ボルボ XC40の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

ボルボ XC40の新型情報・試乗記・画像

XC40の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

XC40のモデル一覧

XC40のレビュー・評価

(10件)

XC40 2018年モデルの満足度

4.60

(カテゴリ平均:4.32)

    XC40 2018年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 新車購入にあたり各社様々な車種比較した際の評価です。
      近い価格帯であるJaguar E-PACEとの比較を行いますが、対抗馬というほどジャンルは被っていませんので参考程度にて。


      【エクステリア】
      流麗な、綺麗で気品漂うエクステリアです。
      なんとなくですが、日本車が忘れてしまった引き算の美しさというものを体現している気がします。
      グリルが大きければ良いということではない、流行りものは作らない、だけど現代的。
      美的感覚はうまく言葉にできませんが、大多数の方にステキだねと言ってもらえるような、スタイリッシュなデザインだと思います。
      ただ、1点残念だったのがデイタイムライトとして
      続きを読む 常時点灯する格好いいトールハンマー。(ヘッドライト)
      方向指示器と兼用なので仕方ないんですけど、ウインカー出すと一時的に消えます。安全(視認性)のためだとは思うのですが、個人的にはアイコンであるトールハンマーは常時光っていてほしかったですね。
      E-PACEと比較すると大きさはほぼ同じですが、全長が短いことでのどん詰まり感はE-PACEの方が強く感じました。
      XC40の方が横から見た時恰好よく見えたのも、デザインの妙義かもしれません。


      【インテリア】
      私が試乗したのはR-Designでしたのでまだスポーティなモデルだったと思うのですが、とてもオシャレです。
      とてもスタイリッシュで、洗練されている印象を受けました。
      やはりここでも余計なものは極力排除し、必要最低限のスイッチ類で構成されています。引き算の美しさですね。
      私のような古いアナログ型人間は本能的に動かしやすい従来のつまみ類が欲しくなってしまいますが…。
      しかしそれでも美しさが上回り、私の中での評価は高いです。
      インテリアはE-PACEとは雲泥の差で、XC40の圧勝です。やはりジャンルの方向性が違うんでしょうが、E-PACEの内装はチープという言葉そのものですから。


      【エンジン性能】
      試乗車は250馬力モデルだったかと思いますが、あまりエンジンについて印象深く記憶しておらず…。
      ディーラーの方にお願いして、30分以上の長い時間試乗させてもらったんですけどね。加速等問題はなかったのですが、衝撃を覚えるレベルではなかったのかもしれません。
      この点、E-PACEのエンジンはよく回るしレスポンスも早く、良い印象がありました。


      【走行性能】
      車体自体はよく作られているなと実感できます。
      カーブでのロールは多少感じますが、日常使いにはまったく支障ありません。(ロータリーにて少しだけ強引に曲がらせてもらった時に感じました
      ただ、ステアリングを一番重い設定にしても個人的に軽すぎると感じてしまいました。
      このため、曲がろうと思った際のライン取りが悪いので車との一体感が弱いです。
      曲がろうとしたイメージラインと現実のラインに乖離がある感じですね。
      もちろん慣れの範疇だと思っていますが、E-PACEは試乗でも思った通りのラインが描けてグイグイ曲がれたので、走行性能はE-PACEに軍配が上がります。


      【乗り心地】
      乗り心地は良い部類です。先に書いておきますが、E-PACEよりも良いです。
      突き上げ感は薄く、トトンという軽いノックのような振動があるだけです。この価格帯になれば当たり前ですが、ガツンはまったくありません。
      ここの欄に書かせていただきますが、ボルボを語る上で運転支援装備類は外せません。
      特にACC、これはとても使いやすいです。
      メルセデス以外の主だった欧州車を試乗しACCを試しましたが、ブレーキタイミングなどを違和感なく車に託すことができたのはXC40だけです。
      人間が運転しているかのように、スムーズに加速・ブレーキを行ってくれますので安心して高速道路などはクルージングできると思います。何度も書きますが自分が運転しているかのように違和感なく加速・ブレーキを行ってくれたのは試乗した中でXC40だけです。
      これには本当に驚きました。


      【燃費】
      試乗にて評価無。


      【価格】
      ちょうど良い価格帯だと思います。
      同じ価格帯で欧州コンパクトSUVはE-PACEと後はAudi Q2・BMW X1あたりでしょうか。
      上記の車種と比べた時、間違いなくインテリアの質は頭1つ抜けてますね。
      更に運転支援装備類がついてきて、400万〜はお得感があります。


      【総評】
      E-PACEとの単純比較はできませんが、インテリア・乗り心地を重視するならXC40。インテリアを二の次にしてスポーティーに走りたいならE-PACEをオススメします。
      ですが、XC40として一番注目すべきはボルボとして2年連続のカーオブザイヤーを受賞するのも納得のエクステリアでしょう。
      無駄のないスマートなボディラインに加えて、リアの存在感。
      小さな車体でここまで立派かつ綺麗なデザインが出来るということに感銘を受けます。
      世界中からオーダーが入り、納車が半年以上先ということも納得できるのがこの車、XC40です。
      ただ、納得はできますけど1ユーザーとして納車が遅くなるのはどうにかしてほしい、と切実に思います。良い車ですから。
    • 「ボルボ2年連続日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞の原動力」


      ボルボXC40が発表になり日本で1st Editionの販売が開始されたのが2018年1月28日。翌日1月29日に契約を済ませ、県内初となった納車が2018年5月14日でした。

      それから7ヶ月が経とうとしていますが、私はXC40の素晴らしいデザイン・アップルカープレイやボイスコントロールなどの先進のハイテク装備・足回り・エンジン・世界最高峰の安全装備・想像を超えた自動運転の完成度など全てにおける完成度の高さにオーナーとして驚きの連続でした。

      今まで車を買い換える度にワンステップ階段をのぼった進化を感じてきましたが、
      続きを読む XC40の印象は全てにおいて2段階も3段階もジャンプアップした進化を感じさせるもので車としての魅力や楽しさに溢れた自分史上最高の満足度に溢れた車である事は間違いありません。そして、北欧の小規模メーカーが何故これほどの完成度を誇る車を開発できたのか?という素朴な疑問も感じずにはいられませんでした。

      (ボルボの企業理念)

      ボルボの2016年の世界販売台数は53万台 トヨタの世界販売台数は1000万台を超えていますので約1/20の規模
      ベンツやアウディが約187万台 マツダが160万台ですので約1/3の規模となります。

      ボルボは2020年までに新しいボルボ車による死亡事故0を目標に開発を進めており世界最高水準とされる安全装備・装置が全車に標準装備されています。
      これは車格に応じて標準の安全装備が異なる他メーカーと一線を画するものでボルボの最も素晴らしい企業理念だと思います。

      現在標準の3点式シートベルトをボルボが発明した時、世界中にこの安全装備を広めるためにあえて特許を取らず、世界に公開した歴史からもボルボの高邁な企業理念が伺えます。
      この3点式シートベルトは世界中のどれだけ沢山の人の命を救ったか知れません。

      私利私欲にまみれた経営者や企業が多い中、「世のため人のため」を理念としているボルボは素晴らしいと思います。

      (抜群のコスパ)

      最近話題の自動運転システムはベンツやアウディ、レクサスなどにも優れたものが搭載されていますが、どれも1000万クラスのものに限定されています。
      ボルボは400万クラスのノーマルXC40にも全車標準で搭載されており、抜群のコストパフォーマンスだと思います。


      (1兆3000億円の開発投資額)

      XC90から始まった新世代ボルボの開発投資額は1兆3000億というスウェーデン史上最大級のもので国家予算並の金額の開発投資が行われました。これはボルボが中国のジーリー傘下となり、中国の巨大マネーが自動運転時代を見据えたボルボの研究開発費に当てられた事となります。幸いジーリーホールディングは「金は出しても口は出さない」方針でボルボの自主性が尊重されたようです。


      初の2018年欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝き、輸入車として異例ともいえる2年連続の日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたボルボの偉業は決して偶然では無く以上のような必然によって生まれたものだと考えます。

      自動車による死亡事故をゼロにしたいというボルボの強い信念が莫大な投資に繋がり、世界最高峰の安全装備、装置、先進の自動運転装置を全車に標準装備するという自動車業界での快挙に繋がりました。
      そしてそれが車格を問わない全車で採用された事によりボルボ車の抜群のコスパへと繋がっていったのだと思います。






      「XC40 納車後3日間乗っての感想」

      5月14日に県内初のXC40のオーナーとなり、3日間、日帰り温泉、ゴルフ、買い物に使っての感想です。

      第一印象 「デカイ」です。横幅はXC60と同じですし、20インチのタイヤはど迫力です。妻の第一印象は「格好良すぎる」でした。車が格好良すぎてオーナーに合わないそうです(笑)

      先にレビューされた方が、温度調整などタッチパネルでやらねばならず不便だと書かれていましたが、XC40は温度調整、オーディオ、ナビ、電話など大半の事がボイスコントロール(音声認識)で出来てしまうので、「暑い」と言えば、温度を一度下げてくれますし、「温度を20度に設定」でエアコンを20度に設定してくれます。

      特筆すべきは、完成度の高い自動運転システムだと思います。白線を認識して自動運転してくれますが、一般道、バイパス、高速道路とベテランドライバーが運転してくれているような安心感です。妻は「ボルボちゃんが運転してる方が安心」と言います(笑)

      ボルボはフォード傘下から中国のジーリー傘下となった事で批判的な方もいますが、中国の巨大マネーがボルボの研究開発費に投入された結果、XC60の日本カーオブ・ザ・イヤー。ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー。そしてXC40の欧州カーオブ・ザ・イヤーという快進撃につながったと思います。

      XC40は現在、考えられる先進の装備と、世界最高水準の安全装備を持った車だと思います。自動運転システムは、大半の時間を助手席で過ごしているように楽な気分で過ごせます。

      車内の静粛性も高くハーマンカードンの音響システムでコンサートホールに居るように音楽を満喫できました。

      辛口の自動車評論家が、こぞって絶賛し、賞を総なめにする凄い車をボルボは中国の巨大マネーにより作り上げたと言う事だと思います。
    • 納入後、首都高、東名、都心(渋滞)、郊外、山間道と、オフロード以外は一通り走りましたのでレビュー入れます。素人の場合、車歴が評価に大きな影響を与えると思いますが、当方はこれまで、内外の、いわゆるFRのスポーツ・スポーティーカーばかり乗ってきました。車高の高い車は初めてで、4WDもSUVも初体験です。
      【インテリア】
      ゆったりとしたオフホワイトの革シートに乗りたいという希望がかないました。ドアの内張りまで白なので、サンルーフとも相まって、室内はとても明るく、広く、かつ優雅に感じます。ただし、当方が契約した際にはディーラーに現車がなく、内装はXC60Inscriptionでイメージ確認したので
      続きを読む すが、シートの革の質は、恐らく60のMomentumに設定があるオプションの革シートと同等のもので、60のInscriptionの革シートとは鞣しに格段の差があります(CX-5のものよりは上質ですが)。加えて、60のInscriptionにはある、マッサージやベンチレーションもない(なぜかマニュアルには記載があるが)ので、これも注意が必要です。
      【エンジン性能】
      トルクカーブを見てT4を選びましたが、T5と比較すると、踏んだ時の加速力の差はやはり厳然とあります。左に右に車線を変えて、縫うように車を追い抜いていくのが好きな方は、T5を選ぶべきです。当方は一般道でもなるべくACCを使って前走車に追随しようとしますが、こういう乗り方を志向するなら、T4で十分な動力性能です。8ATの動作は、今まで乗ったどのAT車よりも変速ショックが少ないです。
      【走行性能】
      ATのマニュアルモードが使いやすいとは言えず、基本的にドライブに入れてそのまま乗る人向きの車です。たまには積極的にシフトアップダウンをするような用途を求めるなら、R-Designであればパドルシフトが付いてきますので、T5でR-Designにした方がいいと思います。FFベースの4WDの癖というものはほとんど感じませんが、ハンドルの切り角が浅いのが、元FR乗りには残念なところです。タイヤがピレリP-zeroでオーバースペック気味のグリップがあり、扁平も薄くてクイックな反応をするため、急ハンドルを切るとフロンヘビーによる遅れ感・揺さぶられ感がありますので、パイロンスラーロームをやると苦手そうです。ブレーキは、スポーツカーのような容量の大きなものが付いているわけではないので、制動力の微妙なコントロールにはかなり繊細な足さばきが必要です。ただし、ACCを多用する当方にとっては、その自動ブレーキのコントロールが素晴らしいのであまり問題ないです。
      【乗り心地】
      1stEdとの比較でいえば、道路の継ぎ目のパルシブな入力が甘くなり、当方の求める方向性に近づきましたので満足しています。しかし、納車前にもう一度1stEdに試乗させてもらったのですが、4月に試乗した時に比してダンパーがなじんで追従性が上がったのか、乗り心地がよりしなやかになっていて、たまにはスポーツ走行もする方なら、極端に言えば大型船のようなゆったり感のあるInscriptionの足より良いだろうと感じました。つまりR-Designは足回りにお金をかけているだけの違いは確実にあります。カーブでのロールは、片方向に入力が続く首都高のスパイラル状の連続高速カーブでも、左右に切り返すS字が続く山道でも、思ったよりは少なかったです。これは比較的トレッドが長いのが効いていると思います。静粛性は、エンジンノイズの侵入に関しては、ちょっと加速して3000回転ぐらい回すと、友人が最近買ったMBの新型Cクラス(同じ4気筒)に比せば劣り、その点ではInscriptionの内装の高級感をスポイルします。高速巡行時は8ATのおかげで1500回転ぐらいしか回っていないので静かです。ロードノイズは、あたらしいタイヤはまだゴムが柔らかくて静かなので、スポーツタイヤですが問題視するレベルではありませんが、2,3年経過して5分山ぐらいになった時にどうなるのか、気になるところです。
      【運転支援・安全性能】
      まず、運転支援については、ACCの動作はスムースです。CX-5に勝り、友人のスバルのアイサイトTAやMBと同等と感じました。割り込み車両にも、うまく対応してくれます。レーダー・カメラ併用のためか、車線を変更した時の、認識対象の「前車」の切り替えも比較的早いです。当方は一般道でも多用していますが、大きな問題は感じません。
      ハンドルアシストについては、動作条件が厳しいらしく、片側にしか車線が引かれていない一般道や、車線がかすれがちの首都高などでは、使えないことがままあります。この点はアイサイトの方が前車の走行軌道を追う機能がついている分、優れていると思います。ハンドルの維持に力を要するようなカーブでは、途中で解除されてしまいますが、ヘッドアップディスプレイ表示や警告音がないので、アシストが入ったり解除されたりしたタイミングがわからず、急にハンドルが重くなったり(On)、軽くなったり(Off)するので、かなり戸惑います。それと、全般的に車線の右寄りを走ろうとするので、一般道では左側を走る自転車にぶつからないか気にしなくていい一方で、高速の追い抜き車線を走っている時はガードレールにぶつかるのではないかと冷や冷やすることがあります。
      次に安全性能については、幸い、そのすべての実力を発揮させる状況にはまだないのですが、夜間に無灯火の自転車を認識してブレーキ介入したときは、こちらは気が付いていなかったので助かりました。これはもしかすると光学Onlyのアイサイトでは難しかったかもしれません。それ以外でも対向車の右折車両や路側からの車の飛び出しなどでブレーキ介入を経験しました。これらはすべて自分の運転ならまだブレーキは踏まないな、というタイミングでしたが、これまでの横着な自分の運転の悪癖をカバーしてくれているわけで、安全度は高まったと思っています。車線変更のアラートも十分機能します。

    XC40のクチコミ

    (386件 / 46スレッド)

    クチコミ募集中

    XC40のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    XC40 2018年モデル

    XC40 2018年モデル

    XC40 2018年モデルのクチコミを書く
    XC40

    XC40

    XC40のクチコミを書く

    閉じる

    XC40のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    XC40 2018年モデル

    XC40 2018年モデル

    XC40 2018年モデルのクチコミを書く
    XC40

    XC40

    XC40のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ23
      • 返信数5
      • 2019年1月17日 更新
      国産車には多いとは思いますが、停止している状態で先行車が発進したら音で知らせてくれる機能はXC40にはついていますでしょうか?
      • ナイスクチコミ1
      • 返信数8
      • 2019年1月16日 更新
      父がT4 Inscriptionを昨年5月ごろ契約し、年が明けてようやく先週届きました。
      さて、いきなり質問になるのですが、父はオプションでパワーテールゲートをつけなかったのですが、つければよかったと後悔しています。担当セールスに後付けできないか?と聴いたほどです。
      しかし、(もちろんテールゲートは手動なのですが)そのゲートに開閉ボタンはついているのです。なんの効果もありま
      続きを読むせんが。。。くどいようですが。。。
      どうしても気になったので、パワーテールゲートを調べたら、国産車用にキットが販売されているのを見つけまし。さらに調べたら、中国での販売になるようですが、レンジローバーやプジョー用のキットも販売されているようで、出来る方はDIYで取り付けていらっしゃいます。

      そこで質問させていただきますが、オプションで付けなかった方、やはり開閉ボタンだけはついているのでしょうか?また、やはりセールスさんの言う通り、メーカーからキットを取り寄せてもらい取付することはできないのでしょうか?
      ご存知の方いらっしゃればよろしくお願いいたします。
      • ナイスクチコミ52
      • 返信数3
      • 2019年1月12日 更新
      T4 Momentumに乗ることができました。

      1st.ED.の時に感じた、荒れた路面でドッタンバッタン大騒ぎなゲロ硬い乗り味は薄まって、これなら多い日(走行距離が)も安心です。
      1st.ED.に試乗して、「うわぁ、この車硬すぎ・・・」とか思われた方はぜひ再チャレンジしてみてください。

      ただ、T4 Momentumでも、1st.ED.の時に感じたせわしなさがやはり
      続きを読む残りますね。
      軽快に走ってレスポンスがいいのはいいんですが、もう少し落ち着いた乗り味でもいいんじゃないかなあとは思います。
      特に後ろの席は・・・。座面が短いし、シート自体立っているので、ちょっと踏ん張るようにして乗らないとダメかも。
      少なくても我が家では、自分だけ楽しんで、家族への愛情もその頭髪もともに薄いわ!と娘からディスられそうなんで、悩ましいところでございます。

      まあ、500万払ってこの乗り心地か・・・と圧倒的な絶望感に襲われた●●●●ー●ー、●●ォー●でも、あんまり文句言う人はいないようなんで、世間一般的にはスポーティゆーとけば少々アレでも、納得できるんかな。
      そういえば、●●ォー●って年配の人しか乗ってるのを見たことないなあ・・・(注:個人の感想です。)
      パーソナルカーと割り切るんならこれでいいのかもしれませんがね。

    XC40の中古車

    XC40の中古車相場表を見る

    XC40とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止