シェーバーの選び方

ホーム > 家電 > シェーバー > シェーバーの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

「シェーバーってどれも同じじゃないの?」「価格によって性能は変わるの?」「肌が弱いけど赤くならない製品ってあるの?」「5枚刃って何がいいの?」など、シェーバー選びの際に浮かぶ疑問を解決できるのが選び方ガイドです。シェーバー選びに必要な基礎知識・用語解説はこちらでチェックしましょう!

シェーバー選びの前に

シェーバーのトレンドをチェック

水洗い対応は当たり前、お風呂剃り対応製品が急増

水洗い対応は当たり前、お風呂剃り対応製品が急増

人気機種のほとんどは水洗いに対応しています。しかし、充電方式の違いなどにより、水洗い対応機種でもお風呂剃りに対応しているとは限りません。お風呂で剃りたい場合は必ず確認しましょう。

お風呂剃り対応製品を探す

ボタンを押せばOK、自動洗浄システムでシェーバーがいつも清潔に

ボタンを押せばOK、自動洗浄システムでシェーバーがいつも清潔に

シェーバーのメンテナンスは、水洗いや乾燥、潤滑油を塗る、など手間のかかる作業です。自動洗浄器が付属している製品なら、セットしてボタンを押すだけで洗浄ができ、いつも清潔に使えます。

自動洗浄機能搭載製品を探す

メーカー各社が深剃り&肌へのやさしさ両立に注力

メーカー各社が深剃り&肌へのやさしさ両立に注力

一般的に回転式タイプのほうが肌にやさしいといわれていますが、最近では往復式でも肌にかかる負荷が小さくなってきています。また、搭載する刃の枚数が多いほど、肌への負荷を抑えながら深剃りできます。

4枚刃以上の製品を探す

このページの先頭へ

選び方のポイント

タイプをチェック

シェーバーのタイプは主に3種類に分けられます。一番多いのが往復式で、次に回転式となります。ロータリー式は日立などごく少数のメーカーが採用しています。それぞれ特徴が異なるのでチェックしておきましょう。

往復式

往復式

外刃でひげを立たせて、左右に高速動作する内刃でカットする方式です。深剃りが可能で、剃り残しを防げます。広い面積をまとめて剃れるので、ひげ剃りにかかる時間が短いのも特徴です。

往復式製品を探す

回転式

回転式

特徴的な円形の外刃の中で、内刃が回転することにより、ひげを剃る仕組みです。肌への負担を抑えやすく、動作音が比較的静かです。安価な製品は1枚刃ですが、上位モデルは3枚刃となります。

回転式製品を探す

ロータリー

ロータリー

一見すると往復式のようですが、外刃の内側で内刃が回転するタイプです。回転式と往復式の特徴をあわせ持っており、動作音も静かです。ただし、主なメーカーで採用しているのは日立だけとなります。

ロータリー式製品を探す

充電方式をチェック

シェーバーの充電方式は3種類あります。コンセントにつなぎながら使用できる充電交流が一番便利ですが、人気のお風呂剃り対応製品は充電式です。事故防止のための安全機能なので、よくチェックし、自分の使用シーンに合わせて製品を選びましょう。

充電交流

充電済み、電源コードをコンセントにつないで充電中、両方の状態で使用できる方式です。バッテリー残量にかかわらずフルパワーで剃れるのが特徴。お風呂剃り対応製品は、まだ少ないのが現状です。

充電交流製品を探す

充電

コンセントにつないで充電しながらの使用はできません。使用には、事前の充電が必要です。同方式はお風呂剃り対応製品で多く採用されており、お風呂剃り中の感電を防ぐ目的があります。

充電対応製品を探す

乾電

バッテリーを搭載しない格安モデルで採用されている方式です。旅行や出張時に携帯するための製品が多いのですが、ひげが薄い人向けに売り出している製品もあります。

乾電池対応製品を探す

このページの先頭へ

主なメーカー

パナソニック

パナソニック

一番人気の国産メーカー、高機能&高性能で死角なし

売れ筋ランキングに多く入るほどの人気を誇る国産メーカーです。類を見ない5枚刃や世界最速のリニアモーター駆動といった高機能・高性能がウリで、深剃り&肌へのやさしさも両立させています。外刃は1年、内刃は2年で交換することを推奨しています。

パナソニック製品を探す

ブラウン

ブラウン

深剃りと早剃りが得意なドイツの老舗メーカー

ドイツの老舗メーカーで往復式を採用しています。深剃りと早剃りが得意で、ほとんどの製品が水洗い可能。多彩なラインアップが揃っており、外出先で使える電池式まで選べます。内刃・外刃ともに18か月ごとの交換を推奨しています。

ブラウン製品を探す

フィリップス

フィリップス

回転式のトップメーカー、肌にやさしいのが特徴

回転式と言えばオランダのフィリップス。顔にフィットして、やさしい剃り味が特徴ですが、最新技術により深剃り&早剃りもできます。自動研磨機能を備えているので切れ味が長持ちするのが特徴です。もみあげトリマー付きのモデルが多いのも◎。刃を交換するタイミングは2年を推奨しています。

フィリップス製品を探す

日立

日立

高性能なロータリー式が人気、往復式の製品も用意

ロータリー式を採用する「G-SWORD」シリーズや往復式の「S-blade」シリーズを展開。ロータリー式は動作音が静かなのに、深剃りできます。上位機種はLEDと光コートを採用し、触媒作用でにおいを抑える機能を装備。内刃は3年、外刃は1年、外内刃一体型は1年半での交換を推奨しています。

日立製品を探す

このページの先頭へ

機能や装備をチェック

水洗い対応
剃ったひげをブラシで取り除くのは手間がかかります。防水機能を備えているモデルは、そのまま水洗いできるので簡単にきれいにできます。
洗浄機能
水洗い時に外刃にハンドソープを付けて、振動で泡立ててから洗浄する機能を搭載したモデルもあります。水だけでは落ちにくい皮脂を簡単に落とすことができます。
自動洗浄機能
洗浄ユニットに本体をセットすれば、洗浄から乾燥、充電まで自動的に行ってくれる機能です。手間がかからず、常に清潔な状態でシェーバーを利用できます。
アルコール洗浄
自動洗浄機能でアルコール洗浄液を利用する製品があります。アルコールにより、99.999%の除菌が可能で衛生的です。なお、洗浄液は別売りになります。
バッテリー
充電式を選ぶ際はバッテリーの充電時間と駆動時間もチェックしておく必要があります。すぐに使いたいときのために、急速充電機能も装備していれば◎。
替え刃
長期間使っていると、外刃と内刃は剃り味が鈍くなるので、交換が必要になります。メーカーにより交換目安が異なるので、あらかじめチェックしておきましょう。
マルチボルテージ
海外旅行に持参するなら、マルチボルテージに対応する製品を選びましょう。100〜240Vに対応する製品だと、さまざまな国で利用できます。

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Qお風呂で使うと感電する危険性はありませんか?
Aお風呂剃り対応の製品であれば問題ありません。
シェーバーの多くが防水&充電式で、電源ケーブルをつないでいると動作しません。なお、水洗い対応のみの製品はお風呂では使えないので注意しましょう。取扱説明書にしたがって使用すれば問題ありません。
Q水洗いできるタイプはお風呂で使っても大丈夫ですか?
A水洗い対応とお風呂剃り対応は別モノです。
風呂剃りOKとしている製品以外は使わないでください。水洗いできるタイプは防水機能を備えていますが、石けん剃りや水洗いをする場合は、感電やショートの恐れがあるので、充電交流式のシェーバーで電源コードをコンセントに挿した状態では使用しないでください。
Q刃の交換はどれくらいの頻度で行えばいいのですか?
A製品によって異なります。
シェーバーを使用する頻度や時間、シェーバーのタイプやメーカーによっても異なります。替え刃の価格は数千円程度かかりますから、ランニングコストを重視する人は念頭に置いてご検討ください。
Qメンテナンスで注油が必要なのですか?
A切れ味を維持するために、水洗い後に注油しなければならない製品もあります。
各メーカーから専用オイルが販売されています。ただし、自動洗浄器を使う場合やフィリップスの回転式タイプなど、注油が不要とされる製品もあります。
Qシェーバーでひげの長さを揃えることはできますか?
A専用のアタッチメントを取り付けることで可能になる機種もあります。
アタッチメントを装着することで好きな長さを選ぶこともできます。こうした用途を中心に考えているなら、「ヒゲトリマー」などの専用機器を購入するとよいでしょう。
Qひげがとても濃いうえに硬いのですが、きちんと剃れますか?
A濃く硬いひげでも問題なく剃れる製品もあります。
ヘッドを肌に対して垂直に当てるなど、適切に使うことが重要です。
Qカミソリのほうが安くて完璧に剃れませんか?
A肌に刃を当てて使う、カミソリのほうが深剃りできるかもしれません。
しかし、その分肌に負担をかけますし、乾いた状態では剃ることができません。初期コストは安いかもしれませんが、刃がすぐに傷んでしまうので、刃を短期間で交換しなければいけません。肌を傷めたくな人はシェーバーのほうがよいと言えます。

このページの先頭へ

用語集

充電交流式
コンセントにつないだまま利用できる方式。洗面所などで利用することが多いなら、バッテリー残量を気にせずに使えるので便利です。
○枚刃
ひげをカットする刃の数です。往復式と回転式、ロータリー式のそれぞれで3枚刃が主流です。中には、パナソニックの「ES-LV9A」のように、5枚刃を採用し深剃りをきわめている製品もあります。
深剃り
シェーバーは刃が肌に触れないので、カミソリに比べると深剃りが苦手です。そのため、ひげを持ち上げてからカットするなどの工夫を施して深剃りを実現しています。
IPX7
防水性能を表す等級です。IPX7は一時的に水没しても内部に浸水しない防浸形の性能を備えていることを表し、水洗いが可能です。お風呂剃り対応機種の一部は、継続的に水没しても浸水しない水中型のIPX8に対応しています。
キワゾリ刃
もみあげや伸ばしているひげを整えるための機能。ひげを剃るついでに、手軽に処理できるのが便利です。
シェーバーオイル
機種によっては洗浄後、刃に注油する必要があります。各メーカーから販売されている専用オイルを利用しましょう。注油することで、刃の切れ味を維持することができます。
自動研磨システム
フィリップスの回転式製品では、内刃が回転すると外刃と接触して研がれるシステムを採用しています。そのため、自動的に切れ味を維持できるので注油が不要になります。
サスペンション
刃を搭載しているヘッドを顔の凹凸に密着させるためのパーツです。高性能なサスペンションを搭載しているシェーバーであれば、起伏のある場所でも、一気に剃ることができます。
アルコール洗浄
自動洗浄器でアルコールを利用している製品もあります。ほぼ完璧に除菌できるのがメリットです。もちろん、アルコール洗浄タイプも専用の詰め替えカートリッジを購入する必要があります。

このページの先頭へ

このページの先頭へ