日産 セレナ e-POWER 2018年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

セレナ e-POWER 2018年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
X2018年9月6日/マイナーチェンジ296万円

-

  FF 7人 26.2km/L 1,198cc 1,730kg 136ps
XV2018年9月6日/マイナーチェンジ312万円 298〜370万円   FF 7人 26.2km/L 1,198cc 1,750kg 136ps
ハイウェイスター2018年9月6日/マイナーチェンジ317万円 319〜408万円   FF 7人 26.2km/L 1,198cc 1,740kg 136ps
ハイウェイスター V2018年9月6日/マイナーチェンジ340万円 319〜393万円   FF 7人 26.2km/L 1,198cc 1,760kg 136ps
AUTECH2018年3月1日/ニューモデル382万円

-

  FF 7人   1,198cc 1,770kg 84ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
X2018年3月1日/ニューモデル

296万円

-

  FF 7人 26.2km/L 1,198cc 1,730kg 136ps
XV2018年3月1日/ニューモデル

312万円

298〜370万円   FF 7人 26.2km/L 1,198cc 1,750kg 136ps
ハイウェイスター2018年3月1日/ニューモデル

317万円

319〜408万円   FF 7人 26.2km/L 1,198cc 1,740kg 136ps
ハイウェイスター V2018年3月1日/ニューモデル

340万円

319〜393万円   FF 7人 26.2km/L 1,198cc 1,760kg 136ps

セレナ e-POWER 2018年モデルのレビュー・評価

(58件)

セレナ e-POWER 2018年モデルの満足度

4.25

(カテゴリ平均:4.32)

    セレナ e-POWER 2018年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • ディスってるように見えますが、購入者です。かなり気に入って買ってますが「クルマってこう!」という自分の思い込みをひっくり返してくれたので、書きました。(追記部分は、だいぶシビアになってきました(苦笑))
      【エクステリア】
      (あくまで好みです。褒めてます)セレナ史上、最高のデザイン。それでいてシルエットは二代目を彷彿とさせる。カッコいいんだけど、全体の線はまとまっていない。トヨタのようにイカツさを狙うでもなく、マツダのように流麗でもない。ホンダのように小さくまとまっているわけでもなく…。合体変形する超合金的なカッコよさ?!戦隊モノの車両にそのまま使えそう。けっこう好きです。
      【インテリア】
      続きを読む
      スイッチ類が、とっ散らかったように感じるのは何故だろう? ドライブ系のマナー&チャージモードスイッチはセンターなのに、ドライブモードスイッチは右だったり…。シートヒータースイッチがものすごく低い位置にあったり…。あちこち探したりして、おお、こんなとこに…と楽しい気分になります。
      ハンドル周りとマルチインフォメーションディスプレイ、運転支援系のシステムとナビの連携は秀逸。良く出来ています。パーキングアシスト、意外と高性能です。でも駐車が苦手な人ほど怖くて使えないかも?
      シートは少し馴染んできました。程よい張りがイイ感じです。
      【エンジン性能】
      1つ目、モーター駆動は最高に気持ちがいい。アクセルに忠実に反応します。コレはe−powerの醍醐味です。
      2つ目、回生ブレーキは予想以上に得した気分になります。下り坂直後のバッテリー走行の静けさは感無量です。
      3つ目、発電用エンジンの音は、どこかで工事でもしてるんだなーと思って無視しましょう。理由は走りと無関係に唸り出すから。でもエンジン駆動車に比べれば振動も無いし、音も静かです。
      【走行性能】
      常識が覆るワンペダル。想像以上に使えるプロパイロット。クルマの運転って…と、考えさせられます。なんか、クルマに似た新しいモノを見つけた気分です。驚くほど疲れないので、ロングクルージング向け。逆に言うと「走った!感」が少ないので、ドライバーはいくらドライブしても満足できないような…(^_^;)…まぁ、もともとドライビングマシンではないので仕方ないことですね。裏を返せば飽きない、ということかもしれません。
      ちなみに坂道登りはエンジン全開で(モーター駆動なのに(笑))元気よくグイグイ登ります。下りはスピードを出してはいけません。コーナー最後が腰砕けになることがしばしば。後続に譲るくらいの気持ちで、ゆっくりのんびり下りましょう。
      街なかの人通りの多いところでは、静か過ぎて気付いてもらえない「ハイブリッドあるある」。e‐powerも顕著ですが、セレナの場合、チャージモードのエンジン音で「存在感を出して走る」という…、ある意味「本末転倒(?)」なことで対応できます。ホント、静か過ぎます。(笑)
      【乗り心地】
      「峠で走って楽しむ」みたいなクルマとは、まったく別の乗り物です。思ったよりロールは少ないですが、ちょっと無理やり止めている印象。きれいな舗装道路ならスマートに走りますが、古くなった荒れた舗装道路(決して悪路ではありません。住宅街のレベルで)のようなアンジュレーションに弱く、ゴトゴトと頭の方もけっこう揺れます。足回りが「いなしてくれる」フラットな乗り心地、とはなりません。このあたり、酔いやすい人には向かない…というコメントにも頷けるところです。うちの酔いやすい娘は気にならないみたいですが(^_^;)。縦揺れはともかく、横揺れに弱い印象です。
      値段から考えるともう少し懐の深い走り味を期待したいのですが、開発時間をe‐power走行に振り向けたのでしょう。煮詰めが甘く見えてしまいますので、残念なポイントです。
      【燃費】
      RG型ステップワゴンから変えたので、どんなに悪くても月とスッポンです。
      時折、エンジン駆動車と天秤にかけて「価格差分の元を取るには…」なんて論じる方がいますが、そもそもハイブリッドやe−powerは『夢を買う』モノです。燃費だけ語るならLPガス車かディーゼルが一番かと。普通に「ちょっと良ければ」合格点です。
      【価格】
      割高です。ですが、前述のとおり、それを補って余りある新しい発見、楽しみがあります。
      【総評】
      今までホンダ車を乗り継いできたホンダ党です。当然、ステップワゴンHVと迷いました。ステップは自動車の正統進化たるハイブリッド。足回りなども「走り」に力を入れてます。新しい『自動車の』カタチは多分あちらでしょう。セレナe−powerは突然変異のホワイトタイガーみたいで、新しい『ドライビングの』カタチとでも言いましょうか。いい意味で目からウロコでした。つまり面白そうなものを見つけたワクワク感に、やられてしまいました。
      コレが吉と出るか凶と出るか。結果が出るのは10年後かな…? ☆4が多いのはそれが理由です。
    • 購入半年 8000km走行   9月の3連休を利用して、青森まで往復 約1600km走行しての感想です。
      高速8割 下道2割でひたすら東京から東北自動車道を片道800km走りました。高速では90%プロパイロットを使用
      しました。とにかくつかれないです。片道750km休憩4回ほど(トイレ。軽食。)のみです。途中雨のもあいましたが。
      外気温16度 エアコン25度設定です。大人2名 荷物50kでの走行です。
      プロパイロットの感想ですが。素晴らしいのひとことです。多少のわき見も余裕です。
      高速のカーブではR400で80kmまでトレースします。それ以上では舵を多少当てないと外れます。
      R60
      続きを読む 0は100kmくらいまでなんとかトレースします。それ以上はためしていません。
      直線では110kmまでしか設定はできませんが。十分プロパイロットは信用できました。

      東北自動車道は福島・宮城・岩手と走りますがそれなりに上りくだりがありますがプロパイロット設定は
      100km走行です。2車線で上り坂になるとトラックなどは80kmくらいまで速度がおちます。
      そのつど車線変更でプロパイロットが解除されます。しかたないのかなと思います。
      花巻から先で距離約60km区間が社会実験で最高速度が110km区間があり120kmくらいまで速度を上げましたが
      快適に安定して走行することができました。

      あと特筆できるのは車線逸脱警報が鳴り一瞬速度が落ち、あて舵をしてくれます。60kmくらいでは警報音でけですが
      非常に助かります。また自動でヘッドライトがローハイ切り替わり夜間の走行に余裕が生まれます。

      燃費に関しては高速では18km〜21kmを維持してくれます。青森の下道では信号が少なく平均で23kmくらいまで
      燃費が伸びます。またバッテリーのみで20km走ることも出来ました。

      一般道ではワンペダル・高速ではプロパイロットでとにかく疲労感がぜんぜん違います。本当に未来を感じた
      今回の長距離ドライブでした。この先先進装備が充実してくればもっと運転も楽になり事故も減ることとおもいます。

    • 【エクステリア】
      ・サイドミラーの曲率が小さく、大きく見えて
       車庫入れの感覚が違う。
      ・空力向上のためかさらにボンネットの見切りが悪い。
       慣れるまでコーナーポールを付ける。
      ・ワックス掛けして気が付いたがボディーに平な部分が少なく、
       キャラクターラインが多用されていて、へこますと板金が難しそう。
      ・バックドアを閉めるのに力がいる。
      【インテリア】
      ・着座位置がC25より高い?
      ・セレクトレバーが遠い。つい探してしまう。
      ・ルームミラーに映り込みあり、向き変えればOK
       晴天時に視界とドラレコにダッシュボードの映り込みがあり、
       黒の別珍の布を敷く。
       カーナビ
      続きを読む の枠がピカ仕上げで映り込みが気になる。梨地が好み。
      ・アラウンドビューは便利で安全だが表示が小さい。
      ・3列目のUSB端子を使ってリヤのドラレコが動かせる。
      ・黒のマットしかないのでごみが目立つ。
      ・エアコンが効く。
      【エンジン性能】
      ・電動なので出足が鋭く、脱兎の如く加速する。
       エンジン駆動では不可能なレベル。
       燃費も優れて、税金も安いので大排気量の外車に乗る気にならない。
       後にくると発進で踏み込んで引き離す。e-POWERの特性を感じてもらう。
      【走行性能】
      ・アクセルの踏み具合に敏感に反応する。
      ・振動が少なく室内が静か。
      ・発電エンジンの動くタイミングが冷蔵庫みたいだが、
       もう少し静かだといい。
      ・ステアリングがとても軽い。
      ・ワンペダル操作はアクセルを離すと強い回生が掛かるので、
       危険と判断したときに速度がすぐ落ちてより安全。
       くねくねした道は速く走れる。回生の度合いが設定で変更できると良い。
      ・プロパイロットが思ったより使えるが、自分が右寄りなのか
       ハンドルが左に修正される。教習車みたいなのでハンドル支援は避けている。
       前車に追従して止まるときのブレーキがきつめで怖いときがある。
       速度調整の±が5km/hごとはおおざっぱで2.5km/hが良いかと思う。
      ・高速道路はプロパイロットで走ったほうが安全で楽。
       飛ばさなくなった。飛ばしてるのを見かけると今時、
       自動運転しないのかと思う。
      ・短い下り坂で発電エンジンが回って充電することがあるので
       マナーモードにして止める。(触媒の保温?暖気の保持?)
      【乗り心地】
      ・フロントの捻じれ剛性が高いと感じる。
      ・C25よりは突き上げは少ない。
      【燃費】
      ・エアコン使用で平均燃費14.5km/L、最大は22.6km/L
       C25では平均燃費9.64km/L(36,245kmで3760.64L使用) 
      ・満充電になると平坦路では思った以上に電気で走れる。4km?
      【価格】
      ・オプションをいろいろ付けると高いと思う。
       13年目のC25が25万円で売れたのでよしとする。
      【総評】
      ・セレナe-POWERとして設計思想が色濃くて楽しい。

    セレナ e-POWER 2018年モデルのクチコミ

    (3418件 / 124スレッド)
      • ナイスクチコミ159
      • 返信数22
      • 2018年10月18日 更新
      半年たちますが、流れの変化が激しい法廷速度80キロの道を プロパイロット使わずにSモードで走行しました。半年毎日運転しているので、思い通り走行でき、アクセルワークだけで爽快に走ることできますね。
      普通車の場合、ブレーキ踏むような場面でも、事前にわかっていれば、アクセルワークで対応できるので、運転楽しいですよ!
      このような感覚を味わえる車は あまり無いので、新鮮で運転していて
      続きを読む本当に楽しいですね!
      半年たっても楽しめる 本当にいい車です。
      • ナイスクチコミ221
      • 返信数50
      • 2018年10月17日 更新
      既出であったらすみません。

      セレナe-POWERで勾配のきつい長い坂を走った場合、エアコンオフ3名乗車程度だとどのような状況になりますかね。

      わたしの想定する上記の状況としては富士山の富士宮口5合目、富士山スカイラインの終点までと考えています。

      他のレビューを見ていると高速道路の登坂などでは80kmまでは問題など書かれていますし、営業マンからは箱根ターンパイク
      続きを読むを問題なく試走したなどどとは言われていますが、たぶん富士山のほうが過酷なような気がします。

      ちなみに富士山スカイラインでの距離と標高差は、水ヶ塚から五合目までで距離15kmの標高差900m弱程度です。

      毎度質問ばかりですみませんがよろしくおねがいします。
      • ナイスクチコミ46
      • 返信数14
      • 2018年10月16日 更新
      防水シートの現車が見れずカタログの小さな画像しか無く迷い中です
      購入された方へお願いなのですが全体のインテリアとの雰囲気が見てみたいと思いますのでいくつか画像などを見せて頂けると幸いです

    セレナ e-POWERの中古車

    セレナ e-POWERの中古車相場表を見る

    セレナ e-POWERとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止