価格.com

モバイルデータ通信

SIMロック解除とは?docomo、au、Softbankのキャリア別解除方法

SIMロック解除とは?初心者の方にもわかりやすく解説

SIMロック解除とは?

SIMロック解除とは、スマートフォンなどの端末で、特定の携帯電話会社のSIMカードしか利用できない「SIMロック」という制御を解除することを指します。SIMロック解除の手続き方法やメリット・デメリットなどを解説します。

SIMカードとは?

「SIMカード(Subscriber Identity Module Card)」とは、契約者ごとに固有の電話番号などの識別情報が記録されているもので、これをスマートフォンなどの端末に挿すことによって通話、通信のサービスを利用できます。携帯電話キャリアで端末を購入した場合、専用SIMカードが初めから挿し込まれた状態になっています。

SIMカードのサイズは、25×15mmの「標準SIM」、15×12mmの「micro SIM」、最も小さい12.3×8.8mmの「nano SIM」の3種類で、現行モデルではiPhoneはnano SIM、Androidスマホはnano SIMかmicro SIMを採用しています。

標準SIMは縦25mm×横15mm、マイクロSIMは縦15mm×横12mm、ナノSIMは縦12.3mm×横8.8mm

SIMカードのサイズについて

「SIMロック」「SIMフリー」とは?

携帯電話キャリアで契約した端末は、そのキャリアでしか利用できないように「SIMロック」と呼ばれるロックがかけられており、他社のSIMカードに差し替えて使用することはできません。そのため、以前は端末と通信回線は同一のキャリアで契約することが一般的でした。

「SIMフリー」とは、そのSIMロックがかかっていない状態をいいます(SIMロックフリーとも呼ばれます)。また、SIMロック解除とは、SIMロックがかかっていない状態に設定変更することをいいます。

「SIMロック解除の義務化」でなにが変わった?

SIMロック解除の義務化とは、通信業界の競争を促進するため、2015年5月に総務省が改正した「SIMロック解除に関するガイドライン」のこと。大手キャリアに対して、ユーザーの希望に応じたSIMロックの解除が義務づけられました。これにより、ユーザーは端末を変えることなく、SIMカードを差し替えるだけで、他業者の通信サービスが利用できる形になりました。以降、MVNO業者の業界参入がますます加熱し、通信サービスの多様化や低価格化が進んでいます。

SIMロック解除のメリット・デメリット

SIMロック解除でどんなメリットがあるの?

SIMロック解除が可能になってから、キャリアの乗り換えにともなって新たに端末を購入する必要がない上、格安SIM(MVNO)への乗り換えで、ランニングコストを大幅に抑えるという選択肢も身近になりました。

また、海外で使用する場合、Wi-Fiルーターや別の端末を借りなくても、周波数などが一致してる海外のSIMカードを差し替えて利用することも可能となり、利便性が向上しました。

MVNOへの乗り換えで通信コストをカット

MVNOとは、「Mobile Virtual Network Operator」(=仮想移動体通信事業者)の頭文字で、自社で回線をもたず、docomoやauなどの携帯電話大手キャリアから、インターネット・通話の回線を借りてサービスを提供している通信事業者です。

MVNOの最大の魅力は、大手キャリアと比べて大幅に安い通信料でサービスを提供していることです。データ通信量で細かくプランを分けている事業者も多く、自分にあったプランを選択することが可能です。
通話料金については、元々はかけた分だけ通話料が発生する従量制を提供している事業者が多かったのですが、2016年頃から、大手キャリアのかけ放題プランと近い通話プランをオプションでつけられる事業者も増え、通話スタイルに応じて選択することが可能になりました。

docomoの端末、auの一部端末はSIMロック解除不要

docomoの端末なら、docomoから回線を借りている「docomo系のMVNO」、auの端末ならauから回線を借りている「au系のMVNO」を選ぶと、SIMロック解除をしなくてもSIMカードを差し替えることができます。ただし、auのVoLTE対応端末でau系のMVNOのSIMカードを使用する場合、SIMロック解除が必要になるのでご注意ください。(2017年3月現在)

SIMロック解除で海外での利用が便利に

SIMロック解除をしていない端末を海外で使用したい場合、割高なローミング通信を利用するか、現地で携帯端末を借りなければならないなど、利便性に問題がありました。一方、SIMロック解除をした端末は、周波数や通信方式が一致してる海外のSIMカードに差し替えるだけで利用できます。

SIMロック解除の注意点・デメリットは?

SIMをロック解除しても、全ての端末でMVNOのSIMカードが使用できるわけではありません。SIMロック解除したSoftBank端末にau系SIMカードを挿すなど、キャリアの異なるSIMカードを利用する場合は注意が必要です。また、解除の方法についても事前に確認しましょう。

SIMロック解除手数料がかかる(オンラインのみ無料)

SIMロック解除の手続きは、各キャリアのユーザー専用WEBページの利用、ショップでの店頭手続き、電話などの方法があります。電話やショップでのSIMロック解除手続きの場合、各キャリアとも3,240円(税込)のSIMロック解除手数料が発生するのでご注意ください。オンラインのWEBページ上での解除手続きなら、手数料無料で簡単に実施できます。

キャリアの異なるSIMカードを使用する場合、通信方式、周波数帯をチェック

docomoの端末にau系SIMカードを挿すなど、キャリアの異なるSIMカードを使用する場合、「通信方式」と「周波数帯」のチェックが必要です。

通信方式は、大手キャリアを例にあげると、docomoとSoftBankは「W-CDMA」という方式を採用しているのに対して、auは「CDMA2000」という方式を採用しています。これらは互換性がなく、SIMロック解除したdocomoの端末でauのSIMカードを利用する場合、3Gのみのエリアでは通話・通信ともに利用できず、4G LTEのエリアでも、後述する「周波数帯」によって一部の電波しか利用できない場合があります。

次に、対応周波数帯については、総務省により各キャリアに電波の周波数帯が割り当てられており、たとえばdocomoなら、2.1GHz、1.8GHz、800MHzなど、5つの周波数帯域が割り当てられています。端末とSIMカードで、利用する周波数帯が一致しないと、通信・通話が利用できないケースが発生します。これらはMVNOでも同様のため、docomo系か、au系かといった項目を確認しておきましょう。

数多くあるSIMカードから、自分に合うプランを探すのは大変です。価格.comでは、利用する端末や毎月のデータ通信量などの条件を設定して、マッチするプランを絞り込めますので、是非ご利用ください。

SIMロック解除可能な端末

iPhoneのSIMロック解除

iPhoneの場合、「6s」以降の端末はSIMロック解除が可能ですが、それ以前のモデルのSIMロック解除については、キャリアによるSIMロック解除は公式にサポートされていません。

キャリアSIMロック解除可否一覧

端末・キャリア docomo au Softbank
iPhone 3G - - ×
iPhone 3GS - - ×
iPhone 4 - - ×
iPhone 4s - × ×
iPhone 5 - × ×
iPhone 5s × × ×
iPhone 5c × × ×
iPhone 6 × × ×
iPhone 6 Plus × × ×
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE
iPhone 7
iPhone 7 Plus

「○」は公式解除可能、「×」は公式解除不可です。

AndroidスマホのSIMロック解除

Androidスマホの場合、2015年5月以降に発売したモデルはSIMロック解除可能です。キャリアによってはそれ以前に発売された一部機種もSIMロック解除に対応しています。

SIMロック解除可能の端末

キャリア メーカー 端末
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia acro SO-02C
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia ray SO-03C
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia PLAY SO-01D
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia NX SO-02D
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia acro HD SO-03D
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia SX SO-05D
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia GX SO-04D
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia AX SO-01E
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z SO-02E
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia A SO-04E
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z1 f SO-02F
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z1 SO-01F
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z2 SO-03F
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia A2 SO-04F
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z3 SO-01G
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z3 Compact SO-02G
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z4 SO-03G
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia A4 SO-04G
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z5 SO-01H
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z5 Compact SO-02H
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z5 Premium SO-03H
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia X Performance SO-04H
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia XZ SO-01J
docomo ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia X Compact SO-02J
docomo 富士通 ARROWS X LTE F-05D
docomo 富士通 ARROWS Kiss F-03D
docomo 富士通 ARROWS μ F-07D
docomo 富士通 ARROWS Me F-11D
docomo 富士通 ARROWS X F-10D
docomo 富士通 ARROWS V F-04E
docomo 富士通 ARROWS Kiss F-03E
docomo 富士通 ARROWS X F-02E
docomo 富士通 ARROWS NX F-06E
docomo 富士通 ARROWS NX F-01F
docomo 富士通 ARROWS NX F-05F
docomo 富士通 ARROWS NX F-02G
docomo 富士通 ARROWS NX F-04G
docomo 富士通 arrows NX F-02H
docomo 富士通 arrows Fit F-01H
docomo 富士通 arrows SV F-03H
docomo 富士通 arrows NX F-01J
docomo シャープ AQUOS PHONE SH-12C
docomo シャープ AQUOS PHONE f SH-13C
docomo シャープ AQUOS PHONE SH-01D
docomo シャープ AQUOS PHONE Slider SH-02D
docomo シャープ AQUOS PHONE SH-06D
docomo シャープ AQUOS PHONE st SH-07D
docomo シャープ AQUOS PHONE sv SH-10D
docomo シャープ AQUOS PHONE ZETA SH-09D
docomo シャープ AQUOS PHONE si SH-01E
docomo シャープ AQUOS PHONE ZETA SH-02E
docomo シャープ AQUOS PHONE EX SH-04E
docomo シャープ AQUOS PHONE ZETA SH-06E
docomo シャープ AQUOS PHONE si SH-07E
docomo シャープ AQUOS PHONE ZETA SH-01F
docomo シャープ AQUOS PHONE EX SH-02F
docomo シャープ AQUOS ZETA SH-04F
docomo シャープ AQUOS ZETA SH-01G
docomo シャープ AQUOS ZETA SH-03G
docomo シャープ AQUOS EVER SH-04G
docomo シャープ AQUOS ZETA SH-01H
docomo シャープ AQUOS Compact SH-02H
docomo シャープ AQUOS ZETA SH-04H
docomo シャープ AQUOS EVER SH-02J
docomo サムスン GALAXY S II SC-02C
docomo サムスン GALAXY S II LTE SC-03D
docomo サムスン GALAXY NEXUS SC-04D
docomo サムスン GALAXY Note SC-05D
docomo サムスン GALAXY S III SC-06D
docomo サムスン GALAXY Note II SC-02E
docomo サムスン GALAXY S III α SC-03E
docomo サムスン GALAXY S4 SC-04E
docomo サムスン GALAXY Note 3 SC-01F
docomo サムスン GALAXY J SC-02F
docomo サムスン GALAXY S5 SC-04F
docomo サムスン GALAXY S5 ACTIVE SC-02G
docomo サムスン GALAXY Note Edge SC-01G
docomo サムスン Galaxy S6 edge SC-04G
docomo サムスン Galaxy S6 SC-05G
docomo サムスン Galaxy Active neo SC-01H
docomo サムスン Galaxy S7 edge SC-02H
au ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z4 SOV31
au ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z5 SOV32
au ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia X Performance SOV33
au ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia XZ SOV34
au シャープ AQUOS SERIE SHV32
au シャープ AQUOS SERIE mini SHV33
au シャープ AQUOS SERIE SHV34
au シャープ AQUOS U SHV35
au シャープ AQUOS U SHV37
au シャープ AQUOS SERIE mini SHV38
au サムスン Galaxy S6 edge SCV31 32GB
au サムスン Galaxy S6 edge SCV31 64GB
au サムスン Galaxy A8 SCV32
au サムスン Galaxy S7 edge SCV33
au サムスン Galaxy S7 edge Injustice Edition
au サムスン Galaxy S7 edge SCV33 Olympic Games Edition
SoftBank ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z4
SoftBank ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z5
SoftBank ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia X Performance
SoftBank ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia XZ
SoftBank 富士通 ARROWS A 301F
SoftBank シャープ AQUOS Xx
SoftBank シャープ AQUOS CRYSTAL 2
SoftBank シャープ AQUOS Xx2
SoftBank シャープ AQUOS Xx2 mini
SoftBank シャープ AQUOS Xx3
SoftBank シャープ AQUOS Xx3 mini
SoftBank サムスン Galaxy S6 edge 32GB
SoftBank サムスン Galaxy S6 edge 64GB

SIMロック解除の方法

MVNOを利用する場合、SIMロック解除は必要?

MVNOは、docomoやauなどの回線を借り受けてサービスを提供しています。docomoから回線を借りている「docomo系SIMカード」を提供しているMVNOであれば、docomoの端末に挿す場合は、基本的にSIMロック解除の必要はありません。au系SIMカードをauの端末に挿す場合は、端末ごとに確認が必要です。

MVNO×端末別 SIMロック解除の要・不要

MVNO/キャリア docomoの端末 auの端末 Softbankの端末
ASAHIネット 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
エキサイトモバイル 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
OCNモバイルONE 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
J:COM 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
nuroモバイル 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
DMMmobile 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
DTI 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
NifMo(ニフモ) 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
日本通信(b-mobile) 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
hi-ho(ハイホー) 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
パナソニック(Wonderlink) 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
BICSIM(ビックシム) 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
BICモバイルONE 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
BIGLOBE(ビッグローブ) 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
ぷらら(plala) 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
FREETEL(フリーテル) 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
YAMADASIM(ヤマダSIM) 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
U-mobile(U-NEXT) 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
LINEモバイル 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
楽天モバイル 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
ロケットモバイル 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
ワイヤレスゲート 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
IIJmio(みおふぉん) docomo 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
IIJmio(みおふぉん) au 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要(動作確認情報もご確認ください)
mineo(マイネオ) docomo 不要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要
mineo(マイネオ) au 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要(動作確認情報もご確認ください)
UQ mobile(UQモバイル) 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要(動作確認情報もご確認ください)
ワイモバイル(Y!mobile) 必要 必要(動作確認情報もご確認ください) 必要

docomoスマホのSIMロック解除

2015年5月以降に発売されたdocomoスマホのSIMロックを解除する場合、

  1. ネットワーク利用制限、おまかせロックなどの各種ロックがかかってないこと
  2. 利用料金がちゃんと支払われていること
  3. 契約者本人が購入した端末であること
  4. 端末購入日から6か月以上経過していること
  5. すでにドコモを解約している場合は、解約日から3か月以内であること

の5つの条件を満たす必要があります。SIMロック解除ができない端末も一部ありますので、事前に公式HPで調べておくとよいでしょう。

SIMロック解除の方法と料金

docomoのSIMロック解除方法は

  1. ドコモショップの店頭
  2. PCやスマホによる「My docomo」の利用
  3. ドコモインフォメーションセンターに電話する

の3通りありますが、@のショップやBの電話ではSIMロック解除手数料として3,240円(税込・2017年3月時点)がかかるので注意しましょう。また、2011年4月-2015年4月に発売された端末のSIMロック解除については、@のショップのみでの対応になり、SIMロック解除の手数料3,240円(税込・2017年3月時点)が必要となります。

SIMロック解除対応端末の調べ方とオンラインでの解除方法

まずは、公式サイトに掲載されている、SIMロック解除対応端末をチェックしましょう。また、PCやスマホの「My docomo」でSIMロック解除の手続きをする場合は、dアカウントでログイン後、「ドコモオンライン手続き」ページ内のSIMロック解除の項目から手続きが可能です。

docomo端末×docomo系SIMカードならSIMロック解除不要

docomoから回線を借りている「docomo系SIMカード」を提供しているMVNOであれば、docomoの端末に挿す場合は、基本的にSIMロック解除の必要はありません。docomoは早い段階からMVNOに回線を提供していたこともあり、「docomo系」のMVNOは非常に多く、ユーザーは豊富な選択肢の中から、データ容量、料金などのプランを選ぶことができます。docomo系の代表的なMVNOには、「楽天モバイル」「OCN モバイル ONE」「IIJmio」などがあります。

auスマホのSIMロック解除

au端末のSIMロック解除は、2015年5月以降に発売された端末で、端末購入日から181日目以降であることが条件です。また、購入者本人でなくても手続きできるので、中古端末のSIMロック解除も可能です。注意点としては、他のMVNOでの使用は動作保証の対象外となることが挙げられます。さらにiPhoneについては、auで加入した端末保証を受けることができなくなるため、保証が必要な場合はAppleやMVNOの保証サービスをあらたに申し込む必要があります。

SIMロック解除の方法と料金

auでのSIMロック解除方法は、auショップ店頭での手続きと、PCやスマホから「My au」を利用する方法の2通りです。ショップでの解除は3,240円(税込・2017年3月時点)の手数料がかかってきます。

SIMロック解除対応端末の調べ方とオンラインでの解除方法

端末がSIMロック解除に対応しているかは、auサイト内の「SIMロック解除の可否判定」ページにて調べることができます。オンライン上でのSIMロック解除方法は、「My au」にログインして手続きすることが可能です。その際、IMEIもしくはMEIDというシリアルナンバーの入力が求められるので、端末の設定画面で事前に調べておく必要があります。

au端末×au系SIMカードなら一部端末はSIMロック解除不要

auから回線を借りている「au系SIMカード」を提供しているMVNOであれば、4G LTEに対応している一部の端末はSIMロック解除なしで利用できます。VoLTE対応端末はSIMロック解除が必要なのでご注意ください。2017年3月時点で、au系のMVNOは「UQ mobile」「mineo」「IIJmio」の3社が存在しています。

SoftBankスマホのSIMロック解除

SoftBankも他社と同様、2015年5月以降に発売された端末は、購入日から181日目以降であればSIMロックが解除できます。2015年4月までに発売された機種は、SIMロック解除機能搭載であれば、購入からの日数は関係なくSIMロックを解除できます。また、回線解約済み端末の場合は、解約後90日以内がSIMロック解除の受付期間となります。auとは異なり、解約済み端末は購入者本人でないとSIMロック解除ができません。

SIMロック解除の方法と料金

SoftBankでのSIMロック解除方法は、ソフトバンクショップ店頭での手続きと、PCやスマホから「My SoftBank」を利用する方法の2通りです。ショップでの解除は他社と同様、3,240円(税込・2017年3月時点)の手数料がかかります。また「My SoftBank」でSIMロック解除手続きをする際は、乗り換え先のSIMカードを用意しておく必要があるので注意しましょう。

SIMロック解除対応端末の調べ方とオンラインでの解除方法

SIMロック解除対応端末は、公式HPに掲載されていますのでチェックしておきましょう。「My SoftBank」でのSIMロック解除は、あらかじめ乗り換え先のSIMカードを用意した上で行います。ユーザーIDとパスワードで「My SoftBank」にログインし、「契約の確認・変更」 > 「SIMロック解除手続き」の画面にて解除手続きができます。

MVNOを利用するにはSIMロック解除が必要

SoftBankの端末は、SIMロック解除をすれば、SoftBankと通信方式が同じdocomo系SIMカードを理論上は利用できます。利用前には、各MVNOの動作確認端末に掲載されているか確認したほうがよいでしょう。
docomo、auに比べてMVNOとの提携が遅れていたSoftBankですが、2017年3月よりようやく日本通信が対応サービスをスタートさせます。料金体系等の情報はまだ発表されていませんが、SoftBank系MVNOの登場で、SoftBankユーザーもSIMロック解除なしで、格安SIMのサービスを利用することができるようになるでしょう。

Y!MobileスマホのSIMロック解除

SoftBankグループであるY!MobileはMVNOとは違い、自社回線を用いて通信サービスを提供しています。親会社のSoftBankとは違った独自のサービスを展開しており、安く、かつシンプルな料金プランが用意されています。Y!Mobileは、最初からSIMロックのかかっていない端末(SIMフリー端末)も一部扱っており、Nexus 5、Nexus 6などがそれに該当します。その他の端末は、3キャリアと同様にSIMロックがかかっています。SIMロックの解除の条件も3キャリアとほぼ同様で、購入から181日目以降の端末であることや、解約済みの場合は解約日より90日以内に解除手続きをする必要があります。

SIMロック解除の方法と料金

Y!MobileのSIMロック解除も、ショップ店頭での手続きと、PCやスマホから「MY Y!Mobile」を利用する方法の2通りです。ショップでの解除は、他社と同様3,240円(税込・2017年3月時点)の手数料がかかるので注意が必要です。

白ロムスマホのSIMロック解除

SIMカードが入っていない端末(通称白ロム)は、電話番号が登録されたSIMカードを挿し込むことで、端末のROMが情報を認識し、サービスが利用できるようになります。各キャリアのSIMロック解除の条件に適していた場合、白ロムもキャリアでの手続きによりSIMロック解除することが可能です。

大手3キャリアでのSIMロック解除の注意点

大手3大キャリアで白ロムのSIMロック解除をする場合、キャリアで通常購入した端末と条件の違いはありません。3社で大きく違うのは、auのみ端末の購入者本人でなくてもロック解除ができるため、リサイクルショップなどで購入した中古の白ロムでもSIMロックが解除できるということです。ただし、その白ロムが不正入手されたものであると発覚した場合、サービスを受けられなくなるケースもあるため、慎重に購入を検討しましょう。

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止