日産 ノート e-POWER 2016年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ノート e-POWER 2016年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
S2018年7月5日/マイナーチェンジ190万円 159〜172万円   FF 5人 37.2km/L 1,198cc 1,190kg 109ps
X2018年7月5日/マイナーチェンジ202万円 99〜229万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
X ブラックアロー2018年7月5日/マイナーチェンジ211万円 169〜216万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
X FOUR2018年7月5日/マイナーチェンジ223万円

-

  4WD 5人 28.8km/L 1,198cc 1,300kg 114ps
X シーギア2018年7月5日/特別仕様車225万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
X FOUR ブラックアロー2018年7月5日/マイナーチェンジ233万円

-

  4WD 5人 28.8km/L 1,198cc 1,300kg 114ps
X シーギア ツーリングパッケージ2018年7月5日/特別仕様車234万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,250kg 79ps
X FOUR シーギア2018年7月5日/特別仕様車247万円

-

  4WD 5人   1,198cc 1,310kg 79ps
MEDALIST2018年7月5日/マイナーチェンジ235万円 109〜249万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,230kg 109ps
MEDALIST ブラックアロー2018年7月5日/マイナーチェンジ242万円 159〜238万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,230kg 109ps
MEDALIST X FOUR2018年7月5日/マイナーチェンジ256万円

-

  4WD 5人 28.8km/L 1,198cc 1,310kg 114ps
MEDALIST X FOUR ブラックアロー2018年7月5日/マイナーチェンジ264万円

-

  4WD 5人 28.8km/L 1,198cc 1,310kg 114ps
NISMO S2018年9月25日/マイナーチェンジ267万円

-

  FF 5人   1,198cc 1,250kg 83ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
S2017年9月1日/マイナーチェンジ

190万円

159〜172万円   FF 5人 37.2km/L 1,198cc 1,170kg 109ps
S2016年11月2日/ニューモデル

177万円

159〜172万円   FF 5人 37.2km/L 1,198cc 1,170kg 109ps
X2017年9月1日/マイナーチェンジ

196万円

99〜229万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,210kg 109ps
X2016年11月2日/ニューモデル

195万円

99〜229万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,210kg 109ps
X ブラックアロー2017年9月1日/マイナーチェンジ

209万円

169〜216万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,210kg 109ps
X モード・プレミア2017年9月1日/マイナーチェンジ

221万円

115〜219万円   FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
X モード・プレミア2016年12月12日/ニューモデル

220万円

115〜219万円   FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
シーギア2017年10月30日/特別仕様車

223万円

162〜218万円   FF 5人   1,198cc 1,230kg 79ps
MEDALIST2017年9月1日/マイナーチェンジ

232万円

109〜249万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
MEDALIST2016年11月2日/ニューモデル

224万円

109〜249万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
MEDALIST ブラックアロー2017年9月1日/マイナーチェンジ

240万円

159〜238万円   FF 5人 34.0km/L 1,198cc 1,220kg 109ps
NISMO2017年10月17日/マイナーチェンジ

246万円

165〜268万円   FF 5人   1,198cc 1,250kg 79ps
NISMO2016年12月12日/マイナーチェンジ

245万円

165〜268万円   FF 5人   1,198cc 1,250kg 79ps

ノート e-POWER 2016年モデルのレビュー・評価

(157件)

ノート e-POWER 2016年モデルの満足度

4.03

(カテゴリ平均:4.32)

    ノート e-POWER 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • ノート e-POWER 2016年モデル NISMO 2016年11月に新しいコンセプトである「e-POWER」を搭載し、販売も絶好調の日産ノート、その中でも翌12月に追加発売したスポーティな「ノートe-POWER NISMO」に試乗しました。

      今回の大幅改良前からモータースポーツブランドであるNISMOのチューニングによる「ノートNISMO」はラインナップされていましたが、今回e-POWER仕様を含め、1.2L&CVT仕様のNISMO、1.6L&5MT仕様のNISMO Sの3タイプのモデル構成にすることで同ブランドを高めようという戦略もあります。

      今回、このモデルをあえて選んだのはノーマルのノートe-POWER車では味わえないハンド
      続きを読む リング性能があったからです。

      このクルマは日産の関連会社である「オーテックジャパン」が手がけています。これまでも「ライダー」シリーズなどのカスタムカーや「ライフケアビーグル」に代表される福祉車両など幅広い領域のクルマを世に送り出しています。

      その同社がこれまでに培ったノウハウなどをつぎ込み内外装はもちろん、足回りやボディを含めた走りの部分へのこだわりが詰まったモデルに仕上がっています。

      エクステリア&インテリアは写真を見れば一目瞭然です。専用のフロント&リアバンパーやエキゾーストテールエンドなど停止状態からでも走りに対する期待が高まる仕様になっています。インテリアに関してもステアリングホイールやメーター類も専用設計、今回はメーカーオプションのレカロシートが装着されていましたが、標準状態でもスエード調のスポーツシートやアルミ製のスポーツペダルが装着されています。

      そしてポイントは走りの部分のチューニングにあります。オーテックジャパンが得意とするボディ補強、パワステの専用チューン、足回りではNISMO Sと共通となるフロントの強化スタビライザーや専用サスペンションなど多岐にわたります。

      そして個人的にはVCM(Vehicle Control Module)に注目しています。すでに電気自動車であるリーフ(エアロスタイル)にもこの手法は採用されており、いわゆるコンピュータチューニングを行うことでe-POWERが持つ3つのモードのうち「NORMAL」「S」の2つにおいてよりスポーティな走りを可能にしているわけです。

      その違いは高速道路などでの走りで一目瞭然です。その前にe-Power車のセールスポイントの中に「ワンペダルで発進から減速まで行える」があります。ECOモードとSモードのふたつがアクセルオフで強い減速力を発生します。これが日産でいう「e-POWER Drive」に該当するわけですが、特に市街地ではECOモードによる走りが有効だと感じました。正直、最初はこの感覚を掴むのに戸惑いましたが少し走ると慣れも出てきますし、最終的には自分でブレーキを踏んで停まるにせよ、渋滞などでは頻繁なペダルの踏み替えが減る、などメリットも感じます。

      一方、高速走行ではECOモードよりノーマルモードが気に入りました。アクセル操作に関してやや敏感な部分もありますが、こちらも慣れの問題、モーター駆動ならではのどこまでもスムーズな加速により追い越しなども非常にスムーズ、いやかなりスポーティ、この部分も前述したVCMのチューニングが大きいと感じました。

      足回りに関しても当初はガチガチではないかという勝手な?イメージを持っていましたが、実際は専用ダンパーやベストセッティングとして選んだ「ヨコハマDNA S.drive」による部分は大きく、路面からのショックもうまく吸収していますし、高速域での直進安定性はハイレベルで手応えもしっかりしています。ノーマルのe-POWER車と比べるとここが一番顕著に表れる部分だと感じました。

      さて、このノートNISMO e-POWERはどんな人にオススメなのでしょうか。まずNISMOに代表されるスポーティブランドが欲しい人は当然ですが、私としてはこのクルマを購入する際「高速道路を走る機会が多い」のであればぜひオススメします。逆に市街地中心の走行であればノーマルのノートe-POWERでも十分です。売れ筋のe-POWER Xグレードとの価格差は約50万円あります。もちろんここには多くの装備差があるわけですが、そのハンドリングや所有する歓び、さらに将来の売却時のリセールバリューも考えるとNISMO e-POWERはかなり魅力的な選択です。

      それでも「このデザインはちょっと恥ずかしい」と思う方がいるかもしれません。実はオーテックがリリースしているカスタムカーの中に「ノートe-POWER モード・プレミア」というモデルがあります。これはノーマルのノートに専用のエクステリア&インテリアを採用したメダリストとは異なるテイストで仕上げたモデルです。このモデルにはメーカーオプションで「Touring Package」が設定されているのですが、この足回り関係はNISMOと同じセッティングになっています。つまり「NISMOの走りが欲しいけどデザインは少し大人テイスト」を希望する人にはドンピシャです。

      気になる燃費も高速、一般道それぞれ約200kmづつ走って21.4km/Lと走りを考えるとまずは満足できる数値です。今後は先進安全装備のさらなる充実やシステムの進化なども期待したいところですが、現状でも新しい運転感覚を持つクルマとして十分オススメできます。
      参考になった 75人
      2017年5月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 3
    • 【エクステリア】
      日産車のお馴染みの顔ですね。
      スタイリッシュでカッコイイと思います。

      【インテリア】
      車格だと一般的な内装の質感だと思います。
      エアコンとかナビの操作はしやすいです。

      【エンジン性能】
      まるで発電機を積んだ電気自動車!
      ガソリンで発電するので分類上はHV車ですが動力的には電気自動車です!
      バッテリー走行は静かですが突然発電するためにエンジンがかかりますがそれは結構煩いです。

      【走行性能】
      満充電状態からの加速は素晴らしいですがコーナーでは接地感が乏しいです。
      高速ではちょっとフワフワ感があって怖いです。
      満充電からの直線加速が全だけで満足
      続きを読む です。

      【乗り心地】
      バッテリー走行中はバッテリー容量がある限りエンジン音はしませんがロードノイズが煩いですが
      速度がスムーズに伸びていくので心地いいです。
      充電中は煩いですがアクセルの踏み加減で速度調整から停止までできるので新鮮な走行感覚でした。


      【総評】
      HV車だけど動力は完全電動だしアクセル踏めばスーっと速度が伸びていきます。
      加速が素晴らしいですが車内のロードノイズ充電中のエンジン音は結構します。
      アクセルだけで停止までできることと動力はモーターのみという新鮮さはありますが高速道路だと燃費はアクア、
      フィットHVと比較して大幅に落ちます。純粋に燃費のためのHVというより
      5ナンバー車で少し変わったパワートレインの車が欲しいという人に向いているかと思います。
    • #####################

      追記事項です。他の方の多数のレビューやクチコミより、とても残念なことがわかりました。

      (1)電気モータの特性から、上り坂や高速道路では加速が悪く燃費も悪い。
      (2)フットブレーキでは、回生しない。回生ブレーキにするためには、ワンベダル走行をしないといけない。ディスクブレーキと回生ブレーキの協調制御が難しいため。ワンベダル走行は、この技術課題を回避するためだったんですね。

      とても残念ですが星の数を減らします。シリーズハイブリッドの仕組みはとてもシンプルに見えますが、きちんとした車をつくるのはとても大変なのですね。難しいことは諦めて販
      続きを読む 売するのは潔いともいえますが、エコカー減税を受ける車として、残念です。

      #####################

      【インテリア】
      ・客室の高さ方向、前後方向の余裕が大変あります。燃費ばかりに気を取られて、屋根を低くする車が多い中、好感を持ちした。
      ・後席の前後方向は、余裕がありすぎて、ゆれる車内で前席の椅子に手をかけていることも多い私からすると、前席が遠すぎるのが逆に難点に思われました。
      ・室内装飾はうまくまとまっています。エアコン等の操作パネルは、丸い意匠の中に配置されているのですが、これは妙に子供っぽく、ボタン類の視認性もあまりよくないので、もっと普通にすればよいのにと思いました。

      【エンジン性能】
       モータ駆動の加速は滑らかで違和感を感じませんでした。逆に特別なアドバンテージも感じませんでした。

      【走行性能・乗り心地】
       試乗路は、主に制限速度60km/hの街中の交通量の少ない、直線路でした。乗り心地は、少し固めと評されるのかもしれませんが、よかったです。静粛性も、( 何を基準にするのかで変わりますが )、よかったと思います。ただより条件の悪い路面にいったとき、どうなるかはわかりません。
       ハンドリングは、試す場所がなかったのでわかりませんでした。ブレーキの踏みごごちはよかったです。俗に言うカッキンブレーキではありませんでした。アクセルベダルを離すとブレーキがかかるモードがありましたが、魅力は感じませんでした。

      【価格】
       広い室内、よい乗り心地と静粛性は素晴らしいのですが、値段は高いです。ガソリンエンジンのnoteをかっても、広さと乗り心地の良さは変わりません。価格差はあまりにも大きく、電気だから高いと言われても、そのメリットは俄かには感じられませんでした。

      【総評】
       広い室内空間と良い乗り心地で素晴らしい車です。モーター駆動も滑らかでした。このサイズの車として、街乗りではとても使い勝手がよさそうでした。個人的には、この車に長くのっていて飽きてしまわないか心配な感じがしましたが、電気自動車であることに高い価値を感じる人にとって、とてもよい選択になると思います。
       価格はとても高く、1.5クラスくらい上の車を買えてしまいます。燃費はいいのかもしれませんが、投資を回収する前に高額な電池の交換が必要になったりするかもしれません。価格が高いことは納得済みの上での購入が良いと思います。
    • 先月この日産NOTE Eパワー を購入してから凡そ1ヶ月が経過したのでレビューしたいと思います。

      私が購入したのはNOTEのメダリストfourなのでおそらく、1番グレードのいいものになるかと思います。
      価格も300万オーバーしました。
      エンジンも車もよく分からない素人ですが、私が購入して良かったと思える点は以下の通りです。


      @見た目がカッコイイ!
      私がこの車を選んだ1番のポイントはこの見た目になります。とにかくどストライクすぎる笑
      購入時に他の車との検討・比較は全くしなかったというほど好きです。
      ただフロントの青いラインは余計かな…と思います。



      続きを読む
      …………。


      …他にも沢山良い点をあげようと思ったのですが、
      特に無かったです。
      可もなく不可もなくといった感じでしょうか。必要最低限の機能はどれも付いていると思います。

      強いて挙げるなら、
      最上位グレードになるとセンターコンソールが付けられないというのには驚きました。
      NOTEはインテリアの質が他の車と比べてかなり弱いと感じるのでそこも頑張って欲しいですね。
      シフトノブがかなりダサいと思います。
      個人的にはデミオの内装にNOTEの見た目の車があれば最高です。
      タイトルの通り、この車がきっかけで他の車にも興味が湧き、いろいろな車紹介動画を見漁っています。その中でデミオの内装に特に惹かれました。


      あと、よく言われているワンペダル走行も私が若いということもあるかもしれませんが、
      運転して半日で自分の目指している地点で止まることが出来るようになりました。(そこを1番懸念していた…)


      ここまで思っていたよりもネガティブなことを書きましたが、市街地でしたら断然NOTEは優秀です。
      小回りもそこそこ効いて、居住性も中々ですし!あと見た目…!!あ、運転席周りの収納も中々いいです。

      ということで、
      NOTE、9月の登録車販売台数1位おめでう!!!

      拙い文章でしたが、ここまで読んで下さりありがとうございました。

    ノート e-POWER 2016年モデルのクチコミ

    (5038件 / 234スレッド)
      • ナイスクチコミ10
      • 返信数3
      • 2018年11月12日 更新
      ノートにはカーテンエアバッグは装備できますが、サイドエアバッグはできません。
      もし、カーテンエアバッグだけでポール側面衝突しても大丈夫なのでしょうか?
      • ナイスクチコミ198
      • 返信数41
      • 2018年11月10日 更新
      先日上司から、ディーラーでノートe-POWERを勧められたようで、
      10年乗ったキューブから乗り換えしたいそうです。
      ところが、休憩時間に数人で話をしてましたが、どうやらバッテリーの持ちが6年くらいで劣化して
      まともに充電できないと言う人がいました。まだ発売されて2年ちょいで、どうして6年先が読めるのか。。。
      今の日産の技術はどうなんでしょうか?6年でダメになる訳がない
      続きを読むと思いますが、どのくらいの
      劣化を想定すればよいのでしょうか。(年間1万キロ)
      上司は、「そんな話営業マンから聞いていない!」と怒ってました。
      • ナイスクチコミ393
      • 返信数100
      • 2018年11月4日 更新
      つぼろじんです

      本日 大分市内から都城市を経由し 鹿児島市内まで運転しての燃費報告をさせていただきます

      3代目プリウスとの比較を 記入させていただきます

      まず大分市内から 都城市までの 東九州自動車道での高速燃費が 22km/L これはプリウスと同じでした(先月運転)

      そして 都城市内から鹿児島市内を 県道2号線をメインに通過して 25.6km/L この
      続きを読む道路は高低差が250m程あるので

      プリウスでは こちらも22km/Lしか 出なかったので この燃費は満足ですね

      どちらもスタッドレスタイヤを履いての結果です  またガソリン代 高速代は 会社支給なので懐は痛みませんが・・・・

      プリウスと比べるとノートのほうが ハンドルが軽く 運転がしやすい

      ノートはEモードのボタンがプリウスみたいに付いていない のは残念なところ・・ 

      5ナンバーで車幅がないので カーナビがハンドルを持つ手にふさがれ

      右半分は ハンドルから手を放すか ハンドルの下を握り直すかしないと 画面全体が見れない・・・・

      というのが分かった次第です   皆さんの参考になれば幸いです・・・

      また 本日 販売店が付け忘れていたオプションのフォグライトを取り付けるべく 朝一番に行ったのですが・・・・

      部品の注文を今度は 忘れていたらしく  また月曜日につけるという羽目になりました・・・・・

      新車なので 怒りたい気持ちはあるのですが  そうもいかず・・・・・・・・

      めでたくもあり   めでたくも無し・・・・・・・・・・・

      ただ今の走行400キロほど



      以上です・・・・・・・

    ノート e-POWERの中古車

    ノート e-POWERの中古車相場表を見る

    ノート e-POWERとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止