活動量計 通販 価格比較


キーワード検索

関連特集

iPhone XS/XS MaxやApple Watch Series 4発売

iPhone XS/XS MaxやApple Watch Series 4発売

今週発売になる、注目の3製品を紹介します!(2018年9月18日掲載)

G-SHOCK最新作「G-SQUAD」第2弾を最速レビュー!

G-SHOCK最新作「G-SQUAD」第2弾を最速レビュー!

ひと足早く入手した「GBD-800」を1週間テストし、その機能や使い心地に迫ります!(2018年9月14日掲載)

活動量計 メニュー

  • ※掲載情報は、2018年09月22日05時55分 の情報です

活動量計の選び方

活動量計選びに必要な知識はこちらでチェック!
活動量計の選び方ガイド 詳 細はこちら
選び方のポイント 運動やダイエットシーンに使用するなら心拍数計測機能が必要
機能・スペックをチェック 装着タイプや表示機能などの違いを確認
主なメーカー タニタやオムロンなどの特徴をチェック
FAQ(よくある質問と回答集) 「歩数計との違いは?」などよくある質問に解答
用語集 「メッツ・エクササイズ」などおさえておきたい用語集

活動量計 製品&レビューピックアップ

買ってよかった! ユーザーレポート

詳しい分析はこちら! プロフェッショナルレポート

活動量計に関するメーカー・製品関連の新着クチコミ・レビュー

新着クチコミ

新着レビュー

Apple Watch Series 2 42mm MNT32J/A [パールウーブンナイロン] (APPLE) Series 4が発表されたばかりですが、購入後2年近くが経過しましたので、備忘録的にレビューしておきたい… 満足度:4 wena wrist pro WB-11A/S [シルバー] (SONY) 時計を付けている感覚なのでそこまで違和感はないと思います。ただこのベルトの幅が22mmというものであま… 満足度:4
  • ※未返信、未解決は直近1年以内の件数を表示しています

ウェアラブル端末・スマートウォッチ 関連特集・記事

命を救う腕時計「Apple Watch Series 4」が登場。不整脈検知と心電図に対応 NEW !

命を救う腕時計「Apple Watch Series 4」が登場。不整脈検知と心電図に対応

アップルはクパチーノの本社で新製品発表会を開催し、スマートウォッチの新モデル「Apple Watch Series 4」を発表した。本記事では、スペックや新しく搭載された新要素などを詳しく解説する。(2018年9月掲載)

アウトドア仕様のスマートウォッチ「PRO TREK Smart WSD-F30」をチェック! NEW !

アウトドア仕様のスマートウォッチ「PRO TREK Smart WSD-F30」をチェック!

カシオがアウトドア向けのスマートウォッチ「PRO TREK Smart」の新モデル「WSD-F30」を発表。オフラインのカラー地図とGPSを最大3日間利用できる「エクステンドモード」を搭載し、泊まりがけのアクティビティでも、バッテリーを気にせずに使えるようになりました。(2018年8月掲載)

「誰でも買えて、誰もが使えるPDAを」当時の状況や背景を語る。 NEW !

関連カテゴリ:携帯電話アクセサリ,au携帯電話,docomo(ドコモ)携帯電話,他

「誰でも買えて、誰もが使えるPDAを」当時の状況や背景を語る。

今回、連載に登場するのは、当時NTTドコモブランドのPDAの商品企画開発リーダーだった入鹿山剛堂氏。同氏は、「sigmarion」を安価で提供できる仕組みを検討し、いわゆる「リカーリング型ビジネスモデル」を編み出した。今回の記事では、そのときの状況や背景について、当事者の立場から説明する。(2018年8月掲載)

GPSオンで120時間稼働! ウルトラのためのウルトラなランウォッチ「スント9」

GPSオンで120時間稼働! ウルトラのためのウルトラなランウォッチ「スント9」

2018年6月に発売されたスントのGPSウォッチ「スント9」。走行距離100kmのウルトラマラソンや、100マイルを超えるトレイルランニングといった超長距離レースに最適なワケを、専門家・南井正弘さんが徹底チェック。従来のランニング用GPSウォッチと異なるポイントとは!?(2018年8月掲載)

今だから話せる。ドコモとPalmが開発した「i700」はなぜ発売されなかったか

関連カテゴリ:携帯電話アクセサリ,au携帯電話,docomo(ドコモ)携帯電話,他

今だから話せる。ドコモとPalmが開発した「i700」はなぜ発売されなかったか

それは、現在のスマホとほぼ同じデザインの通信機能付きPDAだった。iPhoneが生まれる数年前にほぼ完成していたが、“とある事情”により、発売前に破棄されることになったという。「もう時効でしょうから」と、Palm社で当時開発に携わっていた久保氏は語る。今だから話せる真実とは?(2018年7月掲載)