住宅ローン比較

ホーム > マネー > ローン比較 > 住宅ローン

価格.com 住宅ローン比較

価格.comの住宅ローン比較なら、新規借り入れをご検討中の方も、借り換えをご検討中の方も、どの会社の金利プランがおトクなのか簡単にシミュレーションすることができます。

※Nielsen Online 2013年5月調査

住宅ローンの新規借り入れをご検討中の方

自分の借入予定の内容を入力する

  • 100以上の金利プランから比較可能!
  • 借り入れ時の諸費用もしっかり試算!
  • 将来の金利変動を組み込めます

住宅ローン シミュレーション

モデルケースを見てみる
〜借入額3,500万円で35年返済の場合〜

モデルケース1全期間固定金利で借りる
全期間固定金利で借りる場合の試算結果を見る
モデルケース2変動金利で借りて
金利水準が一定だったら?
変動金利で借りて金利水準が一定だった場合の試算結果を見る
モデルケース3変動金利で借りて、金利が上がったら?
  • 金利予測5年ごとに1%ずつ上昇
変動金利で借りて金利が上昇した場合の試算結果を見る

住宅ローン 借り換え

自分の借入内容を入力する

  • 複数の商品を一発でシミュレーション!
  • 諸費用も含めた正確なシミュレーション!
  • 将来の金利変動を組み込めます

住宅ローンを借り換えると、諸費用も含めた総返済額が節約できる可能性があります。

現在の住宅ローン返済情報から借り換えを行った際の節約額をシミュレーションいたします。

住宅ローン 借り換えシミュレーション

※返済予定表があると入力がスムーズです。

モデルケースを見てみる

モデルケース1確実に総返済額が下がるケースは?
  • 金利タイプ全期間固定→全期間固定
  • 返済期間残り20年
  • 借入残高2,500万円
確実に総返済額が下がる場合の試算結果を見る
モデルケース2歴史的な低金利!徹底的に金利を抑えたい。
  • 金利タイプ期間固定→変動
  • 返済期間残り25年
  • 借入残高3,000万円
  • 金利変動変わらず
徹底的に金利を抑えたい場合の試算結果を見る
モデルケース3これから金利が上昇?今のうちに備えたい!
  • 金利タイプ変動→全期間固定
  • 返済期間残り20年
  • 借入残高2,200万円
  • 金利変動5年ごとに1%ずつ上昇
今後金利が上昇すると想定して、固定金利に借り換えた場合の試算結果を見る

住宅ローン 人気ランキング(新規借り入れ)

2014年3月集計結果

借り換えランキングはこちら

  変動金利 固定金利 全期間固定金利

1

  • 適用金利:
    0.599%
    (2014/04/01現在)
  • 適用金利:
    1.422%
    (2014/04/01現在)
  • 適用金利:
    1.750%
    (2014/04/01現在)

2

  • 適用金利:
    0.650%
    (2014/04/01現在)
  • 適用金利:
    1.230%
    (2014/04/01現在)
  • 適用金利:
    1.750%
    (2014/04/01現在)

3

  • 適用金利:
    0.706%
    (2014/04/01現在)
  • 適用金利:
    1.250%
    (2014/04/10現在)
  • 適用金利:
    1.470%
    (2014/04/01現在)
  変動金利ランキング一覧 固定金利ランキング一覧 全期間固定金利ランキング一覧

住宅ローン クチコミ掲示板

クチコミ掲示板を見る

住宅ローン ご契約までの流れ

Step1 シミュレーション

シミュレーション

住宅ローンの借り入れ希望額、または返済中の住宅ローンについて内容を入力します。

Step2 比較・検討

比較・検討

試算結果から、住宅ローンの総支払額や金利プランで比較・検討してみましょう。

Step3 ご契約・お借入

ご契約・お借入

住宅ローンの契約時には諸費用も発生いたします。諸費用分も加味したプランの比較・検討をしましょう。

住宅ローン 関連記事

住宅ローンの基礎知識:住宅ローンと生命保険

住宅ローンと生命保険

住宅ローンを借りた時には、ほとんどの場合で団体信用生命保険への加入が必要になります。団体信用生命保険は、ローンを借りた人が返済中に死亡したり高度障害になった場合に、残ったローンを返済してくれる保険です。団体信用生命保険の概要や種類、住宅ローンを借りた時の生命保険の見直しについてご紹介しましょう。

住宅ローンの基礎知識:住宅ローンと火災保険

住宅ローンと火災保険

新築・中古住宅にかかわらず、マイホームを購入したら欠かせないのが火災保険です。火災保険は火事の時だけでなく、強風や豪雨などの自然災害、盗難などで建物や家財に損害を受けた場合など住まいで発生するさまざまな損害を補償する保険です。火災保険の補償内容や契約時の注意点などを見ていきましょう。

住宅ローンの基礎知識:住宅取得時にかかる諸費用

住宅取得時にかかる諸費用

住宅取得時には、物件価格以外に「諸費用」とよばれるコストがかかります。諸費用が必要になることを知らないと、予想外の金額に驚くこともあるでしょう。住宅購入に必要な諸費用はどのくらいなのか、いつ用意するのかを把握し、住宅ローンを組む際に購入予算の中に入れておきましょう。

住宅ローンの基礎知識:住宅取得後のランニングコスト

住宅取得後のランニングコスト

マイホームを取得すると、住宅ローンの支払いだけでなく、住宅を維持するためのランニングコストがかかります。住宅ローンを確実に返済していくためにも、前もってランニングコストを予定に入れておくことが必要。この支出を考慮していないと、購入後の家計を圧迫しかねません。ランニングコストとはどんなものなのか、どのくらいかかるのかを知っておきましょう。

住宅ローンの選び方:不動産会社の提携ローンについて

不動産会社の提携ローンについて

マイホーム購入は一生に一度。初めて知る住宅ローンが「提携ローン」という場合も多いもの。この「提携ローン」にはどんな特徴があるのでしょうか?より適切な住宅ローンを選ぶためにも、一般的な住宅ローンとの違いを知っておくことがポイントです。

住宅ローンの選び方:住宅ローンの返済方法はどう選ぶ?

住宅ローンの返済方法はどう選ぶ?

住宅ローンの返済方法には、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類があります。どちらを選ぶかで毎月の返済額や返済の総額(総返済額)も異なるため、それぞれのメリット・デメリットを理解して、あなたに合った選択をしましょう。毎月返済と併せてボーナス返済を利用する場合の注意点もお伝えします。

住宅ローンの選び方:返済期間は何年にする?

返済期間は何年にする?

住宅ローンの返済期間は、多くの金融機関で最長35年、1年刻みで設定が可能です。完済時の年齢は75〜80歳とする金融機関が多いため、年齢によっては可能な返済期間が35年より短くなります。あなたに明確な希望がない限り、返済期間35年のプランを提示されることが多いはず。返済期間は、どのようにして決めればいいのでしょうか?

住宅ローンの選び方:2つのローンの組み合わせ

2つのローンの組み合わせ

住宅ローンの金利タイプにはたくさんの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。一つに絞りきれないという場合には、複数の金利タイプを組み合わせるということも可能です。

住宅ローンの選び方:期間固定型ローンの固定期間は何年を選ぶ?

期間固定型ローンの固定期間は何年を選ぶ?

変動型・固定型の両方の特徴を持つのが期間固定型ローンです。そのため選ぶ基準がわかりにくいタイプです。どんな場合にこの金利タイプが適しているか、また固定期間は何年を選べばいいか、仕組みや特徴を見ながら考えてみましょう。

住宅ローンの選び方:適切な借入額の目安は?

適切な借入額の目安は?

家計支出の中で大きな割合をしめる住宅ローン。物件を探していると、ついつい身の丈以上の借入れをしてしまいがちですが、返済期間は長期にわたります。今だけでなく完済までの間、無理なく支払える借入額であることが重要です。では、自分にとって「適切な借入額」とはどのくらいでしょうか?ここでは、考え方や目安、算出の仕方をみていきましょう。

住宅ローンの選び方:住宅ローン選びの手順

住宅ローン選びの手順

物件探しをして購入を決めると、住宅ローンの手続きが待っています。どの住宅ローンにするかを決めなくてはなりませんが、いくつもの種類や数多くの金融機関の中からどのようにして選べば良いのでしょうか?住宅ローン選びの手順を見てみましょう。

住宅ローンの基礎知識:住宅ローンを借りよう

住宅ローンを借りよう

住宅購入資金は、教育・老後資金などと並んで一度に用意するのが難しいものです。「マイホームで暮らす」という夢を叶えるため、貯蓄だけでは用意出来ない部分を助けてくれるのが「住宅ローン」。最後まで無理なく返しきるために、知っておきたい知識と心構えを整理しておきましょう。

住宅ローンの基礎知識:住宅ローンの借り入れ手続き

住宅ローンの借り入れ手続き

住宅ローンの借り入れは、いつ、どんな手順で進めればいいのでしょうか?購入する物件が決まってからでは、住宅ローンの検討に充分な時間が取れないこともあります。住宅を探すのと並行して、住宅ローンについても情報を集め、検討を始めましょう。

住宅ローンの基礎知識:住宅ローンの金利

住宅ローンの金利

「金利」は住宅ローンの返済額を決める大事な要素です。また、住宅ローンには複数の金利タイプがあり、金利はそれぞれ異なります、自分の家計に合った金利タイプを選ぶためにも、まずは金利のしくみやタイプごとのメリット・デメリットを知ることが大切。ここでは、住宅ローン金利の決まり方や、金利の種類などをご紹介します。

住宅ローンの基礎知識:住宅ローンの審査について

住宅ローンの審査について

住宅ローンの審査はどのように行われているのでしょうか?大きくは、申し込んだ人の属性と、購入する物件の担保評価の2点で行われます。審査項目は多岐にわたり、総合的に判断されるため、どんなに収入がある人でも借り入れできないことも。申し込み前に、審査基準の概要を知っておきましょう。

「価格.com住宅ローン」 ご利用上の注意

  • 本サービスは住宅ローン商品等に関する情報の提供を目的としたものであり、ローン契約締結の代理、媒介、斡旋等を行うものではありません。ローン契約の申込等はご利用者様が契約先金融機関に対して直接行うこととします。詳細は「ローン比較サービスご利用規約」をご覧ください。
  • 当社が掲載する金利、手数料、その他商品に関する情報は各金融機関のウェブサイト等にて公にしている特定時点の情報を収集したものです。ご利用者様が当社提供情報を閲覧される時点での各商品の金利、手数料その他を保証するものではありません。
  • ローン契約時には当該金融機関から直接提供される正確かつ最新の情報を必ずご確認の上、ご契約ください。また、本サービスの利用に伴ってご利用者様が損害等を被った場合でも、当社はいかなる損害賠償義務も負いかねます。
  • 当社では各金融機関の商品/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各金融機関に直接お問い合わせください。
  • ■消費税率変更について
    2014年(平成26年)4月1日の消費税率変更により、手数料などに適用される税率が変更となります。適用される金額に関しましては、各金融機関のウェブサイト等をご確認いただき、不明な点は各金融機関に直接お問い合わせください。また本サービスの掲載情報には、新旧税率の価格が混在している場合がございますので、ご注意ください。

このページの先頭へ