価格.com

自動車・バイク

自動車の取得・維持費

自動車の取得・維持費 自動車を所有して維持するためにいくらかかる?

新車・中古車に関わらず、自動車の購入時には本体価格の他に様々な経費がかかる。購入時の経費を考えずに購入の話を進めるとあとで思わぬ出費となるので注意が必要。
また自動車は購入してからも、年毎にかかる税金や、メンテナンス費用、動かすための燃料費など継続的に維持費がかかる。自動車購入の際には維持費についてもしっかり考えておこう。

自動車の取得・維持費

自動車の取得時にかかる費用と維持費用を解説。自動車本体以外の費用は必ず押さえておこう。特に中古車は車検の残期間の有無によって取得費用が変わってくるので注意しよう。

自動車の取得・維持費 早見表(:車種によってはエコカー減税適用)
費用の項目 取得費用 維持費用
新車   中古車   車検時 日常
車検残なし 車検残あり
税金
自動車税 または 軽自動車税 チェック チェック   チェック
自動車取得税 チェック チェック
自動車重量税 チェック   チェック
消費税 チェック チェック
保険 自賠責保険料 チェック チェック チェック
自動車保険料(任意) チェック チェック   チェック
諸費用 検査・登録費用 チェック チェック チェック
車庫証明費用 チェック チェック
納車費用 チェック チェック
自動車リサイクル料 チェック チェック
車検整備・検査費用 チェック チェック  
燃料費 チェック チェック チェック
駐車場代 チェック チェック チェック
日常点検・整備費   チェック

※相続取得の場合は相続税、贈与取得の場合は贈与税が別途かかる。

ボディタイプ別 維持費の例

ボディタイプ別のサンプルで年間の維持費を試算。

  • ハイブリッドカー
  • セダン
  • ミニバン
  • クーペ
  • コンパクトカー
  • ワゴン
  • SUV
  • オープンカー
  • 軽自動車

保険

自賠責保険料

交通事故が起こった際の被害者への補償のための保険で、新車・中古車に関わらず取得者に加入が義務付けられている。1ヶ月多いものは車検期間を考慮しているためである。車検時に支払うため、中古車取得時に車検が残っている場合には自賠責保険も有効期限が残っている。ただし、自賠責保険は解約できないため保険料込みでの売買が通常であるので、保険期間の残りに応じて中古車販売店に支払う必要がある。購入時には保険料支払額が保険期間の残りと等しいかどうかを確認し、契約時に合意しておくことが重要。

37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月
自家用乗用車 ¥40,040 ¥39,120 ¥28,780 ¥27,840 ¥17,310 ¥16,350
自家用乗用車 ¥37,780 ¥36,920 ¥27,240 ¥26,370 ¥16,500 ¥15,600
自動車保険(任意)

任意ではあるが、重大事故に対して高額な損害賠償が請求される事例も多くなっているので加入が強く望まれる。近年はダイレクト系(代理店を通さずインターネット経由による直接加入)の保険サービスが充実し保険料金も割安。基本的に新車、中古車による価格差はない。しかし、一般的に新しい年式の車のほうが、安全装備、セキュリティー装備等が充実しているので、自動車保険の割引を受けられる可能性がある。

お得ポイント 自動車の取得・維持費用がよりお得に、より便利になるサービスのご紹介
自動車保険
カンタン便利な自動車保険一括見積もりサービスで保険料を節約

諸費用

販売諸費用(検査・登録費用、車庫証明費用、納車費用)

新車または、車検が切れている中古車を購入する際、車検取得時に好きなナンバーを希望する、申請を代行する、納車時に運搬してもらうなどする場合、諸費用がかかる。

検査・登録費用 法定費用 ¥2,000〜¥4,000
代行手数料 ¥10,000〜¥20,000
程度
車庫証明費用 法定費用 ¥2,500程度
代行手数料 ¥10,000程度
納車費用 ¥10,000〜¥20,000
自動車リサイクル料

自動車を処分し、解体した際にエアバックなどの処分をする費用。車種によって異なっている。自動車の売買時に価格に上乗せされており、最終使用者が支払う仕組みであるため、中古車購入時においても支払う必要がある。中古車購入時にはリサイクル券がきちんとそろっているかどうか確認しておく。

ミニバン 例)エスティマ 15,600〜16,650円 コンパクトカー 例)ヴィッツ 10,900〜11,500円 軽自動車 例)ワゴンR 10,260円
車検費用

車検時に支払う自動車重量税、自賠責保険料、検査・登録費用、車検整備・点検費用、登録代行費用のほか必要であれば部品代がかかる。車検時の法定費用に新車、中古車の違いはないが、年式の古い車は車検に適合するために劣化した部品を交換する必要があり、そのための費用が余分にかかってくる可能性がある。

1〜1.5t車の例
項目 費用
車両重量税 ¥37,800
自賠責保険料 ¥24,950
検査・登録費用 ¥1,800
車検整備・点検費用 ※ ¥5,000〜
部品代 ※ ¥0〜
登録代行手数料 ¥15,000〜20,000

※車検整備・点検費用と部品代は整備店によって異なるので金額は参考

お得ポイント 自動車の取得・維持費用がよりお得に、より便利になるサービスのご紹介
車検
郵便番号を入力するだけでお近くの車検店舗が検索でき、メーカー名と車種名を選択すると車検費用の目安を確認する事ができます。
燃料費

自動車を動かすための燃料費。新車、中古車の購入方法によって変わるものではない。ただし、技術の進歩とエコ思考から年式が新しいほうが燃費が良い傾向があるので、古い年式の中古車を購入した場合には燃料費が上がる。プリウスで年間10,000km乗る場合、カタログ(JC08)上での燃費、ガソリン価格を145円とした場合で年間約48,000円。

駐車場代

月極めで賃貸する場合必要。都心部ではかなり高額となるので注意が必要。機械式立体駐車場の場合、車高の調整暦のある中古車が入庫できないなどがある可能性があるため、実測での確認が必要。販売店にかならず確認する。

日常点検・整備費

エンジンオイル、エアフィルター、タイヤなどの消耗品代、交換を店舗に依頼する場合はその工賃、定期点検や修理、洗車代など、クルマを維持するときはそれらメンテナンス代がかかることも頭に入れておこう。

お得ポイント 自動車の取得・維持費用がよりお得に、より便利になるサービスのご紹介
カー用品
カーナビ、タイヤ、ETC、カーバッテリーなどをより安く購入して、年間維持費を1円でも安くしよう
自動車ローン

自動車購入のための専用ローン。購入する時に販売店やディーラーで契約するのが主流だが、現在は銀行などの金融機関も参入し、選択肢が充実してきている。金利、申込み条件、審査内容は貸出元によってさまざま。

お得ポイント 自動車の取得・維持費用がよりお得に、より便利になるサービスのご紹介
自動車ローン比較
ネット申し込みできる低金利ローンをご紹介。ディーラーローンよりお得になる可能性も!

このページの先頭へ

Copyright c Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止