スズキ ソリオ バンディット 2015年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ソリオ バンディット 2015年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
HYBRID MV2018年7月20日/マイナーチェンジ194万円 95〜231万円   FF 5人 27.8km/L 1,242cc 950kg 94ps
HYBRID MV 4WD2018年7月20日/マイナーチェンジ207万円 115〜219万円   4WD 5人 23.8km/L 1,242cc 990kg 94ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
HYBRID MV2015年8月26日/フルモデルチェンジ

182万円

95〜231万円   FF 5人 27.8km/L 1,242cc 950kg 94ps
HYBRID MV 4WD2015年8月26日/フルモデルチェンジ

195万円

115〜219万円   4WD 5人 23.8km/L 1,242cc 990kg 94ps
HYBRID MV デュアルカメラブレーキサポート装着車2015年8月26日/フルモデルチェンジ

188万円

119〜199万円   FF 5人 27.8km/L 1,242cc 950kg 91ps
HYBRID MV デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD2015年8月26日/フルモデルチェンジ

201万円

178.0万円   4WD 5人 23.8km/L 1,242cc 990kg 91ps
F リミテッド2016年12月8日/特別仕様車

189万円

148〜185万円   FF 5人 27.8km/L 1,242cc 950kg 94ps
F リミテッド 4WD2016年12月8日/特別仕様車

201万円

178〜189万円   4WD 5人 23.8km/L 1,242cc 990kg 94ps

ソリオ バンディット 2015年モデルのレビュー・評価

(73件)

ソリオ バンディット 2015年モデルの満足度

4.53

(カテゴリ平均:4.32)

    ソリオ バンディット 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • ソリオ バンディット 2015年モデル HYBRID MV デュアルカメラブレーキサポート装着車 スズキのソリオバンディットはソリオをベースにスポーティな外観を与えられたモデルだ。軽自動車でワゴンRにスティングレーがあったり、スペーシアにカスタムがあったりするのと同様に、外観デザインで差別化したモデルである。

      フルモデルチェンジを受けたソリオバンディットには、スズキがホテルオークラ東京ベイをベース開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードはハイブリッドMVだ。

      ソリオとソリオバンディットは基本メカニズムについては共通なので、走りなどの部分についてはソリオの項目を参照して欲しい。できればバンディットについては足回りのチューニングを変更する
      続きを読む などしてあれば良いと思うが、そのような設定にはなっていない。ここではデザイン関係を中心にソリオとの違いに触れ、ソリオの項で書けなかった使い勝手などの部分について触れたい。

      ソリオとソリオバンディットで大きく異なるのはフロント回りのデザインだ。ソリオには、LEDポジションランプと連動したフロントグリルLEDイルミネーションが採用されているが、ソリオバンディットでは、個性的な表情を作る2段構えのLEDヘッドランプを採用した上で、フロントグリルLEDイルミネーションを装備する。

      前後のバンパー形状も異なり、ソリオバンディットではワイド感を強調したバンパーが装着されまたリヤコンビネーションランプは全面クリアレンズタイプとされている。ソリオに比べるとグンとアグレッシブな印象を与えるデザインになっている。

      ボディカラーはソリオが5色の新色を含む合計8色が設定されるのに対し、ソリオバンディットでは4色の新色を含む7色が設定されている。このうち5色が両方に共通の色だ。またソリオバンディットでは7色のうち赤とシルバーの2色について、ルーフをブラックに塗り分けた2トーンカラー塗装の設定がある。

      インテリアはメーターをセンターに配置した左右対象のインパネデザインは共通。白い文字盤を採用したメーターのデザインはソリオバンディットに専用のものだ。

      センターメーターはコンパクトクラスの車種に見られるものだが、個人的にこれにはあまり賛成ではない。特に高速走行をする機会が多いなら、センターメーターの車種は避けるべきだと思っている。センターメーターのクルマでは、メーターを見るために斜め左を見ることになるが、このときに無意識のうちにハンドルを少し左に切りがちになるからだ。

      パワースライドドアの開口部は、乗降ステップが360mmと5mm低くなり、開口部の幅が60mm拡大されて640mmになり、従来と同じ1230mmの開口高が維持されている。乗降性については少し良くなったといえる。これはソリオでも共通である。

      またバックドア側からリヤシートのスライドやリクライニングを操作できるレバーが設けられのも今回のモデルの特徴で、操作性、利便性が向上している。

      装備関係では、ナビゲーションとセットで手に入る全方位モニターは、クルマの周囲を俯瞰映像で見ることができ、安全にもつながるものである。またナノイー搭載のフルオートエアコン、プレミアムUV&IRカットガラス、ロールサンシェードなどはソリオバンディットのハイブリッドMVとソリオのハイブリッドMZに標準装備されている。

      ソリオバンディットはハイブリッドMVだけの単一グレードの設定で、これにデュアルカメラブレーキサポート装着車の設定がある。ソリオの上級グレードは標準装備の左側のパワースライドドアがソリオバンディットではオプション設定とされるなど、装備には微妙な違いがある。その装備のありなしの違いの結果として、価格はほぼ同水準の182万5200円に設定されている。デュアルカメラブレーキサポートと全方位モニター付きのメモリーナビゲーションを装着すると200万円を超えるのはソリオと共通である。

      参考になった 21人
      2016年2月14日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 3
      インテリア 3
      エンジン 4
      走行性能 3
      乗り心地 3
      燃費 4
      価格 3
    • かみさんの足として購入。前モデル(ソリオ)よりの買替えです。
      ハンドリングは敏感なのに操舵感や安定性が今ひとつ、ポコポコしたサス、前モデルよりパワーアップして急坂も超減速しなくなった、後席足元広々、静粛性がアップしたなどありますが、日常使いのファミリーカーとしてはこんなものだと思っています。
      驚きの◯としては、キャディバッグを4個積んで4人でゴルフに行かれること。
      驚きのXとしては、後席中央席にヘッドレストがないこととこの席のシートベルトの使い勝手の最悪さ。
      メーカーからは、センター席のヘッドレストオプションはありません、とのこと。CMと違い5人乗車は想定していないんでしょうか。
      5
      続きを読む 人乗車はできる限りしませんが、やむを得ず乗せる時もあります。追突された時の中央席の人の首筋を思うとゾッとします。
    • ホンダの普通車からの乗り換えです。コンパクトなスライドドア車が欲しくて選びました。
      普段は妻が週5日往復10数kmの通勤に使っています。

      ・燃費は平日は15km程度。休日は3名乗車で高速を私が運転して26km程度。平日はもう少し伸ばしたいですね。
      ・装備は至れり尽くせりです。全方位モニターも付けましたが、なくてもサイドミラーか大きいので車庫入れもラクラクです。
      ・サブトランクはかなりの収納力で、高さではバケツも余裕で入ります。洗車道具などはここにしまっているので、荷室が有効に使えます。
      ・2列目のシートの倒し方がワンアクションで超便利!

      ・減速時に40km以下で動きがギクシ
      続きを読む ャクするのは、少し気になります。
      ・バックドアの開閉は、初めての人は戸惑うと思います。
      ・内装が黒のせいかホコリは目立ちます。

      まだ1カ月なので初期の感想ですが、気がついたことがあればまた投稿してみたいと思います。
    • 【エクステリア】
      程々に厳つくスポーティーなフロントデザイン。
      自分的にも家族の意見としても、同クラス他社のデザインよりもまとまりのが有り、カッコいいと思っています。

      他の方のコメントにもありますが、カタログ等で見るよりも実車のSエンブレムの主張が強く、マイナーチェンジ前よりも強い押し出し感になってます。
      (ここは好みが分かれるかと思います。)

      【インテリア】
      こちらも完全に個人の好みの部分が大きいとは思いますが、自分としてはセンターメーターが駄目というか、嫌いです。
      (乗り換え前のekスポーツよりも車幅が広い事とメーターの角度が影響しているのか、確実に見辛くなりました。
      続きを読む )
      この点は先代モデルの方が好みですが、細かな収納などは現行モデルの方が比較的に使い易くマイナーチェンジ後もその部分は引き継がれてます。

      スライドドア開口部の乗り降りの際に掴むグリップ部分が他社の某4兄弟?は上下2箇所あり、小さい子供の乗り降りにも配慮があるのに対して、ソリオでは子供が掴むには位置が高過ぎる場所の1箇所のみなので、この点は残念です。

      シートバックテーブルはサイズが大きくも小さくもない、使い易いサイズだとおもいます。
      コンビニフック機能もテーブル収納時に中央1ヶ所、展開時に裏側下に2ヶ所とあり、ちょっとした物を引っ掛けるのに重宝します。

      フロントのドリンクホルダーは紙パック(500ml)に対応してますが、逆にそのせいで普通の缶ジュース(350から500ml)やペットボトルだと多少ガタガタと動きます。
      我が家は100均のカー用品で滑り止めシートを購入してカットし、底に置いて対処しました。

      インパネミドルポケット(カタログ32ページ参照)は通常の7インチナビではスマホなどを置くのに使い易い感じになってますが、ナビを8インチにした場合は、その影響を受けて上下方向の幅が半分以下なるので、実質的に使用不能に近い状態になります。(盲点でしたよ…)

      【エンジン性能】
      こちらはハイブリッドと言っても簡易的分類ですので、単純に1200ccの直4エンジンとしての感想ですが、スズキ御自慢?の軽量高剛性フレームの恩恵もあり、4WDでも1dを切る990kgしかない車体を加速させるには充分なトルク・馬力があります。
      欲を言えばもう少しトルク・馬力の上乗せがあると更なる余裕が持てるかと思いますが、現状でも街乗り・高速道路共に常識的な走行において不満の出るような非力さはありません。
      (傾斜のキツい登り坂は多少エンジンが唸りますが、遅くはありません。)

      アイドリングストップの再スタートは本当に静かで、余程静かにした会話の無い車内でないと再始動の音は聞こえませんし、振動も皆無に近いのでメーターを見てないと判り難いかも。

      【走行性能】
      このクラス・タイプとしてはコーナーの安定感もしっかりしており、見た目よりも安定感のあるコーナリングをしてくれます。
      (当然ですが良識的な走行においてです。)
      直進安定性も高いと思いますが、我が家の車両は4WDでありソリオ(バンディット含む)の4WDは常時駆動するフルタイムタイプなので、これの影響も多くあるかと思います。

      その為か、交差点での右左折などの後のハンドルの戻りも少し強めに感じます。

      【乗り心地】
      停車前の減速中に時速13km以下になると走行中でもエンジンストップ(アイドリングストップ)するので、ブレーキの感覚に慣れるまでは最後にちょっとカックン気味になる場合があります。
      アクセルオフでの回生ブレーキの効きが程好く一般道においてパドルシフトによるエンジンブレーキは使う事が無いですね。
      仮にパドルシフトにてシフトダウンすると、特に3速から強い減速感あり多少キツいブレーキングしたような減速になるので、オススメしません。

      パドルシフトの使用は高速道路から料金所やパーキングエリア入る際の減速や長い下り坂での減速等が最適かと思います。

      マイナーチェンジ前に多く聞かれていた後席の乗り心地(跳ねる等)もまだ新車特有の固さは感じますが、不快感を感じる事はありません。
      確認はしてませんが、恐らくはマイナーチェンジ後は全て対策品のショックアブソーバーになっているのではないでしょうか?
      (確実に10年10万qを超えた軽自動車よりは快適です笑)

      【燃費】
      納車後まだ1回の給油ですが、満タン方法での計測で19.5kmでした。
      インフォメーションディスプレイでの平均値も同じく19.5kmだったので、かなり正確に表示しているかもしれません。

      ただ、初回は担当者のサービスでの満タン納車だったので、給油のやり方の違いも考慮するともう少し良いかも。
      (20kmは超えていると思います)

      【価格】
      安いとは思いませんが、最新の安全サポートも付いて両側電動スライド・4WD等を考えると仕方ないかな……
      でも、もう少し安くなると嬉しいです。

      【総評】
      一応慣らしの1000km3000回転縛りも終わり、現在約1300km程度走りました。

      2回目の給油では20,4kmでした。
      毎日保育園・小学校で2km、児童デイ施設まで10kmの送迎かメインで、その他10から20km圏内の買い物等と、片道約30kmの峠越えなどで使用した結果で、エアコンの使用頻度も多かったので、燃費としては満足してます。

      この約3週間の使用で感じた事は、やはりこの車両のサイズが本当に使い易く、取り回しの良いサイズである事です。

      パッと見はトールタイプの軽自動車と同じに見えますが、車内は確実に広く大人2人と子供3人の使用かある我が家でも納得です。

      広さを求めれば、同じ価格帯でもフリードの下位グレード等が候補に入ってくるかと思いますが、軽自動車感覚で扱えて車内も広く、高速道路等でも無理なく走れるこのクラスは、日本の生活環境や道路状況にベストマッチなジャンルではないでしょうか?

      このクラスが現状のスズキやダイハツだけでなくホンダや日産等のメーカーからも発表されて、選択肢が増えると良いなと思っています。

    ソリオ バンディット 2015年モデルのクチコミ

    (1860件 / 174スレッド)
      • ナイスクチコミ17
      • 返信数9
      • 2018年12月11日 更新
      はじめまして。

      ソリオバンディットの見積りをしてきました。

      値引きなど最近買われた方や見積りされた方にどんなものか聞いてみたくて書き込みしました。


      ソリオ バンディット MV DCBS&全方位モニター 両側パワースライド 色 スーパーブラック

      車両本体 2.042.280 ▲247.390

      DOP バイザー フロアマット ナビ ET
      続きを読むCなど
      235.840 ▲100.000

      諸費用 169.270

      合計 2.447.390

      値引き後 2.100.000

      こんな感じでした。下取りはありません。

      最初はACC付きの車が欲しくてスイフトにするつもりがソリオを見たら中が広く良いなと思い変えました。

      悪い条件ではないならすぐにでも決めるつもりです。
      • ナイスクチコミ10
      • 返信数5
      • 2018年12月9日 更新
      9月にMC後のソリオバンディットMV納車したものです。以前は購入の際に多数の方からいろいろとご意見ご指導いただきありがとうございました。

      納車して3か月で約2000キロを超えましたが、前車のekワゴンからの乗り換えでしたので、不満点はほとんどないです。不具合も今のところは発生していません。
      いくら燃費がいいといっても、エアコンONでエンジンスターターかけてから、出勤で1
      続きを読む0〜15分程度の運転時間だと、燃費は13〜14ぐらいまで落ちてます(笑)そこは仕方ありませんね

      新車で初めての冬ですが、今月下旬に高速道路での片道2時間ドライブの予定があります。(岩手あたり)
      東北で雪のそこそこ多い地域ですので、スキーに行くなど山道走行もあるので4WDにしましたし10月下旬に購入したスタッドレス(VRX)も履いてます。インチダウンはしていません。

      ekでは冬に高速道路に乗ることがなかったのでわからないのですが、ソリオはどうでしょうか?
      ここが気になるとか、こういうところに気を付けたほうがいいとかありましたら教えていただきたいです。
      あと冬の走行でおすすめの車内アイテムなどありましたら教えていただきたいです。

      天候はおそらく降雪(最悪の場合は吹雪・強風)、晴れていたとしても気温から見て、雪が積もるか路面は凍結が予想されます。
      • ナイスクチコミ23
      • 返信数10
      • 2018年12月6日 更新
      MA36Sで、高速走行時の直進安定性についてですが、山間部を走るののは問題はないのですが、海沿い、特に本州から四国へ行くためには橋を渡る必要がありますが、スピードを出していなくても(60〜70Km位に意識的に落としても)海風の影響で橋のかなり手前からハンドル修正を求められるほどフラフラして直進安定性が悪いです。
      昔乗ってた1BOXなみに80〜100Kmだと強風でなくても半〜1
      続きを読む車線流されそうで怖いです。
      前後にリジカラを入れましたが、気休めに済みません。
      同じ車種で明石海峡大橋、大鳴門峡、瀬戸大橋などをよく利用される方がおられましたらご意見をお願いします。

    ソリオ バンディットの中古車

    ソリオ バンディットの中古車相場表を見る

    ソリオ バンディットとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止