ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
HYBRID B ホンダ センシング2017年9月29日/ニューモデル

330万円

289〜299万円   FF 7人 25.0km/L 1,993cc 1,780kg  
HYBRID G ホンダ センシング2017年9月29日/ニューモデル

335万円

265〜372万円   FF 7人 25.0km/L 1,993cc 1,790kg  
HYBRID G EX ホンダ センシング2017年9月29日/ニューモデル

355万円

259〜436万円   FF 7人 25.0km/L 1,993cc 1,820kg  

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのレビュー・評価

(70件)

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルの満足度

4.61

(カテゴリ平均:4.32)

    ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル HYBRID G ホンダ センシング 2017年9月に“待望”とも言えるハイブリッドモデルを搭載したホンダ・ステップワゴン。その出来は予想通りでありながら予想以上の仕上がりでした。

      ステップワゴンは初代が1996年5月に発売され、現在のモデルは5代目になります。ホンダの国内における中核モデルであり、現在のミニバンブームを火付け役の1台でもあるわけですが、ここ数年はかつてのような勢いにやや陰りが見えてきました。

      理由としては過去、ステップワゴンに乗っていたファミリーのうち、子供が成長することで親と一緒に乗る機会が減ってしまったこともありますが、やはりハイブリッド車の台頭が大きな理由のひとつです。

      現在のミドルクラス
      続きを読む ミニバンの約45%がハイブリッド、そのほとんどがライバルであるトヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクヮイアで構成されています。

      現在のステップワゴンは登場時に1.5Lのダウンサイジングターボのみの設定でしたが、やはり市場の要望はハイブリッド車です。遅れながらもやっとステップワゴンにも設定されたわけです。

      搭載するパワートレーンはすでにアコード/オデッセイなどにも採用されている2モーターによる「SPORT HYBRID i-MMD」です。2Lのガソリンエンジンの主な役目は発電ですが、「e-POWER」を搭載する日産ノートのようなモーター駆動ではなく、クルージング時などはガソリンエンジンで走るシーンもあります。

      方式はともかく、このシステムは実燃費が高いのが魅力です。過去アコードに乗った際も約500km走行して20.0km/Lという好結果でした。前述したようにEV領域を積極的に使うことができるので実燃費にも期待できます。

      実際走らせてみると、1820kgとそれなりに重量のあるボディですが、発進加速はスムーズです。アクセルコントロールによってモーター走行の領域をうまく使いエコドライブが可能なのはもちろん、坂道ではエンジンとの協調制御でグイグイと力強く加速します。また電池が十分に充電されていれば専用のスイッチを押すことでEVモードでの走行も可能です。今回はそれほど多くの距離は走れませんでしたが高速道路も全体の50%、山道も積極的に加速した状態で18.4km/Lという結果でした。ただしこれは2名乗車での結果、多人数になれば当然実燃費は下がります。それでもモーター自体のトルクもあり、全体としてのドライバビリティは高いレベルにあります。

      前述したようにシステムとしては既存のものですので目新しさはありませんが、元々オデッセイに搭載されているシステムをステップワゴンに組み込んだところ、全長が100mmもオーバーしてしまったそうです。そのためにパッケージにあった専用骨格を新設計するなどマイナーチェンジの追加モデルのレベルではないほどお金がかかっています。

      ステップワゴンのようなミニバンの場合、室内空間は重要な要素です。ハイブリッドシステム、特にIPU(インテリジェントパワーユニット)を床下に組み込んでも室内高はガソリン車とほぼ同等の数値をキープしていますし、ステップワゴンの売りのひとつである3列目シートの床下格納も犠牲にしていません。

      その内装も新たに設定したEPB(電子制御パーキングブレーキ)などを配置した専用の大型コンソール、さらにA4サイズの書類が入るブリーフケースも置けるトレイ形状のスペースなど実用度も向上しています。実際よく見るとこのスペース、内張の部分に柔らかい素材を使うことで革製バッグなどが傷つきにくくしたり、ヘッドレストレインとの固さも従来より柔らかめにすることで快適性を向上させるなどきめ細かい配慮がされています。

      先進安全装備も同社の「ホンダセンシング」が全グレード標準装備されます。特にハイブリッドモデルにはACC(アダプティブクルーズコントロール)の渋滞時追従機能が付くのですが実際使ってみると加減速のフィーリングも悪くありません。非常に便利な機能ゆえにこれに関してはガソリンターボ車にも機能追加を強く希望します。

      静粛性、乗り心地も従来のガソリンターボ車よりレベルを向上させており、燃費性能も期待できるステップワゴンハイブリッドですが、やはり気になるのがその価格でしょう。ハイブリッドは3グレードありますが、装備と価格のバランスを考えると真ん中の「SPADA ハイブリッドG ホンダセンシング(335万160円)」がベストバランスです。

      ライバルのトヨタ・ヴォクシーのハイブリッドZSが326万9160円ですが、トヨタのこのクラスのミニバンの先進安全装備はACCが無いことなども含め、正直ステップワゴンには負けています。装備もステップワゴンの方が価格差以上に充実しておりこの点ではライバルよりアドバンテージがあります。

      ただそれでも価格は高めと感じたり、それほど距離は乗らないのであれば同等装備で約50万円安いガソリンターボも候補に入れておくのも選択肢としては“有り”です。つまりハイブリッドの登場でガソリンターボ車の立ち位置もはっきりしたことで双方が魅力的なモデルとなったことを感じました。
      参考になった 55人
      2018年1月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 3
    • 車を購入して1ヶ月経ちました。タイプはG・EXを購入しました。
      ※販売店でのデモカー(800km程度走距離あり)を購入しています。
      ステップワゴン スパーダ ハイブリッド(RP5)の前はシエンタに乗っていました。
      家の駐車場は幅が狭いため、前車は車幅を重視してシエンタを選んでいます。
      子供も大きくなり、夫婦で自転車を乗せて鎌倉など出かけたいという事もあり、
      乗り換えでは、車幅はコンパクトなまま、長さがある車を探す所からスタートしました。

      皆様が書かれているように、乗るほどに、良い車だと思わせてくれる車です。
      試乗の前の参考などになればと思い、細かい情報も入っていますが投稿しま
      続きを読む す。

      【エクステリア】
      マイナーチェンジを経て良い感じに高級感は増したと思います。フロントは社外製の
      ガーニッシュなど、安価に取り付ける事もできるので、私はシルバーと青のガーニッシュを
      取り付けていますが、自然な中に少し個性も出せるためとても気に入っています。
      また、ライトをAUTOにしておくと、フロントライトはデイライトになっており、昼間でも
      コの字の光がアクセントとなり、フロントフェイスが引き立ちオシャレだと思っています。
      わくわくゲートの評価は分かれますが、私は後ろから見たときの非対称な形がむしろ好きです。
      このゲートの使い心地は大変良いのですが、外観などの観点では、助手席側のリアの窓が
      運転席側よりも広くなっており、運転席から左後ろを見ながらバックする時は、
      視野が広く開けているので安全の面でも役立っていると思います。
      リアの窓にある真ん中のフレームは慣れると気になりません。また、熱線が縦に入っている点も、
      2日目には気にならなくなりました。最後に、車幅ですが当時の候補車の中ではコンパクトで
      気に入っています。見た目は大きいのですが、細い道も楽に走れるのでこれは車幅による効果
      は大きいと思っています。
      <車幅>
      ・トヨタシエンタ:1695mm
      ・ステップワゴン:1695mm★車幅がコンパクトで気に入りました★
      ・日産セレナ:1740mm
      ・トヨタVOXY:1735mm
      ・スバルXV:1800mm

      【インテリア】
      黒基調で落ち着いています。他社に比べてアクセント色がないので物足りないかもしれませんが、
      メーターのイルミネーションカラーを変える事ができるので、気分転換はできます。
      また、購入後に、艶出しのアーマオイルをぬると、カーボン調の場所など、高級感が若干増した
      と思っています。ハイブリッド車の気になる点は、スマホを丁度良い位置に置く台がない事です。
      ただ、この点は、オプションで15000程度で、センターテーブルを追加できるので、今は便利に
      使っています。社内のLEDは明るすぎない照度のため、乗降時には気持ちよく乗車ができます。
      ※個性という観点では無難なため、ここは星は4つとしました。

      【エンジン性能】
      駐車場でエンジンをかけて出発するなど早朝でも非常に静かです。たまに、エンジンをかけたか
      分からず不安になるほど静かです。インフォメーションディスプレイに「走行できます」の表示がでる
      事が分かったので、今では、静かな始動にもすぐになれました。
      基本的に町乗りでは、エンジンは発電を目的として駆動しているだけと感じます。
      アクセルの動きとエンジンが駆動する時の回転数が感覚的に上手く連動している事もあり、
      車の動きとエンジン音の差に違和感を覚える事はありません。
      アクセルを程よく踏むと、どっしりとした安定感のある加速をしてくれ、車格の割りに安定感
      のある走行が楽しめると思います。町乗りでは、坂道があってもエコモードで十分に運転できます。
      坂道では、エンジン音が相対的に大きくはなりますが、私は静かだと思っています。

      【走行性能】
      Sモードの加速が良く評価されていますが、私の前の車が1500CCだった事もあり、
      普通のDモードでも加速は力強く感じます。また、ハンドリングは1500CCレベルと同等レベルの
      軽やかさのため、非常に運転がし易いです。町乗りでは軽やかに小道も走れ、国道ではハンドルが
      ブレル事もなくまっすぐに走ってくれます。基本的な動作がしっかりできるくるまだと思います。
      カーブを曲がる時の安定性などは、パフォーマンス ダンパーが付いているモデルだから
      かもしれませんが、気持ちよく曲がれます。

      【乗り心地】
      皆さんが記述されているように、とても滑らかだと思います。
      路面の振動と突き上げも気になりません。シートヒーターを付けていると、暖かくて、助手席で
      寝てしまいそうになります。シートは滑ると言われる方もいますが、履いている素材にもよるので
      しょうか?私は滑らないので気になりませんでした。
      3列目は狭いといわれていますが、ヘッドレストを上にしっかりと引き上げると背中も固定できますし、
      及第点ではないかと思います。子供は2列目よりも3列目に好んで座り、乗降はわくわくゲートを
      使っているので、乗り心地とは異なりますが、子供は楽しめるシートなのではないでしょうか。

      【収納】
      3列目が床下に収納できるので、収納後に自転車なども楽に乗せれます。床下収納式のため、両サイドの
      窓を収納した座席が隠すこともないので、運転中の視界も良好です。収納機構はバネのアシストが良く
      効いていて、ほぼ、片手で無理なく収納作業ができます。

      【オートクルーズ】
      0km〜130kmまで対応したオートクルーズ機能は、納車された後、思った以上に使える事に感動しました。

      【燃費】
      1,000km程度走って平均で16.5km/L
      交通量も多く、信号も多い環境で乗っているので、止まっている間に消費される燃料も多くなると
      思いますので、皆様の記述と環境による差異はでると思います。

      【価格】
      最初は高いと思っていましたが、ホンダセンシングの機能、オートクルーズ、
      大きなエンジンをエンジンルームに入れ切った努力、静粛性を考えた防音対策など考えると、
      乗り始めた今では、妥当な価格なのだろうと思ってはいます。

      【総評】
      大変満足しています。
    • 納車してから1年が経ちましたので再レビューします
      【エクステリア】
      マイナーチェンジ前のフロントの顔つきよりも角ばった形となり見た目も好みとなったのが選んだ理由になりました
      マイナーチェンジ直後だったので前のモデルの在庫車がかなりお買い得になっていましたがどうしても気に入らずわざわざこちらを選びました
      【インテリア】
      あくまでMクラスミニバンです
      プラスチックも多様しているのでトヨタ車に比べたらチープ感がありますが子供がどーせ汚すと割り切っているのであまり気にしておりません
      全体的に直線基調で見やすくスッキリとした感覚になります
      収納全体も十分にありドリンクホルダーにシートバッ
      続きを読む クテーブルなど子供が小さいと大変に助かる装備です
      1列目の上部にあるサングラスホルダーに後ろが確認できるミラーも内蔵しているため家族が寝ているのか遊んでいるのか確認できるのも助かります
      【エンジン性能】
      モーターのトルク性能が優秀です
      ストップ状態からの加速もアイドリングストップから復帰が無いのも併せてアクセルを踏んでからすぐに走り出すので快適であり
      他社よりも楽に加速ができることが快適性を高めてます
      【走行性能】
      乗り始めてしばらくしてから気が付いた所として高速巡行に入ったときの直結駆動がとても快適に感じられます
      直結がないセレナのe-powerに比べエンジン回転数が低くなるため静粛性が高く多少の勾配で負荷がかかる時も直結状態のままモーターからのトルクの上乗せが入りガソリン車では起きるギアダウンが無いためエンジンの回転数が変わらずに登っていきます
      負荷がかかった時によくあるエンジンの唸りが無く坂を上っていくのはある種の高級車に乗った気分に近いものを感じました
      【乗り心地】
      ホンダ車らしく多少固めの乗り心地ですが段差などを超えた後もすぐに収束し安定して走ります
      ロールも他社と比べれば少なく安定した運転が可能です
      【燃費】
      ミニバンで比較すると今までのイメージを覆されました
      遠乗りすると簡単にリッター20km前後は出せ給油タイミングが減り助かっております
      冬場はどうしても短距離はエンジンがかかりっぱなしになるので1桁もありますが多少20キロくらい走るとエンジンも止まり通常の状態の燃費になります、最悪5分くらいの短距離はエアコンオフにして乗ったほうが気持ち的には楽かもしれません
      【価格】
      Mクラスで400万はそれなりです
      高いですが走行性能や燃費性能を考えれば妥当と感じられます
      【総評】
      60キロ以上の巡行以外は基本モーター駆動、エンジン発電となり加速のレスポンスも申し分ありません
      静粛性も全体的に高いですが静かな分ロードノイズが目立つため気になってしまうかもしれません
      フロアアンダーカバー付けてくれれば良かったのにホンダさん

      全体的にバランスよく出来ておりホンダセンシングの追従機能以外は不満はありません
      レーンキープアシストも風が強い中でも中央を維持しようとしてくれるため疲労軽減に役に立っております

      この価格は質感よりも性能に振ったものとして考えてみると納得の金額です

      ケツ割れなどと巷で言われていますが家族と買い物をすると重宝します、足元に買い物の袋を置かなくて済むのですから
    • ステップワゴンRF〜RG〜RPと乗り継いでおります
      10年で車は驚くほど進化してました
      納車から2ヶ月3,000km程走りましたので初めてレビューしてみたいと思います
      とても良い車だと思いますので迷われている方の参考になればと…

      【エクステリア】
      ハイブリッド追加前のフェイスはつるんとしててあまり好きではありませんでした
      もし変更されなければ購入踏み切るのに躊躇したと思います
      アシンメトリーなわくわくゲートも見ていて落ち着かないというか違和感があります

      【インテリア】
      黒っぽい内装なのでホコリは目立ちます
      けどハンディーワイパーなどでサッと一拭きで綺麗になるので逆に
      続きを読む 良い状態を保てるのかなぁって思います
      災害時のことを考えて1500wをつけましたが何かと便利です
      遠出の時の身支度 女性は何かと時間がかかるものですがドライヤーやコテを持ち込めるのでメイクからセットまで
      車でできちゃいます
      夜の走行でどうしても3列目は閉塞感があると思いますがふんわり柔らかな常時点灯のLEDのおかげか気持ちよく乗れます

      【エンジン性能】
      エンジンの事はよくわかりませんがとても静かです

      【走行性能】
      一番のお気に入りポイントです とにかく気持ちよく走ります
      特に上り坂でのSモードはクセになります
      アクセルを踏み込む事なくSモードに切り替えるとシートにグッと押さえつけられるように加速して上っていきます

      【乗り心地】
      静かな湖面を走るクルーザーとでも言いましょうか 滑らかに進んでいきます
      路面からの振動もかなり抑えられている感じがします
      相方には悪いですがすぐ寝てしまいます
      3列目が酷評されているようですが2列目の足元のヒーターよりも3列目の方が暖かくシート形状も大きさも不満はありません
      後輪の上だと乗り心地が悪くなると思っていたのですが変な揺れもなく快適といえるレベルだと
      あと不人気わくわくゲートですが使った人にしか分からない便利さ 素晴らしい発明だと思います
      前車から一度も開けたことのないバックドア 開けれても閉めれない
      わくわくゲートになってからはちょこちょこ使ってます

      【燃費】
      3,000km走って平均で17.5km/L
      母親のNBoxよりいい燃費です
      前車RGは9km/Lくらいでしたのでほぼ倍です

      【価格】
      安全面を考えたら妥当なのかな
      色々な装備のおかげで運転の気持ちに余裕がうまれました

      【総評】
      色々な機能満載で乗りこなしてる感はまだありませんが徐々に使ってます
      ブレーキホールドとACCはホント楽ですね
      お出掛けが楽しみになりました いっぱい楽しい思い出作りたいと思います

    ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのクチコミ

    (3159件 / 179スレッド)
      • ナイスクチコミ31
      • 返信数13
      • 2018年12月18日 更新
      取説読んでも理解できませんでしたのでどなたかわかる方がおられましたら教えて頂きたいです。

      先日三列目で足元を暖めようと後席用オートエアコンをつけたところ冷風しか出てきませんでした

      ある程度走ってからつけましたのでエンジンもそれなりに暖まってるものと思っていたのでびっくりしました

      前席はエアコンオフ 後席エアコン温度Hi風量は1でも最大でも冷風でした

      続きを読むーターの場合運転席側の三列目の足元から温風が出るようになっているのですが前席エアコンオフでは使えないのでしょうか?

      ちなみに前席エアコンオンでは三列目で温風が出ました

      あと二列目の足元の吹き出し口は一列目の座席下のようなのですがここから出すのは前席エアコンであってますか?

      よろしくお願い致します

      • ナイスクチコミ3
      • 返信数2
      • 2018年12月18日 更新
      間違えて2015年モデルに書いてしまったので同じ質問をここでさせてください。

      なんだかよく分からなくなってきたので教えてください。

      STEPWGNハイブリッドがMOPナビ、HDMI入力付きの状態で、
      スマホ、Android Xperia ZXnをどうにかして外部出力させて
      動画配信サービス(Netflix、AmazonPrime)の映画をダウンロードし、ネット無
      続きを読むしの環境で映してドライブしたい

      以上のことができないのです。
      とりあえずXperiaとナビが有線で繋がりません。
      何も考えず買ってきたUSB-C⇔HDMIケーブルの意味が無くなりました。
      というかXperiaXZnはもうMHL対応終わってるので有線は無理なのですね。

      となるとミラキャストとかchoromecast、AmazonFireStickの出番なのでしょう。
      しかし、choromechastはAmazonPrimeに対応していません。
      しかし、AmazonPrimeの方が映画が多い気がします。
      しかし、AmazonFireStickはダウンロード対応していません。

      となるとスマホにNetflixやAmazonPrimeのアプリを入れて映画をダウンロードし、ミラキャストで送るのが最適な気がしますが、他にもっといい方法がありますでしょうか?
      流石にこの時代に円盤借りてきて、という方法に戻りたくありません。

      よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ35
      • 返信数13
      • 2018年12月18日 更新
      ハイブリッドのG EX乗りです。
      エンジンをかけた状態で、エアコンは切ってあり、シートヒーターのみ入れている場合(この時にはエンジン自体は動いていない状態です)には、通常のバッテリーを使っていることになるのか、エンジン用の高電圧バッテリーを使っているのか?知っている方はいないでしょうか?

      15分ぐらい休憩で使っていて、エンジンをかけるとうるさいし燃費も悪くなると思いこの
      続きを読むように使っています。

    ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの中古車

    ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの中古車相場表を見る

    ステップワゴン スパーダ ハイブリッドとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止