スピーカー 通販 価格比較

> > スピーカー

キーワード検索

関連特集

V-MODAの最新ワイヤレスヘッドホン

V-MODAの最新ワイヤレスヘッドホン

ハイレゾ対応の「Crossfade II WIRELESS」が日本国内にもついに登場!(2017年6月21日掲載)

ダブルチューナー搭載で2番組同時録画が可能

ダブルチューナー搭載で2番組同時録画が可能

1TB以上のブルーレイ・DVDレコーダー(2017年4月1日掲載)

  • ※掲載情報は、2017年06月25日20時55分 の情報です

スピーカーの選び方

スピーカー選びに必要な知識はこちらでチェック!
スピーカーの選び方ガイド 詳 細はこちら
製品選びの前に スピーカーの役割やタイプ、セット展開などをチェック
選び方のポイント 形状の違いやユニット数、ハイレゾ対応などを確認
主なメーカー ヤマハやオンキヨー、JBLなど主なメーカーの特徴
FAQ(よくある質問と回答集) 「ネットワーク回路とは何?」といった疑問に回答
用語集 「周波数帯域」など押さえておきたい用語集
     
WAY     
db以上   Ω  
W以上     
メーカー名 価格円以下  

※カンマ(,)は入力しないでください。

 
 
 
 
 
 
  • ※掲載情報は、2017年06月25日21時04分の情報です

スピーカー 製品&レビューピックアップ

買ってよかった! ユーザーレポート

詳しい分析はこちら! プロフェッショナルレポート

スピーカーに関するメーカー・製品関連の新着クチコミ・レビュー

新着クチコミ

新着レビュー

D-309E(D) [単品] (ONKYO) 気まぐれでサラウンドバック用に309Mを購入し、安い割にはかなり印象が良かったのでシリーズで聞いてみた… 満足度:3 鴻池賢三さん NX-N500 [ペア] (ヤマハ) メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。 【デザイン】 デザインには好み… 満足度:5
  • ※未返信、未解決は直近1年以内の件数を表示しています

スピーカー トレンド

  • メーカー
  • 価格帯

価格.comにおいて、どのメーカーの製品が売れ筋なのかがわかります。製品選びの参考にしてください。

棒グラフ円グラフ
  • 2017年5月のトレンド情報です

スピーカー 関連特集・記事

10年ぶりに復活!ハイレゾ対応のピュアモルトスピーカー「S-PM50/S-PM30」

10年ぶりに復活!ハイレゾ対応のピュアモルトスピーカー「S-PM50/S-PM30」

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンはHi-Fiスピーカーの新製品として、「S-PM50」と「S-PM30」を12月下旬より発売します。10年ぶりに復活したピュアモルトスピーカーで、パイオニア伝統のバーチカルツイン方式も採用します。(2016年12月掲載)

音楽表現力がさらに増した、JVCの新作ウッドコーンスピーカーが登場!

音楽表現力がさらに増した、JVCの新作ウッドコーンスピーカーが登場!

JVCケンウッドは、JVCブランドより木の振動板を採用したウッドコーンスピーカーの新モデルを発表。フルレンジドライバーを搭載する「SX-WD9VNT」と、ウーハーとツイーターを搭載する2Wayタイプの「SX-WD7VNT」の2モデルを12月中旬より発売します。(2016年12月掲載)

国産のハイレゾ対応無指向性スピーカー「Egretta TS1000F」登場!

国産のハイレゾ対応無指向性スピーカー「Egretta TS1000F」登場!

オオアサ電子は、無指向性スピーカー「Egretta」シリーズの新製品として、「TS1000F」を12月上旬より発売します。価格は2本1組で350,000円(税別)。ツイーターに新開発素材を用いることでハイレゾに対応しました。プレス向け発表会での情報を交えてレポートします。(2016年11月掲載)

創業70周年のオンキヨーが高級スピーカー「Scepter」の最新モデルを発表

創業70周年のオンキヨーが高級スピーカー「Scepter」の最新モデルを発表

オンキヨーは2016年10月27日、スピーカーの新製品「SC-3(B)」を12月中旬より発売すると発表しました。価格は1台300,000円(税別)。オンキヨー製の高級スピーカー「Scepter(セプター)」の最新モデルで、「Scpeter」を冠する新製品は15年ぶりの登場となります。(2016年10月掲載)

四角柱のスピーカーを採用したオーディオシステム「i-SIDE」登場

四角柱のスピーカーを採用したオーディオシステム「i-SIDE」登場

タイムドメインラボから、これまでのタイムドメインスピーカーになかった四角柱の特徴的なスピーカーを採用したオーディオシステム「i-SIDE」が登場。独自の「タイムドメイン理論」に基づいた新しいオーディオシステムの特徴をご紹介します。(2016年5月掲載)