ヘッドホンアンプ・DACの選び方

ホーム > 家電 > ヘッドホンアンプ・DAC > ヘッドホンアンプ・DACの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

「ヘッドホンアンプやDACって何?」「ハイレゾに対応しているの?」「メーカーの違いは?」など、ヘッドホンアンプ・DAC選びの際に浮かぶ疑問を解決できるのが選び方ガイドです。製品選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェックしましょう!

ヘッドホンアンプ・DAC選びの前に

ヘッドホンアンプ・DACとは、手持ちの視聴機器をよりよい音で楽しむための機器

ヘッドホンアンプ・DAC
ヘッドホンアンプは、イヤホン・ヘッドホンで迫力ある音量や高音質の音楽を聴けるようにしてくれる機器で、DACとはPCなどのデジタル音源の信号をイヤホン・ヘッドホンやスピーカーなど視聴機器にあった信号に変換してくれる機器のことです。共通するのは、ともに再生機器から発せられた音を、より良い音質で楽しむための機器であることです。どちらか片方だけの機能を持つ製品もあれば、両方の機能を搭載した製品があります。それぞれの特徴を理解し、自分の環境に合った機器を選びましょう。

ヘッドホンアンプ

携帯オーディオプレーヤーなどの音声信号を増幅して出力
イヤホン・ヘッドホンで迫力ある音を楽しむための機器

イヤホン・ヘッドホンで音楽を楽しむとき、イヤホンやヘッドホンの音量出力能力に見合った、音声信号に増幅してくれる機器です。「ウォークマン」などの携帯デジタルオーディオプレーヤーやスマートフォン、ヘッドホン(イヤホン)端子を搭載したPCなどにも音声信号を増幅させるアンプが内蔵されていますが、能力が低いのが実情です。そこで、音声信号を増幅して出力してくれるヘッドホンアンプを使用することで、迫力あるボリュームや高音質の音がイヤホン・ヘッドホンで楽しめるようになります。

ヘッドホンアンプを探す

DAC

デジタル音源をアナログ信号へ変換する機器
DACの外付けでPCやスマホなどの音楽を高音質に

Digital to Analog Converterの略でデジタル信号をアナログ信号に変換する機器です。デジタル音源はデジタル信号で出力されますが、イヤホン・ヘッドホンやスピーカーなどにはアナログ信号で入力しないと音が再生されません。そこで必要になるのが、デジタル信号をアナログ信号に変換するDACです。ヘッドホンアンプと同じように、携帯デジタルオーディオプレーヤーやスマートフォンにもDACは内蔵されていますが、サイズが小さく性能に限界があります。外付けのDACを経由することで、より高音質で楽しむことができます。

DACを探す

このページの先頭へ

選び方のポイント

自宅で楽しむなら据え置き型、持ち運びたいならポータブル型

ヘッドホンアンプ・DACの形状には、「据え置き型」と「ポータブル型」の2タイプがあります。

音質で選ぶ

ハイレゾ

ハイレゾとはハイレゾリューション(高解像度)のことで、 「ハイレゾ音源」とは、スタジオで録音したマスター音源に限りなく近い高解像度の音源(データ)のことを指します。CDよりも情報量の多いハイレゾ音源対応製品なら、よりきめ細やかで、空気感と臨場感のある音を表現できます。

ハイレゾ対応製品を探す

DSD

DSDとは、Direct Stream Digitalの略で、音声をデジタル化する方式の1つです。ソニーとフィリップスが開発し、スーパーオーディオCD(SACD)で採用されました。デジタル記録ながら、アナログの質感に近い音の再現が可能です。

DSD対応製品を探す

音質に関わる要素をチェック

サンプリング周波数

アナログ信号からデジタル信号への変換を1秒間で何回行うかを表す数値。記録された音を正確に再現するためには、高いサンプリング周波数が必要です。

サンプリング周波数をチェック

量子化ビット数

アナログ信号からデジタル信号への変換時に、信号を何段階の値で表現するかを示す数値。数値が高いほど元の信号に忠実なデータが得られます。

量子化ビット数をチェック

電源のタイプで選ぶ

電源にはAC、乾電池、USBの3つの形式があります。AC電源は主に据え置き型アンプに多く採用されており、高音質を意図した強力な電源回路を設計することもできます。乾電池はコンパクトなため、小型・軽量なポータブル型のアンプに多いタイプです。雑音が発生しないという特徴もあります。USB電源はPCの端子に接続することで電源の確保が可能です。

電源のタイプをチェック

ポータブルアンプならバッテリーの持続時間をチェック

ポータブルアンプの購入を検討している方はバッテリーの持続時間も要チェックです。価格.comでは「最大連続再生時間」で調べることができるので確認してみましょう。

最大連続再生時間をチェック

接続端子で選ぶ

バランス出力対応でノイズ低減

多くのイヤホン・ヘッドホンに搭載されている端子は「ステレオミニプラグ」といい、左のプラス・右のプラス・左右共用のマイナスの3接点がある「3極構造」になっているものが一般的です。この構造はマイナスを共用することにより微細なノイズが発生してしまいます。一方、ヘッドホンアンプには左右のチャンネルそれぞれにプラスとマイナス両方を備えたモデルがあります。マイナスを共用しないため、よりクリアな音を再現できると言われ、この方式を「バランス出力」と呼びます。バランス出力で音楽を楽しむには、イヤホン・ヘッドホンもバランス入力に対応している必要があります。

接続端子の種類をチェック

ヘッドホン端子

本体にヘッドホンを接続するための端子です。一般的にミニプラグと標準プラグが使われており、ミニプラグは直径が3.5mm、標準プラグは直径が6.3mmあります。

ヘッドホン端子(ミニプラグ)搭載製品を探す
ヘッドホン端子(標準プラグ)搭載製品を探す
光デジタル端子

音声をデジタル信号で伝送するための端子で、ケーブルに光ファイバーを使っています。接続部分(コネクター)の形状には、角型と丸型の2種類があります。ノイズに強く、ケーブルが長くても音質が劣化しにくいのが特徴です。

光デジタル入力端子搭載製品を探す
光デジタル出力端子搭載製品を探す
同軸デジタル端子

音声をデジタル信号で伝送するための端子で、アナログの音声端子と同じ形状のRCA端子(ピンジャック)を用いています。オーディオマニアの間では、「光デジタルよりも音がよい」といわれています。

同軸デジタル入力端子搭載製品を探す
同軸デジタル出力端子搭載製品を探す
アナログ端子

アナログで信号の伝送を行うための端子です。RCA端子(ピンジャック)やミニプラグ用ジャックを採用しています。通常、コネクターは赤と白になっています。

アナログ入力端子搭載製品を探す
アナログ出力端子搭載製品を探す
USB端子

PCなどのUSBポートにケーブルを接続して、データ転送ができます。DACでは音楽データの転送に使われるほか、ポータブル型では充電することができるものもあります。

USB端子搭載製品を探す

このページの先頭へ

主なメーカー

KORG(コルグ)

KORG

電子楽器で培った技術を生かした高音質が特徴

主に電子楽器などの製造販売を行っているメーカー。電子楽器で培った技術やノウハウを集結した「DS-DAC-10R」は、USBケーブルでPCと接続するだけで、より高品位な音楽を楽しむことができるポータブル型のヘッドホンアンプです。MP3などの圧縮データから高音質のハイレゾ音源まで、さまざまなフォーマットにも対応しています。

KORG製品を探す

SONY(ソニー)

SONY

初心者からプロ向けまで幅広くラインアップ!

初心者向けからプロ向けまで幅広いラインアップを揃えています。ポータブルヘッドホンアンプの「PHA-2A」は、ハイレゾに対応。2016年に規格化されたヘッドホンバランス端子「4.4mmバランス接続」を採用し、バランス出力に対応しています。ウォークマンやiPhoneなどさまざまな機種に対応するのも特徴です。

SONY製品を探す

ONKYO(オンキヨー)

ONKYO

ハイエンドオーディオで培った技術を投入

老舗音響メーカーの1つ。据え置き型のDACである「DAC-1000(S)」はDAC機能が充実し、多種多様な音源に対応します。ハイエンドオーディオの世界では、高品位のデジタル音源を、いかに上質なアナログ信号に変換してアンプに伝送するかが重視されますが、「DAC-1000(S)」はそうしたニーズに応えたモデルの1つです。

ONKYO製品を探す

TEAC(ティアック)

TEAC

高品位な据え置き型モデルに定評あり

古くからハイエンドのオーディオ用機器を販売し、オーディオファンの信頼も厚いメーカーです。「UD-501」は、最先端の技術と伝統に熟成されたオーディオ回路や設計思想が融合した、高品位な据え置き型ヘッドホンアンプです。アナログ、光デジタル、USBなど豊富な入出力端子を搭載するほか、DSDにも対応しています。

TEAC製品を探す

このページの先頭へ

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Qヘッドホンアンプでスピーカーを鳴らすこともできますか?
Aパワーが足りないので、スピーカーを鳴らすことはできません。
スピーカーは電気信号を物理的な振動に変換し、コーン紙などを動かすことで音を発生させます。イヤホン・ヘッドホンと比べて大きなパワーが必要になり、ヘッドホンアンプの出力では小さいため、スピーカーをしっかり鳴らすことができません。
Qヘッドホンを接続する場合、オーディオ用高級アンプとヘッドホンアンプの音質では、どちらのほうがよいのでしょうか?
Aヘッドホンアンプの音質のほうが、よいと考えられます。
ヘッドホンの能力を最大限に生かすように設計されたヘッドホンアンプを利用するほうが音質は期待できます。オーディオ用アンプにもヘッドホン端子がありますが、多くの場合、ヘッドホンへの出力を抑えるための抵抗器が挿入されています。実は、この抵抗器が音質低下につながりやすいということがあります。そのため、音質を追求するのであれば、専用設計されたヘッドホンアンプを利用するほうがよいと考えられます。

このページの先頭へ

用語集

DDC(D/Dコンバーター)
デジタル信号を別のデジタル信号に変換する機器のことです(D/Dコンバーター=デジタル−デジタル コンバーター)。PCに保存された音楽などを、USBケーブルを通じて伝送し、他のAV機器に出力するときに使います。DDCを使うことで、PCなどで扱われているデジタル信号(USBやFireWireなど)を、AV機器で使われる別規格のデジタル信号(光や同軸など)に変換して出力できます。

このページの先頭へ

このページの先頭へ