価格.com

自動車・バイク

新車の値引き相場

車の購入は誰にとっても大きなお買い物。けれども、初めて車を買う人にとってはどこで、どうやって買うか、とてもわかりにくいのが現状。そこで、そんなわかりにくい自動車購入の手順をわかりやすく解説。さらにもっとお得に自動車を買うことが出来る情報満載で自動車購入をサポート!

新車の値引き相場

自動車は大きな買い物なので、1円でも安く、そして出来れば気持ちよく購入したいもの。そこで値引き相場を把握しておくことで、どのくらい安くしてもらえたら満足か確認しておこう。

値引きの相場

値引き額は車種、時期、下取り車の有無により多きく変わるがおおむね5%〜15%程度が目安となる。ただし一部車種や輸入車、高級車メーカーなどは値引きが無いところがある。

見積書の内容を理解する

値引き交渉をする際、重要になるのが、見積書の内容を理解しておくこと。見積書の項目の内容を理解すれば値引いてくれる部分がどこなのかがわかり、仮に車両本体から値引いてもらえなくても、購入費用をより低く抑えることが出来る。

車両本体価格

自動車本体の価格。

オプション・付属品

カーナビ、ETC、エアロパーツ、アルミホイールやフロアマット、ドアバイザーなど自動車本体に後からつける一切の装備品。この項目はディーラーで取り付けるディーラーオプションであることが多く、値引き交渉の材料となる。

販売諸費用

新車購入時にディーラーが行う作業に対する手数料で、主に下記のような項目がある。

検査登録手数料

陸運局でナンバー取得する際に発生する作業の手数料。おおむね1.5万円〜3.0万円。

車庫証明書取得手数料

自動車の保管場所を証明するための書類を取得してもらうための作業の手数料で、1万円ほど請求されることが多いようです。しかし、車庫証明書の取得は簡単で、自分で警察署に行くことができれば約3千円ですむ。

下取り費用

新車購入時に下取り車がある場合、その査定手数料とし1万円ほど請求されることが多いようです。しかし中古車査定サービスを利用して下取り車を売却すれば、より高く売却できる可能性がある。その場合には下取り費用がかからないので、とその分が実質的には値引きとなる。

お得ポイント 自動車購入がよりお得に、より便利になるサービスのご紹介

希望ナンバー取得手数料

ナンバープレート登録時に自分の誕生日など希望のナンバーを取得するための費用。ランダムな番号でよければ、この費用はかからない。

納車費用

新車を買った人の手元へ届けるための費用。自宅まで新車を運んできてもらうための費用なので、ディーラーまで自分で取りに行けば、かからない。1万〜1.5万円くらい請求されることが多い。

税金等

新車購入時に必要な税金や保険料などの費用。国に納める費用となるので、ここから値引くことは不可能。

自動車税

毎年4月1日時点で自動車を所有している人にかかる税金で、排気量によって金額が決められている。たとえば1,500ccであれば、34,500円である。また登録月により月割りの金額となる。

自動車取得税

自動車購入時に課税される。取得価額×3%である。取得価額には車両本体のほかオプションも含まれる。また、低排出ガス規制と燃費基準をクリアした車種については減税される(エコカー減税)。

自動車重量税

新車登録時または車検時に課税される。自動車の重量に応じて課税され、たとえばアルファードで新車登録時60,000円となる。ただし、低排出ガス規制と燃費基準をクリアした車種については減税される(エコカー減税)

自賠責保険

自動車購入時、または車検時に加入が義務付けられている保険。自家用乗用車で37ヶ月35,390円。

任意保険(自動車保険)

自賠責保険で補えない損害を補償する任意保険。保険料は、車種や補償内容、保険会社などによって異なる。

自動車リサイクル料

自動車を最終的に処分する際、エアバックなどを解体する費用。車種ごとに決められているが、たとえばエスティマでは15,600〜16,650円となっている。

お得ポイント 自動車購入がよりお得に、より便利になるサービスのご紹介

このページの先頭へ

  • 自動車 > 自動車購入ガイド - 価格.com

Copyright c Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止