ありがとう10周年!あの人も使ってる!「価格.com」。

10周年インタビュー 細川茂樹さん

第10回10周年記念特別インタビュー 「僕がカカクコムの社長になったら」?“ある場所”に店を出します(笑)。その場所は……

10周年インタビュー 細川茂樹さん

俳優としての細川茂樹さんといえば、その風貌(文句なしのイケメン!)からクールな役柄が多く、細川さん自身にそんな印象を抱いている人も多いでしょう。もちろん、それも細川さんの一面ではありますが、ある雑誌では「メタルギアソリッド」について“細川流攻略術”を解説し、またある番組では最新炊飯器を熱く語る。細川さんのこんな想定外の一面に新たな魅力を感じている人も多いはず! 今回は、そんな“型破り”な俳優細川茂樹さんに、いち消費者としての“もの選び”へのこだわり、価格.comの未来についてなど、たくさんの話をうかがってきました!


もともと“研究”好き。それが高じて家電にも詳しくなっただけ(笑)

近頃、巷では「細川さん=家電好き」というのが通説になりつつありますが、そのへんはいかがでしょうか?

えっ!? 「そのへん」ってどのへん!?(笑) 確かに家電は好きだけど、みんな興味あるよねぇ!? 

「細川さん=家電好き」となったのは、テレビや雑誌で家電について熱く語るその姿が、“俳優 細川茂樹”として意外で、しかも、的を射た意見だからではないでしょうか。私が目撃した中でも特に印象に残っているのが、「高級炊飯器」について語り、購入された細川さんの姿でした。

あぁ、あったね、ありましたね、炊飯器(笑)。だってあの三菱の炊飯器はすごいでしょ、詰め込まれた技術が。本炭釜ですよ、削り出しの。すでに話題にはなってたものだし、クチコミでも評判よかったからね。

多かれ少なかれ男性はオーディオやAV機器などの黒モノ、女性はキッチン家電などの白モノ家電に興味はあると思うのですが、僕は一人暮らし歴も長いせいか、白モノ家電にもうるさいんですよ(笑)。

「クチコミでも評判よかった」とおっしゃいましたが、価格.comもご覧になっていただけたのでしょうか? もしそうならば非常にうれしいのですが!
10周年インタビュー 細川茂樹さん

何をおっしゃいますか(笑)。価格.comは必須でしょ。実際、購入もしてるよ。

僕の買い物は、ほぼネット。家電だけでなく、日用品や洋服も。生活で必要なもののほとんどをネットで買ってるかもしれない。僕はもともと“研究好き”なので、なにか疑問に思ったり興味があることはとことん調べるんですが、特にネットでの買い物は、手に取れない分ちゃんと調べますよ。だから家電にも詳しくなっちゃったんでしょうね(笑)。


ご利用ありがとうございます!! 私が言うのもおこがましいのですが、「クチコミ掲示板」はユーザーの皆様の声だけで成り立っているので、参考になりますよね。手前味噌で恐縮です……。
家電を調べるのに価格.comをチェックしないなんてあり得ないでしょう(笑)。なかでも、クチコミ掲示板はすごいよね。性能や価格、クレームも含め、“みんなよく教えてくれるわ〜”という感じ。親切だよね、ホント。

値段はいくらだ、スペックはこの程度だという「相場」は知らなきゃいけない。消費者として当然だと思う。

10周年インタビュー 細川茂樹さん

僕の中でちょっと前に凝っていたことがあって、それは、価格.comとヤフオク(ヤフーオークション)での価格比較。「1円でも安いものを」と躍起になって探しているわけではなく、やっぱりものの“相場”を知っておきたいから。ピンからキリまでをちゃんとチェックしますよ。

中古品は別として、新品の現行品だと基本的な価格はそんなに変わらないんだよね、実は。“ヤフオクで安く出品されてる!”っていっても、僕らが普段買うような家電なら、数千円の差だったりする。そういうことを知ったうえで、それぞれのメリット、デメリットを踏まえてどれを選ぶのかということが消費者として大切なことだと思うんです。

この価格に対してどんなサービスを受けたいか、ということかな。

なるほど。消費者として「何にお金を出すか」ということを意識すべきだということですね。

そう。こっちは安いけど保証が1週間。こっちは高いけど保証は3年、アフターケアも無料、とかね。

そういう意味で、家電量販店に行って「ネットで調べたらもっと安く買える、だから安くして」というのは、“ちょっと違うのでは?”と思う。店頭で構えていて現物を見て、触って、試せる。そして、1人の店員が直接説明してくれる。こういうサービスを含んだ上での価格なんだから。だから、僕は家電量販店に行ったらちゃんと説明してもらうし、試せるものは試してきますよ。こっちもちゃんと調べてるから、ちょっとした問答になることもあるけど(笑)。

ええっ!? 「イケメン俳優 細川茂樹」が、家電量販店にっ!?

行く行く、そりゃ行きますよ(笑)。だって、物を買うときは普通に消費者だもん。

ものすごい探究心ですね。そんな研究熱心な細川さんですが、買い物で失敗されたことはあるんでしょうか?
10周年インタビュー 細川茂樹さん

以前空気清浄機をネットで買って、届いたんだけど忙しくて開梱できなかったんですよ。で、2〜3週間後に開けて稼動してみたら、壊れた。で、お店に電話したら「保証は1週間なので」と……。よくみたら、ちゃんとそう書かれた用紙が入ってる。すぐにハコを開けなかった自分がよくないのですが、保証が1週間というのはちょっと納得いかなくて。「ちゃんと読まなかった俺が悪い。しかし、新品を買ったのに保証が1週間というのは、サービスとしてどうなのか。考え直したほうがいい」と、そのショップに告げました(笑)。結局メーカーが対応してくれたので事なきを得ましたが。

あと……、失敗ではないのですが、購入してわかったことは「アストンマーチンの価値を女性は知らない」ということですかね(笑)。もう手放してしまいましたが。


アストンマーチンは手放してしまわれたのですか。以前、ある記事で読みました。かなり古いアストンを所有されてましたよね。

僕が乗っていたのは1980年の「アストンマーチン/DBSV8」。なぜDBSV8を選んだかというと、『007』の15作目に登場していて、とにかくカッコよかった。エンジンがどうこうよりも、そのスタイルに惹かれたんです。 でもね、久しぶりに乗っても壊れる、乗らなくても壊れる、と、とにかく壊れてばかりで結構苦労しました(笑)。基本的に車が好きなので、とにかく“乗らない”という状態がかわいそうで手放しましたね。

そんな中で学んだのが、女の子にはアストンを知らない、というかネームバリューがないって言うこと(笑)。ポルシェフェラーリでないとだめなようです(笑)。

でも、凝り性の細川さんのことですから、相当カスタマイズされていたんじゃないでしょうか?

あはは、そうですね(笑)。エアコン、カーナビオーディオは当然です。ETCも、当然(笑)。ここらへんは基本だよね。僕の改造のモットーは“機能は最新”。オリジナルにこだわるのもわかりますけど、便利なものは使わないと。特にアストンはカッコだけでしたから無理にウンチクを語るつもりもないですし。アストンは……あとは、ハイブリッドに改造したかったなぁ(笑)。

「もし、カカクコムの社長になったら」。“型破り”な細川茂樹さんの回答は!?

いろいろな意味で“型破り”ですね、細川さんは。「アストンはカッコだけ〜」なんてなかなか言わないですよ(笑)。DBSV8のハイブリッド仕様車も見てみたかった!

確かに、何においても「こうじゃなきゃいけない」というのはないですね。

いろいろな選択肢の中から取捨選択していって、そのなかから残ったものが自分にとってのホンモノだと思うんです。その取捨選択には、経験やそれによって得た知識が必要だと感じています。

これは、今の仕事やモノ選び、すべてにおいていえると思いますね。

なるほど。俳優である細川さんをバラエティ番組や学術番組のナビゲーターなどでお見かけするのはそういうポリシーがあるからなのですね。以前、お笑い番組に出演されているのを見て驚いたことがあります(笑)。あまりに自然にオイシイところをさらっていたので!
10周年インタビュー 細川茂樹さん

もう数年前の話ですが、バラエティに出るようになったのはあるプロデューサーから「君はバラエティもやりなさい」っていわれたことかな。「若手俳優はどんどん出てくるんだし、いろいろ経験したほうがいい」と。「確かに」って思いましたね。家で寝ているより、いろいろな人にあって勉強したり経験したりしたいって、最近特に思いますよ。

この箱(テレビ)の中にあるのは“娯楽”ですもん。求められるのは、感動したい、笑いたい、知りたい……。テレビ側の人間としてそれに応えるのに、ドラマだとかバラエティだとかいうカテゴリーは関係ないと思うんですよね。とはいえ、僕だって自分の立ち位置を考えていますし、番組を作るうちの1人だと思って仕事しています。バラエティも空気を読みながらスナイパー的にいきたいと思ってる(笑)。そして、好きなことを好きなだけやって、飽きたらやめる。だから、全力でいきますよ。

だからこそ、バラエティで「あ、やばい、外した!」って思うこともありますし、手きびしいことを言われたりもしますよ。でも、それが経験・学習です(笑)。

うーん、ますます“型破り”ですね(笑)。“イケメン俳優 細川茂樹”がバラエティで「外した!」と反省している日もあるなんて……。

やっぱり、新しいものをやってきた人間はかっこいいって思うんです。僕は、あえて型を破ろう!というのではなく、枠を設けないという感じですね。

それって価格.comもそうでしょ(笑)。それまでこんなサービスなかったんですから。価格.comの登場は革命ですよ。だからこそ、今後も期待してます。

ありがとうございます。では、そんな型破りな細川さんに最後の質問です。細川さんが「カカクコムの社長」になったら? 何が起こりますか(笑)?

(しばし沈黙)……、「池袋東口」に店を出す!

え!? リアル店舗ですか? しかも、池袋東口!? あそこは競合も多いですし…。

競合してるでしょ(笑)。ビックカメラがあってヤマダ電機があって。で、まさにそのその横に「価格.comショップ」ですよ。横じゃないと、ダメ(笑)。
でね、「価格.comショップ」には、商品なんてないわけですよ。だって、現物は、ビックカメラかヤマダ電機にあるんだから(笑)。

要は、人があつまるところをうまく利用して、「現物は隣にあるから見てきて、決まったらこちらでご注文を!」って、どう?  だから、価格.comショップはPC端末やカタログだけが置いてあればいいんです。人件費もかからないし、広い敷地も要らない!

おおっ。な、なんて型破りなっ(笑)!!!!! ……、本当に儲かりそうですね(笑)。

でしょ(笑)。
これ、絶対うまくいくと思うよ〜。いい話聞いちゃったでしょ(笑)。僕、アドバイザリースタッフでカカクコムに協力しますよ! いつでも声かけてください!

細川さん 「アドバイザリースタッフでカカクコムに協力しますよ」
カカクコム 「ありがとうございます! あ、でも、ギャラが……」
細川さん 「じゃ(笑)、ヤマダかビックカメラのアドバイザーになります」

10周年インタビュー 細川茂樹さん

「学生時代を大阪ですごしたから“お笑い”も好き」という細川さん。とはいえ、まさかこんなツッコミがくるとは思ってもいませんでした(笑)。インタビュー後の雑談で、「今、興味のあることは何ですか?」と質問したところ、「イチから体を鍛えなおしたい。年齢的に代謝も下がりますからね(笑)」と、とにかく、最初から最後まで型破りで自然体。「語るの好きなほうなんで(笑)」とおっしゃってましたが、本当に引き出しが豊富で話題が尽きない。そして、回答も予測不能!

カカクコム 「次に欲しい車は何ですか?」
細川さん 「次は“作りたい”かな。」

現在、細川さんは知人の方と一緒に70年代のジャガーを“徹底”改造中とのこと。ガワはそのまま中はハイテク、がモットーの細川さんだけに……、まさか、ついに、「水陸両用ジャガー」とか作っちゃうんですか!? その様子、ぜひSg(公式サイト)で公開してくださいっ!

SHIGEKI HOSOKAWA OFFICIAL WEBSITE「Sg」