コーヒーメーカーの選び方

ホーム > 家電 > コーヒーメーカー > コーヒーメーカーの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

「コーヒーメーカーにはどんな種類があるの?」「エスプレッソは飲めるの?」「メーカーごとの違いは何?」など、コーヒーメーカー選びの際に浮かぶ疑問などを解決できるのが選び方ガイドです。コーヒーメーカー選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェックしましょう!

コーヒーメーカー選びの前に

飲みたい種類で絞り込む

コーヒーメーカー選びでキモとなるのが、飲みたい種類。「コーヒー」だけで十分なのか、あるいは、コーヒーのうま味が凝縮した「エスプレッソ」、さらにエスプレッソに泡立てたミルクを加える「カプチーノ」も飲みたいのか。まずは、飲みたい種類についてチェックしましょう。

コーヒー

インスタントタイプやドリップ式、豆を挽ける製品まで幅広いラインアップ

コーヒー

コーヒーに対応した製品は、インスタントの粉で淹れるタイプやカプセルタイプ、ドリップ式と幅広くラインアップされています。なかには豆を挽くことができるミル付タイプも。好みにあわせて選びましょう。

「コーヒー」対応製品を探す

エスプレッソ

価格が安く、扱いやすいカプセルタイプが高い人気

エスプレッソ

高い圧力をかけて短時間でコーヒーを抽出し、うま味だけを引き出すエスプレッソ。カプセルをセットすれば飲める製品も登場しました。価格が安く、扱いやすいので人気となっています。

「エスプレッソ」対応製品を探す

カプチーノ

スチームノズルできめ細かい泡立てミルクを作れるハイエンドモデルに注目

カプチーノ

エスプレッソに、泡立てたミルクを加えたのがカプチーノです。エスプレッソ同様カプセルタイプが人気で、カフェで楽しめるようなふわふわに泡立てたミルクを作れるモデルも注目を集めています。

「カプチーノ」対応製品を探す

このページの先頭へ

選び方のポイント

機能をチェック

コーヒーメーカーを選ぶ際は、自分に必要な機能をチェックしましょう。コーヒー豆を挽ける「ミル付」をはじめ、淹れるためのお湯を浄水できる機能もあります。ここで気になる機能をチェックしておきましょう。

ミル付

ミル付

コーヒー豆を挽いて粉にしてくれます。コーヒー豆をセットすれば抽出まで行うものと、挽いた後の粉を手動でペーパーフィルターに移す必要があるものが混在するので注意が必要です。

ミル付対応製品を探す

ドリップストッパー

ドリップストッパー

フィルターからしずくが漏れるのを防ぐためのストッパー。抽出中にコーヒーサーバーを外した場合でも、プレートなどにコーヒーのしずくが漏れて汚れるのを防ぐことができます。

ドリップストッパー対応製品を探す

カプセル対応

カプセル対応

カプセルには1杯分の挽いたコーヒー豆を真空状態で密封しているので、豆を酸化から防ぎ、新鮮な香りを楽しめるのが特徴。カプセルをセットすれば飲める手軽な点も人気を集めています。

カプセル対応製品を探す

カフェポッド対応

カフェポッド対応

1杯分の挽いたコーヒー豆をフィルターペーパーに詰めたのがカフェポッドです。レギュラーコーヒー用の直径60mmタイプと、エスプレッソ用の直径44mmタイプの2種類があります。

カフェポッド対応製品を探す

浄水

沸騰させたお湯を活性炭のフィルターに通して、カルキ成分などを除去して浄化する機能です。水道水でも風味を損なわずに淹れることができます。

浄水対応製品を探す

着脱タンク

着脱式で掃除が可能な給水用タンク。給水する際に直接水道から給水したいという人や、清掃時に取り外して徹底的に洗いたいという人は要チェックです。

着脱タンク対応製品を探す

スイングバスケット

フィルター設置部分がドアのように開閉し、セットや手入れがしやすい機構のことです。コーヒーサーバーの取り出しも簡単です。

スイングバスケット対応製品を探す

仕様をチェック

容量

1回で淹れられる量は、一般的なコーヒーメーカーだと最大5杯程度淹れられますが、エスプレッソだと1〜2杯になります。なお、カプセルタイプだと1杯ずつ淹れるものがほとんどです。

ポンプの気圧

抽出時の圧力を制御する、ポンプ内部の圧力です。最適な抽出時の圧力を実現するには、15〜18気圧程度必要と言われています。この気圧もきちんと確認したいところです。

抽出時気圧

エスプレッソの抽出時にかける圧力で、低すぎると円滑に抽出できず、反対に高すぎるとコーヒー豆のえぐみや雑味が出てしまいます。一般的には9〜10気圧が最適とされています。

ガラス容器

ドリップしたコーヒーを保存する容器です。ガラス製の場合は、ヒーターで保温することも可能です。なお、価格が安い製品には、保温機能がないこともあるのでよく確認しましょう。

ガラス容器対応製品を探す

ステンレス容器

容器の素材にステンレスを採用する製品も増えてきました。ステンレス容器には内部が魔法瓶構造になっているものとそうでないものに分かれているので、詳しくチェックしておきましょう。

ステンレス容器対応製品を探す

紙フィルター

コーヒー豆を挽いた粉からコーヒーを抽出するための紙製のフィルター。使い捨てで洗う手間が省けますが、コーヒーを淹れる前にお湯でフィルターを濡らしておく必要があります。

紙フィルター対応製品を探す

メッシュフィルター

紙フィルターと異なり、金属や樹脂、布などさまざまな素材を採用したフィルター。洗って繰り返し使えるのが特徴です。紙フィルターよりもコーヒーのコクが出やすいとも言われています。

メッシュフィルター対応製品を探す

このページの先頭へ

主なメーカー

ネスレ(Nestle)

ネスレ(Nestle)

カプセル方式で手軽にいろいろな味を楽しめる

インスタントコーヒーでおなじみのネスレは、パックやカプセルをセットして、気軽に1人前のコーヒーを淹れられるのが特徴です。本格的な宇治抹茶まで淹れられるものも展開するなど、人気の高いメーカーの1つです。

ネスレ製品を探す

パナソニック(Panasonic)

パナソニック(Panasonic)

豆挽きからミルの洗浄まで全自動でOK

豆挽きからドリップ、ミルの洗浄まで自動でできる「NC-A56」が人気となっています。コーヒーを好みに応じて淹れ分けたり、煮詰まらないように保温温度をコントロールできるなど、利便性の高さが支持されています。

パナソニック製品を探す

デロンギ(DeLonghi)

デロンギ(DeLonghi)

満足度が高い本格的なコーヒーを楽しめる!

イタリアの家電メーカーで、本格的なドリップコーヒーが飲める製品やエスプレッソメーカーをラインアップしています。カラフルな製品が多いほか、満足度ランキングでは上位に入ることも多いのが特徴です。

デロンギ製品を探す

象印(ZOJIRUSHI)

象印(ZOJIRUSHI)

熱湯と蒸気で豆を蒸らし、コクと香りを引き出す!

ドリップコーヒーメーカーをラインアップし、4/5/6/10杯タイプから選べます。6杯タイプは、水を2回加熱し、熱湯と蒸気でコーヒー豆を蒸らしてからドリップするのがウリ。コーヒー本来のコクと香りを限界まで引き出してくれます。

象印を探す製品

AucSale(オークセール)

AucSale(オークセール)

コストパフォーマンスに優れるミル付きメーカー

ドリップ式も用意していますが、人気は全自動コーヒーメーカー。豆挽きからドリップまで自動で行え、鮮度の高いコーヒーが楽しめます。さらにうれしいのがコストパフォーマンス。1万円前後とお手ごろ価格です。

AucSale製品を探す

メリタ(Melitta)

メリタ(Melitta)

歴史は100年以上! ペーパードリップ式の老舗

ペーパードリップ式のコーヒーメーカーを多数ラインアップしています。コーヒーサーバーはガラス製とステンレス製から選べます。ちなみに、創業者のメリタ・ベンツは、1908年にペーパードリップを考案した人です。

メリタ製品を探す

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Qミル付の場合、どんなメンテナンスが必要ですか?
Aミルでコーヒー豆を挽いた場合は洗浄する必要があります。
どの製品もクリーニングしやすいように設計されているので、それほど手間はかかりません。最近はミルの洗浄も全自動で行ってくれる製品も登場しました。
Q朝起きたときに、コーヒーが飲めるような製品はありますか?
Aタイマー(予約)機能搭載製品を選びましょう。
タイマーを搭載した製品なら、夜に完成時刻を設定し、朝起きたら、淹れたてのコーヒーをすぐに飲むことができます。
Q紙フィルターとメッシュフィルターはどちらがいい?
Aどちらが優れているということはありません。
好みで使い分けるとよいでしょう。メッシュタイプだと紙フィルターが吸い取ってしまうオイルも抽出されるので、コクが深くなります。その代わり、細かい粉が入ってしまうこともあります。
Qエスプレッソマシンのシングルボイラーとダブルボイラーの違いは?
Aエスプレッソとミルクフォームの同時抽出が可能かどうかです。
シングルボイラーは、1つのボイラーで作った蒸気を1つのポンプで送り出し、エスプレッソの抽出とミルクフォーム用の蒸気を作るタイプです。エスプレッソとミルクフォームの抽出では抽出圧力が異なるため、切り替えるための時間が必要になります。
いっぽうダブルボイラーは、エスプレッソとミルクフォーム用にそれぞれ独立したボイラーとポンプを装備しているため、エスプレッソとミルクフォームを同時に抽出することが可能です。

このページの先頭へ

用語集

カプセル
1杯分を1つのパッケージにしたタイプで、コーヒーメーカーにセットしてスイッチを入れるだけで淹れられます。ポーションやパックと呼ぶこともあります。手軽ですが、同じ分量のコーヒー豆を購入よりもコストが高くなります。
低速グラインダー
コーヒー豆を低速で砕くように挽くことで、挽きムラや摩擦熱の発生を抑え、風味や香りを保つことができます。
活性炭フィルター
水道水のカルキをカットするためのフィルターです。活性炭は汚れを吸着するので、一定期間ごとに交換する必要があります。
コーヒーグラインダー
コーヒーミルのことで、コーヒー豆を挽いて粉にします。

このページの先頭へ

関連カテゴリの選び方ガイド

このページの先頭へ