ミキサー・フードプロセッサーの選び方

ホーム > 家電 > ミキサー・フードプロセッサー > ミキサー・フードプロセッサーの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

ミキサーやフードプロセッサーは、食材をモーターの力で細かく刻んだり、液状に加工したりする家電です。調理やお菓子の下ごしらえに便利なブレンダーやフードプロセッサー、野菜や果物のジュースを作るジューサーなど、さまざまなタイプの製品が販売されています。ここでは、それぞれの用途や機能を説明し、選び方をガイドします。

ミキサー・フードプロセッサー選びの前に

「ミキサー」「フードプロセッサー」「ミル」「ジューサー」似た機能だけど何が違うの?

ミキサーやフードプロセッサー、ハンドブレンダーなど、さまざまなタイプの製品があるため、どれを選んでどう使えば良いかわからない人も多いのではないでしょうか。そこでまずは、製品の種類とその用途、機能について簡単に説明しましょう。自分の生活にとって必要な種類の製品はどれなのかを判断してください。ちなみに、ミキサーとブレンダーは呼び名が違うだけで同じものを指します。ミキサーが日本独特の呼び名で、世界的にはブレンダーと呼ばれています。

このページの先頭へ

製品選びのポイント

ミキサーやフードプロセッサー類を選ぶ際はこの3点で絞り込む

形状タイプ

対応する加工の種類

一度に作れる容量

ミキサーやフードプロセッサーなどを選ぶ際、主にこの3ポイントをチェックしてください。まず、操作に大きく関わる製品の「形状(据え置きかハンディか)」、次に、刻む・混ぜるといった「加工の種類」はどんなものに対応しているか、最後に、一度に食材を加工できる「容量」の3つです。多種多様な製品が存在するジャンルですが、これらを押さえることで自分に合った商品を絞り込むことができます。以下に選び分けるポイントを詳しく解説しましょう。

「据え置き」か「ハンディ」か選ぶ

加工の種類で選ぶ

装着するカッターやアタッチメントによって機能が変化します。 自分が料理で必要とする機能を搭載しているかどうかをチェックしましょう。

容量で選ぶ

容量で選ぶ

据え置きタイプの製品では、一度に加工できる食材の量が、その「容量」によって決まります。家族が多いなど、大量の食材を調理する必要があるなら、容量の大きな製品を選ぶようにしましょう。ただし、容量が大きいほどサイズも大きくなるので、設置・収納スペースにも注意が必要です。

容量から選ぶ

このページの先頭へ

話題のスロージューサーってどこがすごいの?

スロージューサーがすぐれている3つのポイント

栄養が豊富なジュースを作れる

一般的なジューサーでは、カッターの高速回転による摩擦熱で酵素が壊れたり、酸化で栄養素が破壊されたりしてしまいます。スロージューサーなら、ゆっくりと絞ることで、野菜や果物のビタミンCやカルシウムといった栄養素を多く残せます。

パーツの洗浄が簡単かつ安全

スロージューサーは、一般的なジューサーにくらべてお手入れが簡単です。金属のカッターを使わないため、刃で手を切る心配がありません。また、水を注いで内部を簡易に洗浄でき、連続して違う種類のジュースを作れる製品もあります。

回転が遅いため運転音が静か

スロージューサーは回転数が低いので、動作音が非常に静かです。50〜60デシベル前後(通常の会話やクーラーの室外機程度)の製品が多く、朝早くにジュースを作っても、まだ眠っている人を起こしてしまうようなことはないでしょう。

主要メーカーのスロージューサーをチェック

シャープ(SHARP)

シャープ(SHARP)

「ヘルシオ グリーンプレッソ」「ヘルシオ ジュースプレッソ」の2ラインがあります。グリーンプレッソでは、ジューサーに不向きな水分量が少なく繊維の多い葉物野菜から青汁を作れます。

シャープのスロージューサーを探す

ヒューロム(HUROM)

ヒューロム(HUROM)

数多くのロングセラー商品を手がけるスロージューサー専門メーカーです。気軽に始められる入門機、コンパクトモデルから業務用モデルまで、幅広いバリエーションで展開しています。

ヒューロムのスロージューサーを探す

パナソニック(Panasonic)

パナソニック(Panasonic)

パナソニックの「ビタミンサーバー」は本体がコンパクトで置き場所に困りません。凍った食材からシャーベットを作る「フローズンアタッチメント」も付属しています。

パナソニックのスロージューサーを探す

ティファール(T-fal)

ティファール(T-fal)

投入口が3つあり、一度に多くの食材を投入できます。目の細かいジュースフィルターと、食感を残したい場合に使う目の粗いスープフィルターの2種類が用意されています。

ティファールのスロージューサーを探す

このページの先頭へ

その他の機能をチェック

タンブラーミキサー
本体に持ち運び用のボトル(タンブラー)を装着して使用することで、完成したジュースやスープをそのまま持ち運ぶことができる機能です。容器に移し替える手間がなくなるので、朝の忙しい時間に便利ですし、洗い物も減らすことができます。
高速・低速モード
カッターなどの回転数を切り替えられる機能です。野菜や果物のカットは高速で、やわらかい果物や生クリームのかくはん時は低速で、といったように食材や求める仕上がりに応じて速度を変えましょう。
安全機能
子供が誤って動作させないよう、スイッチ操作が工夫されたチャイルドロックなど、安全機能を搭載した製品があります。食材を入れすぎて負荷がかかったときに、自動で運転が止まり、モーターが壊れることを防ぐ機能もあります。
フローズン用アタッチメント
スロージューサーには、アタッチメントを交換することで、凍った野菜や果物を投入し、フローズンスイーツやフローズンサラダを作れるようにした製品もあります。

このページの先頭へ

主なメーカー

ブラウン(BRAUN)

ブラウン(BRAUN)

回転スピードを手の感覚で細かく調整できる

ボタンの握り具合で回転速度を調整できる「スマートスピード」機能搭載の最上位モデルのハンディブレンダーなどをラインアップ。対応機種をセットすればフードプロセッサーとして使用できる容器状のアクセサリーも用意しており、多彩なメニューに対応できます。

ブラウン製品を探す

クイジナート(Cuisinart)

クイジナート(Cuisinart)

タイプや容量のバリエーションが豊富

アメリカのキッチン用品メーカー。0.5Lから1.9Lの大容量モデルまで幅広いサイズのフードプロセッサーを展開しています。ブレンダーは据え置き型とハンディ型の両方を扱っており、8種類のカッティングが楽しめるベジタブル スパイラルスライサーも登場しています。

クイジナート製品を探す

シロカ(siroca)

シロカ(siroca)

多彩な機能を搭載したハンディ型タイプが豊富

「こねる」にも対応したフードプロセッサー、13段階にスピード調整可能なハンディ型ブレンダー、ミル機能付きのミキサーなどをラインアップ。ハンディ型でありながらフードプロセッサーとして使えるタイプもあります。

シロカ製品を探す

デロンギ(DeLonghi)

デロンギ(DeLonghi)

アタッチメントの種類が豊富

一台で12通りの使い方ができるフードプロセッサーや、ハンドブレンダーとフードプロセッサーの役割を担ったモデルなど幅広い用途のラインアップが特徴的。デロンギならではのシンプルなデザインも人気です。

デロンギ製品を探す

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Qミキサーでもジューサーのようにジュースを作れますか?
Aジューサーとは違い、繊維が残ったジュースとなります。
ミキサーでも野菜や果物を細かく刻んで液状にすることができますが、繊維質がそのまま残ったジュースとなります。一方のジューサーでは、繊維質を取り除いた果汁のみのなめらかなジュースができます。ミキサーとジューサーでは、まったく異なるタイプのジュースのできとなります。
Qハンディ型ミキサー(ブレンダー)は飛び散りませんか?
A各製品が防止するような構造になっています。
ハンディタイプのミキサー(ブレンダー)は、刃を覆うようなカバーが付いており、その構造を工夫することで、食材が飛び散ることを防いでいます。ただ、完全に防ぐことはできないので、汚れてもいい服装などある程度の対策はしたほうがいいでしょう。

このページの先頭へ

用語集

チョッパー
ハンディ型のミキサー(ブレンダー)を装着することで、フードプロセッサーのように使用できる容器です。 容器の中で食材が加工されるので、飛び散りの心配がなくなります。
コールドプレス
低速圧縮絞りのことです。スロージューサーでは、コールドプレスにより、素材の栄養素をなるべく壊さずにジュースを作ることができます。

このページの先頭へ

このページの先頭へ