自動車保険用語集

自動車保険用語集

  • 保険内容に関する用語
  • 契約に関する用語
  • 車両に関する用語

保険内容に関する用語

年齢条件

年齢条件とは、保険内容の設定の一つです。

運転者の年齢を限定することで保険料が割引され、その年令以外の運転者による事故では、保険金が支払われません。保険料の高い順番で、全年齢担保、21歳未満・26歳未満・30歳未満不担保といった区分が一般的ですが、会社によってはさらに区分が分かれている場合もあります。

21歳未満不担保とは、保険対象の車を21歳未満の人が運転している際に事故にあってしまった場合は、保険の対象とはならないことを意味しています。

対人賠償責任保険

対人賠償責任保険とは、自動車事故で第三者を死傷させ、法律上の賠償責任を負った場合に支払われる保険です。

1億円でも無制限でも保険料に大差がないことから、ほとんどの場合無制限に設定します。

なお、当サイト(価格.com自動車保険一括見積もりサービス)におきましては、対人賠償責任保険の付保を必須とさせて頂いております。あらかじめご了承いただきますよう、お願い致します。

対物賠償責任保険

対物賠償責任保険とは、自動車事故で第三者の車・自転車・家・街灯などを壊し、法律上の賠償責任を負った場合に支払われる保険です。

なお、当サイト(価格.com自動車保険一括見積もりサービス)においては、対物賠償責任保険の付保を必須とさせて頂いております。あらかじめご了承いただきますよう、お願い致します。

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険とは、保険対象の車に乗っていた人が、その車内で死傷されたときに治療費や収入にかかわらず契約時に定めた金額が支払われる保険です。

※搭乗者・・・運転中の車に乗車している人(運転者と同乗者の両方を含む)を指します。ただし正しい位置に搭乗している人が限定であり、トラックの荷台などに乗っている人は対象外となります。

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険とは、自動車事故で本人や同乗している人が死傷、後遺障害を被った場合、過失割合に関係なく、契約の保険金額を限度に、総損害額が補償される保険です。

示談が成立していなくても支払われ、完全補償タイプとも呼ばれています。

車両保険

車両保険とは、衝突・接触・火災・台風・盗難・その他偶然の事故によって、保険対象となる車に物的損害が生じた場合に、修理代金などが支払われる保険です。

保険金額は車の時価額を基準として定められ、車によっては車両保険を付けることができない場合もあります。また、車両保険の種類により、保険対象となる事故の種類も異なります。

車両免責金額

車両免責金額とは、車両保険付帯時の車両事故における自己負担の金額です。

この額を高めに設定すると、保険料が安くなります。保険会社により設定金額が異なりますが、1回目の事故で5万円、2回目の事故で10万円の自己負担額が一般的です。

契約に関する用語

新規契約

新規契約とは、初めて自動車保険に加入する方がする契約形態のことです。

以前契約していた自動車保険の満期日から、13ヶ月間経過している場合は新規契約となります。また、既に自動車保険に加入はしているが、別の車で新たに保険に加入しようとしている方は、新規契約に該当します。

継続契約

継続契約とは、現在自動車保険に加入されている方がする契約形態のことです。

過去13ヶ月以内に満期を迎えた、または解約・解除された契約がある方は、継続契約に該当します。また、現在の車を新しい車に買い替えた場合でも、継続契約に該当します。

満期日

満期日とは、保険の契約が切れる日のことです。

自動車保険証券の証券番号の下の「保険期間」の欄に記載されています。

保険開始日

保険開始日とは、自動車保険を契約し、実際に補償が開始される日のことです。

時間を指定しなければ、開始日の午後4時からスタートします。例えば、保険期間の開始日が10月1日の場合、10月1日の午後4時から補償が有効となります。

主な運転者の方

主な運転者とは、車を主に運転する者のことです。

自動車保険では、保険を受ける主な対象者のことであり、「記名被保険者」と同義語となります。保険証券の「記名被保険者」欄に記載されている者のことであり、記載されていない場合は、契約者と同一です。

車両所有者

車両所有者とは、車を所有している者のことです。

車検証(自動車検査証)の「所有者の氏名又は名称」欄もしくは、ご契約の保険証券にある被保険自動車の「所有者の氏名または名称」欄に記載されています。

車両使用者

車両使用者とは、車を使用している者のことを指します。

車検証(自動車検査証)の「使用者の氏名または名称」欄に記載されています。お車の所有者と同一者の場合は「***」と記載されています。

ノンフリート等級

ノンフリート等級とは、保険契約者が持っている保険対象の車の台数が、10台未満の場合に設定される等級です。

等級とは、保険料の割引や割増される基準を段階的に表したものとなります。ご契約中の保険証券の、「ノンフリート等級」欄に記載されています。

等級すえおき事故

等級すえおき事故とは、火災や盗難など、避けられない事故のことです。

事故が発生し、等級すえおき事故となった場合には、保険事故としてカウントされずに、翌年も前年と同等級が適用されます。

カウント事故

カウント事故とは、保険を利用する事故のことです。

事故が発生し、対人賠償保険、対物賠償保険、車両保険、自損事故保険、無保険車傷害保険等を利用した場合、1事故につき1カウントされ、翌年の等級が3等級ダウンします。

車両に関する用語

メーカー

車のメーカーのことです。

車検証(自動車検査証)の「車名」欄もしくは、ご契約の保険証券にある被保険自動車の「車名」欄に記載されています。

車名

車の車名のことです。車種名とも言います。

車検証(自動車検査証)の「車名」欄もしくは、ご契約の保険証券にある被保険自動車の「車名」欄に記載されています。

型式

車の型式のことです。車検証(自動車検査証)の「型式」「型式コード」欄に記載されています。

用途車種

用途車種とは、普通乗用車や小型乗用車といった、車の用途や車種を分類して言い表したものです。

車検証(自動車検査証)の「自動車の種別」「用途」欄もしくは、ご契約の保険証券にある被保険自動車の「車種」欄に記載されています。

初度登録年月

初度登録年月とは、車が初めて陸運支局に登録を受理された年月のことです。

車検証(自動車検査証)の「初度登録年月」欄もしくは、ご契約の保険証券にある被保険自動車の「初度登録年月」欄に記載されております。

※まだ車を購入していない状態で、保険料のお見積もりを取る場合には、新車をご購入予定の方は現在の年月、中古車(新古車を含む)をご購入予定の方は自動車の年式を入力します。

※軽自動車で、車検証上の「初度検査年」または「初年度検査年月」欄に「月」の記載がない場合には、車検証上の「初度検査年」欄の「年」と「有効期間の満了する日」欄の最上段に記載の年月日の「月」を入力します。

使用目的

使用目的とは、運転者の使用目的によって保険料が割引される、保険料算出の根拠の一つです。

一般的には、「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務使用」の3種類に分類されます。週5日以上通勤・通学で使用している場合は、通勤・通学使用になります。週5日以上または月15日以上業務で使用する場合は、業務使用になります。

※使用範囲や、補償内容が限定されることはありません。しかし主な使用目的と誤った申告を行うと、事故発生時にトラブルの原因となりますのでご注意下さい。

年間予定走行距離

年間予定走行距離とは、ご契約のお車が1年の契約期間中に走行すると予想される距離のことです。

距離によって保険料が割引される保険会社もあります。

違法改造

違法改造とは、車検に通らない改造のことです。

車検証(自動車検査証)の「型式コード」欄末尾に「改」と記載されている場合は、車検に通っているため、違法改造ではありません(キャンピングカー等)。

安全装置

安全装置とは、ABS装置・エアバッグ・衝突安全ボディ・横滑り防止装置・低公害車(エコカー)・盗難防止装置といった、車に付属している装置のことです。

安全装置によって、保険料が割引される保険会社もあります。

登録番号(車のナンバー)

登録番号とは、車のナンバーのことです。

車検証(自動車検査証)の「自動車登録番号」欄もしくは、ご契約の保険証券にある被保険自動車の「登録番号」欄に記載されています。

免許の色

免許の色とは、運転免許証の真ん中に大きく記載されている有効期限年月日の部分の背景色です。

色の種類はグリーン、ブルー、ゴールドの3種類あり、免許の色によって保険料が割引される保険会社もあります。

免許取得日

免許取得日とは、免許を取得した年月日のことです。

免許を取得した運転免許証の下部に小さく記載されている年月が、免許取得日となります。

※各用語説明については、一般的なものとなっておりますので、保険会社によっては定義が異なる場合があります。

自動車保険の満期日(または希望開始日)が

以前の方は
すぐに一括見積もり(無料)
より後の方は
お見積もり時期ご案内メールを登録