格安スマホ 初心者ガイド

ホーム > スマートフォン・携帯電話 > 格安スマホ > 格安スマホ 初心者ガイド
U-NEXT(U-mobile) 格安スマホ

格安スマホとは何ですか?

低価格のスマートフォン(端末)と格安SIM(通信プラン)のセットのことです

低価格のスマートフォン
と格安SIMカードで格安スマホ

低価格のスマートフォンとは?

docomoやau、ソフトバンクといった大手携帯3社が販売しているスマートフォンと比べ、端末価格が低いスマートフォンです。よく使われる機能に絞ったシンプルさであったり、海外メーカーによるコストパフォーマンスの高さが低価格につながっているため、値段は安いですがクオリティの低い端末を扱っているというわけではありません。

格安SIMカードとは?

格安SIMカードとは、スマートフォンの中に入っている小さいICカードです。最近では、OCNやBIGLOBEなどプロバイダとして有名な企業が、 docomoやauなどの携帯キャリアからインターネット・通話の回線を借りて、SIMカードを使ったインターネットや通話のサービスを提供しています。 格安SIMカードは、これらの事業者によって携帯大手3社よりも安くインターネットや音声通話機能が利用できるSIMカードです。

格安SIMカード 初心者向け選び方ガイド・Q&A

月額2,000円台多数!どうして格安スマホは安いの?

スマートフォンとデータ通信料金が安い

月間のデータ量が同じでも、携帯大手3社よりも安くなる!

格安スマホは低価格のスマートフォンが中心となっています。その端末に対し、SIMカードも、データ通信料金の抑えられた格安SIMが組み合わされているため、docomoやau、SoftBankといった携帯大手3社のプランよりも大幅に料金が抑えられたプランが多いのです。なお、格安スマホは低価格でもハイスペックな端末が多数あります。

通話料金がプランに組み込まれていない

格安スマホのプランは使った分だけ通話料金が増える、

携帯大手3社のスマホでは、毎月の通話料金が割引、もしくは定額になっていて、その料金分がすでに含まれているプランが多いです。そのため、あまり通話を利用しない人は割高になります。一方、格安スマホは通話料金がプランに組み込まれていない(使った分だけ課金される)ため、その分、月額料金を安くすることができます。

携帯会社のスマホよりも安くて不安です...

対応エリアはdocomoと同じ

格安スマホの通信にはdocomoの回線を借りて提供されている場合がほとんどで、一部、mineoなど、auの回線を利用している事業者もあります。携帯大手3社の回線を利用しているため、安くても安心してご利用いただけます。

ハイスペックな端末が揃っている

格安スマホは端末のスペックが低いから安い、と思われている方もいるかもしれません。格安スマホが登場した当初はそういった部分がありましたが、現在では、最新OSが搭載されていたり、国内外で人気のあるハイスペックな格安スマホも多数あります。

LTE対応で高速通信可能なプランが多数

格安スマホは料金が安いにもかかわらず、LTE対応で高速通信が可能なプランが多数あります。携帯大手3社から乗り換えると遅くなるのでは、と不安に思っている方でも安心してご利用いただけます。

自分に合ったデータ量を選ぶことで、通信プラン料金を抑えられる

一般的に、データ量の少ないプランの方が通信料金を抑えられます。しかし、格安スマホには、携帯大手3社と同等のデータ量が利用できるプランも多数あります。毎月使うデータ量が少ない人だけでなく、多い人でも、格安スマホにすることで通信費を抑えられるかもしれません。

データ量の目安が知りたい方はこちら

格安スマホの「弱み」

携帯大手3社のメールアドレスが使えなくなる

「xxx@docomo.co.jp」「abcd@ezweb.ne.jp」のような携帯大手3社が提供しているメールアドレスが使えなくなります。ただ、Yahoo!メールやGmailなど、PCでも使えるメールアドレスをご利用いただくことは可能です。

iPhoneは選べない

現在、格安スマホでは、iPhone(アップル社製)は販売されていません。しかし、人気国産メーカーからも格安スマホは続々と発売されており、今後も端末のラインナップは増えていきます。

iPhoneを使いたい人はどうすればいいですか?
SIMフリーの端末を購入し、格安SIMをお使いいただくことで、iPhoneでもスマホの月額を抑えることが出来ます。

格安SIMカード 初心者向け選び方ガイド・Q&A

店頭で相談がしにくい

携帯大手3社の場合、全国に実店舗を構えているため、店頭での相談やサポートを受けやすいです。一方で格安スマホの事業者は、そもそも実店舗がなかったり、店舗数が少ない場合が多いため、相談やサポートは電話はメールが中心となります。

格安スマホはどんな人にぴったりですか?

毎月の通信費を抑えたい人

格安スマホなら、端末代を含めて月額2,000円台からで新しいスマホが手に入ります。携帯大手3社のスマホを利用するより半額以上もお得に利用できるかもしれません。

新しいスマホに変えたい人や、スマホを試しに使ってみたい人

格安スマホは、安くても性能は十分ですし、AQUOS、Arrowsといった人気国産メーカーのスマホもあるため、いまの契約が満了になって買い替えを検討している方や、ガラケーを持っていてスマホを試してみたい、と考えている人にはぴったりです。

格安スマホが合わない人は?

いま持っている端末をそのまま使いたい人

格安スマホは端末もセットになっているため、いまの機種をそのままお使いいただくことはできません。いまの端末のまま料金を抑えたい場合は、格安SIMをご検討ください。

格安SIMカード 初心者向け選び方ガイド・Q&A

iPhoneがほしい人

格安スマホでは、iPhone(アップル社製)は、現在のところ販売されていません。しかし、格安SIMなら、月額料金を抑えられます。SIMフリーのiPhoneを購入すれば、格安SIMをお使いいただけます。

格安SIMカード 初心者向け選び方ガイド・Q&A

090通話をよく利用する人

格安スマホでは、通話料はプラン料金に含まれておらず、利用した分だけ課金されていきます。毎月の通話時間が非常に多い人の場合、キャリアが提供している「通話定額プラン」の方が通信費を抑えられるかもしれません。ただし、LINE電話や楽天でんわといった通話アプリを使えば、格安スマホでも通話料金を抑えることが可能です。

格安スマホの選び方

プラン料金の主な違いは「端末」「データ量」「通信速度」

格安スマホにはプランが多数ありますが、料金の差はどこから生まれているのでしょうか。この料金の違いは、おおまかに言うと、端末、データ量、通信速度の違いになります。

端末はスペックなどにより料金に差が出てきます。また、データ量は使える量が多いほど料金が高くなり、通信速度も速いほど料金が高くなる傾向があります。もちろん、事業者ごとのキャンペーンやオプションなど、細かい部分で異なる場合がありますが、おおまかな料金の傾向は上記となります。

端末のスペックになにを求めるか

デザイン、カラー

実際に自分が利用することを考えると、自分好みのデザインやカラーの端末を使う、ということは大事なポイントとなります。他の端末と見比べ、お気に入りにの端末を探しましょう。

容量、メインメモリ

容量はROM、メインメモリはRAMとも言われます。容量は「どれだけのデータを保存することができるか」、メインメモリは「処理できる量がどれだけあるか」をあらわしています。この2つの数値が大きいほど、スマホがサクサクと快適に利用できます。

搭載されている機能

携帯大手3社の端末は国内メーカーが多いのに対し、格安スマホはコストパフォーマンスに優れた海外メーカーの端末も充実しています。海外メーカーの端末の場合、おサイフケータイやフルセグといった、日本では馴染み深い機能が搭載されていないことが多いです(例えばiPhoneにも、これらの機能は搭載されていません)。

格安スマホにはこれらの機能を備えた国内メーカーの端末もありますが、自分に必要なスペックに絞ることで、賢く端末の料金を抑えることができます。

毎月のデータ量はどれくらい必要か

格安スマホでは、1GBから無制限まで、データ量に応じたプランを選ぶことができます。一般的には、1GBから2GB程度の利用者が多いです(※)。また、自分が普段使っているデータ量は、現在利用中の携帯会社のホームページからご確認いただけます。

また、使いすぎてしまった場合でも、後からデータ量を増やすことのできるプランもございます。

NTTコムリサーチ調べ

データ量の目安

1GBのデータ量では、以下のことができます。(1GB=1,000MB=1,000,000KB として計算しています)

WEBページの閲覧(価格.comスマートフォン版:293KB) 3,412回
アプリダウンロード(1アプリのサイズ36MB ※1) 27回
動画閲覧(4分あたり12MB ※2) 83回

※1 iPhone、Androidの人気アプリ上位5位の平均値
※2 Youtube人気動画上位5位の平均値

今使っているスマホのデータ量を見る

Android 4.0以上の場合、設定画面より「データ使用量」または「データ使用」画面で確認できます。
または、各キャリアの提供サービスで確認できます。

docomo My docomoページ My docomoアプリ
au auお客様サポートページ auお客様サポートアプリ
SoftBank My SoftBankページ My SoftBankプラスアプリ

通信速度は高速・低速の2タイプ

速度は、大きく分けて高速(75Mbps以上)と低速(200kbps前後)の2種類のタイプがあります。 低速でも、Webページの閲覧やLINEなどはスムーズに利用できます。しかし、地図や動画の利用になるとかなり重たくなります。高速の場合は、キャリアのスマホのようにLTE対応で快適な通信が可能です。

格安スマホを検討中の方はこちら

価格.comで格安スマホのプランを探す