フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン 2016年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ゴルフ トゥーラン 2016年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
TSI Highline2019年1月1日/マイナーチェンジ

391万円

214〜369万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI R-Line2019年1月1日/マイナーチェンジ

397万円

268〜338万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TDI Highline2019年1月1日/マイナーチェンジ

411万円

-

  FF 7人 19.3km/L 1,968cc 1,630kg 150ps
TDI Premium2018年10月30日/特別仕様車

459万円

-

  FF 7人 19.3km/L 1,968cc 1,660kg 150ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
TDI Comfortline2018年8月29日/マイナーチェンジ

369万円

-

  FF 7人 19.3km/L 1,968cc 1,630kg 150ps
TDI Highline2018年8月29日/マイナーチェンジ

407万円

-

  FF 7人 19.3km/L 1,968cc 1,630kg 150ps
TSI Comfortline2018年6月19日/マイナーチェンジ

329万円

168〜320万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI Comfortline2018年1月1日/マイナーチェンジ

329万円

168〜320万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI Comfortline2017年7月20日/マイナーチェンジ

325万円

168〜320万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI Comfortline2016年1月12日/フルモデルチェンジ

319万円

168〜320万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI Comfortline Tech Edition2017年6月13日/特別仕様車

384万円

278.0万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI Comfortline Tech Edition 22017年10月3日/特別仕様車

386万円

275〜310万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI Highline2018年6月19日/マイナーチェンジ

387万円

214〜369万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI Highline2018年1月1日/マイナーチェンジ

387万円

214〜369万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI Highline2017年7月20日/マイナーチェンジ

383万円

214〜369万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI Highline2016年1月12日/フルモデルチェンジ

379万円

214〜369万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI R-Line2018年6月19日/マイナーチェンジ

393万円

268〜338万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI R-Line2018年1月1日/マイナーチェンジ

393万円

268〜338万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI R-Line2017年7月20日/マイナーチェンジ

389万円

268〜338万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI R-Line2016年6月21日/マイナーチェンジ

397万円

268〜338万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI Trendline2018年6月19日/マイナーチェンジ

284万円

-

  FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI Trendline2018年1月1日/マイナーチェンジ

284万円

-

  FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI Trendline2017年7月20日/マイナーチェンジ

284万円

-

  FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
TSI Trendline2016年1月12日/フルモデルチェンジ

284万円

-

  FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps
Milano Edition2017年8月29日/特別仕様車

424万円

298〜325万円   FF 7人 18.5km/L 1,394cc 1,560kg 150ps

ゴルフ トゥーラン 2016年モデルのレビュー・評価

(31件)

ゴルフ トゥーラン 2016年モデルの満足度

4.34

(カテゴリ平均:4.32)

    ゴルフ トゥーラン 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • ゴルフ トゥーラン 2016年モデル TDI Highline フォルクスワーゲン・ゴルフ・トゥーランに追加された2.0L TDIエンジン搭載車。試乗したのはインポーターの広報車両で、上級グレードの「ゴルフ・トゥーランTDIハイライン」です。

      ティグアンTDI 4モーションと同じく2.0Lの「DFG」型の直列4気筒ターボを搭載し、最高出力は150ps/3500-400rpm、最大トルクは340Nm/1750-3000rpmを発生します。トランスミッションはティグアンTDIの湿式の7速DSGに対して、トゥーランTDIは湿式の6速DSGを搭載します。

      フォルクスワーゲンの最新のディーゼルエンジンは、コモンレール式燃料噴射システムをはじめ、「アドブル
      続きを読む ー」インジェクター、SCR(選択触媒還元)システム、DPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)のほか、低圧と高圧の2つのEGR(排気再循環)システムを搭載するなど、非常にコストが掛けられた構成となっています。

      ガソリンモデルでも高速安定性、コーナリング性能、直進安定性の高さなど、日本のミニバンとはひと味違う走りを披露してくれるのがゴルフ・トゥーランです。


      2.0L TDIエンジン搭載車でもその美点は際立ち、ディーゼルエンジンの搭載により、ロングドライブの運転がより楽になるのが最大の魅力といえます。

      なお、ガソリン仕様の1.4L TSIエンジンは150ps/5000-6000rpm、250Nm/1500-3500rpm。最高出力は1.4Lガソリンも2.0Lディーゼルも同値で、最大トルクは後者の方が90Nmも分厚くなっています。ただし、車両重量は、ガソリンモデルが1560kg、ディーゼルモデルが1630kgで、後者の方が70kg重くなっています。

      ディーゼルエンジン仕様の方が最大トルクが90Nmも高くなっているため発進時のトルク感が高く、また同じエンジンを積むティグアンと比べても100kg軽い分、いかなるシーンの加速など、街中から郊外路などで多用する実用域でより力強い走りが印象的でした。

      試乗コースには高速道路とワインディングが含まれていましたが、高速道路では、ゆとりのあるトルクフルなパワーが魅力で、ガソリンエンジン搭載車より楽に速度を乗せていくことが可能です。法定速度を厳守して流しますと、燃費計の数値は19Km/lという驚異的な数値を叩きだすこともありました。

      また急勾配の連続するワインディングでもアクセルに軽く足を乗せているだけで、グイグイ登坂を行い、150psとは思えないほどゆとりのある走りが楽しめ、国産ミニバンでは味わえない、ロールをしっかり抑え込んだ身のこなしは、さすがフォルクスワーゲンです。

      インテリアからの視界もよく、見切りが良い為、運転のしやすさも特筆です。後席のレッグスペースも広大で、居住性は、大変優れたクルマといえました。

      ファミリーで長距離移動が多いのなら、その高速走行時の抜群のスタビリティも含めて、指名買いする手は大いにアリといえるクルマでした。

      参考になった 14人
      2018年10月31日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 5
      価格 4
    • 【エクステリア】
      シンプルで飽きの来ないデザインで気に入ってます。バンパーにフォグランプがある方が好きなのでハイラインにし、ハロゲンバルブをLEDに交換しました。とても気に入ってます。

      【インテリア】
      大人な雰囲気で良いと思います。ピアノブラックのパネルには指紋が目立ちますが…。
      欲を言えばもう少し収納性を考えて欲しかったです。天井のサングラス入れが多いが特に入る物が無かったり、シート下の収納ボックスのサイズが中途半端だったりと使い勝手が少し悪いのが残念です。
      日本の箱形ミニバンのような使い勝手の良さはありませんが特に不自由も感じません。

      【エンジン性能】
      走りは最高です
      続きを読む 。加速感はとても気持ちいいです。
      6人乗って上り坂でもスムーズに加速します。

      【走行性能】
      エコモードでアイドリングストップモードだと出だしはモタモタしますが慣れるとアクセルワークで滑らかに発進出来ます。足回りがしっかりしているので多少オーバースピードでコーナーを曲がっても吸い付くように安定しています。6人乗車でもロールせずに気持ち良く走る・曲がる事が出来ます。

      【乗り心地】
      2列目までの乗り心地はとても良いです。少しシートが固めですが許容範囲で逆に疲れにくいと思います。3列目は大人の乗車は無理です。短距離の子供専用です。両親と外食する際に少しの間、子供を座らせる場合などのエマージェンシーシートと割り切っています。普段は3列目は畳んで5シートにしています。

      【燃費】
      おおよそリッター9.5〜11km位でしょうか。
      前車がレギュラーで6〜7km位だったのでハイオクになったが燃料費は下がりました。
      満足しています。

      【価格】
      やはり高いです。軽く400万円超えです。頑張って値引きしてもらいましたが…。しかし国産には無い満足感があるので納得の価格と思います。

      【総評】
      エスティマからの乗り換えで小さい子供がいるのでスライドドアは必須としてノアを中心に検討してましたが、乗っている人が多く悩んでいました。軽い気持ちでトゥーランを試乗したのがきっかけでノアW×Bガソリン車とトゥーランをあれこれ比較した結果トゥーランに決めました。そもそも日本車とドイツ車ではコンセプトが違うので比較することが間違ってるのかもしれませんが。

      普段から5人以上で遠出する機会が多い方はトゥーランは選択肢に入りません。実際に大人4人と子供2人で遠出しましたがかなり窮屈で荷物も殆ど載らず不便でした…。また、アルファードのような車内の高級感や快適性もなく、2列目シートは殆どリクライニングしません。子供が車内でウロチョロしたり寝転がったりは出来ません。エクステリア・インテリアとも日本車のように細かいオプション設定がありません。トレンドラインやコンフォートラインにフォグランプを付けたりパノラマルーフを付けたりする設定がありません。とてもざっくりとした売り方に感じます。またスライドドアじゃないので小さい子供がいる場合や車庫が狭い方はよく考えた方がよいと思います。我が家にも12歳と3歳の子供がいますがドアの開閉は親の役目となりました。しかし国産には無い抜群の走行性能、安心感、乗ってる人が少ないという満足感は高いです。
      ナビやオーディオなどはあまり使いこなせていません…。ハンドルにもスイッチが沢山ありますが覚えるのが大変です…。スピーカーは純正でも良い音が出ます。
      シートヒーターは直ぐに暖かくなりとても気持ちいいです。ハンドルの握り心地は最高です。
      サイドミラーは少し小さく感じます。

      ノアW×Bと迷ってトゥーランに決めましたが今はとても満足しています。
      オシャレで格好良く大人も満足出来るミニバンだと思います。
    • 【エクステリア】
      無難な纏まりを見せています。

      【インテリア】
      当たり前のようにセンターディスプレイを標準装備し、car playなどのスマホ連携は当たり前にこなします。オーディオレスの国産車と比べるととても便利かつ、余計なお金をつかいません。

      【エンジン性能】
      2Lのディーゼルエンジンは余裕のトルクを持つはずですが、変速システムDSGにより、トルク感をあまり感じられず残念な感じでした。まるでCVTのような残念なスリップするような空走感があり、4000回転まで回しても鋭い加速感はありません。

      【走行性能】
      国産のミニバンと比べたら走行性能は明らかに違います。残念なのは
      続きを読む 今やダイレクトに変速できるトルコンATに劣るVWお得意のツインクラッチを使う変速機の動きがイマイチなこと。

      【乗り心地】
      良好です。

      【燃費】

      【価格】
      内容からすると割高に感じます。

      【総評】
      コンフォートラインで最低限の内容で380万円です。

      サードシートも緊急用で大人が座れるようなシロモノではありません。普段はサードシートは畳んで大きなラゲッジが正解な利用方法です。

      またディーゼルエンジンの大トルクがあまり感じられないマッチングの良くないDSGとの組み合わせは同じようなミニバンタイプがほとんど日本で正規購入可能なモデルが存在しないものの、2シリーズのグランドツアラーやシトロエンのグランドC4スペースツアラーあたりの普通のトルコンオートマのディーゼルモデルと比べたらそのパワー感の差は一目瞭然でしょう。

      個人的にはこれを選ぶなら、他の選択肢がオススメな気がしますね。
    •  自分が購入したモデルが発生したので再投稿します。

       9か月の息子と夫婦、たまに実家の両親が乗るシチュエーションで7車種 シトロエンC4スペースツアラー、VWゴルフトゥーランプレミアムTDI、BMW218Dグランツアラーラグジュアリー、ホンダステップワゴンハイブリッドG・EXセンシング、トヨタヴォクシーハイブリッドZS煌、日産e-POWERハイウェイスターV、マツダCX-8 XD Lパッケージを試乗し、比較検討しました。展示車、在庫車を中心に乗り出し価格が450万円以下である車種をターゲットに選出しました。

       今年の3月に家族が増え、アクセラでは家族での外出時に荷物の取捨が必要にな
      続きを読む ってきました。また、アクセラは2年間で3.8kmを走り、来年フルモデルチェンジが耳に入ったこのタイミングで買い替えをした方が得と考え購入を検討しました。

       各項目は以下の通りです。

      ※エンジンは、走行パターンからディーゼルかハイブリッドの燃費のいいエンジンを推奨、駆動は2WD限定、安全装備、革好きなのでレザー、快適装備をオプションとして重要視しました。
      なるべくバイアスのかからないように気を付けましたので是非参考にしてください。


      社名/デザイン/エンジン/安全/運転/燃費/価格/装備/営業/総合+輸入車 

      ゴルフトゥーランTDIプレミアム  /〇/〇/〇/◎/◎/〇/△/◎/18+
      シトロエンC4スペースツアラー   /◎/〇/〇/〇/◎/△/△/△/15+
      BMW218DG.T.ラグジュアリー /◎/◎/〇/◎/〇/△/△/△/16+
      ホンダステップワゴンS.H.G.EX/△/〇/◎/△/〇/◎/◎/〇/17
      トヨタヴォクシーハイブリッドZS煌/△/△/◎/△/〇/◎/◎/〇/16
      日産セレナe-P.ハイウェイスターV /△/△/〇/〇/△/〇/◎/〇/14
      マツダCX-8 XD Lパケ   /〇/◎/◎/〇/〇/〇/△/◎/18

      ※個人的に輸入車へ憧れがあるため、輸入車は総合点にプラスアルファしています。すみません、小市民で・・・。



      では選んだトゥーランの評価は、

      【エクステリア・インテリア】No.1は218D。内外装はプレミアムブランドそのもの。所有感に満ちたエクステリアと上質な内装は他の追随を許さない。国産車の低評価はエクステリアによるところが大きいです。いかつい表情はどうも好きになれません。トゥーランのエクステリアは好み。内装のピアノブラック多様は汚れが目立つので苦手ですが奇をてらわず落ち着いた印象でいいと思います。


      【エンジン性能】No.1は218D。数字上はCX-8に勝らないはずなのに加速、力強さともに思わず笑顔が出ました。トゥーランは優しい印象のディーゼルエンジン。低速時のシフトアップがスムーズでエコ運転しやすかった。当初はアクセラのオルガンに慣れていておっかなびっくりのアクセルワークになっていたが、慣れれば問題ありません。


      【安全】No.1はCX-8。外部のデータによるとインプレッサに次いで総合評価が2位でした。トゥーランは国内のサポカーに認定されていますが、某誌による実験結果では不安が残る結果でした。ただし、シャシーの出来を含め、9エアバッグ、衝突安全は高いレベルにあるので国産のスライドドア付ミニバンと比べると安心感が高いと思います。


      【運転】No.1はトゥーラン。とにかく見切り、取り回し、運転がしやすい。女性が運転する機会も多いミニバンの中でも秀でていると思います。サイズの大きさを感じさせませんが駐車場によっては止めづらさを感じるシチュエーションは前車のアクセラに比べると増えました。


      【燃費】No.1はトゥーランとC4。ディーゼル勢は軽油とガソリンの価格差を反映するとハイブリッド勢を超える燃費。高速道路を利用して長距離での移動が多い自分には重要な項目です。トゥーランは、アクセラが20.5km/lの道を19.0km/lで走りました。エンジンの大きさ、車重、トランスミッションの差がある中この数値は十分な結果です。


      【価格】No.1はヴォクシー。特別仕様車に加えてライバルが多数存在するクラスなので大幅な値引きを提示頂きました。トゥーランの特別仕様車もびっくりするくらい値引きを敢行してもらい満足な価格でしたがスライドドアを装備する国産ミニバンと輸入車は乗り出し価格で約20〜60万くらい国産が安い。ただし、装備面を比較すると安全装備がエントリーモデル仕様だったりして結果的には価格差に大差はないと思いました。トゥーランは、特別仕様車のレザーシート、電動ルーフが追加されてフルオプションの車両なので満足度は高いです。


      【装備】No.1はヴォクシー、ステップワゴン、セレナ。これはスライドドアの有無です。日本の駐車場の状況や小さい子を持つファミリーには必須ともいわれるミニバン装備の一つ。実際、ヒンジドアの車幅1800以下のアクセラでさえ商業施設の駐車場で狭さを感じたり、ドアパンチを受けたことはあるので停める場合に端を選んだり、運転席側の隙間を拡げて停めたり工夫が必要。チャイルドロックで子供の飛び出しやドアパンチを防ぎつつ、停め方や乗降方法を工夫します。それでも駐車問題で施設や体験を諦めるシーンはあると思います。


      【営業】No.1はトゥーラン、CX-8。長い付き合いのマツダと歳が近くユーモアを交えてわがままに応対してくれたVWの一騎打ち。条件面でも納得でした。最終的に『親孝行になる』の一言はガツンときました。親からぽつり『一緒に出掛けられたら』と言われたのを思い出しました。


      【総評】スライドドアと莫大な室内容量を捨てて、運転のしやすさとストレスフリーなエンジンと燃費に秀でたトゥーランを選択しました。乗り味と所有感は218D、室内容量と設備はステップワゴン、トータル&コスパはCX-8でした。今回、タイミングよくトゥーランの特別仕様車が発売され、その装備が好みのレザーシートであったことが購入に至った大きな要因です。

       最後に1年間あたりのコストでアクセラと差を出した結果、日割りで300円、月割りで約9,000円増えましたが、3年後のリセールバリューを検討すると価格差は大きく反転しますので満足な買い物であったと思います。

    ゴルフ トゥーラン 2016年モデルのクチコミ

    (587件 / 56スレッド)
      • ナイスクチコミ4
      • 返信数4
      • 2019年1月10日 更新
      標題の件について

      実車が無いので困っています。
      使えるのか使えないのか。

      便利なのか不便なのか。

      便利ならば、外にないアドバンテージとして
      *CX 8をやめて購入したいと考えます。

      ご使用の方が日本に何人いるかわかりませんが
      ご使用の方、教えてください。

      • ナイスクチコミ266
      • 返信数49
      • 2019年1月8日 更新
      ゴルフ トゥーラン。日本では絶滅したヒンジドアの3列ミニバン。以前のモデルはナビの位置が低かったのですが、今回のモデルはナビの位置も高くなっていて良さそうなので、ディーラーに見に行ったのですが、(展示者無くて見れませんでしたが)、セールスに見積もってもらいました。トレンドラインが430万円乗りだし。国産車が高くなっていますから、輸入車がそれほど高く感じません。
      こんなものかな
      続きを読むあ、と思いながら、支払プランを見ると、?、残価設定の5年になっているし、デフォルトの保証が3年のようですが、これを有償で5年に延長してある。(保障関係の延長が16万円というのもびっくり。いくつかのOpの合計)
      そこで、現金で買おうと思ったのだが、なぜ、5年の残価で見積もったのかを聞いてみてびっくり!

      DSGが壊れるから、5年以上乗ると大変な出費になるので、5年後に買い替えることを薦めている。
      自分もトゥーランに乗っていたが、3年だったかな?クラッチ交換。また、冷却系の故障もあった。VWは5年以上乗ると高くつく。
      5年保証で、残価設定で買ったほうがいい。
      VWも、そのつりもで、残価を高く設定している。というのですが、5年後の残価は20%?どこが高いの?

      正直、クルマに限らず、壊れるから早く買い替えることを条件に見積もりを貰ったことが無いので、ぶったまげました。

      また、このセールス、クルマの魅力は一切語らず、というか、語るほどのことは無いような様子w、耐久性の無さだけをアピール。

      そこで、質問したのが、クルマの耐久力に問題があっても乗りたい魅力があるなら選択肢に入るが、それが無いのに、なぜ、VWを選ばなくてはならないのか、理解ができないと言うと。しどろもどろに、安全装備がとか始めるんですが、最初の見積もりには、なんと、安全装備(レーダークルーズ、自動ブレーキなど)が一切入っていないのですw。安全装備、たとえば、自動でアッパービームに切り替えるなどは、驚きですが、トレンドラインでは装備できず、コンフォートラインにしないとダメらしいですね。見積もりを取り直すと500万円弱になりました。高いなあw。

      それにしても、故障することが前提で5年で交換しろという車を500万円で買うなんて、考えられないので、カタログも貰わずに販売店を後にしました。

      しかし、このセールス、多分、正直なんだろうとは思うのですし、自分で買って経験もしてるので、まあ、分かるような気もするけど、500万円で残価が20%(乗り出し価格比)、100万円で下取り保障になるのかな?そこに金利が50万円だから、50万円しか残らないってことで、5年で450万円の償却。これで、安心して5年乗ってくださいって言われても嫌だなあ。それに、異音とか、ショックとか、空走感とか、この手の自動クラッチ付MTとでもいうのでしょうか、ホンダにしろ、三菱にしろ、結構いろいろ発生してるみたいだけど、走行不能にならなくても、不自然な挙動で、交換してほしいなどの場合も、判定が難しいと思うし、セールスもそういっていました。

      VWって、トヨタよりも売れているブランドのはずなのに、本当にこんなものを売ってるのですか?DSGはゴルフやポロも含めて共通のメカだから、前VWにリスクがあるってこと?Upはシングルクラッチだから、もっと酷いの?

      エンスーとやらがかう特殊なクルマならともまく、VW=国民車=大衆車でしょ?
      そんなに気難しいものなんですか?ちょっと、びっくりした。ゴルフにDSGが最初に載ってから、もう、10年くらい経ってませんか?
      いい加減、問題などでなくなっているかと思った。

      実に不思議です。
      皆さんは、こんなに耐久力の無いクルマと知って買って乗っていらっしゃるのですか?



      • ナイスクチコミ0
      • 返信数3
      • 2018年12月27日 更新
      2016年トゥーラン
      コンフォートライン

      空調は3ゾーン表示だったと思いますが、ナビモニターに後席の空調が表示されなくなりました。現在は運転席と助手席の2ゾーン。設定の問題なのか、電飾系トラブルなのか。同じような現象が起きた方いらっしゃいますか。対策があればご教授ください。よろしくお願いします。

    ゴルフ トゥーランの中古車

    ゴルフ トゥーランの中古車相場表を見る

    ゴルフ トゥーランとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止