価格.com

モバイルデータ通信

ドコモユーザー必見!格安SIM乗り換え完全ガイド

ドコモユーザー必見!格安SIM乗り換え完全ガイド

いまテレビCMなどで話題となっている格安SIM。格安SIMに乗り換える魅力は、なんといっても大手携帯キャリアと比べて月々のスマホ代が劇的に安くなること。
月々の料金が9,000円以上のユーザーが多い大手携帯キャリアに比べて、格安SIMの月々の料金は1,000〜2,000円の割合が多く、乗り換えることで月8,000円近くの節約につながります。その一方で、大手携帯キャリアからの乗り換えを検討する際に、乗り換えの手続きがわかりにくい、キャリアメールが使用できなくなる、サポート体制が不安などを懸念する声もあります。

格安SIMカード比較

しかし、大手携帯キャリアから格安SIMへの乗り換えによって、月8千円、年間に換算すると10万円前後のスマホ代が節約できることに比べれば、それらの懸念点もさほど大きいものではないでしょう。格安SIM利用者が増えているのも、この節約というメリットが支持されている何よりの証です。
ここでは、大手携帯キャリアの中から、ドコモのユーザーが格安SIMへ乗り換える際の手続きや注意点をご紹介します。

乗り換えのタイミング

ドコモユーザーのほとんどは、2年間の継続契約が条件となっている【ファミ割MAX50】や【ひとりでも割50】に加入しています。そのため、2年ごとの契約満了月の翌月、翌々月以外でMNP転出や解約する場合、9,500円の解約金が発生してしまいます。
契約満了月は契約や機種変更などのタイミングによって異なります。自分の契約満了月は、My docomoにログインし、【ご契約内容確認・変更】より確認できます。dアカウントをお持ちでない方は、151のフリーダイヤルで確認できます。

契約満了月が近い場合は、解約金がかからないタイミングで乗り換えるのがベストですが、契約満了月が数か月先の場合、月の節約額を考えると、解約金を払ってでも早めに乗り換えたほうがお得になる場合が多いでしょう。
なお、機種代金の分割払いが完了していない場合、残額の支払いが継続して発生しますのでご注意ください。

SIMロックの解除

SIMロックの解除は必要か

現在、格安SIM事業者のほとんどがドコモからSIMを借りてサービスを提供しており、そのような格安SIMのサービスは「ドコモ系格安SIM」と呼ばれます。ドコモからドコモ系格安SIMへ乗り換える場合、ドコモで使用していたスマホをSIMロック解除しなくても利用できるケースがほとんどです。詳しくはお使いになる格安SIM事業者の動作確認済み端末一覧をご参照ください。
一方、ドコモからau系格安SIMなどドコモ系格安SIM以外へ乗り換える場合、SIMロックの解除が必須となります。

SIMロック解除について

SIMロック解除の条件と方法

ドコモは、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plusと2011年4月以降に発売されたスマホをSIMロック解除の対象としています(2017年3月現在)。
またそれ以外にも、下記要件を満たす必要があります。

  1. 各種ロックがかかってないこと(おまかせロック・ケータイ補償ロックなど)
  2. 支払いの滞納がないこと
  3. 契約者本人が購入した端末であること
  4. 端末購入日から6か月以上経過していること
  5. すでにドコモを解約している場合は、解約日から3か月以内であること

SIMロック解除の手続きは、ドコモショップ店頭、ウェブ(My docomo)、インフォメーションセンターへの電話という方法があります。ショップや電話の場合、3,000円のSIMロック解除手数料が発生しますが、my docomo上の手続きなら手数料無料です。
ただし、2011年4月から2015年4月までの間に発売されたスマホのSIMロック解除は、ドコモショップ店頭のみの対応になります。

MNPの利用

格安SIMでも、ドコモの時と同じ電話番号を引き続き利用することは基本的に可能です。契約会社を変えても同じ番号を継続することをMNP(番号ポータビリティ)と言います。ドコモから格安SIMにMNP するためには、ドコモでMNP予約番号を発行してもらい、格安SIMへの乗り換え手続きを進める必要があります。

SIMロック解除と同様に、MNPの予約番号発行も、ドコモショップ店頭、ウェブ(My docomo)、インフォメーションセンターへの電話で手続きができます。
MNP予約番号の有効期限は発行日を含めて15日間になりますので、発行後はスムーズに格安SIMの申込手続きに進みましょう。

乗り換え時の注意点

格安SIMをご利用になる場合、今までの携帯電話キャリアサービスと異なる部分があります。代表的なものをご紹介します。

キャリアメール

携帯電話キャリアの解約と同時に、キャリアメール(「〜@docomo.ne.jp」「〜@ezweb.ne.jp」「〜@softbank.ne.jp」)が使えなくなります。代わりにGmailやYahooメールなどのフリーメールのアカウントを作成すると良いでしょう。
Androidスマホユーザーの場合、GoogleアカウントにひもづくGmailを持っているため、フリーメールを新規に作成する必要はありません。

LINEのID検索

格安SIMでもLINEを問題なく利用できますが、格安SIMでは携帯電話キャリアの年齢認証ができないため、LINEで友だちを追加する際にID検索ができません。(※ 例外として、LINEモバイルではIDの検索が可能です。)
その替わり、近くにいる人は【ふるふる】か【QRコードリーダー】で、遠方の人なら【QRコードリーダー】より【自分専用のURL】を発行して送りましょう。

同じスマホ端末を使い続ける場合は、ドコモ契約中に認証を済ませておけば、格安SIMに乗り換えても問題なくID検索が使用できます。スマホ端末のリセットやLINEアプリの削除はしないように気をつけましょう。

テザリング

ドコモのスマホを格安SIMで使う場合、iPhone以外の端末で、2016年以前に発売されたスマホの多くは基本的にはテザリングが利用できません。
テザリングの利用が必須であれば、乗り換え先の格安SIMの対応端末一覧にて事前にチェックしましょう。

GPSの利用

GPSは現在位置を人工衛星経由で測位するシステムです。マップなどのアプリでは、GPSを利用して現在位置をもとにルート案内をします。

格安SIMでもGPSを使用できますが、iPhone以外のドコモのAndroidスマホで格安SIMを利用する場合、GPSの衛星情報を取得するために一度ドコモのサーバーに接続を試みる、という余分な接続を挟むことによって処理時間がかかり、多少の遅延が発生します。

格安SIMの選び方

ドコモのスマホで格安SIMをお使いになる場合、基本的にドコモ系の格安SIMから選ぶのが安心です。au系の格安SIMも、スマホのSIMロックを解除すれば、一部使用できるケースもありますが、3Gのみエリアでは通話・通信ともに利用できず、4G LTEのエリアでは端末の対応周波数帯によって一部の電波しか利用できなかったり、音声通話が使えなかったりする可能性があります。
現時点では、UQ mobile、mineoのauプラン、IIJmioのタイプA以外の格安SIMはドコモ系の格安SIMです。

また、ほとんどの格安SIM事業者が標準SIM、micro(マイクロ)SIM、nano(ナノ)SIMという三種類のサイズのSIMカードを提供しています。ご利用になるスマホのSIMカードのサイズを事前に確認しておきましょう。

SIMカードのサイズについて

回線切り替え設定

使用中のドコモ回線から格安SIMへ切り替える設定は、格安SIMが届いたあとに行います。回線切り替えの手順は、SIMカードに同封されている説明書に記載されています。
一般的には、SIMカードが届いたら、格安SIM事業者のコールセンターもしくはマイページから回線の切り替え手続きを依頼します。依頼後しばらくすると、利用していたスマホではドコモ回線を使った通話も通信もできなくなります。およそ2時間程度で、ドコモから格安SIMへの回線切り替えが完了します。届いたSIMカードをスマホに差し込むと、格安SIMの回線で通話や通信が利用できるようになります。
また、この切り替え手続きを行わなかった場合、SIMカードが届いてから数日立つと自動的に回線が切り替わります。
回線の切り替え手続きを行うと、ドコモの契約は自動的に解約になります。改めてドコモに解約手続きを行う必要はありません。

※ 本文中はすべて税抜き金額を表記しております。
※ 2017年3月時点の情報です。

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止