デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600 スペック・仕様・特長

デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600

  • 「2.8cm口径ビームスピーカー」を8個搭載し、独自のリアルサラウンド技術により、自然でリアルなサラウンドを実現した「デジタル・サウンド・プロジェクター」。
  • 高さを極力抑えた「ワンバーボディ」を採用し、テレビの前に設置可能。テレビのリモコン信号を本機背面に受け渡す「テレビリモコンリピーター」機能を内蔵する。
  • 「4K/60p映像伝送(パススルー)」や、4K放送の視聴に必要な著作権保護技術「HDCP2.2」に対応したHDMI端子を入出力各1系統装備。「ARC」にも対応する。
デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥44,855 (前週比:-7円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2015年 9月上旬

店頭参考価格帯:¥44,856 〜 ¥49,787 (全国34店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:サウンドバー チャンネル数:5.1ch DolbyDigital:○ DTS:○ サラウンド最大出力:16W ウーハー最大出力:60W デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

この製品に関連する製品

製品をまとめて比較する

YAS-107

YAS-107

満足度:
4.42

¥22,114

YAS-207

YAS-207

満足度:
3.72

¥32,600

YAS-106

YAS-106

満足度:
4.16

¥19,500

Solo 5 TV sound system

Solo 5 TV sound system

満足度:
4.14

¥28,986

シアターバー SC-HTB175

シアターバー SC-HTB175

満足度:
4.11

¥15,802

SoundTouch 300 soundbar

SoundTouch 300 soundbar

満足度:
3.79

¥75,800

CINEMA SB350

CINEMA SB350

満足度:
4.91

¥42,959

BASE-V60

BASE-V60

満足度:
5.00

¥38,800

HT-CT380

HT-CT380

満足度:
3.97

¥28,691

MUSICCAST-P306

MUSICCAST-P306

満足度:
3.00

¥58,000

HT-RT5

HT-RT5

満足度:
4.28

¥67,136

HT-CT790

HT-CT790

満足度:
3.85

¥47,791

PrevNext

ご利用の前にお読みください

  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600の価格比較
  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600の店頭購入
  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600のスペック・仕様
  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600のレビュー
  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600のクチコミ
  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600の画像・動画
  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600のピックアップリスト
  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600のオークション

デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600ヤマハ

最安価格(税込):¥44,855 (前週比:-7円↓) 発売日:2015年 9月上旬

  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600の価格比較
  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600の店頭購入
  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600のスペック・仕様
  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600のレビュー
  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600のクチコミ
  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600の画像・動画
  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600のピックアップリスト
  • デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600のオークション

デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600 のスペック・仕様・特長



製品情報

  • 「2.8cm口径ビームスピーカー」を8個搭載し、独自のリアルサラウンド技術により、自然でリアルなサラウンドを実現した「デジタル・サウンド・プロジェクター」。
  • 高さを極力抑えた「ワンバーボディ」を採用し、テレビの前に設置可能。テレビのリモコン信号を本機背面に受け渡す「テレビリモコンリピーター」機能を内蔵する。
  • 「4K/60p映像伝送(パススルー)」や、4K放送の視聴に必要な著作権保護技術「HDCP2.2」に対応したHDMI端子を入出力各1系統装備。「ARC」にも対応する。
基本仕様
タイプサウンドバー チャンネル数5.1 ch
サラウンド最大出力16 W ウーハー最大出力60 W
4K伝送  リモコン
ウーハー縦置き    
機能
DolbyDigital DTS
自動音場補正  ハイレゾ 
HDR対応  DVDプレーヤー付き 
電源連動   
ネットワーク
Bluetooth NFC 
Wi-Fi LAN
ワイヤレス    
端子
HDMI端子入力端子:1系統
出力端子:1系統
(ARC対応)
光デジタル端子1 系統
同軸デジタル端子  USB 
サイズ・重量
幅x高さx奥行(一体型)1000x65x130 mm 一体型重量4.7 kg
幅x高さx奥行(アンプ)1000x65x130 mm アンプ重量4.7 kg
幅x高さx奥行(フロント)  フロントスピーカー重量 
幅x高さx奥行(リア)  リアスピーカー重量 
幅x高さx奥行(ウーハー)  ウーハー重量 
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長情報

ヤマハ独自のリアルサラウンド技術で、 さまざまなコンテンツの臨場感と迫力がアップ

ボディのフロント中央に、高音質な2.8cm口径ビームスピーカーを8個搭載。ヤマハ独自の「デジタル・サウンド・プロジェクター技術(YSP)」により、ビーム化した音を壁に反射させることで実際に壁から音が聴こえ、自然でリアルなサラウンドを実現します。さらに、サラウンド再生では、コンテンツに合わせて最適な音場を創る独自の技術「シネマDSP」を搭載し、5種類の音場プログラム(テレビ番組/映画/音楽/スポーツ/ゲーム)から最適なモードを選べ、より臨場感と迫力がアップしたリアルサラウンドを楽しめます。本機は、ワンバーボディの両端に8.5cm大口径サブウーファーを左右1個ずつ天面方向に内蔵することで、音の広がりが向上。前方へと絞り込まれた筐体の傾斜は、高さを抑えるともにサブウーファーも視聴者の方へ傾き、よりリアルな低音を届けます。また、高効率のバスレフポートも背面に装備し、迫力のある低域再生を可能にします。

ヤマハ独自のリアルサラウンド技術で、 さまざまなコンテンツの臨場感と迫力がアップ
テレビの前に設置できるスリムなサウンドバー

高さを極力抑えたスリムなワンバーボディを採用し、テレビの前に設置することが可能です。テレビのリモコン信号を本機背面に受け渡す「テレビリモコンリピーター(*)」機能を内蔵しているので、リモコンの受光部が低いテレビでもリモコン操作を妨げずに安心して置けます。また、天面部は高級感のあるヘアライン加工、前面部は上質なマット仕上げ、それらの間のカット面部は鏡面仕上げと、多彩な質感を施しています。

テレビの前に設置できるスリムなサウンドバー

*赤外線を利用したリモコン信号の伝送に有効です。

4K/60p映像伝送や著作権保護技術HDCP2.2など、4Kフォーマット対応のHDMI端子を装備
4K/60p映像伝送や著作権保護技術HDCP2.2など、4Kフォーマット対応のHDMI端子を装備

4K/60p映像伝送(パススルー)(*1)や、4K放送の視聴に必要な著作権保護技術HDCP2.2に対応したHDMI端子を入出力各1系統装備。HDMIケーブル1本でテレビ音声を伝送できるオーディオリターンチャンネル(ARC)(*2)にも対応しています。また、大手メーカーのテレビやレコーダーに対応した「HDMIコントロール機能(リンク機能)」を搭載し、HDMI接続中のテレビやレコーダーと連動して、本機の電源オン/オフ・音量調整・入力切替などが可能です。さらに本機と対応テレビ(*3)をHDMI接続していれば、電子番組表とシネマDSPが連動する「おまかせサラウンド」機能が使用でき、テレビ番組を視聴する際に番組表のジャンルコードに合わせて、シネマDSPを自動的に最適な音場プログラムに切り替えます。

*1 4K/60p対応テレビ・4K/60p再生対応AV機器が必要です。
*2 オーディオリターンチャンネル(ARC)対応テレビが必要です。
*3 株式会社東芝・日立コンシューマエレクトロニクス株式会社の対応テレビと連動。

新開発の専用アプリで、スマートフォンやタブレットなどからの 操作・設定等が可能

ネットワーク対応製品に向けて新たに開発した専用アプリ「HOME THEATER CONTROLLER(WLAN)(*)」をインストールしたスマートフォンやタブレットなどを使って、無線LANまたはWireless Directによる本機との接続で、音量調整や入力切り替えなどのリモート操作はもちろん、シネマDSPの音場プログラム5モード(テレビ番組/映画/音楽/スポーツ/ゲーム)の選択なども快適に行うことが可能です。また、ホーム画面では、入力中の機器や選択中のサラウンドプログラムなどがアイコンで分かりやすく表示されるので、本機の状況を一目で把握できます。さらに、理想の視聴環境を整えるためにアプリ機能も搭載しています。部屋の大きさ・壁までの距離・視聴する位置をアプリ上で入力すれば、サラウンドビームの方向や音響処理を自動で調整して、本機の音響効果を最大に発揮させることができます。ネットワーク再生の際は、「MusicCast CONTROLLER」アプリとの併用も可能です。お互いのアプリ間を行き来するリンクボタンをそれぞれのアプリに配置し、快適な操作を実現しています。

専用コントロールアプリ「HOME THEATER CONTROLLER(WLAN)」操作画面例(スマートフォン版)
専用コントロールアプリ「HOME THEATER CONTROLLER(WLAN)」操作画面例(スマートフォン版)

*ホームシアターシステムと端末を別アプリの「MusicCast CONTROLLER」経由で無線接続を行うことにより操作可能となります。

「クリアボイス」やBluetooth®対応など、より快適な機能と手軽な接続性を実現

セリフやナレーションを格段に聴き取りやすくする「クリアボイス」を搭載。BGMや効果音がふんだんに使用されている番組でも、人の声と背景音を判別して、人の声を強調し、聴き取りやすくします。また、Bluetooth®に対応し、お手持ちのスマートフォンやタブレットなど端末内の音楽コンテンツを、手軽にワイヤレス再生することが可能です。ネットワーク機器やBluetooth®対応端末と電源の連動ができる「ネットワークスタンバイ(*1)」を使えば、スマートフォンなどの端末側からBluetooth®接続すると本機の電源がオンになり、同様に接続を切断すると電源がオフするので、電源操作の手間が省けます。さらに本機では、Bluetooth®対応のスピーカーやヘッドホンなどに音声をワイヤレス送信(*2)することも可能になりました。

「クリアボイス」やBluetooth®対応など、より快適な機能と手軽な接続性を実現

*1 工場出荷時、「ネットワークスタンバイ」はオンに設定されています。
*2 Bluetooth®受信時またはAirPlayで再生時には使用できません。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600
ヤマハ

デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600

最安価格(税込):¥44,855発売日:2015年 9月上旬 価格.comの安さの理由は?

デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600をお気に入り製品に追加する <212

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ヤマハ、テレビ前に設置できるスリムなサウンド・プロジェクター「YSP-1600」
2015年8月21日 14:31掲載
YSP-1600

ヤマハは、デジタル・サウンド・プロジェクター「YSP シリーズ」の新モデルとして、テレビの前に置けるワンバーボディの「YSP-1600」を発表。9月上旬より発売する。

ヤマハの独自技術によって、ビーム化した音を壁に反射させてリアルなサラウンドを再生する「YSP シリーズ」の新モデル。高さを抑えたスリムなワンバーボディを採用しており、テレビの前に設置することが可能。ボディのフロント中央に、高音質な2.8cm口径ビームスピーカーを8個搭載した。

また、ワンバーボディの両端に8.5cm大口径サブウーハーを左右1個ずつ天面方向に内蔵することで、音の広がりが向上。前方へと絞り込まれた筐体の傾斜は、高さを抑えるともにサブウーハーも視聴者の方へ傾き、よりリアルな低音を再生する。さらに、高効率のバスレフポートも背面に装備し、迫力のある低域再生を実現する。

機能面では、テレビのリモコン信号を本機背面に受け渡す「テレビリモコンリピーター」機能を内蔵し、リモコンの受光部が低いテレビでもリモコン操作を妨げずに置くことができる。サラウンド再生では、コンテンツに合わせて最適な音場を創る独自技術「シネマDSP」を搭載。5種類の音場プログラム(テレビ番組/映画/音楽/スポーツ/ゲーム)から最適なモードを選べ、より臨場感と迫力がアップしたサラウンドを楽しめる。

このほか、4K/60p映像伝送・著作権保護技術HDCP 2.2などの4Kフォーマットや、Wi-Fi、新機能である「MusicCast」によるネットワーク再生や専用アプリでの快適な操作・設定を実現。また、Bluetoothにも対応し、スマートフォンなどの端末から音楽コンテンツをワイヤレスで再生したり、スピーカーやヘッドホンなどの対応機器への音声送信などが可能だ。

主な仕様は、Bluetoothのバージョンが2.1+EDR、対応プロファイルがA2DP、SPP、対応コーデックがSBC、MPEG4 AAC。実用最大出力は76W(2W×8+30W×2)。本体サイズは1000(幅)×65(高さ)×130(奥行)mm(アンテナ除く)。重量は4.7kg。ボディカラーはブラック。

価格はオープン(税別)。

ページの先頭へ