OSMO POCKET スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
OSMO POCKET 製品画像

拡大

部門別ランキング

最安価格(税込):¥43,495 (前週比:+376円↑)

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2018年12月15日

店頭参考価格帯:¥43,496 〜 ¥45,240 (全国711店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ハンディカメラ 画質:4K 本体重量:116g 撮像素子:CMOS 1/2.3型 OSMO POCKETのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • OSMO POCKETの価格比較
  • OSMO POCKETの店頭購入
  • OSMO POCKETのスペック・仕様
  • OSMO POCKETのレビュー
  • OSMO POCKETのクチコミ
  • OSMO POCKETの画像・動画
  • OSMO POCKETのピックアップリスト
  • OSMO POCKETのオークション

OSMO POCKETDJI

最安価格(税込):¥43,495 (前週比:+376円↑) 発売日:2018年12月15日

  • OSMO POCKETの価格比較
  • OSMO POCKETの店頭購入
  • OSMO POCKETのスペック・仕様
  • OSMO POCKETのレビュー
  • OSMO POCKETのクチコミ
  • OSMO POCKETの画像・動画
  • OSMO POCKETのピックアップリスト
  • OSMO POCKETのオークション

OSMO POCKET のスペック・仕様・特長



基本仕様
タイプ ハンディカメラ 撮像素子CMOS 1/2.3型
総画素数  動画有効画素数 
静止画有効画素数1200万画素 画質 4K
光学ズーム   デジタルズーム  
記録メディアmicroSDカード
microSDHCカード
microSDXCカード
液晶モニター 
手ブレ補正機構  焦点距離 
F値F2   
詳細仕様
タッチパネル  360度カメラ 
ファインダー  夜間撮影機能  
最低被写体照度   静止画解像度4000×3000
メモリー静止画記録形式JPEG/DNG メモリー動画解像度3840×2160
インターフェースUSB-C 防水性能  
付属バッテリー  撮影時間 
ネットワーク
Wi-Fi  NFC 
Bluetooth    
サイズ・重量
幅x高さx奥行き36.9x121.9x28.6 mm 本体重量116 g
カラー
カラーブラック系   
 
 
 
 
 
 
※ビデオカメラ項目解説

*1撮影時間
付属バッテリーを使用した時間です。

*2メモリー動画解像度
フラッシュメモリに保存できる最大の解像度です。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

OSMO POCKET
DJI

OSMO POCKET

最安価格(税込):¥43,495発売日:2018年12月15日 価格.comの安さの理由は?

OSMO POCKETをお気に入り製品に追加する <437

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース DJI、最大4K/60fpsの動画を撮影できる小型3軸ジンバルカメラ「OSMO POCKET」
2018年11月29日 11:40掲載
OSMO POCKET OSMO POCKET

DJIは、3軸ジンバル搭載カメラ「DJI Osmo Pocket」を発表。12月15日より発売する。

長さ12cmのコンパクトサイズの3軸ジンバル搭載カメラ。1/2.3型センサーを搭載し、最大4K/60fps 100Mbpsの動画と、1200万画素の静止画が撮影可能。また、内蔵デュアルマイクと高度ノイズキャンセリングのアルゴリズムにより、映像に合わせて高品質で音声を録音できる。

さらに、使いやすさを考慮して設計しており、ジンバルカメラに1型の一体型タッチスクリーンを内蔵。映像を確認しながら撮影できる。

このほか、さまざまな撮影モードへの切り替え、設定の調整、撮影した映像の確認も可能。クリエイティブ機能として、選択した被写体を認識し、指でタップするだけで撮影できる「アクティブトラック」、自動的に人の顔を認識し、被写体をフレームの中心にキープしたまま撮影できる「フェイストラック」、数分間の映像を数秒にまとめる「タイムラプス& モーションラプス」などを搭載する、

なお、専用アプリ「DJI Mimo」を使用することで、Lightning端子もしくはUSB-C端子を搭載した端末を接続してモニターとして使用可能。アプリのメニューには、さまざまなインテリジェント機能と録画モードを搭載している。

価格は44,900円。

(C)2018 DJI JAPAN.

ページの先頭へ