液晶テレビの選び方

ホーム > 家電 > 液晶テレビ > 液晶テレビの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

「液晶テレビはどんなサイズを選べばいいの?」「4Kって何?」「何が違うの?」など、液晶テレビ選びの際に浮かぶ疑問などを解決できるのが選び方ガイドです。液晶テレビ選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェックしましょう!

液晶テレビ選びの前に

液晶テレビのトレンド

液晶テレビは、50V型以上が中心だった4Kが、40V型クラスでも発売されるようになりました。価格が下がったこともあり、より身近なものになりつつあります。また、フルハイビジョンモデルでは50V型以上の大型製品に人気が集まっています。

画素数はフルハイビジョンの4倍! 高精細な4Kテレビが10万円台で買える

>画素数はフルハイビジョンの4倍! 高精細な4Kテレビが10万円台で買える

50V型以上の大型サイズが中心で高価だった4Kテレビは現在、40V型クラスでも展開されています。価格も10万円台前半まで下がり、かなり身近になっているのです。

4K

大画面志向の高まりとお手ごろ価格で人気上昇中の50V型クラス

大画面志向の高まりとお手ごろ価格で人気上昇中の50V型クラス

フルハイビジョンモデルでは、50V型以上を選ぶ人が増えています。10万円以下で購入できるものもあるほか、本体のサイズが数年前よりも小さくなり、画面サイズが大きめのものを選ぶ傾向があるようです。

フルハイビジョン・50V〜

コンパクトな32V型モデル、2台目需要で安定した人気

コンパクトな32V型モデル、2台目需要で安定した人気

コンパクトな32V型はセカンドテレビとして従来からニーズが高いサイズです。フルハイビジョンや倍速液晶などが不要であれば、4万円を切る価格で直下型LEDを搭載した最新モデルが手に入ります。

32V

このページの先頭へ

液晶テレビの選び方のポイント

液晶テレビの録画機能

内蔵HDD録画

テレビ本体に番組録画ができるHDD(ハードディスク)が内蔵されたテレビです。外付けのレコーダーを別途接続することなく、手軽にテレビのリモコン1つで番組の録画・再生ができます。

内蔵HDD録画

内蔵ブルーレイ録画

ブルーレイレコーダーを内蔵したタイプのテレビです。別途、レコーダーを購入する必要もなく、ブルーレイディスクの録画や再生でき、操作もテレビのリモコン1つでできるため便利です。

内蔵ブルーレイ録画

外付けHDD

テレビのUSB端子に接続し、番組録画ができるHDDです。市販のHDDを接続できるので、内蔵HDDでは容量が足りないときに増設したり、複数のHDDを接続したりすることもできます。

外付けHDD

ブルーレイレコーダー

ブルーレイレコーダーは、録画・編集・ダビングなど機能が充実しています。テレビと同じメーカーで揃えると、テレビのリモコンでブルーレイレコーダーを操作することもできます。

ブルーレイレコーダー

液晶テレビのネットワーク機能

無線LAN

無線LAN対応テレビやレコーダーなどと無線LANルーターを経由することで、ケーブルを使わずに自宅内でネットワークが構築できます。リビングのレコーダーの映像を寝室のテレビで見ることができます。

無線LAN

DLNA

DLNA対応のレコーダー、パソコン、スマホなどで、LANを通じて映像・音楽・写真をやりとりできます。レコーダーの映像をリビングのタブレットや寝室のテレビで視聴したり、タブレットの写真をテレビで見られます。

DLNA

DTCP-IP

家庭内LANなどのネットワーク内で、著作権保護技術により保護されたコンテンツを伝送するための技術規格です。コンテンツの不正なコピーを防いだり、外部のネットワークへ流出したりすることを防ぎます。

DTCP-IP

このページの先頭へ

液晶テレビの主なシリーズ

シャープ

シャープ

AQUOS

4原色技術クアトロンで国内シェアNo.1

国内シェアNO.1を誇るシャープは、リアルな金色や明るい青など、再現が難しかった色も鮮明に映し出す独自の4原色技術のクアトロンなど、付加価値の高い液晶パネルの開発に力を注いでいます。

AQUOS

SONY(ソニー)

SONY(ソニー)

BRAVIA

業務用映像機器で培った信頼感と高い技術力

映像エンジン「X-Reality」により、小型、大型、フルHD、4Kなどいかなるパネルでもソニーらしい高品位な画像を再生します。また、新しい技術を導入したテレビをいち早く市場に送り出す技術力の高さもソニーの特長です。

BRAVIA

東芝

東芝

REGZA

タイムシフトマシンなど先端技術に注目

高品質な映像を生み出す「レグザエンジン」は高い評価を得ています。また、メガネを使わずに3D映像が見られる裸眼3D方式や、録画予約なしで地上デジタル放送の番組をまるごと予約できるタイムシフトマシンなどの独自機能も特長です。

REGZA

パナソニック

パナソニック

VIERA

音声操作対応リモコンなどが便利!

10V型から85V型までの豊富なラインアップ。リモコンに話しかけるとチャンネル切り替えができる音声操作や、一人ひとりの好みに合わせた番組や動画を表示するマイチャンネルなど、使いやすさを追求した便利機能が充実しています。

VIERA

日立

日立

Wooo

カセットHDD録画対応モデルに注目!

HDDを搭載した録画できるテレビをいち早く発売したことで知られる日立。本体にHDDを内蔵している機種もあれば、着脱可能のカセット方式のHDD「iDVR」(別売)に対応する「アイヴィーポケット」を搭載している機種などもあります。

Wooo

三菱電機

三菱電機

REAL

首振り機能とオールインワン機能が人気

高画質のPC用ディスプレイとして高い評価を受けていた「ダイヤモンドトロン」で有名な三菱電機は、「録る・見る・残す」を1台で実現する、HDDブルーレイの両方を搭載したモデルや、テレビ画面を左右に首振りできる「オートターン機能」が人気です。

REAL

このページの先頭へ

液晶テレビの機能をチェック

倍速液晶

液晶パネルが苦手な動きの速い映像をなめらかに再生する技術です。テレビでは1秒に60コマ(枚)の映像を表示しますが、2倍速は前後のコマから新しい画像を作成し120コマの、4倍速は240コマの映像を再生します。

3Dテレビ

立体映像(3D映像)を再生できるテレビです。3D映画人気もあり多くの3Dテレビが登場しましたが、専用メガネが必要、3Dに対応した放送や映像コンテンツが少ないなどの事情もあり、あまり普及していません。

画面分割

テレビ画面を分割し2種類の映像を同時に再生できる機能です。機種によって異なりますが、テレビ&テレビ、テレビ&ゲーム、テレビ&PC、テレビ&DVDなどの組み合わせで映像を再生できます。

その他機能

LAN端子

Local Area Network端子の略で、有線でネットワーク接続するための端子です。テレビをネットワークに組み込むことで、テレビ番組のクイズやアンケートに答えたり、インターネットに接続したりできます。

WI-Fi Direct

無線LANを利用した接続方法の1つで、Wi-Fi Direct対応機器であれば、無線LAN機器がなくても、無線LAN対応機器とダイレクトに接続できます。また、対応機器は複数の機器同士で接続できます。

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Q液晶テレビをパソコンのモニターとして使うことはできますか?
A多くのテレビでPCとの接続が可能です。
パソコンの出力ポートとテレビの入力ポートの形状に合ったケーブルで接続すれば大丈夫です。主なケーブルとしては、HDMIケーブル、DVIケーブル、DVI-HDMI変換ケーブル、VGAケーブルなどがあります。ただし、双方の解像度や縦横比が異なる場合、まったく同じように表示できるわけではありません。
Q4Kテレビで地デジを見るとどのように見えますか?
Aテレビ側が映像を変換し、画質を向上させて表示しています。
画面が大きくなると画素が粗く見えるという問題を4Kの高精細なパネルにより解消しているほか、超解像技術や映像エンジンなどによりフルハイビジョン対応テレビよりも高画質で表示できます。
Q4Kでの放送はいつから開始されるのですか?
A124/128度CSおよびケーブルテレビではすでに始まっています。
2014年6月より124/128度CSで試験放送を実施、2015年3月からは124/128度CSおよびケーブルテレビにて、4K放送商用サービス「スカパー!4K 総合」「スカパー!4K 映画」の放送も開始されています。また、2016年からBS放送で4K試験放送の開始が予定されています。なお、地上デジタルでの4K放送は当面予定がありません。
Qいま発売されている4Kテレビは別途チューナーを購入する必要があると聞きましたが?
A4K対応テレビでは別途チューナーを購入する必要があります
4K放送を楽しむには、4K対応テレビ、4Kチューナーやセットトップボックス(ケーブルテレビ、衛星放送、地デジなどの放送信号を受信しテレビで視聴できるようにする装置)、アンテナなどが必要になります。ただし、4Kテレビの多くは本体にチューナーを内蔵していません。そのため、4K放送を視聴するには別途チューナーを購入したり、ケーブルテレビ経由で視聴したりするなどの必要があります。なお、近年はスカパー!の4K放送対応チューナーを内蔵したテレビも登場しています。
Q8Kテレビってなんですか?
A4Kよりもさらに高精細のテレビ放送規格です。
フルハイビジョンの画素数は約207万(1080×1920)、4Kテレビは約829万(2160×3840)ですが、8Kではフルハイビジョンの16倍となる約3318万(4320×7680)と、4Kのさらに上をいく超高精細の映像を表現できる技術です。スーパーハイビジョンともいわれており、2016年からBS放送で8K試験放送の開始が予定されています。
QWI-Fi Directと無線LANの違いがわかりません?
AWI-Fi Directは、無線LANを利用した接続方法の1つですが、無線LAN機器(ルーター)やアクセスポイントが必要ありません。
家庭内で無線LAN対応機器を接続する場合は、無線LANルーターなどの機器を経由して行うのが通常でしたが、WI-Fi Directでは、こうした機器を経由しなくても接続が可能になります。Wi-Fi Direct対応機器であれば、通常の無線LANにしか対応していない機器とも通信することができますし、Wi-Fi Direct対応機器同士であれば複数の機器とも1対1で通信できます。

このページの先頭へ

用語集

HDR
High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略で、新しい高画質規格の1つです。HDRでは、ダイナミックレンジ(最も明るい部分と最も暗い部分の明暗の比)が従来よりもさらに広がっています。HDR対応テレビでは、漆黒の暗闇からまばゆい光といった明暗差の大きな映像もリアルに再現することが可能になります。
インビジブルスピーカー
テレビのスピーカー(スピーカーボックス)は本体の左右や下部に配置するのが一般的でしたが、最近のテレビはスッキリしたデザインに仕上げることが多く、正面からスピーカーが見えないよう本体内に隠したインビジブルスピーカーを採用したテレビが増えています。
4Kアップコンバート
デジタル放送、ブルーレイ、DVDなど4Kの解像度に満たない映像を高精細な4K解像度へと変換する技術です。同じ映像でも、フルハイビジョンテレビで視聴するよりも高品位な映像で楽しめます。
タイムシフトマシン機能
ハードディスクに、録画予約なしで地上デジタル放送番組を最大6チャンネル約80時間分まるごと録画できる機能です(東芝のREGZAの場合)。見たい番組を好きな時に見られる便利な機能です。
VA方式
液晶パネルの方式の1つで、コントラスト性能に優れ、微妙な明暗差を描き分けるのが得意。液晶分子を垂直方向に回転させる構造のため、斜めから見ると暗く、色あいも変化してしまい、視野角に難があります。ホームシアターなど正面位置から映像の美しさを楽しみたい場合に適しています。
IPS方式
液晶パネルの方式の1つ。液晶分子を水平方向に回転させ、バックライト光量を制御する構造のため、視野角が広く、輝度や色の変化も少ないのが特徴です。複数の人がテレビを囲むようにして視聴する場合に適しています。ただし、正面からの表示では、VA方式に比べてコントラスト比や輝度、応答速度が遅くなります。

このページの先頭へ

このページの先頭へ