ルノー メガーヌ R.S. 2018年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

メガーヌ R.S. 2018年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
ルノー スポール2018年8月30日/フルモデルチェンジ

440万円

-

  FF 5人 7.5km/L 1,798cc 1,480kg 279ps

メガーヌ R.S. 2018年モデルのレビュー・評価

(1件)
  • メガーヌ R.S. 2018年モデル ルノー スポール 筆者は、現在でもルノー「トゥインゴ」を23年乗り続け、同時に「アルピーヌV6ターボ」を所有していたこともあり、ルノー車との付き合いは長期に渡ります。一時期は「メガーヌ R.S」2代目の購入を本気で考えました。


    新型「メガーヌ R.S」のボディサイズは、4410×1875×1435mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2670mm。メガーヌ GTからフロントを60mm、リアを45mmワイドとなったフェンダーが備わります。またF1スタイルのエアインテークブレードにワイドなエアインテークを組み込んだフロントバンパーを採用し、実車の迫力は相当なものです。
    先代モデルでは3ドアハッチバッ
    続きを読む クでしたが、3代目となる新型では5ドアハッチバックのみとなりました。

    R.Sモデルのイメージとなりつつあるチェッカーフラッグ型のLED「R.S.ビジョン」が備わり、スモールランプ、フォグランプ、ハイビームとしての役割を行います。またヘッドライトはLED式で、Cシェイプのデイライト&ターンシグナルが、さらなる迫力となっています。

    今回は筆者が日頃からメンテナンスでお世話になっている関東最大級のルノーディーラーにて展示車を特別にお借りして、東名高速道路、国道129号線をメインに試乗を敢行しました。

    エンジンを始動させますと、先代から踏襲されたセンターマフラーから野太いエキゾーストが響き、正体がすぐにバレます。
    国道を流しても、新型「メガーヌ R.S.」の動きはとにかく俊敏という印象です。交差点ではステアリングのわずかな切り込みに対して、瞬間的にヨーモーメントが発生するこの動きは、「メガーヌ GT」にも採用されている「4コントロール」の恩恵です。同位相で1度、逆位相で2.7度リアタイヤが動くそのシステムは、GTと同様のシステムを採用しています。全幅も1870mmもありますが、まるで「ルーテシアR.S」.に乗っているかのような軽快な身のこなしが印象的でした。

    東名高速道路「厚木インター」へ進入するコーナーでも、リアはドッシリと安定し、路面に張り付いたままです。本線に合流する際にアクセルを深く踏み込むと、直列4気筒DOHC 1.8リッター直噴ターボ「M5P」型エンジンはホットハッチらしく、キャビンに迫力のあるエキゾーストノートを響かせ、シフトアップの度に「バフッ!」という炸裂音が木霊します。最高出力279PS/6000rpm、最大トルク390Nm/2400rpmを発生するこのエンジンは、7000rpmまで瞬間的に吹け上がり、390Nmもの大トルクでグイグイ速度を伸ばしていきます。0-100km/h加速は5.8秒ですからアクセルを開けている時間はほんの一瞬でした。

    乗り心地は、クルマの性格上、終始硬めですが、「カヤバ」製のダンパーはストロークを持たせてあるセッティング。路面の段差を乗り越えても、不快な突き上げなどは皆無で、硬さの中にもしなやかさを持たせてあるルノー車らしいセッティングです。そのため、19インチのタイヤはしっかり路面を捉え、比類なき安定性を実感できます。

    4コントロールの動きは、慣れるまではやや違和感を覚えることもありました。リアの操舵角を決定するパラメータは車速、フロントの操舵角、そしてステアリング操舵スピードの3つです。車速と切れ角については固定のパラメータですが、操舵スピードは可変式のため、周囲の安全を十分考慮し、急なレーンチェンジを試みても姿勢が乱れることなく、水平移動のような感覚です。

    短時間だけワインディングロードに分け入りました。さすがに1875mmの全幅は道幅の狭い道路ではやや気を使いますが、その動きはコンパクトホットハッチのようで、クリックなギアレシオを持つステアリングと相まって、タイトコーナーをヒラリ、ヒラリとクリアしていきます。DASS(ダブル・アクシス・ストラット・サスペンション)が、トルクステアも抑え、痛快そのものでした。

    5ドア化により、日頃の利便性も向上。お買い物クルマとしても、十分な実用性を持つラゲッジルームや、広いリアシートなど快適性も充実。それでいて、先代よりもさらに痛快な走りを手に入れた新型「メガーヌ R.S.」。隣町への移動ですら走る楽しみを味わえる同車。筆者も惚れています。販売したばかりですが、販売店では、すでに受注は一杯だそうです。

    ルノーは、このようなクルマ造りは相変わらず上手いと感じさせてくれました。


    参考になった 18人
    2018年9月9日 投稿
    満足度 5
    エクステリア 5
    インテリア 5
    エンジン 5
    走行性能 5
    乗り心地 5
    燃費 無評価
    価格 5

メガーヌ R.S. 2018年モデルのクチコミ

(8件 / 2スレッド)
    • ナイスクチコミ7
    • 返信数2
    • 2018年11月5日 更新
    本日、試乗してきました。
    かなりトルクフルなエンジンで、急勾配も問題ありません。
    パドルシフトもクイックで瞬時に変速をしてくれます。
    静寂性が高いようで、車内でオーディオを作動させているとエンジン音が
    かすかに聞こえる程度です。しかし、スポーツモードにするとやる気にさせる
    エンジン音と共に、野太いマフラー音が車内に入ってスポーツカーに
    乗っていることを感じさせます。
    続きを読む通常走行では30キロ程でも5速に入りますので、
    燃費にも貢献しそうです。見積もりも取得しましたが、5,000千円オーバーと
    かなりの高額でした。
    帰りがけに営業の方が、年内にはマニュアルの発表があると言われていましたが、
    このRSであればATでも良いのではと思います。
    迫力のあるフロント、リヤと久し振りに書き込みをしたくなる車でした。
    すご〜く欲しいなぁ〜‼
    • ナイスクチコミ14
    • 返信数4
    • 2018年10月31日 更新
    先日オランジュトニックで注文しました。
    現在の注文ですと、19年4月の船便で6月の引き渡しだそうです。
    ご参考までに。

メガーヌ R.S.とよく比較される車種

  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止