ワインセラーの選び方

ご利用案内
ホーム > 家電 > ワインセラー > ワインセラーの選び方

ワインセラーの選び方

価格.com ユーザーが編集するワインセラーの選び方のガイドです。ワインセラー選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェック!

概要編集する

ワインセラーとは、ボトルに入ったワインを保管するための貯蔵庫。ワインを安定した温度や湿度で保存できるほか、熟成を進めてさらにおいしくするといった効果もあります。ワインは非常に繊細な飲み物で、適切な環境で保管しないと味が劣化してしまいます。さらに、四季がある日本は、季節によって温度や湿度が大きく変化するため、熟成に適した環境を作り出すのは困難。しかし、ワインセラーを使えば、家庭でも手軽に、理想の環境(※)でワインを保管・熟成できます。

※ワイン保管の理想の環境
・適した温度を保つ
・適した湿度を保つ(コルク栓の乾燥を防ぐため)
・光を当てない(直射日光だけでなく、蛍光灯の光もNG)
・振動させない
・匂いを放つものと一緒にしない

最終更新:価格.comスタッフ 2016/08/16 16:53:22

選び方のポイント編集する

ワインの収納本数で選ぶ

収納できる本数が多いほど本体が大きくなります。設置スペースと本体サイズを入念に確認しましょう。

20本以下
20〜40本
40〜80本
80〜120本
120〜160本
160本以上


便利機能で選ぶ

一部のワインセラーには、ワインの品質を管理するための便利な機能が搭載されています。長期熟成を考えている人は、多機能モデルを選びましょう。

温度コントロール機能

庫内を自動で適温に調節してくれる機能です。ドアの開閉が多くても安心です。

湿度保持機能

ワインに適した湿度を自動で維持してくれる機能です。湿度が不十分だと、コルク栓が乾燥してワインも劣化してしまいます。

ガラス扉

扉の表面がガラス製のため、扉を開けずに庫内を確認できます。ただし、通常タイプと比べると、熱効率は落ちます。

UVカット対応

ワインを光から守るため、ガラス扉にUV(紫外線)カット処理を施した製品です。ワインに有害な紫外線を遮断できます。

ドアロック機能

扉にカギを搭載した製品です。子どものいたずらや地震などでも扉が開かないため、ワインを落下事故などから守ることができます。

冷却方式で選ぶ

ワインセラーには、3つの冷却方式があります。それぞれの特徴をチェックしておきましょう。

ペルチェ方式

半導体素子のペルチェ効果を利用した冷却方式です。冷却能力は低く、温度をゆっくりと変化させるため、ワインへ与える刺激も少ないといわれています。騒音や振動もなく、家庭向けなど小型のワインセラーによく利用されています。

コンプレッサー方式

一般的な冷蔵庫と同様に、冷媒とモーターを使った冷却方式です。冷却能力が高く、消費電力も少ないですが、騒音や振動が発生します。ただ、近年は振動を抑えたモデルも多数登場しています。大型ワインセラーや扉の開閉が多い業務用モデルに採用されています。

アンモニア吸熱方式

冷媒にアンモニアを使用し、アンモニアの気化熱によって温度を調整する冷却方式です。冷却能力は、ペルチェ方式よりは高いですが、コンプレッサー方式には劣ります。また、ペルチェ方式と同様に、静かで振動がありません。駆動部品がないため、寿命が長いのも特徴です。

最終更新:価格.comスタッフ 2016/08/16 16:57:53

FAQ(よくある質問と回答集)編集する

Q.ワインを長期熟成させない場合は、低価格モデルでも大丈夫ですか?

A.はい、問題ありません。

熟成を目的とせず、一時的な保管や熱対策だけであれば、1〜3万円の低価格モデルで十分です。

Q.ワイン以外のものを保管できますか?

A.できますが、ワインと一緒に保管してはいけません。

ワイン以外の酒類をはじめ、チョコレート、チーズ、葉巻など、温度や湿度の適切な管理が求められるものを保管するのにも適しています。ただし、ワインといっしょに保管するのは、匂い移りや菌が感染する危険性があるので避けましょう。

最終更新:価格.comスタッフ 2016/08/16 14:56:54

ワインセラー トレンド

  • メーカー
  • 価格帯

価格.comにおいて、どのメーカーの製品が売れ筋なのかがわかります。製品選びの参考にしてください。

棒グラフ円グラフ
  • 2018年8月のトレンド情報です

ワインセラー なんでも掲示板  -ワインセラーに関する話題ならなんでも投稿できる掲示板-

このページの先頭へ