空気清浄機 通販 価格比較

> > 空気清浄機

キーワード検索

関連特集

3in1空調家電「Dyson Pure Hot+Cool Link」

3in1空調家電「Dyson Pure Hot+Cool Link」

暖かい風を遠くまで届ける「エアマルチプライアーテクノロジー」で冬もポカポカ(2017年1月1日掲載)

奥行き35cm以下!コンパクトな食器洗い機

奥行き35cm以下!コンパクトな食器洗い機

据え置きタイプだから設置もカンタン。手荒れが気になる主婦の強い味方です!(2016年4月1日掲載)

  • ※掲載情報は、2017年01月25日02時55分 の情報です

空気清浄機の選び方

空気清浄機選びに必要な知識はこちらでチェック!
空気清浄機の選び方ガイド 詳 細はこちら
製品選びの前に 注目の加湿機能搭載やPM2.5に対応した製品を紹介
選び方のポイント 集じん方式の違いや設置する部屋面積に最適な能力を解説
主なメーカー シャープやダイキン、パナソニックほか主なメーカーの特徴
機能や装備をチェック 除湿機能からHEPAフィルターまで知りたい機能を詳しく解説
FAQ(よくある質問と回答集) 「設置する場所はどこがベスト?」といった疑問に回答
用語集 「アレル物質」「ホコリ・ニオイセンサー」など覚えたい用語集
     
畳     
メーカー名 価格円以下  

※カンマ(,)は入力しないでください。

 
 
 
 
 
 
  • ※掲載情報は、2017年01月25日03時05分の情報です

空気清浄機 製品&レビューピックアップ

買ってよかった! ユーザーレポート

詳しい分析はこちら! プロフェッショナルレポート

空気清浄機 トレンド

  • メーカー
  • シリーズ
  • 価格帯

価格.comにおいて、どのメーカーの製品が売れ筋なのかがわかります。製品選びの参考にしてください。

棒グラフ円グラフ
  • 2016年12月のトレンド情報です

空気清浄機 関連特集・記事

買うならどっち? ブルーエアの最新空気清浄機2モデルを徹底比較チェック

買うならどっち? ブルーエアの最新空気清浄機2モデルを徹底比較チェック

人気の空気清浄機ブランド“ブルーエア”から、今年は2つの新モデルが登場! Wi-Fi対応したスタンダードモデルと、ポップなデザインの新モデル、自分の家で使うならどっちがいいの? 鴻池氏が自宅で徹底検証しました。(2016年12月掲載)

やっぱりダイキンの加湿空気清浄機ってイイ! と思った3つの理由

やっぱりダイキンの加湿空気清浄機ってイイ! と思った3つの理由

加湿空気清浄機が欲しいけれど、加湿具合がいまいちなので見送っていた方に! ダイキンの新モデル「MCK70T」は加湿空気清浄機の課題である「加湿」も「おまかせ運転」でしっかりコントロール。加湿も空気清浄もどちらも抜かりなくしてくれる頼れるヤツです!!(2016年11月掲載)

ブルーエアの空気清浄機「Blueair Classic」が遂にWi-Fi対応!

ブルーエアの空気清浄機「Blueair Classic」が遂にWi-Fi対応!

ブルーエアの空気清浄機にはWi-Fi対応した「Blueair Sense+」がありますが、もっと適用床面積の大きい「Blueair Classic」でもスマートデバイスで操作&空気を可視化できるようになりました。さらに、吸引口と排気口を大きくしたりファンを改良するなどで清浄性能が最大18%向上。(2016年9月掲載)

カジュアル路線なブルーエアの空気清浄機「Blue by Blueair」が誕生!

カジュアル路線なブルーエアの空気清浄機「Blue by Blueair」が誕生!

ブルーエアの空気清浄機にしてはリーズナブルでカジュアルなシリーズ「Blue by Blueair」が誕生しました。構造はシンプルで、ほぼ30cm四方のスペースに置けるコンパクトなサイズ感ですがパワフルな清浄性能は保持。内覧会で見てきた詳細をお伝えします。(2016年9月掲載)

シャープの加湿空気清浄機に自動掃除機能搭載の「KI-GXシリーズ」が登場!

シャープの加湿空気清浄機に自動掃除機能搭載の「KI-GXシリーズ」が登場!

シャープがプラズマクラスター加湿空気清浄機の新モデルを発表。プレフィルターを自動で定期的に掃除する機能が搭載されている「KI-GXシリーズ」や、コンパクトなサイズながら高い除菌・消臭性能が期待できる「KI-GSシリーズ」をチェックしてきた!(2016年9月掲載)