容量で選ぶ洗濯機特集

ホーム > 家電 > 洗濯機 > 容量で選ぶ洗濯機特集

容量で選ぶ洗濯機特集

一度買うとなかなか買い換えない大型家電のひとつ、洗濯機。最近では、乾燥まで自動で行える洗濯乾燥機や、使用する水が少ないドラム式洗濯機に注目が集まっています。毎日のように使う洗濯機、一度に洗う洗濯物の量からご家庭にあった1台を選びましょう。

洗濯機の容量選びの目安は?

必要となる洗濯機の容量は、下記の計算式でおおよそ求めることができます。洗濯機のサイズはキログラム(kg)で表します。

洗濯機の容量=家族の人数×1.5kg

計算してみましょう

我が家の洗濯物の量はいったいどのくらいなのでしょう? 一度に洗う洗濯物の量から、適切な洗濯機のサイズを計算してみましょう。

ワイシャツ(200g) ジーンズ・パンツ(500g) バスタオル(300g)
アンダーシャツ(130g) ブラウス・カットソー(200g) タオル(80g)
トランクス(50g) ショーツ(30g) シーツ(400g)
くつ下(50g) パジャマ(500g) ウール毛布 シングル(2kg)

適切な洗濯機のサイズはkgです。

※1回の洗濯量は洗濯機の容量に対し8割ほどが適当とされています。

※洗濯物の重さは、布地の種類、厚さ、大きさなどによって前後します。

洗濯機のタイプとは?

洗濯乾燥機 洗い・すすぎ・脱水・乾燥までを自動で行うタイプ。容量8kg以上の大型のタイプが多いです。
洗濯機・簡易
乾燥機能付洗濯機
「洗濯機」は、洗い・すすぎ・脱水までを自動で行うオーソドックスなタイプ。「簡易乾燥機能付」は、これに干す時間を短縮させる程度の乾燥機能がついたタイプ。容量は3〜9kgと幅広くあります。
2槽式洗濯機 洗い・すすぎを行う槽と脱水槽が分かれているタイプ。「洗い・すすぎ」と「脱水」の工程を同時に行えますが、洗濯物を移動させる手間が生じます。容量は、3〜5kg程度の少量のタイプが多いです。

洗濯方式とは?

ドラム式 ドラムが回転し、洗濯物を持ち上げ下へ落とす「たたき洗い」で汚れを落とします。渦巻き式よりも時間がかかりますが、使用する水が少なく洗濯物の傷みが少ないといわれています。汚れ物が少なく、洗濯回数が低い場合、デリケートな衣類が多い場合などに。
渦巻き(水槽)式 洗濯層の底にあるパルセータの回転で、水と洗濯物を回転させ、「こすり洗い」で汚れを落とします。ドラム式に比べ洗浄能力は高めですが、衣類を傷めやすいといわれています。汚れ物が多い、洗濯する頻度が高い場合に。

容量別の売れ筋洗濯機をみる

容量
人数の目安
5kg台以下の売れ筋洗濯機をみる

1人暮らしや夫婦のみの家族、分け洗いをすることが多い家庭。

5kg台以下の売れ筋洗濯機をみる
6〜8kg台の売れ筋洗濯機をみる

3〜5人程度の家族や、少人数の家族でまとめ洗いをすることが多い家庭。

6〜8kg台の売れ筋洗濯機をみる
9kg台以上の売れ筋洗濯機をみる

6人以上の大人数の家族や、まとめ洗いをすることが多い家庭。

9kg台以上の売れ筋洗濯機をみる

家電 関連特集

我が家は冬でも冷え知らず♪ 冬物季節家電特集

我が家は冬でも冷え知らず♪ 冬物季節家電特集

寒いリビング、冷たい布団、冷え切ったトイレ……我慢しないで快適な冬を楽しみませんか? あなたに心地よいぬくもりを提供する、売れ筋の冬物季節家電をご紹介します!


おいしいお米を食べたい! タイプで選ぶ炊飯器特集

おいしいお米を食べたい! タイプで選ぶ炊飯器特集

日本の食卓には欠かすことのできないご飯。そのおいしさの鍵を握る炊飯器から、加熱方式ごとに売れ筋製品をご紹介します!


容量で選ぶ冷蔵庫特集

容量で選ぶ冷蔵庫特集

冷蔵庫を選ぶ際に、まず決めたいのが容量。家族の人数とライフスタイルにあわせてぴったりな一台を選びましょう。


タイプで選ぶ掃除機特集

タイプで選ぶ掃除機特集

お部屋に合った掃除機を選んで、めんどうな家事を楽しいお掃除タイムに変えましょう! タイプごとに売れ筋の掃除機をご紹介します。


画面のサイズで選ぶ液晶テレビ特集

画面のサイズで選ぶ液晶テレビ特集

どの画面サイズの液晶テレビを買えばいいのか、迷うことはありませんか?そんなときは、こちらをチェック。


部屋の広さから選ぶエアコン特集

部屋の広さから選ぶエアコン特集

あなたのお部屋のエアコン、なかなか冷えなかったり、逆に寒すぎたりということはありませんか? 本特集では、部屋の広さごとに人気のエアコンをご紹介。部屋の広さにあったエアコンを選んで、暑い夏を快適にすごしましょう。


ページの先頭へ