スバル スバル XV 2017年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

スバル XV 2017年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
1.6i EyeSight2018年10月19日/マイナーチェンジ213万円 194〜259万円   4WD 5人 16.2km/L 1,599cc 1,410kg 116ps
1.6i-L EyeSight2018年10月19日/マイナーチェンジ226万円 188〜251万円   4WD 5人 16.2km/L 1,599cc 1,410kg 116ps
2.0i-L EyeSight2018年10月19日/マイナーチェンジ250万円 212〜268万円   4WD 5人 16.4km/L 1,995cc 1,420kg 154ps
2.0i-S EyeSight2018年10月19日/マイナーチェンジ270万円 225〜296万円   4WD 5人 16.0km/L 1,995cc 1,440kg 154ps
2.0 e-BOXER Advance2018年10月19日/マイナーチェンジ282万円

-

  4WD 5人 19.2km/L 1,995cc 1,550kg 159ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
1.6i EyeSight2017年5月24日/フルモデルチェンジ

213万円

194〜259万円   4WD 5人 16.2km/L 1,599cc 1,410kg 116ps
1.6i-L EyeSight2017年5月24日/フルモデルチェンジ

224万円

188〜251万円   4WD 5人 16.2km/L 1,599cc 1,410kg 116ps
2.0i-L EyeSight2017年5月24日/フルモデルチェンジ

248万円

212〜268万円   4WD 5人 16.4km/L 1,995cc 1,420kg 154ps
2.0i-S EyeSight2017年5月24日/フルモデルチェンジ

267万円

225〜296万円   4WD 5人 16.0km/L 1,995cc 1,440kg 154ps

スバル XV 2017年モデルのレビュー・評価

(111件)

スバル XV 2017年モデルの満足度

4.39

(カテゴリ平均:4.32)

    スバル XV 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • スバル XV 2017年モデル 2.0i-S EyeSight 「名前以外は全て新しい」。いきなりですが、このキャッチコピーは某国産メーカーで大ヒットしたモデルのもの。

      「他メーカーのコピー出してどうすんだよ」と思わずツッコミが入りそうですが、約5年ぶりにフルモデルチェンジを行ったSUBARU XVの最上位グレード(取材時:理由は後ほど)である「2.0i-S EyeSight」に試乗すると、ひしひしとその進化を感じるのです。

      XVは元々、先々代のインプレッサをベースにSUVテイストを加えたモデル。初代となるGH型は車高もインプレッサと同じで正直「なんちゃって感」もありましたが、2代目(GP型)からは最低地上高のアップや専用エクステリアなどを採用
      続きを読む することで一気にヒットモデルの仲間入りを果たしました。

      3代目(GT型)は2018年4月に登場、社名が株式会社SUBARUに変わってからの最初の記念すべきモデルでもあります。

      少々話は脱線しましたが、XVの魅力はそのボディサイズにあります。都市部でも扱いやすく、それでいて高速走行時の安定性、さらにSUVに求められる乗員&荷室の広さや使い勝手なども非常にバランスが良いのが特徴です。

      基本的な考えとしてはヒットした2代目のコンセプトを継承し、ブラッシュアップしたものと考えて良いでしょう。

      搭載するパワートレーンは2.0&1.6Lの水平対向4気筒DOHCにリニアトロニック(CVT)を組み合わせたもの。2L車のみエンジンに直噴機構が搭載されます。

      まずXVの良さは乗り込む瞬間にわかります。最低地上高が上がっていることで当然シートポジションも高くなります。スッとお尻を落とした位置にシートがある・・・こんな感じでしょうか。日々乗り降りするクルマゆえに、この感覚はとても楽に感じるものです。個人的には腰痛持ちで背が低いこともあり、地面からシートまでが低いクルマだと腰をかがめて乗るようなスタイル、一方大型のSUVなどでは「よっこらしょ」と乗り込む感じはそれなりに身体へ負担がかかります。その点でもXVの乗降性は高得点が与えられるものなのです。

      インテリアは基本インプレッサと共通で細部の質感を微妙に変化させている点で多少ではありますが差別化を図っています。

      またいつも感じるのがSUBARU車の「おもてなし感」言い換えれば装備の充実ぶりには感心します。最上級グレードということもありますが、運転席&助手席の8ウェイパワーシートと両席シートヒーターが装着されています。これらは最上位グレードのみ標準装備ですが、1.6L車の“Lグレード”などでもオプションで「ブラックレザーセレクション」を選べば装着することができます。

      もちろんその分、出費は増えるわけですが、このクラスのクルマの中にはパワーシートやシートヒーターも「運転席だけ」というモデルは少なくありません。その点、SUBARUは「標準または選択の自由」を残してくれている点でも選ぶ価値は十分にあります。

      肝心の走りの方ですが、そのフィーリングは新たに採用されたSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)による部分が大きいと感じました。最近のクルマの特徴にシャシーやプラットフォームを最適化することで走りの質感を向上させる。メーカーによっては“体幹”という表現を使うケースもありますが、SGPを採用したXVはとにかくサスペンションがスムーズに動きます。同時にボディがロールした時なども不可解(余分)な動きがうまく抑制されることで加減速、またはコーナーに侵入から脱出するまでの動きに一体感があることは誰が乗ってもわかるほどハッキリしたレベルに仕上げています。

      また今回とは別の機会に雪道、特に滑りやすい坂道(ほとんど泥濘地)を試乗しましたが、新搭載の「X-MODE」の効果は絶大です。もちろん限界はありますが、モードオフ時では登坂できなかった路面もオン状態でスルスルと登れますし、下り坂ではヒルディセントコントロールのおかげで安心して降りることができた点も追記しておきます。

      一方で少し気になるのがCVTの制御です。現行インプレッサが登場した際も前述したSGPの良さなどは十分感じることができましたが、CVTに関しては(特に)フル加速時における独特の「回転は上がるけど車速が気持ちにシンクロしない」感覚はもう少し煮詰めて欲しいところです。正直に言えば、SUBARUは将来CVTをやめてコンベンショナルな多段式ATに戻してほしいのです。燃費&環境性能はもちろん大事ですが、マツダがCVTではなく6ATを採用することで走りの良さをアピールしたようにSUBARU車にもレスポンスに優れた多段式ATの復活を期待したいのです。

      さて、最後にADAS(先進安全装備)の領域ですが、やはりアイサイト(Ver.3)が標準装備されている点は安全面での大きなアドバンテージになります。事故は起きない方がいいに決まっていますが、普段使いでもACC(アダプティブクルーズコントロール)は全車速対応の追従機能付きなので渋滞時などでのストレスは大幅に解消されます。

      また最近特に注目が集まっている「車両後退時」や「車線変更時」における事故を未然に予防する警戒支援システム、SUBARUでは「スバルリアビーグルディテクション」として設定していますが、これを含む「アドバンスドセイフティパッケージ」はメーカーオプションとして絶対装着をオススメします。

      最後にこの原稿を書いている間にXVにも新型フォレスター同様、「e-BOXER(いわゆるマイルドハイブリッド)搭載モデル」が追加されることが発表されています。価格差はまだ見えてきませんが、もしXVを真剣に購入しようというのであれば、これが搭載する「Advance」を見てからでも遅くないと思います。
      参考になった 29人
      2018年9月30日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 3
      エンジン 3
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 3
      価格 4
    • 【エクステリア】
      人それぞれでしょうが、私には気をてらわずにシンプルなデザインとクールグレーカーキがドンピシャです。
      【インテリア】
      収納は少な目ですが、それにより車に無駄な物を積まなくなるとプラスに考えてます。
      オレンジのステッチが、家族全員のお気に入りです。
      【エンジン性能】
      普通に乗る分にはとても静かです。
      少し強めにアクセルを踏み込むとboxer NAの心地よいサウンドが楽しめます。
      【走行性能】
      前に乗っていた車(N社製)の CVTに比べるとラグが少ないですし、私はシームレスな加速の気持ち良さが好きなので満足しています。
      【乗り心地】
      遮音が効いてい
      続きを読む て静粛性が高く、高速道路等のつなぎ目も収まり良く走ります。
      路面のザラツキ感は排除して、運転に必要な情報だけを伝えてくれていると思います。
      低速時に荒れた路面で揺すられ感を強目に感じますが、私の生活環境では頻度が少ないので気にしていません。
      【燃費】
      納車4日目なので街乗りのデータはありませんが、東京と青森間を往復(約1400km)したところ、リッター17キロを記録しました。
      【価格】
      この車価格で上質な乗り心地やアイサイトの機能を使えるのは、素晴らしいと思います。
      題名の通り、コストパフォーマンスができる優れていると思います。
      【総評】
      車に求めることは人それぞれ違うと思いますが、私が求める静粛性や乗り心地の良さ、安全機能や運転支援機能のすべてが充実しています。
    • 【エクステリア】
      毎度のことながら、外観は個人の好みで良いので多くを語りませんが、「かっこいい」と評判の良かった先代XVは個人的にあの個性的な「目」がイマイチでしたので今回の涼しげな「目」を歓迎です。
      ちなみに「クォーツブルー」、いい色です。


      【インテリア】
      10年以上前にレガシーツーリングワゴンBP5を所有していましたが、あのさっぱりした事務的な内装もそんなに嫌いではありませんでした。今回のインプ系インテリアもいわゆる「スバル流」ですが、現状これでいいのでは?
      「室内灯はLEDにすべき」「メーターを自光式に」「パワーシートにポジションメモリーとランバーサポートがない」という
      続きを読む 声くらいは素直に聞いて欲しいところではありますけれども・・・

      ちなみに、レガシーツーリングワゴンBP5はシートがどんなポジションにしても合わず、特に腰への負担がひどいクルマでしたが、そのあたりはさすがに改善されており、程よい包まれ感が好印象でした。


      【エンジン性能】
      2Lなのでもう少し余裕があるかと思いましたが、ジャストな印象。
      不足はありませんが若干、燃費重視でチューニングされているかも?
      静粛性は新型インプ同様、優秀でした。


      【乗り心地】
      やはりSGPは素晴らしい出来です。
      新型インプスポーツ、新型G4と合わせて今まで4つのグレードに試乗しましたが、この新型XVも予想を裏切ることなく、間違いなく国産車最高レベルの乗り心地でした。
      XVは大径タイヤですし、地上高もありますので、インプに比較すれば上下動は当然あります。
      が、この「しっとり感」と「しっかり感」の絶妙な融合はやはり見事としかいいようがありません。
      少なくともあと100万は高いクルマに乗っているかのごとくで、この価格帯で実現させたスバルに拍手を送ります。


      【総評】
      実はXV試乗の直前にCX-3のガソリン仕様(出たばかり)の試乗をしました。
      (やはりCX-3のスタイリングは捨てがたく・・・)
      ディーゼル版のCX-3は静粛性の面で個人的に全く受け入れられず、ガソリン仕様に期待しての試乗です。

      結果は当然ですが、ディーゼル版を軽く上回る好印象。
      最初からこれが出ていたら買っていたかもの出来でした。
      ところがその直後に乗ったXVが、乗ったばかりのCX-3を購入候補からあっさり消してしまいました。

      なぜか・・・
      SGPがスカイアクティヴの乗り心地を簡単に上回ったこともさることながら、やはり決定打は「静粛性」でした。
      エンジン音の打ち消し方、さらに下回りから来るノイズ処理の秀逸さは目を見張るものがあり、これもSGPの恩恵と言えるのは間違いないでしょう。
      優秀なシャシーのおかげで乗車中の「密閉感」が半端なく高いことから、エンジン、タイヤを始めとする各ノイズ源からの音の侵入を容易に防ぐことが出来ているのだと思います。
      すごいプラットフォームを作ったものです。

      さて、現状XVは全車AWD。
      インプにはFF仕様もあり、個人的にはFFでも充分なので今後、インテリアのブラッシュアップと共に是非検討して欲しいですね。
      インプに比べ、XVはそれなりの価格ですし、FF仕様の需要は必ずあると思いますが・・・
      スバルさん、よろしくお願いします。
    • 良い評判を聞いて試乗しました。

      【エクステリア】
      最近の車にありがちな「いばったところ」がなくて良いです。

      【インテリア】
      おちついていてよいです。十分に車内は広く、運転席、後席からの視界もよいです。インパネは、左に回転計、右に速度計、真ん中に情報提示ディスプレイという配置は、オーソドックスでよいです。速度計は日中はちょっと暗くて見にくいかと思いました。針は白ではなくてもっと目立つなにかのほうが、よかったかも。荷室と客室の間に仕切りはなく、オプションで幕がつけられるとのことでした。

      【エンジン性能】
      平地で走ると1.6で不足にはかんじませんでした。

      【走行性能】
      続きを読む
      CVTは、完全なダイレクト感といわないまでも、自然な加速をします。マニュアルモードでは有段ATを模擬し、そこそこ使えました。うまく車の特性をつかめば、楽しめるのではないでしょうか。ただし、マニュアルモードへの移行はシフトレバーで操作するのですが、アップ・ダウンはパドルでするとのことで、操作が二箇所にわかれているのは、ちょっときになりました。パドルのダブルクリックなどでマニュアルモードにはいったらよかったかな。そして、シフトレバーでも変速できたほうがよかったです。これは個人的にはちょっと残念なポイントです。

      この車の一つの特徴は4WDであることですけど、試乗コースにそれを活かせる場所がなくてわかりませんでした。単に重いかんじだけがのこってしまうので、ちょっとそれは残念です。

      【乗り心地】
      おもっていたよりふわふわしていました。地面に工事の後の凹凸があると、不快とまではいえませんが、ちょっと大きく車体全体がゆすられてました。これだと、インプレッサにしたほうがいいのかなと思いました。ロードノイズは、耳ざわりなところがカットされて、小さくなって聞こえてきているように感じました。

      【総評】
      室内が広く使い勝手がよさそうでした。運転性や乗り心地は悪くはありませんでしたが、多少ふわふわして、多少重い感じがしました。
      4WDであることと燃費が悪いことをどう評価するかで、車の評価は変わると思います。評判がよいので試乗してみましたが、私個人のニーズとは微妙にズレがあるかなと思いました。

    スバル XV 2017年モデルのクチコミ

    (5722件 / 272スレッド)
      • ナイスクチコミ3
      • 返信数5
      • 2018年11月19日 更新
      XVを購入予定です。
      キャンプをするのでルーフボックスを付けようと思っているのですが、どのくらいの大きさのものにしようか悩んでいます。
      XVに乗られていてキャンプをする方、どのくらいの大きさのものを載せていますか?
      innoのBRM466(95 x 200 x 45 cm)が500L入るのでいいかなぁと思っているのですが、XVにはバランス的に大きすぎるでしょうか?
      ご回
      続きを読む答よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ84
      • 返信数15
      • 2018年11月18日 更新
      XV 1.6i-Lの購入を検討しているのですが、新車だと予算的にオプションあまりつけられないな‥と思っていたところ、試乗車の中古車を見つけました。
      車に詳しくないので、下記の車について中古ということを踏まえても、お買い得かどうか教えて頂きたいです。

      1.6i-L EyeSight ルーフレール付き(青)
      初年度登録平成29年5月
      走行距離3800km
      目立ったキズ
      続きを読むは無いが、ボディに気にならない程度のへこみあり。
      保証2年付き。
      本体価格
      230万円(税込)
      諸費用込みの価格
      241万円(税込)
      諸費用込みの価格(税込)(保証+3年、点検パック付き)
      248万円

      ・アイサイトVer3
      ・LEDライト
      ・スマートキー
      ・盗難防止システム
      ・ETC
      ・メモリーナビ(ダイヤトーン7インチ+ナノイー)
      ・リアカメラ
      ・アドバンスドセーフティーパッケージ
      ・LEDアクセサリーライナーフロント左右
      ・サイドアンダーパネル
      ・リヤバンパーパネル
      ・カーゴステップパネル(樹脂)
      ・ドアバイザー
      ・トノカバー

      以上がわかる範囲の装備品とオプションです。
      よろしくお願い致します。
      • ナイスクチコミ32
      • 返信数14
      • 2018年11月17日 更新
      初めての投稿です。不手際がありましたら、ご指摘いただけると幸いです。

      この度、初めて車を購入するにあたり、XVの購入を検討しており、見積についてご意見を頂きたく投稿させていただきました。

      見積が2通ありますが、DOPを減らした方の見積は金額を抑えるために試しに出していただいたもので、妥協案といったところです。

      状況は、
      ・アイサイトセイフティプラス×2+ルー
      続きを読むフレールを着けることは確定。車両本体値引きは10万円くらいまでは頑張れそうとの担当者の話あり。
      ・DOPは見積記載に加えて、純正ドライブレコーダー、NE'X、カーゴステップバネル、ナンバープレートベース、プレートロック、ホイールロックセットを着けたい
      という状況です。

      質問としては、
      ・車両本体値引きはこれ以上難しいのか?(マイナーチェンジ直後なので、年末まで待つのもありかとおもっていますが、待ったとしても変わらないものでしょうか…)
      ・DOPの量からすると、これ以上値引きは難しいものなのでしょうか?(ナビパックで値引きしていてさらに値引きは難しいとの話があったのですが、信用していいのでしょうか…)
      ・上記DOPを加えた上で、総額を同じくらいにするには実質値引きが20万くらいになると思いますが、交渉としては無謀でしょうか?

      初めての車購入ということで値引きを渋られているのでは?という気持ちがありつつも、相場がわからないため、なかなか言い出しづらいという感じです。
      ディーラーに直接言えよという質問ではありますが、
      自分の質問が無謀なものなのか常識の範囲内なのかを事前に確認したいです。

      諸先輩方のご意見お待ちしております。
      よろしくお願いいたします。

    スバル XVの中古車

    スバル XVの中古車相場表を見る

    スバル XVとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止