STREAM X GL07S イー・モバイル [ブラック] スペック・仕様・特長

STREAM X GL07S イー・モバイル [ブラック]

STREAM X GL07S イー・モバイル [ブラック]のピックアップリストを作成

下り(受信時)最大75Mbpsの「EMOBILE LTE」に対応した初のAndroidスマートフォン

  • STREAM X GL07S イー・モバイル [ブラック]をお気に入り製品に登録

店舗で購入した場合 MNP(ナンバーポータビリティ)時

店頭参考価格
販売価格が掲載されるまでお待ちください

オンラインで購入した場合の金額

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

STREAM X GL07S イー・モバイル [ブラック]をお気に入り製品に追加する

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にMyページでお知らせいたします

キャリア:イー・モバイル OS種類:Android 4.1 販売時期:2013年春モデル 画面サイズ:4.7インチ 内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 1GB バッテリー容量:2350mAh STREAM X GL07S イー・モバイル [ブラック]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

STREAM X GL07S イー・モバイル [ブラック] のスペック・仕様・特長



基本仕様
キャリアイー・モバイル 販売時期2013年春モデル
OS種類*1Android 4.1 最大待受時間LTE:約270時間
3G:約310時間
内蔵メモリ ROM 32GB RAM 1GB CPUコア数クアッドコア
文字入力タッチパネル 外部メモリタイプ 
バッテリー容量2350 mAh   
画面性能
タッチパネル 画面サイズ4.7 インチ
画面解像度1280x720 パネル種類TFT液晶
3D対応    
ネットワーク
データ通信サービス  下り最大データ通信速度UE Category4:150Mbps
EMOBILE LTE:75Mbps
Wi-Fi(無線LAN) BluetoothBluetooth 4.0
赤外線通信機能  テザリング対応 
NFC対応     
カメラ
メインカメラ画素数1300 万画素 撮影用フラッシュ
手ブレ補正  サブカメラ
その他機能
防水機能  HDMI端子 
4K撮影対応 ワンセグ 
フルセグ  MHL対応  
おサイフケータイ GPS機能
海外使用 認証機能顔認証
テレビ電話    
SIMカード
デュアルSIM   SIMサイズEM chip<micro>(microSIMカード)
サイズ・重量
幅x高さx厚み67x137x9.2 mm 重量122 g
カラー
カラーブラック   
 
 
 
 
 
 
※タブレットPC(端末)・PDA項目解説

*1 OS種類
OSは出荷時期によってバージョンが変更されている場合があります。ご購入の際は購入店舗にて直接ご確認ください。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の情報を見る

STREAM X GL07S イー・モバイル [ブラック]
Huawei

STREAM X GL07S イー・モバイル [ブラック]

発売日:2013年 3月 7日

新製品ニュース イー・モバイル、下り75Mbpsに対応した初のスマホ「STREAM X」
2013年2月21日 18:00掲載
STREAM X GL07S STREAM X GL07S STREAM X GL07S

イー・アクセスは、同社初の下り(受信時)最大75Mbpsの「EMOBILE LTE」に対応したAndroidスマートフォン「STREAM X GL07S」(HUAWEI製)を発表。3月7日より発売する。

下り(受信時)最大75Mbpsの「EMOBILE LTE」に対応した4.7型HD液晶(1280×720ドット)搭載のAndroidスマートフォン。「EMOBILE LTE」に対応したスマートフォンは同社初となり、将来的には、20MHz帯を使用した下り(受信時)最大150Mbps/上り(送信時)最大50Mbpsの高速通信規格「UE Category4」も使用できるようになる。性能面では、クアッドコアプロセッサーの「HiSilicon K3V2」(1.5GHz)や、16コアのGPUを内蔵。高速なウェブブラウジングや3Dゲームも快適に行える仕様となっている。

本体は厚さが8.6mmの薄型デザインとなっており、液晶パネルには、タッチセンサーを組み込んだ「インセルタッチパネル」を採用。界面反射を抑えて高い視認性を確保しており、照明の明るさや表示内容によってバックライトの明るさが最適化されるようになっている。また、高感度のタッチセンサーを用いることで、軽いタッチでも反応するようにした。

操作性では、よく使うアプリやウィジェットのレイアウトをカスタマイズできるインターフェイス「Emotion UI」を採用。よく使う3つのアプリをロック画面に設定できるほか、ワンタッチでテザリングを開始できる「Pocket WiFi ウィジェット」機能も装備。連続で約8時間(LTE/3Gとも)のテザリングを可能にしている。

カメラ機能は、有効画素数約1300万画素の積層型CMOSセンサー「EXMOR RS for mobile」を内蔵したメインカメラと、有効画素数約130万画素のサブカメラを搭載。さらに、同社初となる、おサイフケータイを装備。緊急速報メールにも対応する。

そのほかの主な仕様は、プラットフォームがAndroid 4.1、メモリー(RAM)が1GB、ストレージが32GB。無線通信機能はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0を搭載。内蔵バッテリーは2350mAh。バッテリー駆動時間は、LTE連続待受時間が約270時間、3G連続待受時間が約310時間、連続通話時間が約760分。本体サイズは67(幅)×137(高さ)×8.6〜9.2(奥行)mm。重量は約122g。ボディカラーはブラック。

ページの先頭へ