デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1400 スペック・仕様・特長

デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1400 製品画像

最安価格(税込):¥29,800 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2013年10月中旬

タイプ:サウンドバー チャンネル数:5.1ch DolbyDigital:○ DTS:○ サラウンド最大出力:16W ウーハー最大出力:60W デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1400のスペック・仕様

電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1400をお気に入り製品に登録<388
デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1400のピックアップリストを作成

この製品を見た人はこんな製品を見ています

製品をまとめて比較する

Solo 5 TV sound system

Solo 5 TV sound system

満足度:
3.68

¥27,584

YAS-105

YAS-105

満足度:
3.43

¥16,500

シアターバー SC-HTB175

シアターバー SC-HTB175

満足度:
4.00

¥19,235

HT-CT380

HT-CT380

満足度:
4.21

¥31,453

YAS-93

YAS-93

満足度:
4.60

¥19,800

HTP-SB760

HTP-SB760

満足度:
4.00

¥38,497

CINEMA SB350

CINEMA SB350

満足度:
4.88

¥43,078

YAS-203(B) [ブラック]

YAS-203(B) [ブラック]

満足度:
3.45

¥25,319

HT-CT780

HT-CT780

満足度:
4.75

¥40,800

YAS-106

YAS-106

満足度:

¥27,860

HT-XT1

HT-XT1

満足度:
4.21

¥24,799

SBT-200

SBT-200

満足度:
3.91

¥13,093

YAS-103(B) [ブラック]

YAS-103(B) [ブラック]

満足度:
3.34

¥―

SP-TVBTWABK

SP-TVBTWABK

満足度:
4.65

¥―

SRT-700

SRT-700

満足度:
4.00

¥25,603

PrevNext

ご利用の前にお読みください

デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1400 のスペック・仕様・特長



基本仕様
タイプサウンドバー チャンネル数5.1 ch
サラウンド最大出力16 W ウーハー最大出力60 W
4K伝送   リモコン
機能
DolbyDigital DTS
DVDプレーヤー付き  Bluetooth
NFC  Wi-Fi 
LAN  USB 
自動音場補正    
端子
HDMI端子  光デジタル端子1 系統
同軸デジタル端子1 系統   
サイズ・重量
幅x高さx奥行(アンプ)1000x96x141 mm アンプ重量4.3 kg
幅x高さx奥行(フロント)  フロントスピーカー重量 
幅x高さx奥行(リア)  リアスピーカー重量 
幅x高さx奥行(ウーハー)  ウーハー重量 
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1400
ヤマハ

デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1400

最安価格(税込):¥29,800発売日:2013年10月中旬 価格.comの安さの理由は?

デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1400をお気に入り製品に追加する <388

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ヤマハ、Bluetooth対応のサウンドプロジェクター「YSP-1400」
2013年9月19日 16:00掲載
YSP-1400 YSP-1400 YSP-1400

ヤマハは、デジタル・サウンド・プロジェクター「YSP」シリーズの新製品として、「YSP-1400」を発表。10月中旬より発売する。

「YSP」シリーズで初めてBluetoothに対応したのが特徴。スマートフォンやタブレット、パソコンなどの対応機器とワイヤレスで接続できる。Bluetooth対応機器と電源連動する「Bluetoothスタンバイモード」を備えており、電源操作の手間を省ける。

音質面では、ビームスピーカー8個とサブウーファーを内蔵。音のビーム化と反射を利用した独自技術により、臨場感のある5.1chサラウンド再生が楽しめるという。人の声と背景音を判別して、人の声のみを自動で音量アップする「クリアボイス」機能なども備える。

また、本体はバータイプでテレビスタンドをまたいでテレビの前に設置可能。テレビとは光ケーブル1本で接続できる。テレビのリモコン信号を背面に受け渡す、テレビリモコンリピーターを装備しているため、リモコンの受光部が低いテレビでも設置できる。

このほか、スマートフォン用の専用コントロールアプリ「HOME THEATER CONTROLLER」を無料で提供する。iOS版とAndroid版があり、音量の調整や入力切り替えなどができるほか、5つのサラウンドプログラム(映画、音楽、スポーツ、ゲーム、テレビ番組)の切り替えもできる。さらに、部屋の広さ、壁までの距離、視聴する位置をアプリ上で入力すれば、サラウンドビームの方向や音響処理を自動で調整できる。

主な仕様は、本体サイズが1000(幅)×96(高さ)×141(奥行)mm(ブランケット有り)、重量が4.3kg。入力端子として、光デジタル×1、同軸デジタル×1、アナログRCA×1、ステレオミニ×1を装備。出力端子として、サブウーファー出力×1を備える。

価格はオープン

ページの先頭へ