価格.com

家電

Ultra HD Blu-ray特集

Blu-rayソフトも続々登場

Ultra HD Blu-ray特集

新時代の映像を体験しよう

「4K」テレビが普及しつつあるなか、最近にわかに脚光を浴びている規格が「Ultra HD Blu-ray(UHD BD)」。高い解像度に加え、これまで以上にリアルで美しい映像表現が魅力です。対応プレーヤーやソフトなどをひと足先に手に入れ、新時代の映像体験を楽しみましょう!

Ultra HD Blu-rayの魅力

「4K画質」「HDR」「広色域」への対応によって、従来のBlu-rayに比べ映像が総合的に大幅グレードアップするという「Ultra HD Blu-ray」。具体的に映像がどう変わるのか、そしてそれを存分に楽しむにはどんな機器が必要なのかをチェックしましょう。

Ultra HD Blu-rayは何がスゴいの?

フルハイビジョンの4倍の画素数に加え、色の鮮やかさと映像のメリハリも大幅にアップ!

Ultra HD Blu-rayは、これまでのBlu-rayで記録可能だったフルハイビジョン(1920×1080px)の4倍にあたる解像度(3840×2160px)で映像を収録。また、輝度のピーク幅を大きくしたHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応し、黒つぶれや白とびで見えなかった部分を改善しています。さらに、色域も広くなるため、これまで切り捨てられていた色みも再現することができるようになり、映像のメリハリや色の鮮やかさが段違いに良くなっています!

Ultra HD Blu-rayを楽しむのに必要な機器はこちら

  • プレーヤー/レコーダー

    Ultra HD Blu-rayソフトの再生に対応するプレーヤー/レコーダーが市場に登場し始めています。今後もソニーなど大手メーカーの参入が見込まれているものの、発売されている対応製品数はまだ少ないのが現状。先んじて新時代の映像を体験するなら、対応モデルをチェック!

    プレーヤー/レコーダーをチェック

  • 薄型テレビ

    Ultra HD Blu-rayに記録された映像をきちんと出力するには、HDRに対応した4Kテレビが必要です。HDRに対応していない場合、視聴はできますが従来の色域(SDR)での表示になり本来の映像を楽しめないため、各社のラインアップから対応モデルを選びましょう。

    薄型テレビをチェック

  • Blu-rayソフト

    Ultra HD Blu-ray対応のプレーヤーが出てきたことで、20世紀フォックスやワーナー・ブラザース、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントなどの大手からも、大作タイトルが続々登場。また、映像美を体感しやすい風景映像を収録したソフトも発売されています。

    Blu-rayソフトをチェック

このページの先頭へ

プレーヤー/レコーダー

Ultra HD Blu-rayソフトの再生に必要なプレーヤー/レコーダーは、2015年11月に世界初の「DMR-UBZ1」が登場したのを皮切りに、徐々に増えつつあります。現状、プレーヤー/レコーダーはパナソニック一択ですが、2017年春にはソニーからも発売が予定されています。また、ゲーム機では「Xbox One S」が再生に対応しています。

低価格モデルも続々ラインアップ!

パナソニックからラインアップされているUltra HD Blu-ray対応プレーヤー/レコーダーは以下の4モデル。純粋なプレーヤーである「DMP-UB90」であれば、5万円台から購入可能です。一方、マイクロソフトの家庭用ゲーム機「Xbox One S」がUltra HD Blu-rayソフトの再生に対応。こちらは3万円台で購入できるため、コストを押さえて再生機器を導入したいなら要チェック!

  • パナソニックDMP-UB90

    最安価格¥-

    Ultra HD Blu-ray対応のプレーヤーとしては最安のモデル。4K Ultra HD映像の質感やきらめき感を最大限に引き出せる映像処理エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」を搭載。

    この商品を探す

  • パナソニックDMP-UB900

    最安価格¥-

    左の「UB90」の上位モデルとなるプレーヤー。「UB90」が搭載している映像処理エンジンよりも色輪郭の再現処理を高めた「4Kリアルクロマプロセッサplus」を搭載しています。

    この商品を探す

  • パナソニックDMR-UBZ1

    最安価格¥-

    Ultra HD Blu-rayの再生ができるレコーダー。「4Kリアルクロマプロセッサplus」を搭載するほか、Ultra HD Blu-ray再生時以外の高画質化技術も多数備えています。

    この商品を探す

  • パナソニックDMR-UBZ2020

    最安価格¥-

    「DMR-UBZ1」よりも大幅な値下げを実現したレコーダー。映像処理エンジンは「UB90」相当の「4Kリアルクロマプロセッサ」ですが、独自の高画質化技術も搭載。

    この商品を探す

  • パナソニックDMR-UBZ1020

    最安価格¥-

    Ulta HD Blu-rayの再生に対応するレコーダー。映像処理エンジンなどの仕様は「UBZ2020」とほぼ同じですが、HDD容量が半分の1TBとなっておりその分安価です。

    この商品を探す

  • マイクロソフトXbox One S

    最安価格¥-

    マイクロソフトの最新ゲーム機である「Xbox One S 1TB (Halo Collection 同梱版)」は、家庭用ゲーム機で初めてUltra HD Blu-rayの再生に対応。定価は3万4,980円で、Ultra HD Blu-rayプレーヤーとしても最安です。

    この商品を探す

  • OPPOUDP-203

    最安価格¥-

    音響/映像機器を手掛けるOPPOが展開するUilta HD Blu-rayプレーヤー。ハイレゾ対応のオーディオ再生機能を備え、映像と音声を分離出力できる2系統HDMI出力端子を搭載しています。

    この商品を探す

  • シャープBD-UT3100

    最安価格¥-

    シャープが展開するUlta HD Blu-ray再生対応のレコーダー。高画質・高速化を実現する新エンジン「4KマスターエンジンBD-PRO」を搭載しています。HDD容量は3TB。

    この商品を探す

  • シャープBD-UT2100

    最安価格¥-

    地上・BS・CSデジタルの各チューナーをそれぞれ3つ搭載するなど、「UT3100」と同じ基本仕様を持つレコーダー。異なるのはHDD容量でこちらは2TBのモデルです。

    この商品を探す

  • シャープBD-UT1100

    最安価格¥-

    「UT3100」「UT2100」と同じ仕様で、HDD容量が1TBのモデルです。容量以外は3機種とも基本的に同じ性能ですので、他の2機種よりも安価に導入することができます。

    この商品を探す

このページの先頭へ

薄型テレビ

Ultra HD Blu-rayの映像を余すことなく楽しむには、テレビが4K解像度とHDRに対応していることが必要です。最新は4Kテレビの多くがHDR対応になってきていますが、一部のエントリーモデルでは非対応の場合もありますので買い替えの際は要注意です。

低価格モデルも続々ラインアップ!

4KとHDRに対応したテレビは、主だったテレビメーカー各社から多くの製品がラインアップされており、安いモデルなら10万円を切る価格でも探せるようになってきました。ちなみにHDRには、最初から対応しているモデルと、ソフトウェアのアップデートで対応する2タイプが存在します。

  • SONYBRAVIA

    4K・HDRに対応しているのは全部で6シリーズ。上位モデルほど映像処理エンジンが強力になっているほか、最廉価モデル以外はトリルミナスディスプレイを採用して広色域を実現しています。また、バックライトの部分駆動などで高コントラスト化が図られています。

    この商品を探す

  • 東芝REGZA

    4Kテレビのラインアップ自体が3シリーズとそれほど多くありませんが、すべてHDRに対応。全面直下LEDバックライトの性能を引き出す映像処理エンジン「4KレグザエンジンHDR」の搭載に加え、上位モデルではさらに高輝度・広色域が得られるエンジンも搭載。

    この商品を探す

  • パナソニックVIERA

    4K・HDRに対応しているのは5シリーズ。微妙な色の違いを見極めて忠実に再現する「ヘキサマクロドライブ」や鮮やかな“赤”を再現できるLEDバックライトを採用しているのが特徴。新構造のLEDバックライトを採用した最上位モデルでは黒の再現性も高めています。

    この商品を探す

  • シャープAQUOS

    現在ラインアップされる4Kテレビ7シリーズすべてがHDRに対応。映像処理エンジンは、ミドルクラスまでは「AQUOS 4K-Master Engine PROU」を採用していますが、上位モデルには8K相当の映像を作り出す「X8-Master Engine PRO」を採用。明暗の表現力を高めるメガコントラスト技術も搭載。

    この商品を探す

  • 4K・HDR対応の薄型テレビを探す

このページの先頭へ

Blu-rayソフト

Ultra HD Blu-ray規格で楽しめる作品が増えています。新規格による映像の進化は、鮮やかさや迫力、暗部の再現力など、さまざまな面で体感できるため、新しい感動が得られるでしょう。ここでは高画質で楽しみたい注目作品を一挙紹介します!

SF作品を探す

アクション作品を探す

ミステリー・サスペンス・パニック作品を探す

ファンタジー作品を探す

アドベンチャー作品を探す

コメディ作品を探す

ドラマ・ラブロマンス作品を探す

アニメ作品を探す

バックグラウンドビデオ作品を探す

このページの先頭へ

Ultra HD Blu-rayについてもっと知りたい!

Ultra HD Blu-rayとは何なのか、映像性能は具体的にどのくらいアップしたのか、などUltra HD Blu-rayについて詳しい情報をまとめました。新規格の映像をもっと楽しむためのアイテムなども紹介。Ultra HD Blu-rayについてもっとよく理解し、もっと楽しみたい人は必見!

Ultra HD Blu-rayとは?

Ultra HD Blu-rayは、企業団体のBlu-ray Disc Association(BDA)が策定した規格で、基準となるのは4K解像度への対応とHDRの採用、広色域など。このほか、高フレームレートへの対応も必要とされています。また、サウンド面ではオブジェクトベースのサラウンド技術へ対応。オプションの「Digital Bridge」という機能で購入したコンテンツをモバイル機器でも楽しめるようにする、といったことも含まれています。「UHD BD」や「UHD Blu-ray」などと略して表記されることもあります。なお、Ultra HD(UHD)とは、超高精細を意味する「Ultra High Definition」の略で、高解像度の映像規格のことです。画素数が3840×2160の4K画質だけでなく、7680×4320の8K画質もUHDに含まれます。

Ultra HD Blu-rayがスゴい3つのポイント

  • 4K解像度

    従来のBlu-rayで収録できた映像はフルハイビジョン(=2K、1920×1080px)まで。これを4倍(=4K、3840×2160px)に引き上げることで、より高精細な映像が見られるようになっています。また、フレームレートは60p(1秒間に60コマを表示)を実現し、動きも滑らかに表現できます。

  • HDR対応

    Blu-rayでは輝度が最大100nitでしたが、HDRになることで最大1000〜10000nitと大幅に拡大し、表現できる範囲が広くなりました。これまでは黒つぶれや白とびして、何が映っているのかわからなかった部分を、緻密に再現することが可能になっています。

  • 広色域

    Ultra HD Blu-rayでは、広色域も大きな魅力。HDRによってダイナミックレンジが100倍になったことで、世界にある物体色の99.9%をカバーできるように。色域の規格も、従来のPT.709から4K/8K放送向けに策定されたBT.2020という広色域規格になっています。

テレビ、プレーヤー、ソフト以外に必要なもの/あったら便利なアイテム

Ultra HD Blu-rayを視聴するために、テレビ・プレーヤー・ソフトを揃えたら、最後にHDMIケーブルも必要です。HDMIケーブルの中には、18Gbpsの高速伝送、4K映像伝送、HDR信号の伝送に対応した「プレミアムHDMIケーブル」があり、このケーブルで接続する必要があります。認証済み製品にはロゴが付いているので、それを参考にするのがよいでしょう。また、サウンドバーやホームシアターシステムなど、音響面を強化すれば、映像がより臨場感のあるものとして楽しめるようになります。

専用のプレーヤーは必須ではない?

Ultra HDの映像を視聴するためのわかりやすい手段として、対応Blu-rayプレーヤー/レコーダーの導入がありますが、オンデマンド配信サービスの「ひかりTV」や「Netflix」などが徐々にコンテンツを増やしていく動きがあるため、今後は専用プレーヤーがなくてもUltra HDの映像を存分に楽しめるようになる可能性も大いにあります。また、2016年11月に発売される新型ゲーム機「Xbox One S」でもUltra HD Blu-rayの再生が可能です。

このページの先頭へ

関連アイテム

  • HDMIケーブル

    各機器の接続に必要となるのが4K / Ultra HDの伝送に対応したHDMIケーブル。HDMI Licensingによって認証済みの製品には「プレミアムHDMIケーブル」のロゴが付きます。エレコムなどの大手PC周辺機器メーカーなどからも発売されています。

    関連カテゴリを見る

    関連商品を探す

  • プロジェクタ

    テレビと同じように、プロジェクタでも4K・HDR対応モデルが増えています。テレビではサイズに限界がありますが、プロジェクタを使えば、映画館のような大画面で迫力のある映像を楽しめます。ホームシアターを構築しようと考えている人は検討してみては。

    関連カテゴリを見る

    関連商品を探す

  • ホームシアター スピーカー

    映画などを見るときに映像と同じくらい重要なのが音です。最近のテレビは、搭載しているスピーカーの音質もかなり向上していますが、臨場感のあるサラウンドを楽しむなら、やっぱり本格的なサウンドバーやホームシアターシステムを揃えたほうがよいでしょう。

    関連カテゴリを見る

    関連商品を探す

  • ヘッドホン

    「大音量で映画を楽しみたい!」と思っても、夜間や集合住宅などではなかなかそうもいかないのが現状です。そんなときにあると便利なのがヘッドホン。最近はBluetooth接続でケーブルレスのものも増えていて、視聴する位置が限定されないのもポイントです。

    関連カテゴリを見る

    関連商品を探す

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止