空気清浄機の選び方

ホーム > 家電 > 空気清浄機 > 空気清浄機の選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

「方式の違いって何?」「子供部屋に最適なのはどれ?」「メーカーごとの違いがわからない」など、空気清浄機選びの際に浮かぶ疑問にお応えする選び方ガイドです。空気清浄機選びに必要な基礎知識や用語解説をチェックしましょう。

空気清浄機選びの前に

空気清浄機のトレンドをチェック

空気清浄機のトレンドは、多機能化とメンテナンスフリー化です。かつて花粉症対策で購入されることが多かった空気清浄機ですが、近隣諸国から飛来する汚染物質PM2.5が問題となって以降、それらを取り除く性能を持つ製品が人気となっています。また、加湿の機能を備えた製品や10年間フィルター交換が不要な製品も増えてきました。

風邪やインフルエンザ予防を強化してくれる加湿機能

風邪やインフルエンザ予防を強化してくれる加湿機能

空気を加湿する機能を搭載する製品が増えています。空気が乾燥する季節にはうれしい機能であり、設置スペースも抑えられます。

加湿機能対応製品を探す

近隣諸国の大気汚染の影響が気になるPM2.5対応

近隣諸国の大気汚染の影が気になるPM2.5対応

高性能なHEPAフィルターなどの採用により、微小粒子状物質PM2.5の除去性能を持った製品が一般的になりました。

PM2.5対応製品を探す

交換の手間とコストを抑えられてうれしい、フィルター寿命10年の製品も

交換の手間とコストを抑えられてうれしい、フィルター寿命10年の製品も

手間とコストのかかるフィルター交換ですが、多くの製品でフィルター寿命が10年と長くなっています。ただし、使用状況により寿命が短くなることもあります。

フィルター寿命10年対応製品を探す

このページの先頭へ

買い物ナビ

選び方のポイント

タイプをチェック

空気清浄機には、室内の空気を集めてきれいにする基本的な製品のほか、加湿機能を備えた製品やニオイの除去に特化した脱臭機、イオンを発生させて室内の除菌・消臭が可能なイオン発生機などがあります。

集じん方式をチェック

空気の汚れを取り除く方法は、大きく2つに分けられます。多くのメーカーが採用しているのが「ファン式」で、きめ細かな素材で作られた集じんフィルターで汚れをキャッチします。もうひとつは「電気集じん方式」で、静電気の力によって汚れをキャッチさせる方法です。

ファン式

ファン式

ファンで集めた空気をフィルターに通し、汚れを取り除く方式です。ホコリなど大きな物質をろ過するプレフィルターと花粉や細菌など微細な物質を取り除く集じんフィルターなど複数のフィルターを備えています。

ファン式の製品を探す

電気式

電気式

汚れを静電気で取り除く方式。浮遊物質をプラスに帯電させ、マイナス帯電したフィルターに吸着させます。フィルターの目詰まりが起きにくく、集じん効果が落ちにくいことが特長です。

電気式の製品を探す

適用床面積をチェック

空気清浄機は空気を吸い込む風量によって効果の得られる広さが変わります。スペックに書かれている「適用床面積」は、30分かけて空気をきれいにできる能力で、実際に使用する部屋の面積の2〜3倍のものを選ぶと、より早く空気の汚れを取り除くことができます。使用する部屋の面積によっては、2台設置したほうがよい場合もあります。

適用床面積から選ぶ

最大風量や清浄時間をチェック

最大風量

空気清浄や脱臭などの運転モードをすべて含めたなかで最大の風量を示しています。この値が大きくなるほど、空気を早く循環させることができます。

最大風量をチェック

清浄時間

空気清浄モードで運転した際に、8畳の室内を清浄するのにかかる時間です。


清浄時間をチェック

加湿清浄時間

加湿空気清浄運転時に、8畳の室内を清浄するのにかかる時間です。空気清浄運転時に比べて長くなります。

加湿清浄時間をチェック

このページの先頭へ

空気清浄機のおすすめ製品はコチラでチェック

主なメーカー

シャープ

シャープ

代名詞のプラズマクラスターがさらに進化

浮遊カビ菌の除菌や消臭、静電気除去などに効果があるというイオン発生技術「プラズマクラスター」を採用。上位機種では、イオン濃度をさら高めた「プラズマクラスターNEXT」を搭載し、付着ニオイ原因菌の除菌や、ストレスがたまりにくい環境をつくる効果が得られます。

シャープ製品を探す

ダイキン

ダイキン

全機種で有害物質や花粉の芯を分解

有害物質や花粉の芯を分解できる「ストリーマ機能」を全機種に搭載。同機能により脱臭能力も持続するため、家の中の生活臭抑制にも寄与します。「TAFUフィルター」を搭載したハイグレードタイプは、10年間フィルターの交換が不要で、パワフルな集じん能力が持続します。

ダイキン製品を探す

パナソニック

パナソニック

花粉汚れもしっかり吸引できる製品も

多くのモデルで空気の浄化に効果を発揮する「ナノイー」を搭載。上位モデル(F-VXP90/F-VXP70)では、よりパワフルな「ナノイーX」や、約0.3μmの粒子を検知して花粉などの汚れもしっかり吸引する「高感度ハウスダストセンサー」を採用しています。

パナソニック製品を探す

日立

日立

フィルターのお掃除をしなくていいスグレモノ

クリエアシリーズをラインアップし、一部の中・上位機種ではホコリがたまりやすいプレフィルターを自動でお掃除してくれる機能を搭載。フィルターのお手入れ目安が約1年に1回と、メンテナンスが非常にラクになります。

日立製品を探す

ブルーエア

ブルーエア

シンプルな北欧デザインにスマホ連携機能も

リビング置いても違和感のないシンプルなデザインに定評があり、機能性も十分。上位3機種は、3層フィルターと粒子イオン化技術を組み合わせた「HEPASilentテクノロジー」で、0.1μm以上の微粒子を99.97%除去。Wi-Fi機能により、スマートフォンから操作することも可能です。

ブルーエア製品を探す

富士通ゼネラル

富士通ゼネラル

消臭成分を放出し染みついたニオイも脱臭

空気清浄機の生産は終了し、現行モデルでは脱臭機能に特化した脱臭機をラインアップ。消臭成分を放出することで、カーテンやソファなどの布製品についたニオイも脱臭できます。上位機種のHDS-3000Gはユニット内でのオゾン照射やカテキン抗菌フィルターなどによる除菌機能を備えます。

富士通ゼネラル製品を探す

このページの先頭へ

機能や装備をチェック

加湿機能
水分を空気中に放出し湿度を上げる機能です。乾燥する冬期に使用することで風邪やインフルエンザの予防効果が期待できます。
除湿機能
空気中の湿度を下げる機能です。洗濯物の部屋干しするときに使用すれば、ニオイが気にならず早く乾かすことができます。
PM2.5対応
高性能なフィルターを採用し、2.5μm以下の微小粒子状物質PM2.5を除去することができます。
花粉モード
自動的に風量を強めることでサイズが大きく床に落下しやすい花粉を吸引して取り除く機能です。
脱臭機能
活性炭などを使用した脱臭フィルターやイオン機能により空気中のニオイを取り除くことができます。
タイマー機能
設定した時間が経つと自動的に電源を入れたり、切ったりできる機能です。外出時に設定しておくと、人のいない間に空気をキレイにでき、節電にも役立ちます。
HEPAフィルター
0.3μmの粒子を99.97%以上キャッチすることのできる高性能フィルターです。花粉やホコリ、ダニなどのアレル物質はほぼ完全に取り除くことが可能です。空気清浄機だけでなく、掃除機にも使用されています。

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Q設置する場所はどこがベスト?
A部屋の空気を循環させられる場所に。
空気清浄機は部屋の空気を循環させることで効果を発揮しますから、見通しのよい場所に置くのが基本です。花粉やホコリは重さがあり落ちやすいため、床近くに設置するのが効果的です。また、吹き出し口の近くに壁や家具がないようにしてください。吸い込み口が本体の後ろにある場合は、壁との間に少しスペースを空けましょう。
Q空気清浄機は自動車の排気ガス対策になりますか?
A排気ガスは空気清浄機のフィルターで十分捉えられる大きさです。
自動車の排気ガスの中に含まれるディーゼル粉塵(DEP)や排ガス(NOX)などの有害物質は、空気清浄機のフィルターで十分捉えられるサイズで、ガス状になった粉塵の一種です。
Qタバコの煙とニオイは、空気清浄機でどれくらい除去できるの?
A空気清浄機のスペックによって異なります。
空気清浄機そのものの性能や、適用畳数と実際の広さ、喫煙の頻度によります。煙やニオイは部屋全体に広がる前にスピーディーに空気浄化することが重要なので、スペック上風量や清浄時間が早ければ早いほど除去能力も高いと言えます。ただし、タバコの有害物質(一酸化炭素など)はすべて除去できるわけではありません。

このページの先頭へ

用語集

アレル物質
花粉やダニの死骸やフンなど、体内に入るとアレルギー症状を引き起こす原因となる物質のことです。
加湿能力
加湿機能の能力は1時間あたりに放出する水分量(ml)で表示されます。一般的に木造よりもプレハブ、和室よりも洋室の方が同じ加湿能力でもより広い空間を加湿することができます。
給水タンク
加湿機能を持つ空気清浄機には、水を補給するためのタンクが備わっています。容量が大きいほど長時間の加湿が可能になります。
チャイルドロック
小さな子どものいたずらによる誤動作を防ぐ機能です。
ホコリ・ニオイセンサー
空気中の汚れやニオイを検知して風量などを自動調整します。

このページの先頭へ

イラスト:Hisana Nakamura

このページの先頭へ