スバル レヴォーグ 2014年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

レヴォーグ 2014年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
1.6GT EyeSight2018年6月1日/マイナーチェンジ286万円 108〜338万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,540kg 170ps
1.6GT EyeSight S-style2018年6月1日/マイナーチェンジ292万円 149〜415万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,550kg 170ps
1.6GT EyeSight Smart Edition2018年6月1日/特別仕様車294万円 209〜275万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,540kg 170ps
1.6GT-S EyeSight2018年6月1日/マイナーチェンジ307万円 139〜329万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,560kg 170ps
1.6STI Sport EyeSight2018年6月1日/マイナーチェンジ356万円 259〜382万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,560kg 170ps
2.0GT-S EyeSight2018年6月1日/マイナーチェンジ361万円 138〜359万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,570kg 300ps
2.0STI Sport EyeSight2018年6月1日/マイナーチェンジ405万円 259〜408万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,570kg 300ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
1.6GT2014年6月20日/ニューモデル

266万円

149〜231万円   4WD 5人 17.4km/L 1,599cc 1,520kg 170ps
1.6GT EyeSight2017年8月7日/マイナーチェンジ

282万円

108〜338万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,540kg 170ps
1.6GT EyeSight2016年6月10日/マイナーチェンジ

277万円

108〜338万円   4WD 5人 17.6km/L 1,599cc 1,530kg 170ps
1.6GT EyeSight2015年4月21日/マイナーチェンジ

277万円

108〜338万円   4WD 5人 17.6km/L 1,599cc 1,530kg 170ps
1.6GT EyeSight2014年6月20日/ニューモデル

277万円

108〜338万円   4WD 5人 17.4km/L 1,599cc 1,520kg 170ps
1.6GT EyeSight Proud Edition2015年6月8日/特別仕様車

286万円

162〜269万円   4WD 5人 17.6km/L 1,599cc 1,530kg 170ps
1.6GT EyeSight Smart Edition2016年12月12日/特別仕様車

290万円

209〜275万円   4WD 5人 17.6km/L 1,599cc 1,530kg 170ps
1.6GT EyeSight S-style2017年8月7日/マイナーチェンジ

292万円

149〜415万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,550kg 170ps
1.6GT EyeSight S-style2016年6月10日/マイナーチェンジ

290万円

149〜415万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,540kg 170ps
1.6GT EyeSight S-style2015年12月10日/特別仕様車

291万円

149〜415万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,540kg 170ps
1.6GT EyeSight S-style2015年1月13日/特別仕様車

289万円

149〜415万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,540kg 170ps
1.6GT-S EyeSight2017年8月7日/マイナーチェンジ

307万円

139〜329万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,560kg 170ps
1.6GT-S EyeSight2016年6月10日/マイナーチェンジ

305万円

139〜329万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,550kg 170ps
1.6GT-S EyeSight2015年4月21日/マイナーチェンジ

305万円

139〜329万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,550kg 170ps
1.6GT-S EyeSight2014年6月20日/ニューモデル

305万円

139〜329万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,550kg 170ps
1.6GT-S EyeSight Proud Edition2015年6月8日/特別仕様車

299万円

159〜257万円   4WD 5人 17.6km/L 1,599cc 1,530kg 170ps
1.6STI Sport EyeSight2017年8月7日/マイナーチェンジ

356万円

259〜382万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,560kg 170ps
1.6STI Sport EyeSight2016年7月21日/マイナーチェンジ

348万円

259〜382万円   4WD 5人 16.0km/L 1,599cc 1,550kg 170ps
2.0GT EyeSight2015年4月21日/マイナーチェンジ

334万円

199〜299万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,550kg 300ps
2.0GT EyeSight2014年6月20日/ニューモデル

334万円

199〜299万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,560kg 300ps
2.0GT-S EyeSight2017年8月7日/マイナーチェンジ

361万円

138〜359万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,570kg 300ps
2.0GT-S EyeSight2016年6月10日/マイナーチェンジ

356万円

138〜359万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,560kg 300ps
2.0GT-S EyeSight2015年4月21日/マイナーチェンジ

356万円

138〜359万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,560kg 300ps
2.0GT-S EyeSight2014年6月20日/ニューモデル

356万円

138〜359万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,560kg 300ps
2.0STI Sport EyeSight2017年8月7日/マイナーチェンジ

405万円

259〜408万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,570kg 300ps
2.0STI Sport EyeSight2016年7月21日/マイナーチェンジ

394万円

259〜408万円   4WD 5人 13.2km/L 1,998cc 1,560kg 300ps

レヴォーグ 2014年モデルのレビュー・評価

(364件)

レヴォーグ 2014年モデルの満足度

4.44

(カテゴリ平均:4.32)

    レヴォーグ 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • レヴォーグ 2014年モデル スバルから新発売されたレヴォーグは、日本市場に向けて専用に開発されたステーションワゴンという触れ込みで登場してきた。といっても、スバルがたくさんの引き出しを持っているわけではなく、インプレッサをベースに作ったステーションワゴンにレヴォーグという名前を付け、新しいクルマとして発売した形である。

      レヴォーグはスバルとしてはかつてのレガシィツーリングワゴンの大ヒットよもう一度、という意気込みで開発したクルマだけに、新型車として相当に力が入れられた。搭載エンジンのうち1.6Lの直噴ターボ仕様はスバルとして初のものだし、人気の安全装備であるアイサイトは新しい制御を取り入れて安全性を高めたバージョン
      続きを読む 3という最新仕様が搭載されている。

      そんなレヴォーグには、スバルがミュゼオ御殿場をベースに開催したメディア関係者向けの試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードは1.6GT-Sアイサイトと2.0GT-Sアイサイトの2台だ。この日は箱根のワインディングを中心に走らせた。

      外観デザインは古典的ともいえるくらいにステーションワゴンらしいものに仕上げられた。あまりにも当たり前ワゴンでありすぎて、どうにも新鮮な印象に欠けるのが物足りない。ターボのインタークーラーに空気を取り入れるために設けられたボンネットフード上のエアインテークは、いかにも古さを感じさせるデザインの典型ともいえるものだ。

      インテリアに関してはインプレッサと共通である。レヴォーグは走行モードを切り替えるSIドライブが設定されて、その操作ボタンがステアリングに設けられたことがわずかな相違点だが、これもXVハイブリッドではすでに採用されている。

      ラゲッジスペースはたっぷりした容量があり、分割可倒式のリヤシートによって自在な使い方ができるほか、そのリヤシートの背もたれは後方に設けられたスイッチによって簡単に倒せるなど、使い勝手を高めている。

      走りはけっこう良い。というか十分に良かった。特に良かったのは新開発の1.6Lエンジンである。1.6Lの直噴ターボ仕様エンジンは世界の多くのメーカーが採用しているが、125kW/250N・mの動力性能はほかのメーカーのエンジンに負けていない。

      また1.6Lエンジンには、直噴ターボ仕様として世界初のレギュラーガソリン仕様とされたり、アイドリングストップ機構が装着されるなどして、燃料経済性を高める技術がいろいろと盛り込まれている。

      ハンドリング性能もとても良かった。レヴォーグでは1.6L車と2.0L車で異なる4WDシステム(どちらもフルタイム4WDだが)を採用していて、どちらかというと1.6L車のシステムのほうがアンダーステア傾向が出やすいのだが、実際に走らせて見ると想像する以上に回頭性に優れていた。

      これはトルクベクタリングという機能が全車に標準で備えられ、コーナーでは内側のフロントタイヤに軽くブレーキをかけ、外側のタイヤの駆動力を高めるようにしていることが貢献している。

      2.0Lエンジンはすでにレガシィなどに搭載されているのと同じエンジンだ。レヴォーグ用は微妙にチューニングが異なるが、221kW/400N・mという動力性能は圧倒的なもので、豪快な加速フィールが味わえる。ただ、トルクの立ち上がりなどに洗練された感じが薄く、優れた動力性能であるとはいえ、ちょっと過剰な印象である。

      トランスミッションはリニアトロニックのCVTで、1.6L用と2.0L用ではトルク容量の違いで異なる仕様が搭載されている。金属チェーン式のリニアトロニックは騒音が出やすい面があるが、レヴォーグの静粛性は相当に高いレベルにあった。さまざまな形で騒音対策が施されたことで、静かなクルージングが可能なクルマとしている。

      試乗車が両方ともビュシュタイン製のショックアブソーバーを採用したGT-Sだったので、標準車の乗り味が分からないのだが、試乗したGT-Sについていえば乗り心地、操縦安定性ともとても良かった。

      レヴォーグは全体として良くまとまったクルマであり、新エンジンを搭載し、定評あるスバルのシンメトリカルAWDや最新のアイサイトを採用するなど、さまざまな魅力を持つクルマだが、何か足りないように思う。

      多くのユーザーがミニバンを志向するのが今の時代だが、そんな時代にユーザーがもう一度ステーションワゴンを振り返ってみたくなるような、そんな魅力に欠けているように思うのだ。もっと強烈なインパクトが欲しいところである。

      価格も高めの印象だ。試乗した1.6GT-Sアイサイトは本革シート付きで320万円弱、2.0GT-Sアイサイトはほとんどオプションなしで360万円弱の車両価格だった。レヴォーグは発売前に大量の予約注文を集めていたが、この価格帯では安定した売れ行きを長く続けるのは難しいのではないか。

      参考になった 58人
      2014年8月17日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 3
      インテリア 3
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 4
      燃費 3
      価格 2
    • 買って2ヶ月しか経っていないのにブレーキ鳴りに気が付いたので、3ヶ月点検と1年点検で二度も診てもらったが、「異常なし。新車でもよくあること。」とのコメントだった。スバルの車は新車でもブレーキ鳴りをしても当たり前なのだそうだ。パッドかディスクば磨耗してくるとブレーキ鳴りをするものだと思っていたが、新品の状態でもメーカーや販売会社の人間は平気なのだろう。街中で「キー、キー」いう車に乗っているのはとても恥ずかしい。
      かつての技術者集団のプライドなど微塵もないことがわかった。
      チープなインテリアでコスト削減した分が技術に生かされているなら半ば納得もするが、レオーネ時代のサスペンションのしなやかさは
      続きを読む 失われ、硬めにセッティングされて、タバコを吸っていると灰が落ちて灰皿を片手に持たないと吸うことができない。街中でUターンなど切り返しにバックギアを使うと、ギヤをドライブの位置に戻してもリスタートがもたついて急発進する。市街地ではとても扱いにくい車だった。
      高速走行では、真下からのロードノイズははじめに乗った瞬間から気になっていたが、やはり他車に比べるとうるさい。売りのアイサイトもピッピうるさい割に、土日の高速道路の交通量でクルーズコントロールが快適だとは思えなかった。
      燃費に関しても他社2lターボとさほど変わらない。リーコールで騒がれたのならば、尚更ユーザー視点で対応して欲しかったが叶わず。救いはゴルフバッグが横に積めるところだけのようだ。
    • 四半世紀レガシィT/Wに乗っていて、現車 BP5が11年経過し、買換えの為に色々と物色中で現車に最も近い仕様と思い試乗。

      【エクステリア】
      好評との事であるが年寄りには馴染めない。フロントのデザイン、サイドからのデザイン、バックサイドのデザインがバラバラに見える。
      しかし、まぁ歴代のレガシィのデザインも良いとは言えないし、デザインでレガシィを買った事もないので慣れるかもしれない。

      【インテリア】
      決して高級感は無いけど、機能的にレイアウトされているのもスバルらしい。
      スバル車の特徴である視界も良さもきちんと確保されていて閉塞感が無い。
      ただ、後席のエアコン吹き出し口すらな
      続きを読む いのは如何なものか??

      【エンジン性能】
      ここは良く分からなかった。試乗の最中でも「十分」と思えたり「ノロっ!!」と感じたり印象が一定しなかった。常に3000rpm以上回せばそこそこのパワーだけどスロットルに余裕は感じない。

      【走行性能】
      ここが一番の問題だった。
      スロットルの開け方でエンジンのフィーリングがかなり違って感じる。それをエンジンと言い切るのも「??」でCVTとのマッチングなのかもわからなかった。
      ゆっくりスロットルを開けるとトルク感のない加速で、強めに開けるとドカンと来る。じんわりと開けるとギクシャクする。結局40分の試乗でどうやったらスムーズな加速をするのか分からなかった。
      NA2.5 のB4 では感じなかったので、試乗車の個体差なのかは不明なれど褒められる特性ではなかった。

      【乗り心地】
      営業マン一押しの STIだったが、固い。現車もビル足なので多少の固さは覚悟していたが BP5 より遙に固い。
      上質ですと言われても年寄りにはキツイ。そもそもボディの剛性以上にサス固くしたら直進でゴツゴツ、速めのコーナーでグニャーと言う感じになると思うのだけどなぁ。まぁBP5よりマシだと思うけれど好きな味付けではなかった。
      固い足を活かせる走行パターンも無くなった私の現状においては STI は無意味だった。

      【燃費】
      試乗なので不明。まぁスバル車だし多分想像の範囲。

      【価格】
      一番乗り心地が柔らかいのが廉価版の 1.6GTとの事で、それに色々とオプションを加えると370万円。(!!!)
      スバルと言うブランドへの信頼感、ディメンション、アイサイトの性能は十分に評価したとしても高すぎる。

      【総評】
      自分のライフスタイル、現車と変わらないディメンションなどからレヴォーグが第一候補だったがちょっと自分のニーズとは合わない車だった。10年と言う歳月で現車から進歩したと感じるがアイサイトだけと言うのが寂しい気がする。
    • 前車フィットRS(GC8後期)からA型1.6GTSに
      乗り換えとなります。

      【エクステリア】
      ガンダム顔と揶揄されますが、気に入っています。
      シューティングブレークが
      好きなのもあると思います。
      エアインテークは好き嫌いがあるでしょうが
      これにより車両感覚が掴みやすいので
      幅寄せする際は下手なコンパクトカーより楽です。

      【インテリア】
      ソフトパット、合成皮革を
      ダッシュボードやドアに
      使用しているので悪くは無いです。
      値段を考えるとこんなものかなと。
      後席の肘掛けは手を抜いておらず
      ピアノブラック塗装+メッキ加飾されているのは
      よかったです。
      後席を倒
      続きを読む すと巨大な荷室空間が出来るので
      車中泊も出来ます。
      カタカタ音がたまにするのと
      ピアノブラック塗装のパネルは
      指紋がつきやすいのは
      頂けなかったですが...

      【エンジン性能】
      Iモードではアクセル操作を気をつけないと
      ドッカンターボみたいな加速をします。
      Sモードはリニアに反応してくれて
      とても走りやすいです。
      エンジン性能自体には不満は無いかな...
      アイドリングストップは復帰する際
      振動が大きいのが気になります。

      【走行性能】
      オンザレールとはこういうことか!
      みたいに感じましたね。
      首都高の急カーブでも
      気持ちよく曲がってくれます。
      ただ思ったよりはロールするかなー

      【乗り心地】
      嫁さんからは大不評です。
      A型GTSは足が硬いことで定評があり、
      フィットRSと変わらないと嫁さんより。
      個人的には相当乗り心地が良くなったと
      思ってたんですが...
      道路の繋ぎ目や段差はしっかり伝えてくれます。
      中古でA型GTSを購入する方は
      試乗した方がいいです。
      乗り心地ならGTの方が
      格段にいいですから。

      【燃費】
      街乗りなら10切ります。
      高速を安全運転で走れば
      17はいきますよ。

      【価格】
      本体とナビ、バックカメラ、ETC、ベースキットと
      諸経費込みで360万でした。
      20代前半にはキツい金額でしたが
      不満はありません。

      【総評】
      東京モーターショーで発表される前から
      ずっと気になっていて
      試乗して1週間後には契約しました。
      それぐらい気に入って買いましたが、
      足の硬さは同乗者を苦しめ、
      多人数で出掛ける機会が多くなったため
      買い換えとなりました。
      スポーツカーとして見るなら
      いい選択になると思います。
      A型なら新車の軽自動車より安く
      中古が買えるのでおすすめかなと。

      あと不満と言うわけではないですが
      僕と同じ20代で乗ってる人が少なすぎて
      少し寂しかった...

    レヴォーグ 2014年モデルのクチコミ

    (42860件 / 2126スレッド)
      • ナイスクチコミ77
      • 返信数27
      • 2018年11月21日 更新
      1.6のGTS A型ですが
      以前の記事に足周りから低速で走行時に異音がするという内容の記事を読んでディーラーに行って確認してもらいましたが異常なしと言われました。


      30分ぐらい乗り続けたら音がする
      油温90度位 速度は50キロぐらいまで
      直先右折左折関係なしにする
      エアコンの風量は1オーディオの音量は7それよりも大きい音がする
      こつこつと小さい音からコツンと
      続きを読む言う大きい音がする

      とと言う状況です。
      他にどういった状況が考えられると思いますか?
      思い当たる方がいればご意見いただければと思います。

      長文すみませんでした。
      • ナイスクチコミ97
      • 返信数17
      • 2018年11月19日 更新
      維持費のため、自分用のクルマを手放してから5年になります。
      来年から職場が変わるため、クルマ通勤でないと不便になり200万くらいの予算で探し中です。

      ランニングコストだけだとプリウスやアクアのハイブリッド系でしょうが、多少の所有欲も満たしたくレヴォーグも選択肢に入れたいと思い色々調べはじめました。
      中古車だと予算少しオーバーで、レヴォーグの1.6あたりまで手が届くので
      続きを読むすが、皆さんが仰るA型(初期型)とそれ以降で大幅に改善されてるものなのでしょうか?
      プリウス50系のパワーモードと1.6GTとのパワー感の違いも気になります。
      予備知識として、比べられた方がいらっしゃいましたらお教え願えればと思いお尋ねしました。
      当方、通勤以外だとたまにドライブがてらに、往復100km程度の山道で釣りに出かけるくらいです。
      アドバイス、よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ713
      • 返信数66
      • 2018年11月17日 更新
      https://www.asahi.com/articles/ASL9X5RTLL9XULFA037.html

       今度はブレーキとステアリングの不正ですか〜。正直、閉口しております。
      レヴォーグ1.6GT-S B型乗りで、今度は次期レヴォーグ1.8 turboあたりを候補にしていたのですが、
      次期BMW3シリーズあたりも検討せざるを得ない心境です。

    レヴォーグの中古車

    レヴォーグの中古車相場表を見る

    レヴォーグとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止