過ぎかと思ってしまうトルクを感じたものです。
      走りの質感は重厚感はなく、一般的な日本車レベルです。
      デザインは格好いいですが、走りは期待していただけに、また、レビューでも、トルクにすっかりやられたとかの評価もあり、ガッカリしました。
    • レガシィB4ターボMT→アテンザXDLPkgFFMTに乗り換えです。納車2ヶ月で3500km走りした。

      【エクステリア】
      ◎伸びやかなサイドラインが美しい
      ◎マフラーが太くなってgood
      ◎新ホイールも実物はかなり良い
      ◯フロントグリルは意外と汚れない
      ×後方視界が悪い
      ×リアは変更無しがベストとのことだが、セダンのledウインカーが羨ましい

      【インテリア】
      ◎上質。同じ価格帯のクルマでは頭一つ抜けているのでは?
      ◎ベンチレーションはこの季節最高
      ◎新しいメーターもかなりカッコいい(燃料系がアナログとデジタル二つあるのは謎)
      △タコメーターは真ん中が良かった(車
      続きを読む 速はHUDで十分認識できる)
      ×肘置きが後ろ過ぎ
      ×ドリンクホルダーの位置がシフト操作の邪魔
      ×360°ビューモニターは便利ですが、画質・画像の繋ぎ目が荒い(コストカットかな?)

      【エンジン性能】
      ◎改良によりターボラグが減り、非常に加速がスムーズ(改良前のドッカンも好きですが…)
      ◎実用域のトルクが強力で中間加速に優れています(前車は280馬力ですが、実用域はこっちの方が早いです)
      ◯排気音も太くなかなか良い

      【走行性能】
      ◎車重も相まって直進安定性は抜群
      ◎コーナリング時も思ったラインをピタッとトレース(これは驚きました)
      ◎加速度もコントロールしやすく、良い意味で期待を超えてこない
      - このクルマに求めることでは無いですが、重いので下りのヘアピンは怖い…

      【静粛性】
      ◯静粛性は高いですが、路面によってはロードノイズがうるさい

      【オーディオ】
      音楽をやっているので辛口ですが…
      ×OPのBOSEの低音がイマイチ腹の底に響かない(なんとなくデジタル臭い音痩せ感)。イコライザーが低音と高音しかないのが不満。ポータブルプレイヤー経由で周波数調整をするとなかなか良い音が出せたのでスピーカーのスペックは十分です。次世代からはもっと細かくカスタムできるようにして欲しい。
      (※普通の音楽なら十分良いです)

      【燃費】
      ◎素晴らしい
      通算:19km/L
      高速:22km/L
      街乗り:14km/L
      くらいの印象です

      【価格】
      ◯コスパは高いです

      【総評】
      いくつか不満もありますが、非常に気に入っておりますのでカスタムしながら長く大切に乗りたいと思います

    アテンザワゴンのクチコミ

    (2968件 / 276スレッド)

    クチコミ募集中

    アテンザワゴンのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    アテンザワゴン 2012年モデル

    アテンザワゴン 2012年モデル

    アテンザワゴン 2012年モデルのクチコミを書く
    アテンザワゴン

    アテンザワゴン

    アテンザワゴンのクチコミを書く

    閉じる

    アテンザワゴンのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    アテンザワゴン 2012年モデル

    アテンザワゴン 2012年モデル

    アテンザワゴン 2012年モデルのクチコミを書く
    アテンザワゴン

    アテンザワゴン

    アテンザワゴンのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ125
      • 返信数27
      • 2018年11月2日 更新
      アテンザワゴンかアクセラスポーツかで非常に迷っています。
      中古車(ガソリン車)で買う予定です。

      車の用途としては買い物か親の送迎ぐらいです。
      通勤は電車ですし、乗るのは週末に1〜2回の予定です。
      ですが来年引っ越しを予定しているので通勤で片道20分ほどの距離間を使用することになると思います。
      地方都市住みなので、街中を走ることがメインで、高速などの長距離運転は年に
      続きを読む数回程度あるかないかだと思います。

      月の手取りは17万ほどです。
      維持費はアテンザワゴンとアクセラスポーツなら微差だと思うのですが、どうなのでしょうか?

      たぶん皆さん、私の手取り、用途からして確実にアクセラスポーツのほうを推奨されると思いますが・・・。
      個人的にはアテンザワゴンのほうがとても好きです。
      理由としてはアクセラスポーツより顔と車体の長さがマッチしていてとてもしっくりくるからです。
      そんなこんなでこの2種間でとても悩んでいます。
      自分の中で決定的な理由を見つけたいのでビシバシ厳しいコメントをいただければ幸いです。

      よろしくお願いいたします。
      • ナイスクチコミ18
      • 返信数10
      • 2018年10月16日 更新
      平成27年2月購入のアテンザワゴン XD Lパッケージ AWDのMT、走行距離12000kmを下取りに出そうと思うのですが、同じ時期購入された方で下取りor買取に出された方、いらっしゃったら価格をご教示頂けると幸いです。
      当方、ディーラー206万、ビッグモーター230万でした。
      • ナイスクチコミ248
      • 返信数28
      • 2018年10月10日 更新
      今回アテンザワゴンディーゼルに買い替えようと思っています、3年落ち中古車で探していると有名ブログに突き当たりまして、煤の堆積のことが気になりだしました。

      実際として7〜8万キロ程度の使用でこの件で不具合が起こった方はいるのでしょうか?
      と言いますのは購入後5年6万キロ程度乗ると思うからです。

      煤は百害あって一利なしだとは思いますが、メーカーのある程度その状況も想定
      続きを読むしての量産車だと思うのですが、パワーダウンや燃費の明らかな悪化、煤が原因の修理などありましたら教えてください。

      今回は中古車購入を予定しているので、特に気になります。
      またガソリンエンジンを選択するなら別の車にするつもりです。

    アテンザワゴンの中古車

    アテンザワゴンの中古車相場表を見る

    アテンザワゴンとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止