年齢条件とは 保険料について

ホーム > 自動車 > 自動車保険 比較・見積もり > 基礎知識 > 年齢条件とは 保険料について

自動車保険の基礎知識 第11回 年齢条件とは - 保険料について

自動車保険では、契約自動車を運転した際に保険が適用となる人の年齢を前もって制限しておくことで保険料を抑えられます。この年齢条件の設定の仕方で保険料に大きな差が出るケースも。一方で、年齢条件から外れた人が運転すると事故の際に保険が適用されず補償が受けられない場合もあります。現在の年齢条件と運転する人の年齢をもう一度見直してみましょう。

年齢条件はどんなふうに決まっている?

生命保険と同じように自動車保険も年齢条件によって保険料が変わってきます。ただし、生命保険は若い人ほど安く加入できるのに対し、自動車保険では若い人ほど保険料が高くなります。これは過去の事故率のデータの、若年層ほどリスクが高いという統計結果に基づいているため。また同様に70歳以上のドライバーも事故率のデータから、高リスクと判断され保険料が高くなります。
50歳以上60歳未満の年齢はゴールド免許保持者などの優良ドライバーが多い傾向にあり、事故のリスクも低いとの結果が出ており保険料も安くなります。このような理由から、年齢条件ごとに保険料に差が生じてくるのです。

一般的な保険会社の年齢区分

高い
安い
全年齢補償 運転者18歳以上を補償
21歳以上補償 運転者21歳以上を補償
26歳以上補償 運転者26歳以上を補償
(さらに6区分に分類)

若い家族が免許を取ったらすぐ見直しを!

若い家族が免許を取ったらすぐ見直しを! 年齢区分とは自動車保険を年齢で制限することを表しています。例えば、「26歳以上」で、26歳未満の方が運転していて事故を起こしても自動車保険で補償されません。このため、1台の車を家族で共有するケースはくれぐれもご注意を。年齢条件から外れる人が、「ちょっとだけ」と安易な気持ちで運転して事故を起こしたら大変です。また、同居の子供が免許を取った時も要注意。「家の車は保険に入っているから大丈夫」と年齢条件のある車を運転して、事故を起こす事例もあるからです。
自動車保険の年齢条件はいつでも変更が可能です。家族が免許をとった場合にはすぐに保険会社に連絡しましょう。

このページの先頭へ

特約を使って保険料を抑えよう!

若いご家族が免許を取り、いままでの年齢条件を変更すると保険料が大幅アップし、驚かれる方も多いようです。そんな場合は以下の特約を活用してみてはいかがでしょう?

「家族限定特約」

運転できる人を「(1)契約者本人(記名被保険者)、(2)配偶者、(3)契約者(記名被保険者)または配偶者の同居の親族、(4)契約者(記名被保険者)または配偶者の別居の未婚の子」に限定します。これにより全年齢担保の場合でも、保険料を抑えることができます。

「本人・配偶者限定」

運転できる人を「(1)契約者本人(記名被保険者)、(2)配偶者」に限定します。18歳など、若い方が免許を取得した場合、ほかの家族や友人などに運転させず自分だけが運転する…という条件なら、かなり保険料を抑えることができます。

年齢条件からはずれる別居の子供や友人が補償されることも

年齢条件を設定しているのに若い人が運転できるケースをご紹介します。

「一般的な保険会社の年齢条件の例」

例えば26歳以上補償にした場合。補償範囲は「(1)記名被保険者、(2)配偶者、(3)記名被保険者または配偶者の同居親族、(4)上記の方の業務(家事以外)に従事中の使用人」となる保険会社が一般的です。この年齢条件は(1)〜(4)に適用されるので、「帰省中の子供」「別居の親族」「友人・知人」は26歳未満でも補償されることになります。ただし、運転者を限定(家族、本人・配偶者)している場合は補償範囲内での適用となります。ご自身のご契約内容が不明な場合、保険会社に問い合わせし正確に把握しておきましょう。

自動車保険の満期日(または希望開始日)が

以前の方は
すぐに一括見積もり(無料)
より後の方は
お見積もり時期ご案内メールを登録

<掲載情報について>

本ページに記載されている情報は、その正確性、妥当性、適法性、有用性およびその他一切の事項について保証するものではありません。保険契約の締結、変更等の手続きにあたっては約款、パンフレット等を含めた保険会社の直接の情報をご参照ください。